Shiratori, Seimei

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 03:52
 
Avatar
Name
Shiratori, Seimei
E-mail
shiratoriappi.keio.ac.jp
URL
http://www.appi.keio.ac.jp/shiratori/
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Science and Technology Department of Applied Physics and Physico-Informatics
Job title
Professor
Degree
工学 (Tokyo Institute of Technology)
Research funding number
00222042

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1992
 - 
Mar 1994
千葉大学工学部 ,助手
 
Apr 1994
 - 
Mar 1997
慶應義塾大学理工学部 ,専任講師
 
Apr 1997
 - 
Mar 1998
米国マサチューセッツ工科大学 ,客員研究員
 
Apr 2000
 - 
Mar 2013
准教授, 理工学部, 慶應義塾大学
 
Apr 2014
 - 
Today
教授, 理工学部, 慶應義塾大学
 

Education

 
Mar 1987
   
 
電子通信学科, Faculty of Science and Engineering, Waseda University
 
Mar 1989
   
 
電気電子工学専攻, Tokyo Institute of Technology
 
Mar 1992
   
 
電気電子工学専攻博士課程, Tokyo Institute of Technology
 

Committee Memberships

 
 
   
 
応用物理学会 有機分子バイオエレクトロニクス分科会  プログラム委員
 
 
   
 
電気情報通信学会、論文誌  論文委員会
 
Apr 2006
 - 
Mar 2008
先端科学技術研究センターリエゾン推進委員会  委員 重任
 
Apr 2006
 - 
Mar 2008
教育内容検討委員会部会(理工学概論部会)  委員
 
Sep 2005
 - 
Aug 2007
電気学会、匂いセンサと嗅覚ディスプレイ調査専門委員会  委員
 

Awards & Honors

 
Dec 2018
「機能性コーティングによる防汚繊維・油水分離」、「リサイクル促進プラフィルム」、「付着防止薄膜による省エネ推進」, 慶應テクノモールアワード
 
Dec 2016
「はじく・すべる・防汚コーティング」, 慶應テクノモールアワード
 
Jun 2003
「やさシート」の開発, 文部科学大臣賞
Winner: 白鳥 世明、林原 仁、清水 啓助
 
野菜・果物の鮮度を保つ鮮度保持シート「やさシート」を(株)プラストと共同開発。これが産学官連携活動の推進及び科学技術・学術の振興に貢献したとして受賞。
Aug 2002
「やさシート」の開発, 日経優秀製品サービス賞 優秀賞
Winner: 白鳥 世明、林原 仁、清水 啓助
 
野菜・果物の鮮度を保つ鮮度保持シート「やさシート」を(株)プラストと共同開発。これが産学官連携活動の推進及び科学技術・学術の振興に貢献したとして受賞。
Feb 2002
「エチレンガス吸着剤」の開発, 慶応義塾大学知的資産センター賞
Winner: 白鳥 世明
 
交互吸着膜技術を青果物の鮮度保持に応用した「エチレンガス吸着剤」を開発し、これを慶応義塾の知的資産として産業界へ移転し、慶応義塾の研究成果の製品化に努力したとして受賞。

Published Papers

 
Thermoresponsive, Freezing-Resistant Smart Windows with Adjustable Transition Temperature Made from Hydroxypropyl Cellulose and Glycerol
Chiaki Nakamura, Takashi Yamamoto, Kengo Manabe, Takuto Nakamura, Yasuaki Einaga, Seimei Shiratori
Industrial & Engineering Chemistry Research      Mar 2019   [Refereed]
Capacitive Pressure Sensor with Wide-Range, Bendable, and High Sensitivity Based on the Bionic Komochi Konbu Structure and Cu/Ni Nanofiber Network
Jian Wang†, Ryuki Suzuki†, Marine Shao‡, Frédéric Gillot‡, and Seimei Shiratori
ACS Applied Materials & Interfaces   11(12) 11928-11935   Mar 2019   [Refereed]
Adsorption–Desorption Control of Fibronectin in Real Time at the Liquid/Polymer Interface on a Quartz Crystal Microbalance by Thermoresponsivity
Jiatu Li, Taisei Kaku, Yuki Tokura, Ko Matsukawa, Kenta Homma, Taihei Nishimoto, Yuki Hiruta , Aya Mizutani Akimoto, Kenichi Nagase , Hideko Kanazawa, Seimei Shiratori
Biomacromolecules   10(36) 30689-30697   Feb 2019   [Refereed]
Antifreeze Liquid-Infused Surface with High Transparency, Low Ice Adhesion Strength, and Antifrosting Properties Fabricated through a Spray Layer-by-Layer Method
Taku Yamazaki, Mizuki Tenjimbayashi, Kengo Manabe, Takeo Moriya, Hiroki Nakamura, Takuto Nakamura, Takeshi Matsubayashi, Yosuke Tsuge, Seimei Shiratori
Industrial & Engineering Chemistry Research   58(6) 2225-2234   Jan 2019   [Refereed]
Paper-Based Assay for Ascorbic Acid Based on the Formation of Ag Nanoparticles in Layer-by-Layer Multilayers
Yuki Tokura, Yukari Moriyama, Yuki Hiruta, Seimei Shiratori
ACS Applied Nano Materials   2(1) 241-249   Dec 2018   [Refereed]

