Kanomata, Nobuo

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
Kanomata, Nobuo
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Letters Department of Humanities and Social Science (Human Relations)
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(Hokkaido University)
Research funding number
30204598

Academic & Professional Experience

 
Jul 1984
 - 
Mar 1985
日本学術振興会 ,奨励研究員
 
Apr 1985
 - 
Mar 1987
久留米大学商学部 ,専任講師
 
Apr 1987
 - 
Mar 1995
立命館大学産業社会学部 ,助教授
 
Apr 1995
 - 
Mar 2000
北海道大学文学部 ,助教授
 
Apr 2000
 - 
Mar 2002
大学助教授(文学部)
 

Education

 
Mar 1978
   
 
政治学科, Faculty of Laws, Keio University
 
Mar 1981
   
 
Graduate School, Division of Sociology, Keio University
 
Mar 1984
   
 
Graduate School, Division of Letters, Keio University
 

Published Papers

 
階層移動のイベントヒストリー分析:離散時間多項ロジット
KANOMATA NOBUO
哲学   (140) 1-23   2018
貧富の世代間再生産と地位達成過程
KANOMATA NOBUO
社会学評論   68(2) 283-299   2017   [Refereed]
成育家庭の経済水準が子どもの地位におよぼす影響
KANOMATA NOBUO
法学研究   90(1) 496-516   2017
婚姻状況・家族形態と貧困リスク
KANOMATA NOBUO
家族社会学研究   26(2) 89-101   2014   [Refereed]
出身階層と学歴格差-階層理論的説明の比較
KANOMATA NOBUO
人間と社会の探究   (76) 1-28   2013

Books etc

 
何が進学格差を作るのか
KANOMATA NOBUO
慶應義塾大学出版会   Aug 2014   ISBN:978-4-7664-2167-5
現代の階層社会 2 階層と移動
KANOMATA NOBUO (Part:Joint Work, 107-121)
東京大学出版会   2011   
現代日本の紛争処理と民事司法 2 トラブル経験と相談行動
KANOMATA NOBUO
東京大学出版会   2010   
リーディングス 戦後日本の格差と不平等
KANOMATA NOBUO
日本図書センター   2008   
講座社会学 13 階層
KANOMATA NOBUO
東京大学出版会   2008   

Conference Activities & Talks

 
トラブルから争いへ-民事紛争のイベントヒストリー分析-
KANOMATA NOBUO
関西社会学会第69回大会   3 Jun 2018   関西社会学会
階層移動の固定化と周辺化-離散時間ロジット・二項ロジット応用への警鐘-
KANOMATA NOBUO
数理社会学会第65回大会   14 Mar 2018   数理社会学会
現代日本における紛争の発生と終結 [Invited]
KANOMATA NOBUO
法文化学会第20回研究大会   11 Nov 2017   法文化学会第20回研究大会
経済的格差の世代間再生産傾向と地位達成過程
KANOMATA NOBUO
北海道社会学会第65回大会   10 Jun 2017   北海道社会学会第65回大会
地位達成過程は貧富の世代間再生産を媒介するか?
KANOMATA NOBUO
西日本社会学会第75回大会   13 May 2017   西日本社会学会

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
Mechanism of generating inequality in lifecouse mobility
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Mar 2018    Investigator(s): 鹿又 伸夫