Takashio, Kazunori

J-GLOBAL         Last updated: May 29, 2019 at 04:06
 
Avatar
Name
Takashio, Kazunori
E-mail
kazht.sfc.keio.ac.jp
URL
http://vu9.sfc.keio.ac.jp/faculty_profile/cgi/f_profile_e.cgi?id=a464a3ec55ed9a77
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Environment and Information Studies
Job title
Professor
Degree
工学(Keio University)
Research funding number
40272752

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1995
 - 
Mar 2002
電気通信大学 ,助手
 
Apr 2002
 - 
Mar 2003
大学助教授(有期・情報処理振興事業協会「MKGプロジェクト」)(大学院政策・メディア研究科)
 
Apr 2005
 - 
Mar 2008
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授(有期)
 
Mar 2012
 - 
Mar 2013
Guest Researcher, Institute for Cognitive Systems (ICS), Technische Universität München (TUM)
 

Education

 
Mar 1990
   
 
Faculty of Science and Engineering, Keio University
 
Mar 1992
   
 
Graduate School, Division of Science and Engineeri, Keio University
 
Mar 1995
   
 
Graduate School, Division of Science and Engineeri, Keio University
 

Committee Memberships

 
2015
 - 
Today
2016 Ninth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016)  Technical Program Committee Member
 
2015
   
 
Internet of Things 2015 Conference (IOT 2015) Program Committee  Committee Member
 
2014
   
 
Internet of Things 2014 Conference (IOT 2014) Program Committee  Committee Member
 
2013
 - 
Today
International Conference on Mobile Ubiquitous Computing, Systems, Services and Technologies (UBICOMM) 2014, 2015, 2016  Program Committee Member
 
2013
 - 
2015
IEEE International Conference on Advances in Computing, Communications and Informatics (ICACCI) 2015, 2015  Committee Member
 

Awards & Honors

 
May 2015
Aqua Mapping:水槽を介した観賞魚とのインタラクションシステム, 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI-46)優秀論文賞, 情報処理学会
Winner: 礒川 直大・西山 勇毅・大越 匡・米澤 拓郎・中澤 仁・高汐 一紀・徳田 英幸
 
Oct 2014
Towards Health Exercise Behavior Change for Teams Using Life-logging, Healthcom’14 BEST PAPER AWARD, IEEE 16th International Conference on E-health Networking, Application & Services (Healthcom’14)
Winner: Yuuki Nishiyama, Tadashi Okoshi, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa, Kazunori Takashio and Hideyuki Tokuda
 
May 2014
FlyingDisplay: 飛行可能な公共ディスプレイシステム, 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI-42)優秀論文賞, 情報処理学会
Winner: 野崎 大幹・興野 悠太郎・小川 正幹・米澤 拓郎・中澤 仁・高汐 一紀・徳田 英幸
 
Jul 2004
粒度の動的変更による位置匿名性についての考察, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2004)優秀論文賞/優秀プレゼンテーション賞, 情報処理学会
Winner: Kenichi Nakanishi, TAKASHIO KAZUNORI, Hideyuki Tokuda
 

Published Papers

 
Robot Avatar for Enhancing the Communication of Physically Disabled Humans
Ai Kashii, Kazunori Takashio and Hideyuki Tokuda
IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2016), Interactive Session      Aug 2016   [Refereed]
Toward Health Exercise Behavior Change for Teams Using Lifelog Sharing Models
Yuki Nishiyama, TAKASHIO KAZUNORI, et.al.
IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics   20(3) 775-786   Dec 2015   [Refereed]
A public vehicle-based urban sensing system
Yin Chen, Takuro Yonezawa, Kazunori Takashio, Yutaro Kyono, Jin Nakazwa and Hidyuki Tokuda
The 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing, Poster Session   117-120   Sep 2015   [Refereed]
A Method for Detecting Damage of Traffic Marks by Half Celestial Camera Attached to Cars
Takafumi Kawasaki, Takeshi Iwamoto, Mchito Matsumoto, Takuro Yonezawa, Jin Nakazawa, Kazunori Takashio and Hideyuki Tokuda
The 12th EAI International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MOBIQUITOUS’15)   246-253   Jul 2015   [Refereed]
ライフログデータを用いたチームの行動変容促進
西山 勇毅・高汐 一紀 (他4名)
情報処理学会論文誌 ユビキタスコンピューティング(IV)特集号   56(1) 349-361   Jan 2015   [Refereed]

