高汐 一紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 03:26
 
アバター
研究者氏名
高汐 一紀
 
タカシオ カズノリ
eメール
kazht.sfc.keio.ac.jp
URL
http://vu9.sfc.keio.ac.jp/faculty_profile/cgi/f_profile.cgi?id=a464a3ec55ed9a77
所属
慶應義塾大学
部署
環境情報学部環境情報学科
職名
教授
学位
工学(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
40272752

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
2002年3月
電気通信大学 ,助手
 
2002年4月
 - 
2003年3月
大学助教授(有期・情報処理振興事業協会「MKGプロジェクト」)(大学院政策・メディア研究科)
 
2005年4月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授(有期)
 
2012年3月
 - 
2013年3月
Institute for Cognitive Systems (ICS), Technische Universität München (TUM) 客員研究員
 

委員歴

 
2013年
 - 
2014年
一般財団法人日本情報経済社会推進協会:IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト(都市交通分野)・都市空間情報と多様なサービスの連携を実現するスマートモビリティシステムの構築に向けた研究開発・「包括的同意行為検討ワーキンググループ」  包括的同意行為検討ワーキンググループ委員長
 
2012年
 - 
2012年
Internet of Things 2012 Conference (IOT 2012) Program Committee  委員
 
2010年
 - 
2010年
Internet of Things 2010 Conference (IOT 2010) Program Committee  委員
 
2009年
 - 
2011年
文部科学省/IPA産学人材育成パートナーシップ情報処理分科会:産学連携IT人材育成実行ワーキンググループ  委員
 
2009年
 - 
2010年
総務省 情報通信技術の研究開発の評価に関する会合:「消費エネルギー抑制ホームネットワーク技術の研究開発」評価検討委員会  委員
 

受賞

 
2015年5月
情報処理学会 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI-46)優秀論文賞 Aqua Mapping:水槽を介した観賞魚とのインタラクションシステム
受賞者: 礒川 直大・西山 勇毅・大越 匡・米澤 拓郎・中澤 仁・高汐 一紀・徳田 英幸
 
2014年10月
IEEE 16th International Conference on E-health Networking, Application & Services (Healthcom’14) Healthcom’14 BEST PAPER AWARD
受賞者: Yuuki Nishiyama, Tadashi Okoshi, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa, Kazunori Takashio and Hideyuki Tokuda
 
2014年5月
情報処理学会 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI-42)優秀論文賞 FlyingDisplay: 飛行可能な公共ディスプレイシステム
受賞者: 野崎 大幹・興野 悠太郎・小川 正幹・米澤 拓郎・中澤 仁・高汐 一紀・徳田 英幸
 
2004年7月
情報処理学会 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2004)優秀論文賞/優秀プレゼンテーション賞 粒度の動的変更による位置匿名性についての考察
受賞者: 中西 健一・高汐 一紀・徳田 英幸
 

論文

 
高汐 一紀
IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics   20(3) 775-786   2016年
Robot Avatar for Enhancing the Communication of Physically Disabled Humans
高汐 一紀
IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2016), Interactive Session      2016年8月   [査読有り]
Expression Amplifying Robot : 会話の中での表現力を増強するロボット (クラウドネットワークロボット)
高汐 一紀樫井 亜依 , 徳田 英幸
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(106) 11-16   2016年6月
NiSleep:ゲーミフィケーションを適用可能な睡眠評価
高汐 一紀江頭和輝, 古川侑紀, 西山勇毅, 大越匡, 米澤拓郎, 中澤仁, 徳田英幸
情報処理学会研究報告(Web)   2016-UBI-50(2) 1-6   2016年5月
MyFactor:ライフログを用いたユーザの内面状態に関する因子分析
高汐 一紀小渕幹夫, 中澤仁, 徳田英幸, 古川侑紀, 西山勇毅, 大越匡, 米澤拓郎
電子情報通信学会技術研究報告   115(467(ASN2015 99−110)) 39-44   2016年2月

書籍等出版物

 
次世代サイバースペースの研究 平成15年度 ハイテク・リサーチ・センター研究報告書
青木俊, 岩本健嗣, 由良淳一, 高汐一紀, 徳田英幸 (担当:共著, 範囲:43-46)
2004年   
『GNU Emacsマニュアル20.6』
リチャード・M.ストールマン著 (担当:共訳, 範囲:679p)
アスキー   2000年5月   ISBN:4-7561-3413-0

