松原 輝彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/29 04:03
 
アバター
研究者氏名
松原 輝彦
 
マツバラ テルヒコ
eメール
matsubarabio.keio.ac.jp
URL
https://www.bionano-molec.org/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部 生命情報学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
10325251

研究分野

 
 

経歴

 
1999年1月
 - 
2000年6月
日本学術振興会 特別研究員
 
2000年7月
 - 
2003年3月
徳島大学工学部 助手
 
2003年4月
 - 
現在
大学助手(理工学部生命情報学科)
 
2007年4月
 - 
現在
大学助教(職名変更による)(理工学部生命情報学科)
 
2008年4月
 - 
現在
大学専任講師(理工学部生命情報学科)
 

学歴

 
1995年3月
   
 
岡山大学 工学部 生体機能応用工学科
 
1997年3月
   
 
岡山大学 工学研究科 生体機能応用工学専攻
 
2000年3月
   
 
東京工業大学 生命理工学研究科 バイオテクノロジー
 

委員歴

 
2011年1月
 - 
現在
Trends in Glycoscience and Glycotechnology  ASSOCIATE EDITOR
 
2011年1月
 - 
2017年12月
FCCA  Financial Secretary
 
2004年4月
 - 
2011年3月
グライコサイエンス若手の会  幹事
 
2001年4月
 - 
2003年3月
日本化学会生体機能関連化学部会若手の会  中国四国支部幹事
 

受賞

 
2010年11月
東京糖鎖研究会(GlycoTOKYO) 東京糖鎖研究会(GlycoTOKYO)奨励賞 ライブラリーを用いた糖鎖-タンパク質間相互作用を制御するペプチドの設計
受賞者: 松原 輝彦
 
2009年3月
日本化学会第89春季年会2009 若い世代の特別講演会(第23回)講演証 ライブラリー選択法で得られた新規ペプチドによる細胞表面糖鎖の機能制御
受賞者: 松原 輝彦
 
2006年9月
バイオ関連化学合同シンポジウム(日本化学会生体関連化学部会、バイオテクノロジー部会、生命化学研究会) バイオ関連化学合同シンポジウム講演賞 ヘマグルチニン糖鎖結合ポケットを認識するペプチド分子設計
受賞者: 松原 輝彦
 
2003年12月
First International Symposium on Biomolecular Chemistry ISBC 2003 Poster Award Functions of carbohydrate-binding peptides selected from phage-displayed peptide library
受賞者: 松原 輝彦
 
First International Symposium on Biomolecular Chemistry (ISBC 2003), December 4, 2003

論文

 
Teruhiko Matsubara, Takahiro Kojima, Ryoto Fukuda, Kazutoshi Iijma, Miwa Hirai, Naoki Yamamoto, Katsuhiko Yanagisawa, and Toshinori Sato
Polymer J      2018年3月   [査読有り]
Teruhiko Matsubara, Masaya Nishihara, Hanaki Yasumori, Mako Nakai, Katsuhiko Yanagisawa, Toshinori Sato
Langmuir   33(48) 13874-13881   2017年11月   [査読有り]
Masanori Nagao, Yurina Fujiwara, Teruhiko Matsubara, Yu Hoshino, Toshinori Sato, Yoshiko Miura
Biomacromolecules   18(12) 4385-4392   2017年11月   [査読有り]
Arihiro Iwasaki, Ikuma Shiota, Shinpei Sumimoto, Teruhiko Matsubara, Toshinori Sato, Kiyotake Suenaga
J. Nat. Prod.   80(6) 1948-1952   2017年5月   [査読有り]
Teruhiko Matsubara, Ryohei Otani, Miki Yamashita, Haruka Maeno, Hanae Nodono, and Toshinori Sato
Biomacromolecules   18(2) 355-362   2017年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術
110名 (担当:分担執筆, 範囲:6章1節)
技術情報協会   2017年12月   ISBN:978-4-86104-687-2
生体分子化学-基礎から応用まで
杉本 直己, 内藤 昌信, 橋詰 峰雄, 高橋 俊太郎, 田中 直毅, 建石 寿枝, 遠藤 玉樹, 津本 浩平, 長門石 曉, 松原 輝彦, 上田 実, 朝山 章一郎 (担当:共著, 範囲:9章(p197-224))
講談社サイエンティフィク   2017年1月   ISBN:978-4-06-156806-8
超分子サイエンス&テクノロジー
松原 輝彦・佐藤智典 (担当:共著, 範囲:1036-1042)
NTS   2009年5月   
Contemporary Trends in Bacteriophage Research
MATSUBARA TERUHIKO (担当:共著, 範囲:407-419)
Nova Science Publishers, Inc.   2009年5月   ISBN:978-1606921814
分子間相互作用解析ハンドブック
松原輝彦・佐藤智典 (担当:共著, 範囲:16-22)
羊土社   2007年   

講演・口頭発表等

 
Selection and functional analysis of oligosaccharide-binding peptides
Teruhiko Matsubara, Kazutoshi Iijima, Hiroyuki Kubota, Toshinori Sato
The International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium and 4th Peptide engineering Meeting (43JPS/PEM4)   2006年11月   
Identification of peptides that inhibit influenza virus infection
Teruhiko Matsubara and Toshinori Sato
The Second International Symposium on Biomolecular Chemistry (IBC2006)   2006年8月   
Atomic force microscope study of ganglioside-containing lipid raft
K. Iijima, T. Matsubara, T. Sato
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM2005)   2005年12月   
Inhibition of influenza virus infection by sialylgalactose-binding peptides selected from a phage-displayed random library
T. Matsubara, M. Sumi, T. Taki, T. Sato
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM2005)   2005年12月   
The structural transition of the 15-residue peptide on the ganglioside GM1 mcelles
Naoki Fujitani, Hiroki Shimizu, Teruhiko Matsubara, Takashi Ohta, Noriko Nagahori, Yuki Komata, Toshinori Sato, and Shin-ichiro Nishimura
The 44th Annual Meeting of Japanese NMR Society and The 1st Asia-Pacific NMR Symposium   2005年11月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
難合成糖鎖受容体を分子模倣した修飾ペプチドの活性機構解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 松原 輝彦