浅山 敬

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/14 14:02
 
アバター
研究者氏名
浅山 敬
 
アサヤマ ケイ
所属
帝京大学
部署
医学部
職名
准教授
学位
博士 (医学)(東北大学)

プロフィール

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=(Asayama K[Author] AND (Tohoku[All Fields] OR Leuven[Affiliation] OR Teikyo[Affiliation])) AND ("2000"[PDAT] : "3000"[PDAT])

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
東北大学 薬学研究科(研究院) 研究員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
Leuven大学 Studies Coordinating Centre Research fellow
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院薬学研究科医薬開発構想寄付講座 助教
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東北大学 COEプログラム「CRESCENDO」 研究員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東北大学 大学院薬学研究科医薬開発構想寄付講座 助手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年9月
東北大学 大学院医学系研究科 臨床薬学分野
 
1994年4月
 - 
2000年3月
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
ISO NIBP国内委員会  委嘱委員
 
2015年6月
 - 
現在
日本循環器病予防学会  評議員
 
2014年10月
 - 
現在
日本高血圧学会  評議員
 
2008年10月
 - 
現在
日本高血圧学会  FJSH
 

受賞

 
2016年10月
第28回血圧管理研究会 日野原重明賞
 
2016年9月
日本高血圧学会 第6回学術賞
 
2013年10月
Hypertension Research Hypertension Research Award 最優秀賞
 
2013年10月
日本高血圧学会 Young Investigator Award
 
2010年7月
東北大学大学院薬学研究科 研究科長賞(特に優れた研究を行った者)
 
2010年6月
欧州高血圧学会 Accommodation Grant
 
2010年
臨床薬理研究振興財団 海外留学助成金
 
2009年6月
欧州高血圧学会 European Investigators’ Travel Grants
 
2008年6月
欧州高血圧学会/国際高血圧学会 Travel Grant Award
 
2007年11月
アジア太平洋高血圧学会 Travel Grant Award
 
2004年8月
欧州心臓病学会 Young Investigator Award (Population Sciences)
 