講演・口頭発表等

 
TalkingNemo: Aquarium Fish Talks Its Mind for Breeding Support
高汐 一紀
3rd International Conference on Animal-Computer Interaction (ACI)   2016年11月15日   
MyFactor:ライフログを用いたユーザの内面状態に関する因子分析
高汐 一紀小渕幹夫, 中澤仁, 徳田英幸, 古川侑紀, 西山勇毅, 大越匡, 米澤拓郎
電子情報通信学会技術研究報告   2016年2月22日   
Aqua Mapping:水槽を介した観賞魚とのインタラクションシステム
礒川 直大 , 西山 勇毅 , 大越 匡 , 米澤 拓郎 , 中澤 仁 , 高汐 一紀 , 徳田 英幸
情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会   2015年5月   
FlyingDisplay: 飛行可能な公共ディスプレイシステム
野崎大幹, 中澤仁, 興野悠太郎, 小川正幹, 米澤拓郎, 高汐 一紀, 徳田英幸
情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会   2014年5月22日   
F-CODE: A data abstraction approach for Compressive Sensing in Mobile Sensing Application
高汐 一紀
電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)   2014年1月   

所属学協会

 
Internet of Things 2012 Conference (IOT 2012) Program Committee(1) , ACM CoNext Workshop on Internet of Things and Service Platforms (IoTSP 2011)(1) , Internet of Things 2010 Conference (IOT 2010) Program Committee(1) , International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2009)(1) , 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会(5) , 情報処理学会 論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム III」特集号 編集委員会(2) , International Workshop on SensorWebs, Databases and Mining in Networked Sensing Systems (SWDMNSS) Steering Committee(1) , IPSJ 4th International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS 2009)(1) , International Workshop on SensorWebs, Databases and Mining in Networked Sensing Systems (SWDMNSS 2008) Program Committee(1) , 情報処理学会 論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム II」特集号 編集委員会(2) , 電子情報通信学会・情報処理学会 情報科学技術フォーラム(FIT)現地実行委員会(1) , The 2007 IFIP International Conference on Embedded and Ubiquitous Computing (EUC 2007) Technical Committee(1) , International Workshop on SensorWebs, Databases and Mining in Networked Sensing Systems (SWDMNSS 2007) Program Committee(1) , IPSJ 4th International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS 2007)(1) , 情報処理学会 論文誌「ユビキタスコンピューティングシステム」特集号 編集委員会(1) , The 2007 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2007) Program Committee(1) , IPSJ 3rd International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS 2006) Program Committee(1) , 情報処理学会(5340) , 情報処理学会 組込みシステム研究会(1) , Third International Conference on Networked Sensing Systems (INSS 2006) Program Committee(1)

競争的資金等の研究課題

 
知覚共有型ロボット群との協調による生体神経網の空間的拡張と論理的身体感覚形成
公益財団法人 立石科学技術振興財団: 立石科学技術振興財団 研究助成
研究期間: 2015年 - 2015年
論理的身体感覚形成のための分散知覚共有ネットワークとその評価
独立行政法人 日本学術振興会(JST): 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年 - 2016年
マルチモーダル知覚センサ・パッドの実世界情報プロービング応用
慶應義塾: 慶應義塾学事振興資金
研究期間: 2013年 - 2015年
新世代ネットワークを支えるネットワーク仮想化基盤技術の研究開発
研究期間: 2011年 - 2013年
次世代道路交通システムにおける情報通信技術に関する調査研究検討
研究期間: 2011年 - 2012年

特許

 
2005-99731 : 情報端末のコネクティング構造
徳田 英幸・高汐 一紀・岩井 将行・神武 直彦・岡本 安都夫
u-Textureの内部ソフトウェアが持つ自己組織化機能に関する特許申請
2004-058663 : ユビキタス環境情報スナップショットデータの生成方法,閲覧方法,生成装置,閲覧装置及びプログラム並びにユビキタス環境情報スナップショットのデータ構造
鈴木 源太・岩本 健嗣・青木 俊・丸山 大佑・幸田 拓耶・神武 直彦・高汐 一紀・徳田 英幸
ユビキタス環境情報スナップショットu-Photoのデータ構造,さらに,u-Photoカメラ,ビューワソフトウェアの機能に関する特許申請
2003-384424 : プライバシを考慮したパーソナライゼーションのためのシステム及び方法
田丸 修平・岩谷 晶子・高汐 一紀・徳田 英幸
プライバシネゴシエーションプロトコルPPNPのソフトウェアアーキテクチャ,および,その実現手法に関する特許申請
2009-206663 : 通信端末を用いた製品へのサービス提供システム
國頭 吾郎・永田 智大・米澤 拓郎・中澤 仁・岩井 将行・高汐 一紀・徳田 英幸
Spot & Snapによる直感的なアソシエーション機能に関する特許