Misc

 
オムニフォビシティ滑液表面
天神林 瑞樹, 守谷 赳夫, 白鳥 世明
表面技術   67(9) 461-466   Sep 2016   [Refereed]
水系薄膜技術による光学薄膜の形成―ウェットプロセスによる低環境負荷ナノコーティング―
白鳥世明、藤本幸司
ITE Technical Report   36(11) 1-8   Jul 2011
人の安全と環境を守る超撥水・高撥油技術
白鳥世明
OHM   (5) 10-11   May 2011
高機能ナノコンポジットファイバー
白鳥世明
繊維学会誌   64(2) 76-80   Feb 2008   [Refereed]
ウエットナノコーティングと連続積層
白鳥世明
電子材料   (2) 37-42   Feb 2008

Books etc

 
超撥水・超撥油・滑液性表面の技術
SHIRATORI SEIMEI (Part:Joint Work, 第3章、第1節、pp.129-139)
サイエンス&テクノロジー   Jan 2016   ISBN:978-4-86428-134-8
交互積層法(LBL)法による超撥水・超撥油表面およびオムニフォビシティー滑液表面(SLIPS)の作製について紹介・解説した。
PEDOTの材料物性とデバイス応用
SHIRATORI SEIMEI (Part:Joint Work, 第3章、第1節、pp.91-102.)
サイエンス&テクノロジー   Mar 2012   
交互吸着法によってPEDOT-PSS膜を作製し、透明で導電率の高い有機薄膜を水ウェットプロセスではじめて塗布する手法を見出した。また、その物性についてまとめた。
ロールtoロール事例集~プロセス応用に向けた技術課題と対策~
SHIRATORI SEIMEI (Part:Joint Work, 第1章、第5節、pp.61-71.)
情報機構   Mar 2011   
薄膜のプロセス応用に向けた技術課題と対策、特に水系のコーティングに関して解説した。
透明導電膜・フィルムの高透明・低抵抗化と耐久性向上
SHIRATORI SEIMEI (Part:Joint Work, 第3節、pp.277-286)
技術情報協会   Sep 2010   
ウェットプロセスによる薄膜形成と膜厚制御に関して原理説明し、多層積層と透明導電フィルムへの応用について解説した。
ナノ空間材料の創製と応用
SHIRATORI SEIMEI
フロンティア出版   Nov 2009   

Conference Activities & Talks

 
エレクトロスピニング法によるTiO2色素増感太陽電池の作製
SHIRATORI SEIMEI
平成17年度第2回全体会議、144-145   13 Jan 2006   
ウエットプロセスナノコーティングのオプティカルデバイスへの応用
SHIRATORI SEIMEI
第41回境界領域における電気化学セミナー「有機半導体デバイスの先端技術-有機EL関連の技術を中心として」   12 Dec 2005   電気化学会 関東支部
高分子ナノインプリントによる化学センサシステム
SHIRATORI SEIMEI
高分子学会 高分子表面研究会   14 Oct 2005   
エレクトロスピニング・ナノファイバー酸化チタン電極による色素増感太陽電池
SHIRATORI SEIMEI
光機能界面の学理と技術、平成17年度第1回全体会議   Jul 2005   
Nano-scale Control and Phase Transitions of Layer-by-Layer Polyelectrolyte Films by Solution pH for Practical Applications
S.Shiratori and K Inokuchi
The 11th International Conference on Organized Molecular Films LB11   Jun 2005   Sapporo,Hokkaido,Japan

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
バイオミメティクス・ナノ構造制御された自己修復滑液膜表面による熱伝達効率上昇
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): 白鳥 世明
Fabrication of highly oleophbic surface and study on wetting phenomenon at solid/liquid interface
MEXT,JSPS: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 白鳥 世明
Antifouling coating on the substrate surfaces are strongly required for various fields such as constructions, electronics, and automobile industries. Therefore, it is very important to develop versatile fabrication method to form super-hydrophobic...
ナノテク及びITネットワークを活用した環境センシング浄化システムの研究開発
大学発事業創出実用化研究開発事業
Project Year: 2003   

Patents

 
特許第3300314号 : 交互吸着膜を用いたフィルタおよびその応用
特許第3262323号 : 交互吸着膜の製造方法および製造装置
特許第3250197 : エチレンガス濃度制御方法及びその応用
特許第3250196号 : エチレンガス吸着剤及び包装材または梱包材
特許第3218032号 : エチレンガスセンサ、エチレンガス定量方法及び装置

Social Contribution

 
応用物理学会 有機分子バイオエレクトロニクス分科会
[]
電気情報通信学会、論文誌
[]
先端科学技術研究センターリエゾン推進委員会
[]  Apr 2006 - Mar 2008
教育内容検討委員会部会(理工学概論部会)
[]  Apr 2006 - Mar 2008
電気学会、匂いセンサと嗅覚ディスプレイ調査専門委員会
[]  Sep 2005 - Aug 2007

Others

 
Feb 1999
電気学会 論文賞