2003年9月
World Congress of Chronobiology Travel Grant Award
 

論文

 
Asayama K, Satoh M, Kikuya M
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(9) 669-678   2018年9月   [査読有り]
Saito S, Ohi T, Murakami T, Komiyama T, Miyoshi Y, Endo K, Satoh M, Asayama K, Inoue R, Kikuya M, Metoki H, Imai Y, Ohkubo T, Hattori Y
BMC oral health   18(1) 142   2018年8月   [査読有り]
Watabe D, Asayama K, Hanazawa T, Hosaka M, Satoh M, Yasui D, Obara T, Inoue R, Metoki H, Kikuya M, Imai Y, Ohkubo T, Hypertension Objective Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure (HOMED-BP) investigators.
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(8) 622-628   2018年8月   [査読有り]
Satoh M, Murakami T, Asayama K, Hirose T, Kikuya M, Inoue R, Tsubota-Utsugi M, Murakami K, Matsuda A, Hara A, Obara T, Kawasaki R, Nomura K, Metoki H, Node K, Imai Y, Ohkubo T
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82(8) 2055-2062   2018年7月   [査読有り]
Yang WY, Thijs L, Zhang ZY, Asayama K, Boggia J, Hansen TW, Ohkubo T, Jeppesen J, Stolarz-Skrzypek K, Malyutina S, Casiglia E, Nikitin Y, Li Y, Wang JG, Imai Y, Kawecka-Jaszcz K, O'Brien E, Staessen JA, International Database; on Ambulatory blood pressure in relation to Cardiovascular Outcomes (IDACO) Investigators.
Blood pressure   1-10   2018年6月   [査読有り]
Hanazawa T, Asayama K, Watabe D, Tanabe A, Satoh M, Inoue R, Hara A, Obara T, Kikuya M, Nomura K, Metoki H, Imai Y, Ohkubo T, HOMED‐BP (Hypertension Objective Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure) Investigators.
Journal of the American Heart Association   7(10)    2018年5月   [査読有り]
Sonoda N, Morimoto A, Tatsumi Y, Asayama K, Ohkubo T, Izawa S, Ohno Y
Metabolism: clinical and experimental   82 58-64   2018年5月   [査読有り]
Yatabe MS, Yatabe J, Asayama K, Staessen JA, Mujaj B, Thijs L, Ito K, Sonoo T, Morimoto S, Ichihara A
Blood pressure   27(2) 99-105   2018年4月   [査読有り]
Huang QF, Wei FF, Zhang ZY, Raaijmakers A, Asayama K, Thijs L, Yang WY, Mujaj B, Allegaert K, Verhamme P, Struijker-Boudier HAJ, Li Y, Staessen JA
American journal of hypertension   31(4) 438-449   2018年3月   [査読有り]
Asayama K, Ohkubo T, Satoh A, Tanaka S, Higashiyama A, Murakami Y, Yamada M, Saitoh S, Okayama A, Miura K, Ueshima H, Miyamoto Y, Okamura T, Evidence for Cardiovascular Prevention From Observational Cohorts in Japan (EPOCH-JAPAN) Research Group.
Journal of hypertension   36(2) 410-418   2018年2月   [査読有り]
Tatsumi Y, Morimoto A, Asayama K, Sonoda N, Miyamatsu N, Ohno Y, Miyamoto Y, Izawa S, Ohkubo T
Diabetes research and clinical practice   135 11-17   2018年1月   [査読有り]
Asayama K, Imai Y
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(1) 1-5   2018年1月   [査読有り]
Yoshioka N, Nomura K, Asayama K, Takenoshita S, Nagasawa T, Nakata Y, Hiraike H, Sasamori Y, Tsuchiya A, Ohkubo T, Okinaga H
Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene   73(3) 388-394   2018年   [査読有り]
Satoh M, Asayama K, Kikuya M, Inoue R, Tsubota-Utsugi M, Obara T, Murakami K, Matsuda A, Murakami T, Nomura K, Metoki H, Imai Y, Ohkubo T
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   40(1) 1-7   2018年   [査読有り]
Hosaka M, Inoue R, Satoh M, Watabe D, Hanazawa T, Ohkubo T, Asayama K, Obara T, Imai Y, J-HOME-ALB Study group.
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   40(5) 468-475   2018年   [査読有り]
Ogata S, Kamide K, Asayama K, Tabara Y, Kawaguchi T, Satoh M, Katsuya T, Sugimoto K, Hirose T, Inoue R, Hara A, Obara T, Kikuya M, Metoki H, Matsuda F, Staessen JA, Ohkubo T, Rakugi H, Imai Y
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   40(4) 363-369   2018年   [査読有り]
Murakami K, Asayama K, Satoh M, Hosaka M, Matsuda A, Inoue R, Tsubota-Utsugi M, Murakami T, Nomura K, Kikuya M, Metoki H, Imai Y, Ohkubo T
Journal of hypertension   35(12) 2395-2401   2017年12月   [査読有り]
Asayama K, Li Y, Franklin SS, Thijs L, O'Brien E, Staessen JA
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   70(4) 676-682   2017年10月   [査読有り]