Books etc

 
次世代サイバースペースの研究 平成15年度 ハイテク・リサーチ・センター研究報告書
TAKASHIO KAZUNORI (Part:Joint Work, 43-46)
2004   
『GNU Emacsマニュアル20.6』
リチャード・M.ストールマン著 (Part:Joint Translation, 679p)
アスキー   May 2000   ISBN:4-7561-3413-0

Conference Activities & Talks

 
Aqua Mapping:水槽を介した観賞魚とのインタラクションシステム
礒川 直大 , 西山 勇毅 , 大越 匡 , 米澤 拓郎 , 中澤 仁 , 高汐 一紀 , 徳田 英幸
情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会   May 2015   
FlyingDisplay: 飛行可能な公共ディスプレイシステム
TAKASHIO KAZUNORI
情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム(UBI)研究会   22 May 2014   
F-CODE: A data abstraction approach for Compressive Sensing in Mobile Sensing Application
Akito Ito, TAKASHIO KAZUNORI, et al.
IEICE Technical Committee on Ambient Intelligence and Sensor Networks (ASN)   Jan 2014   
SlowMAC:長期化した無線起動周期に対応したMACプロトコル
安形 憲一・高汐 一紀 (他2名)
電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)   Jan 2014   
運動学習におけるフィードバック情報操作の効果に関する研究
石黒 照朗・高汐 一紀 (他2名)
情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI)   Nov 2013   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
知覚共有型ロボット群との協調による生体神経網の空間的拡張と論理的身体感覚形成
公益財団法人 立石科学技術振興財団: 立石科学技術振興財団 研究助成
Project Year: 2015   
論理的身体感覚形成のための分散知覚共有ネットワークとその評価
独立行政法人 日本学術振興会(JST): Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2014 - 2016
マルチモーダル知覚センサ・パッドの実世界情報プロービング応用
慶應義塾: Keio Gijuku Academic Development Funds
Project Year: 2013 - 2015
新世代ネットワークを支えるネットワーク仮想化基盤技術の研究開発
Project Year: 2011 - 2013
次世代道路交通システムにおける情報通信技術に関する調査研究検討
Project Year: 2011 - 2012

Patents

 
2009-206663 : 通信端末を用いた製品へのサービス提供システム
國頭 吾郎・永田 智大・米澤 拓郎・中澤 仁・岩井 将行・高汐 一紀・徳田 英幸
Spot & Snapによる直感的なアソシエーション機能に関する特許
2005-99731 : 情報端末のコネクティング構造
徳田 英幸・高汐 一紀・岩井 将行・神武 直彦・岡本 安都夫
u-Textureの内部ソフトウェアが持つ自己組織化機能に関する特許申請
2004-058663 : ユビキタス環境情報スナップショットデータの生成方法,閲覧方法,生成装置,閲覧装置及びプログラム並びにユビキタス環境情報スナップショットのデータ構造
鈴木 源太・岩本 健嗣・青木 俊・丸山 大佑・幸田 拓耶・神武 直彦・高汐 一紀・徳田 英幸
ユビキタス環境情報スナップショットu-Photoのデータ構造,さらに,u-Photoカメラ,ビューワソフトウェアの機能に関する特許申請
2003-384424 : プライバシを考慮したパーソナライゼーションのためのシステム及び方法
田丸 修平・岩谷 晶子・高汐 一紀・徳田 英幸
プライバシネゴシエーションプロトコルPPNPのソフトウェアアーキテクチャ,および,その実現手法に関する特許申請

Social Contribution

 
(財)日本情報経済社会推進協会:IT融合による新社会システムの開発・実証プロジェクト(都市交通分野):包括的同意行為検討ワーキンググループ 委員長
[]  2013 - 2014
文部科学省/IPA産学人材育成パートナーシップ情報処理分科会:産学連携IT人材育成実行ワーキンググループ
[]  2009 - 2011
総務省 情報通信技術の研究開発の評価に関する会合:「消費エネルギー抑制ホームネットワーク技術の研究開発」評価検討委員会
[]  2009 - 2010
総務省 ICT標準開発プロジェクト評価会
[]  2009
総務省 情報通信技術の研究開発の評価に関する会合:「情報家電の高度利活用技術の研究開発」評価検討委員会
[]  2007 - 2009