安西 修一郎

J-GLOBALへ         更新日: 04/03/17 00:00
 
アバター
研究者氏名
安西 修一郎
 
アンザイ シュウイチロウ
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部 理工学部
職名
教授
学位
工学 (慶應義塾大学)

経歴

 
1997年
 - 
1999年
 兼慶應義塾大学大学院理工学研究科(留学生担当) ,学習指導委員
 
1997年
 - 
1999年
 兼慶應義塾大学理工学部(留学生担当) ,学習指導副主任
 
1997年
 - 
1999年
 兼慶應義塾大学国際センター ,学習指導主任
 
1996年
   
 
- 慶應義塾大学理工学部物理情報工学科 ,教授
 
1995年
 - 
1997年
 兼慶應義塾大学学生総合センター就職部門(矢上支部担当) ,副部長
 

委員歴

 
1971年
   
 
日本材料科学会 会誌「材料科学」編集委員会  委員
 
1976年
   
 
(社)電気学会 全国大会(昭和51年度)電気電子材料グループ  委員
 
1977年
   
 
(社)電気学会 全国大会(昭和52年度)第2グループ(電気電子材料)  委員
 
1978年
   
 
日本材料科学会  評議員
 
1985年
   
 
日本材料科学会  理事
 

Misc

 
OKAMURA H, NAITOH J, NANBA T, MATOBA M, NISHIOKA M, ANZAI S, FUKUI K, NAKAGAWA K, KINOSHITA T
Solid State Communication   112(2) 91-95   1999年
Electron Correlation and Paramagnetic Properties in (Cr1-xTix)5Te8 with 0≦x≦1
Japanese Journal of Applied Physics   39 Suppl.39 1 507-510   2000年
Ni2In型Mn4.5Fe2.5Sn4の磁性に対するmore-than-half d元素置換効果
日本物理学会第55回年次大会:講演予稿集   55巻(2号第3分冊) 338   2000年
低温相Mn7Sn4のNMR
日本物理学会第56回年次大会:講演予稿集   56巻(1号第3分冊) 391   2001年
Effect of Pressure on the Curie Points of the Pseudo-NiAs-Type Mn1+xSn
Physica Status Solidi 42 (1970)   787-793   1970年

書籍等出版物

 
Combined Pressure Effects on the Curie Temperatures from the Itinerant and Localized Electron Magnetisms in Mn5X2Bi4(X; Rh or Pd)
'High Pressure Science & Technology' (edited by Vodar & Marteau, Pergamon, Oxford, 1980)   1980年   
Pressure Effects on the First-Order Transition Temperatures of Cu4SnS4 & Cu8GeS6
'Solid State Physics under Presure'(ed. by S. Minomura, KTK Pub., and Reidel Pub., Dordrecht 1985)   1984年   
電磁気分析法
機器分析概説(広川書店,柳沢三郎,橋本芳一編, 1969)   1969年   
Vacancy, Impurity and Pressure Effects on the Magnetic and Electronic States in 3d-transition Metal Chalcogenids with NiAs-Type Structures “Recent Advances in Magnetism of Transition Metal Compounds' (ed.by Kotani and Suzuki Worlds Sci.Pub., 1993)
“Recent Advances in Magnetism of Transition Metal Compounds' (ed.by Kotani and Suzuki Worlds Sci.Pub., 1993)   1993年