Tani S, Asayama K, Oiwa K, Harasawa S, Okubo K, Takahashi A, Tanabe A, Ohkubo T, Hirayama A, Kushiro T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(10) 892-898   2017年10月   [査読有り]
Asayama K
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(10) 856-860   2017年10月   [査読有り]
Asayama K, Hozawa A, Taguri M, Ohkubo T, Tabara Y, Suzuki K, Ando T, Harada A, Ohashi Y, Ueshima H, Toyoshima H, Imai Y, Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS) group.
Journal of hypertension   35(9) 1808-1815   2017年9月   [査読有り]
Hanazawa T, Asayama K, Imai Y, Ohkubo T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(8) 789-790   2017年8月   [査読有り]
Melgarejo JD, Maestre GE, Thijs L, Asayama K, Boggia J, Casiglia E, Hansen TW, Imai Y, Jacobs L, Jeppesen J, Kawecka-Jaszcz K, Kuznetsova T, Li Y, Malyutina S, Nikitin Y, Ohkubo T, Stolarz-Skrzypek K, Wang JG, Staessen JA, International Database on Ambulatory Blood Pressure in Relation to Cardiovascular Outcomes (IDACO) Investigators.
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   70(1) 50-58   2017年7月   [査読有り]
Thomas B, Matsushita K, Abate KH, Al-Aly Z, Ärnlöv J, Asayama K, Atkins R, Badawi A, Ballew SH, Banerjee A, Barregård L, Barrett-Connor E, Basu S, Bello AK, Bensenor I, Bergstrom J, Bikbov B, Blosser C, Brenner H, Carrero JJ, Chadban S, Cirillo M, Cortinovis M, Courville K, Dandona L, Dandona R, Estep K, Fernandes J, Fischer F, Fox C, Gansevoort RT, Gona PN, Gutierrez OM, Hamidi S, Hanson SW, Himmelfarb J, Jassal SK, Jee SH, Jha V, Jimenez-Corona A, Jonas JB, Kengne AP, Khader Y, Khang YH, Kim YJ, Klein B, Klein R, Kokubo Y, Kolte D, Lee K, Levey AS, Li Y, Lotufo P, El Razek HMA, Mendoza W, Metoki H, Mok Y, Muraki I, Muntner PM, Noda H, Ohkubo T, Ortiz A, Perico N, Polkinghorne K, Al-Radaddi R, Remuzzi G, Roth G, Rothenbacher D, Satoh M, Saum KU, Sawhney M, Schöttker B, Shankar A, Shlipak M, Silva DAS, Toyoshima H, Ukwaja K, Umesawa M, Vollset SE, Warnock DG, Werdecker A, Yamagishi K, Yano Y, Yonemoto N, Zaki MES, Naghavi M, Forouzanfar MH, Murray CJL, Coresh J, Vos T, Global Burden of Disease 2013 GFR Collaborators., CKD Prognosis Consortium., Global Burden of Disease Genitourinary Expert Group.
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   28(7) 2167-2179   2017年7月   [査読有り]
Nomura K, Asayama K, Jacobs L, Thijs L, Staessen JA
Kidney international   92(1) 67-78   2017年7月   [査読有り]
Juhanoja EP, Niiranen TJ, Johansson JK, Puukka PJ, Thijs L, Asayama K, Langén VL, Hozawa A, Aparicio LS, Ohkubo T, Tsuji I, Imai Y, Stergiou GS, Jula AM, Staessen JA, International Database on Home Blood Pressure in Relation to Cardiovascular Outcome (IDHOCO) Investigators.
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   69(4) 599-607   2017年4月   [査読有り]
Hanazawa T, Asayama K, Watabe D, Hosaka M, Satoh M, Yasui D, Obara T, Inoue R, Metoki H, Kikuya M, Imai Y, Ohkubo T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(3) 284-290   2017年3月   [査読有り]
Murakami K, Asayama K, Satoh M, Inoue R, Tsubota-Utsugi M, Hosaka M, Matsuda A, Nomura K, Murakami T, Kikuya M, Metoki H, Imai Y, Ohkubo T
Journal of atherosclerosis and thrombosis   24(3) 290-300   2017年3月   [査読有り]
Tsuboya T, Inoue M, Satoh M, Asayama K
Environmental health and preventive medicine   22(1) 3   2017年3月   [査読有り]
Tsubota-Utsugi M, Satoh M, Tomita N, Hara A, Kondo T, Hosaka M, Saito S, Asayama K, Inoue R, Hirano M, Hosokawa A, Murakami K, Murakami T, Metoki H, Kikuya M, Izumi SI, Imai Y, Ohkubo T
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   26(2) 376-384   2017年2月   [査読有り]
Tanabe A, Asayama K, Hanazawa T, Watabe D, Nomura K, Okamura T, Ohkubo T, Imai Y
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(5) 504-510   2017年1月   [査読有り]
Staessen JA, Li Y, Hara A, Asayama K, Dolan E, O'Brien E
American journal of hypertension   30(5) 453-463   2017年1月   [査読有り]
Wei FF, Zhang ZY, Petit T, Cauwenberghs N, Gu YM, Thijs L, Raaijmakers A, Jacobs L, Yang WY, Allegaert K, Kuznetsova T, Verhamme P, Struijker-Boudier HA, Li Y, Asayama K, Staessen JA
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(12) 886-892   2016年12月   [査読有り]
