Eto, Mikio

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 03:54
 
Avatar
Name
Eto, Mikio
E-mail
etork.phys.keio.ac.jp
URL
http://www.phys.keio.ac.jp/faculty/eto/eto-en.html
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Science and Technology Department of Physics
Job title
Professor
Degree
理学 (The University of Tokyo)
Research funding number
00221812

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1990
 - 
Mar 1992
日本学術振興会 ,特別研究員
 
Apr 1992
 - 
Mar 1997
慶應義塾大学理工学部(物理学科) ,助手
 
Apr 1997
 - 
Mar 2003
慶應義塾大学理工学部(物理学科) ,専任講師
 
Apr 1998
 - 
Mar 1999
兼北海道大学量子界面エレクトロニクス研究センター ,客員助教授
 
Apr 1999
 - 
Mar 2000
guest researcher at Delft University of Technology, the Netherlands
 

Education

 
Mar 1986
   
 
物理学科, Faculty of Science, The University of Tokyo
 
Mar 1988
   
 
物理学専攻, Graduate School, Division of Science, The University of Tokyo
 
Sep 1990
   
 
物理学専攻, Graduate School, Division of Science, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Apr 2016
 - 
Mar 2018
日本物理学会  会誌編集委員
 
Apr 2015
 - 
Today
雑誌「固体物理」(アグネ技術センター発行)  編集委員
 
Jun 2014
 - 
Aug 2015
21st International Conference on Electronic Properties of Two-Dimensional Systems  プログラム委員
 
Jun 2014
 - 
Jun 2015
東京大学物性研究所、国際ワークショップ "New Perspectives in Spintronic and Mesoscopic Physics"  組織委員会委員
 
Oct 2008
 - 
Sep 2009
日本物理学会 物性領域4  代表
 

Awards & Honors

 
Jan 2017
Outstanding Referee for the Journals of the American Physical Society, The American Physical Society
Winner: Mikio Eto
 
米国物理学会刊行の学術雑誌において優れた閲読者として表彰

Published Papers

 
Rin Okuyama, Wataru Izumida, and Mikio Eto
Journal of the Physical Society of Japan   86(1) 013702/1-4   Jan 2017   [Refereed]
金属型の単層カーボンナノチューブのトポロジカル絶縁体としての性質を理論的に調べた。そのトポロジーは「巻き付き数」と呼ばれる整数で特徴付けられること、多くの場合に巻き付き数がゼロでない値を取ること、を有効1次元モデルを構築することで数値的に示した。さらに、チューブに平行な磁場を引火することで巻き付き数が変化する「トポロジカル相転移」が生じることを予言した。その相転移は、チューブの端状態の数の変化として実験で観測可能である。
S. Souma, A. Sawada, H. Chen, Y. Sekine, M. Eto, and T. Koga
Physical Review Applied   4(3) 034010/1-9   Sep 2015   [Refereed]
2重量子井戸を利用した、スピン分極電流を生成する新しいデバイスを提案した。2つの量子井戸に反対称に電場を与え、両者に符号が互いに異なるスピン軌道相互作用を発生させる。これに外部磁場をかけることで、一方のスピンのみが共鳴的に反射されるアイディアを提案し、その効率を数値計算によって確かめた。
T. Yokoyama, M. Eto, and Yu. V. Nazarov
Physical Review B   89(19) 195407/1-14   May 2014   [Refereed]
半導体ナノワイヤに超伝導電極を結合した系において、スピン軌道相互作用のジョセフソン効果への影響を数値計算によって詳細に調べた。現実のナノワイヤを離散化し、擬1次元タイト・バインディング・モデルによって不純物散乱とスピン起動相互作用を表した。磁場中のゼーマン効果がある場合、超伝導体間の位相差がない場合に超伝導電流の流れる異常ジョセフソン効果、および臨界電流の方向依存性を明らかにした。
R. Okuyama, M. Eto, and T. Brandes
Journal of the Physical Society of Japan   82(1) 013704/1-4   Jan 2013   [Refereed]
半導体基板に作製される2重量子ドットを用いた光学フォノンレーザーを提案した。通常のレーザーと異なり、フォノンを閉じ込めるキャビティの作製は不要である。量子ドットとリード間のトンネル率がフォノンの崩壊率より大きいときレーザー発振すること、逆の条件ではフォノンのアンチバンチングが生成されることを示した。カーボンナノチューブ上に2重ドットを作製した場合は、電子格子相互作用が強過ぎるため、Franck-Condon効果によってフォノンレーザーやアンチバンチングの生成は困難になる。本論文は、日本物理...
Scaling analysis of Kondo screening cloud in a mesoscopic ring with an embedded quantum dot
R. Yoshii and M. Eto
Physical Review B   83(16) 165310/1-14   Apr 2011   [Refereed]
微小なリングに埋め込まれた量子ドットにおける近藤効果のスケーリング解析をおこない、近藤雲の形成の影響を明らかにした。この系には電荷揺らぎの遮蔽長、およびスピン揺らぎの遮蔽長の2つの特徴的な長さがあることを指摘した。後者が近藤雲のサイズに相当する。リングサイズと特徴的な長さの大小関係によって、近藤温度の磁束依存性が異なることを解析的に示した。また、電気伝導度の磁束依存性についても、低温極限、高温極限のそれぞれに対して解析形を求めた。

Books etc

 
パリティ物理教科書シリーズ、量子力学I
ETO MIKIO
丸善出版   Oct 2013   ISBN:978-4-621-08673-5
量子力学の学部生向けの標準的な教科書。シュレディンガー方程式の解き方、およびディラック表示の説明を中心に「使える量子力学」の解説に努めた。
物性物理学ハンドブック
ETO MIKIO (Part:Joint Work)
朝倉書店   Apr 2012   ISBN:978-4-254-13103-1
「物性物理学ハンドブック」の5.2節「単電子帯電効果」の執筆を担当した
Comprehensive Semiconductor Science and Technology
M. Eto and H. Kamimura (Part:Joint Work, 77-112)
Elsevier   Feb 2011   
エルセビアから出版された半導体科学技術全書(全6巻)の中で、1つのchapterの執筆を担当した。IV族半導体における不純物バンドの性質、金属絶縁体転移、アンダーソン局在状態の示す物性、等を解説した。

Conference Activities & Talks

 
トポロジーによるカーボンナノチューブの分類
奥山倫, 泉田渉, 江藤幹雄
日本物理学会第73回年次大会   22 Mar 2018   
Topological classification of single-wall carbon nanotubes
R. Okuyama, W. Izumida, and Mikio Eto
International symposium on nanoscale transport and photonics 2017   15 Nov 2017   
カーボンナノチューブにおけるトポロジカル相転移II
奥山倫, 泉田渉, 江藤幹雄
日本物理学会2017年秋季大会   21 Sep 2017   
Topological properties in single-wall carbon nanotube: effective one-dimensional lattice model approach
R. Okuyama, W. Izumida, and Mikio Eto
International Symposium on Hybrid Quantum Systems 2017   12 Sep 2017   
Topological properties of single-wall carbon nanotube
R. Okuyama, W. Izumida, and Mikio Eto
7th Summer School on Semiconductor/Superconducting Quantum Coherence Effect and Quantum Information   29 Aug 2017   

Teaching Experience

 

Association Memberships