下里剛士

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/05 04:24
 
アバター
研究者氏名
下里剛士
 
シモサトタケシ
URL
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/lab/shimolab/
所属
信州大学
部署
先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所 生体分子イノベーション部門
職名
教授
学位
博士(農学)(東北大学)
ORCID ID
0000-0001-8132-1911

経歴

 
2019年4月
   
 
信州大学農学部・教授
 
2019年4月
   
 
信州大学バイオメディカル研究所生体分子イノベーション部門・部門長
 
2016年10月
 - 
2019年3月
信州大学菌類微生物ダイナミズム創発研究センター・センター長
 
2012年4月
 - 
2019年3月
信州大学農学部・准教授
 
2007年11月
 - 
2012年3月
信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点・特任助教
 
2007年1月
 - 
2007年10月
米国国立癌研究所(NCI)・日本学術振興会海外特別研究員
 
2006年4月
 - 
2007年1月
米国食品医薬局/生物製剤評価研究センター(FDA/CBER)・日本学術振興会海外特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2006年3月
東北大学 農学研究科 生物産業創成科学専攻
 
 
 - 
2003年3月
東北大学 農学研究科 資源生物科学専攻
 
 
 - 
2001年3月
東北大学 農学部 生物生産科学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
2020年
日本乳酸菌学会  評議員
 
2017年
   
 
北信越畜産学会  監事
 
2019年
   
 
日本酪農科学会  監事
 

受賞

 
2017年10月
若手農林水産研究者表彰・農林水産技術会議会長賞
 
2015年11月
日本農学進歩賞
 
2011年3月
Animal Science Journal Excellent Paper Award 2011
 
2011年3月
日本畜産学会奨励賞
 
2008年3月
Animal Science Journal Excellent Paper Award 2008
 

論文

 
Nigar S, Shimosato T.*
Frontiers in Nutrition   6 140   2019年8月
Koyama S, Fujita H, Shimosato T, Kamijo A, Ishiyama Y, Yamamoto E, Ishii Y, Hattori Y, Hagiwara M, Yamazaki E, Tomita N, Nakajima H.
Probiotics and Antimicrobial Proteins   11(1) 295-298   2019年   [査読有り]
Namai F, Yamamoto Y, Sato T, Ogita T, Shimosato T.*
Animal Science Journal   89(12) 1707-1711   2018年12月
Sato T, Shimosato T, Klinman DM
Lung Cancer: Targets and Therapy      2018年10月
Nakashima K, Sato T, Shigemori S, Shimosato T, Shinkai M, Kaneko T.
Respiratory Research   19 114   2018年8月

書籍等出版物

 
月刊BIOINDUSTRY「機能性オリゴDNAの経口投与を可能にするDNAナノカプセルの開発」
株式会社シーエムシー出版   2015年8月   ISBN:0910-6545
PROBIOTICS: IMMUNOBIOTICS AND IMMUNOGENICS「Chapter 13, Immunogenics: immunoestimulatory oligodeoxynucleotides from probiotics」
CRC Press   2013年9月   ISBN:10.1201/b15532-14
アジュバント開発研究の新展開「プロバイオティック乳酸菌を利用した経口ワクチン・アジュバント研究の新展開」
株式会社シーエムシー出版   2011年8月   

講演・口頭発表等

 
「乳酸菌、腸内細菌およびミルクオリゴ糖の健康機能科学」-イムノバイオティクス由来核酸成分を用いた経口用微粒子の創製と機能性食品・飼料素材への展開-[招待講演] [招待有り]
下里剛士
日本食品科学工学会第66回大会   2019年8月29日   
ナチュラルチーズにおける免疫調節機能の比較検討
大野遥香, 荻田佑, 三上彩音, 下里剛士
2019年度酪農科学シンポジウム   2019年8月23日   
Lactococcus lactis組換え体の産生する 抗インターロイキン4低分子抗体の免疫調節作用
渡邉康平, 生井楓, 荻田佑, 重盛駿, 下里剛士
2019年度酪農科学シンポジウム   2019年8月23日   
抗CTLA-4低分子抗体を産生するLactococcus lactis組換え体の構築(若手優秀ポスター賞受賞)
村上愛斗, 生井楓, 上田麻未, 重盛駿, 荻田佑, 佐藤隆, 下里剛士
2019年度酪農科学シンポジウム   2019年8月23日   
Lactobacillus rhamnosus GGに対する薬剤耐性選抜法の応用と 分泌型タンパク質の産生能に与える影響
石田みのり, 梶川祥子, 生井楓, 荻田佑, 重盛駿, 下里剛士
2019年度酪農科学シンポジウム   2019年8月23日   

競争的資金等の研究課題

 
オリゴDNAの機能性解析
科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 下里 剛士
科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 下里 剛士
科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 下里剛士
乳酸菌オリゴDNAを有効成分とする経口用ナノカプセルを用いた免疫調節機構の解明
科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 下里剛士