Franklin SS, Thijs L, Asayama K, Li Y, Hansen TW, Boggia J, Jacobs L, Zhang Z, Kikuya M, Björklund-Bodegård K, Ohkubo T, Yang WY, Jeppesen J, Dolan E, Kuznetsova T, Stolarz-Skrzypek K, Tikhonoff V, Malyutina S, Casiglia E, Nikitin Y, Lind L, Sandoya E, Kawecka-Jaszcz K, Filipovský J, Imai Y, Wang JG, O'Brien E, Staessen JA, IDACO Investigators.
Journal of the American College of Cardiology   68(19) 2033-2043   2016年11月   [査読有り]
Satoh M, Inoue R, Tada H, Hosaka M, Metoki H, Asayama K, Murakami T, Mano N, Ohkubo T, Yagihashi K, Hoshi K, Suzuki M, Imai Y
Journal of hypertension   34(8) 1578-1585   2016年8月   [査読有り]
Ntineri A, Stergiou GS, Thijs L, Asayama K, Boggia J, Boubouchairopoulou N, Hozawa A, Imai Y, Johansson JK, Jula AM, Kollias A, Luzardo L, Niiranen TJ, Nomura K, Ohkubo T, Tsuji I, Tzourio C, Wei FF, Staessen JA
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(8) 612-617   2016年8月   [査読有り]
Odili AN, Thijs L, Hara A, Wei FF, Ogedengbe JO, Nwegbu MM, Aparicio LS, Asayama K, Niiranen TJ, Boggia J, Luzardo L, Jacobs L, Stergiou GS, Johansson JK, Ohkubo T, Jula AM, Imai Y, O'Brien E, Staessen JA, International Database on Home Blood Pressure in Relation to Cardiovascular Outcome (IDHOCO) Investigators.
Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   67(6) 1249-1255   2016年6月   [査読有り]
Satoh M, Haga T, Hosaka M, Obara T, Metoki H, Murakami T, Kikuya M, Inoue R, Asayama K, Mano N, Ohkubo T, Imai Y
Journal of hypertension   34(6) 1218-1223   2016年6月   [査読有り]
Asayama K, Ohkubo T, Hoshide S, Kario K, Ohya Y, Rakugi H, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(4) 179-182   2016年4月   [査読有り]
Asayama K, Ohkubo T, Hanazawa T, Watabe D, Hosaka M, Satoh M, Yasui D, Staessen JA, Imai Y, Hypertensive Objective Treatment Based on Measurement by Electrical Devices of Blood Pressure (HOMED‐BP) Study Investigators.
Journal of the American Heart Association   5(3) e002995   2016年3月   [査読有り]
Murakami K, Tsubota-Utsugi M, Satoh M, Asayama K, Inoue R, Ishiguro A, Matsuda A, Kanno A, Yasui D, Murakami T, Metoki H, Kikuya M, Imai Y, Ohkubo T
Stroke   47(2) 323-328   2016年2月   [査読有り]
Murakami K, Metoki H, Satoh M, Asayama K, Hosaka M, Matsuda A, Inoue R, Tsubota-Utsugi M, Murakami T, Nomura K, Kikuya M, Imai Y, Ohkubo T
Neuroepidemiology   47(2) 109-116   2016年   [査読有り]
Hosaka M, Asayama K, Staessen JA, Tatsuta N, Satoh M, Kikuya M, Ohkubo T, Satoh H, Imai Y, Nakai K
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   38(11) 776-782   2015年11月   [査読有り]
Satoh M, Asayama K, Kikuya M, Inoue R, Metoki H, Hosaka M, Tsubota-Utsugi M, Obara T, Ishiguro A, Murakami K, Matsuda A, Yasui D, Murakami T, Mano N, Imai Y, Ohkubo T
Hypertension   67(1) 48-55   2015年11月   [査読有り]
Aparicio LS, Thijs L, Boggia J, Jacobs L, Barochiner J, Odili AN, Alfie J, Asayama K, Cuffaro PE, Nomura K, Ohkubo T, Tsuji I, Stergiou GS, Kikuya M, Imai Y, Waisman GD, Staessen JA, International Database on Home Blood Pressure in Relation to Cardiovascular Outcome (IDHOCO) Investigators
Hypertension   66(4) 865-873   2015年10月   [査読有り]
Satoh M, Tanno Y, Hosaka M, Metoki H, Obara T, Asayama K, Hoshi K, Suzuki M, Mano N, Imai Y
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   37(6) 459-462   2015年10月   [査読有り]
Alwan H, Ehret G, Ponte B, Pruijm M, Ackermann D, Guessous I, Staessen JA, Asayama K, Kutalik Z, Vuistiner P, Paccaud F, Pechere-Bertschi A, Mohaupt M, Vogt B, Martin PY, Burnier M, Bochud M
Journal of hypertension   33(10) 2061-2067   2015年10月   [査読有り]
Odili AN, Abdullahi B, Nwankwo AM, Asayama K, Staessen JA
Blood pressure monitoring   20(5) 260-265   2015年10月   [査読有り]
Hosaka M, Metoki H, Satoh M, Ohkubo T, Asayama K, Kikuya M, Inoue R, Obara T, Hirose T, Imai Y
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   38(10) 701-707   2015年10月   [査読有り]
Satoh M, Hosaka M, Asayama K, Kikuya M, Inoue R, Metoki H, Tsubota-Utsugi M, Hara A, Hirose T, Obara T, Totsune K, Hoshi H, Mano N, Node K, Imai Y, Ohkubo T
Journal of hypertension   33(8) 1536-1541   2015年8月   [査読有り]

Misc

 
【高血圧の最新診断・治療-ガイドラインから個別予見医療へ-】 診察室外血圧の活用(個別診療に活かすエビデンス) 家庭血圧/自動診察室血圧測定(AOBP)
菊谷 昌浩, 浅山 敬, 大久保 孝義
日本臨床   76(8) 1374-1380   2018年8月
【高血圧:エビデンスと推奨-日常診療への提言】 エビデンス SPRINT
浅山 敬, 大久保 孝義
腎と透析   85(2) 159-164   2018年8月
【高血圧:エビデンスと推奨-日常診療への提言】 エビデンス IDHOCO 家庭血圧コホート国際共同研究データベース
野村 恭子, 浅山 敬, 大久保 孝義
腎と透析   85(2) 170-175   2018年8月
【高血圧:エビデンスと推奨-日常診療への提言】 エビデンス HOMED-BP研究
大久保 孝義, 浅山 敬, 今井 潤
腎と透析   85(2) 183-187   2018年8月
【高血圧治療ガイドライン改訂に向けた課題】 血圧測定についての課題 水銀血圧計に代わる血圧計、家庭血圧測定方法等について
浅山 敬, 大久保 孝義
血圧   25(6) 418-422   2018年6月
高血圧の正確な診断と治療のためには、血圧を正しく測定することが不可欠である。測定機器としては長年用いられてきた水銀血圧計から電子血圧計への移行が進むが、どのような血圧計であっても定期的なチェックやメンテナンスが望ましい。また対象者の特性に合った血圧計を、客観的な評価結果に基づいて選定するべきである。家庭血圧測定時は、測定環境や手技をしっかり確認することが大切である。(著者抄録)
【降圧療法の完成度を上げる-血圧変動から個別予見医療へ】 疫学研究よりみた血圧変動のエビデンス
浅山 敬
血圧   25(3) 164-168   2018年3月
血圧変動のエビデンスが疫学研究から徐々に蓄積されつつある。しかし変動性には多くの要素が含まれ、リスクが過大評価されている領域もある。総じて血圧変動性は血圧レベルに及ぶインパクトまでは有しておらず、そもそも変動性を大きく変化させる介入方法はあまり多くない。我々はまず、正しい血圧測定によって血圧レベルをしっかりと評価・管理したうえで、エビデンスと個々の対象者に応じ、各種血圧変動性指標を取り扱うべきである。(著者抄録)
【厳格な降圧療法の有効性と意義を熟考する】 厳格降圧における血圧測定法 自動診察室血圧測定の意義と限界
浅山 敬
血圧   25(1) 22-26   2018年1月
SPRINTでは、降圧の判断基準となる外来血圧の測定に厳格な規定を設けた。これは特に、医療スタッフが血圧測定中に側にいないことで狭義の白衣効果を除外できる点が最大の特長である。しかし、この方式はautomated office blood pressure(AOBP)とも称されているが、元来のAOBPの定義とは異なっている。また、日本高血圧学会のガイドラインに従った外来血圧測定でも、自動血圧計を用いるとAOBPに近い条件まで測定精度を高められ得る。ガイドラインを遵守した正しい外来血圧測定が...
【高血圧 高血圧学アップデート】 SPRINTとHOPE-3試験
浅山 敬, 大久保 孝義
Medical Practice   34(8) 1337-1339   2017年8月
【SPRINTからわが国の高血圧治療を考える】 SPRINT研究のプロトコルと血圧測定法
浅山 敬, 大久保 孝義
血圧   24(5) 322-326   2017年5月
SPRINT試験は、脳卒中・糖尿病を除く中等〜高リスク高血圧患者に対して、AOBPに準拠した厳密な外来血圧測定による収縮期血圧を120mmHg未満に管理することの有用性を明らかにした。AOBPはカナダの高血圧ガイドラインにいち早く取り入れられているが、通常の外来血圧や家庭血圧と比べて不明な点が多い。SPRINTの結果を受けて、わが国でも多施設での臨床研究が進められている。(著者抄録)
【血圧変動と臓器障害】 家庭血圧からみる血圧変動
浅山 敬, 大久保 孝義, 今井 潤
血圧   24(4) 239-243   2017年4月
家庭血圧測定によって、血圧の日間変動や、外来血圧と組み合わせた白衣・仮面高血圧を捉えることができる。さらに長期測定により季節変動を精細に把握することも可能である。仮面高血圧の意義は明らかであり、わが国の高血圧治療ガイドラインでも家庭血圧の積極的な測定が勧められている。一方、日間変動性の循環器予後予測へのインパクトはさほど強くなく、家庭血圧レベルの管理が変わらず重要である。家庭血圧の精緻なデータに基づいた季節変動性の分析結果は、集団として夏より冬に血圧高値となるなど臨床的感触と一致しており、...
【HOMED-BP研究から考える日本の高血圧治療】 HOMED-BP研究の最終結果 電子血圧計による高血圧治療の客観的評価の意義と今後の課題
浅山 敬, 大久保 孝義, 今井 潤
Therapeutic Research   37(10) 911-926   2016年10月
40歳以上80歳未満の軽症〜中等症の本態性高血圧患者を対象とした。第1ステップ(降圧薬の単剤使用)として、治療ならびに試験追加が開始された。ホストコンピュータは患者の朝の家庭血圧値と降圧目標レベルによって、第2ステップ:第一選択薬(カルシウム拮抗薬(CCB)、ACE阻害薬(ACE-I)、ARB)の増量、第3ステップ:少量の利尿薬の追加、第4ステップ:β遮断薬又はα遮断薬の追加、第5ステップ:中枢性交感神経抑制薬又は任意の降圧薬の追加と、ステップ上下の指示を出した。中間解析では、971例の割...
【高血圧を再考する:注目点とこれからの診療】 水銀血圧計の廃止と高血圧診療
浅山 敬, 大久保 孝義
Pharma Medica   34(8) 13-17   2016年8月
日本高血圧学会水銀血圧計ワーキンググループ提言 水銀血圧計から電子血圧計へ 「水銀に関する水俣条約」への対応
浅山 敬, 大久保 孝義, 星出 聡, 苅尾 七臣, 大屋 祐輔, 楽木 宏実, 梅村 敏
日本医師会雑誌   145(3) 511-515   2016年6月
繰り返す自然災害の教訓と備え 東日本大震災からの知見 家庭血圧測定とコホート研究
浅山 敬
日本衛生学雑誌   71(Suppl.) S160-S160   2016年5月
水銀血圧計の将来
浅山 敬
循環器内科   79(5) 464-469   2016年5月
高血圧・肺高血圧 心血管リスクとしての血圧変動性
浅山 敬, 大久保 孝義
Annual Review循環器   2015 170-176   2015年1月
血圧変動性としては現在,外来における受診間血圧変動,家庭血圧による血圧の日間変動,また24時間自由行動下血圧による血圧の短期日内変動の3種類に関する研究が盛んであり,いずれも血圧変動性が予後を規定する・しないの両方向の結果が報告されている.血圧変動性を論じる際には,心血管リスクに強く関連する血圧レベルの影響を,分析するモデルあるいは変動性指標自体によって慎重に除外しなければならない.そのような分析を大規模集団で行った場合,血圧変動性の有用性は概して否定的,あるいは血圧レベルに匹敵するもので...
運動習慣と総死亡および死因別死亡との関連(NIPPON DATA90)
高辻 由布子, 石黒 彩, 浅山 敬, 大久保 孝義, 三浦 克之, 門田 文, 藤吉 朗, 柳田 昌彦, 有馬 久富, 宮川 尚子, 高嶋 直敬, 喜多 義邦, 早川 岳人, 中村 保幸, 岡山 明, 岡村 智教, 上島 弘嗣, NIPPON DATA90 Research Group
日本循環器病予防学会誌   51(2) 127-127   2016年5月
浅山 敬, 大久保 孝義
呼吸と循環   64(1) 49-55   2016年1月
【高血圧治療ガイドラインJSH2014改訂と高血圧治療の展望】 診る 家庭血圧と24時間自由行動下血圧を臨床にどう活かすか
浅山 敬, 大久保 孝義
Heart View   19(4) 344-349   2015年4月

書籍等出版物

 
Blood Pressure Variability as Elusive Harbinger of Adverse Health Outcomes. In: Blood Pressure Monitoring in Cardiovascular Medicine and Therapeutics. 3rd ed.
浅山 敬 (担当:共著, 範囲:第1章7節)
Humana Press   2016年   ISBN:978-3-319-22770-2
Over the past decade, blood pressure variability has been at the center of a debate about its value in predicting adverse cardiovascular outcomes. Blood pressure variability includes short-term, circadian and long-term components. Assessment of ...
Outcome-Driven Thresholds for Pulse Pressure on Office and Out-of-the-Office Blood Pressure Measurement. In: Blood Pressure and Arterial Wall Mechanics in Cardiovascular Diseases. 1st ed.
浅山 敬 (担当:共著, 範囲:第5章36節)
Springer-Verlag London   2014年6月   ISBN:978-1-4471-5197-5
Longitudinal studies demonstrated that the risk of cardiovascular disease increased with pulse pressure (PP). However, PP remains an elusive cardiovascular risk factor with findings be-ing inconsistent between studies. The 2013 ESH/ESC guideline...

講演・口頭発表等

 
家庭血圧測定の重要性と家庭血圧測定を臨床に活かす際のポイント [招待有り]
浅山 敬
生活習慣病 Web講演会   2018年12月5日   
血圧日内変動や日間変動から生体リズムの健康影響を考える [招待有り]
浅山 敬
2018年11月9日   
Nocturnal Blood Pressure Measurement by Home Devices. [招待有り]
浅山 敬
Hypertension Beijing 2018 meeting   2018年9月22日   
Practical Use of Self-measured Home Blood Pressure. [招待有り]
浅山 敬
Hypertension Beijing 2018 meeting   2018年9月21日   
Risk charts based on out-of-the-office blood pressure measurement. [招待有り]
浅山 敬
IDACO/IDHOCO Consortium Meeting 2018   2018年9月20日   
聴診法と振動法による血圧測定の現状と課題 [招待有り]
浅山 敬
第41回日本高血圧学会   2018年9月15日   
血圧測定の要点と論点―国際規格とガイドラインの動向を踏まえて― [招待有り]
浅山 敬
第41回日本高血圧学会   2018年9月14日   
診察室血圧と AOBP [招待有り]
浅山 敬
第41回日本高血圧学会   2018年9月14日   
血圧測定法の違いによる血圧変動性と循環器疾患リスク [招待有り]
浅山 敬
第41回日本高血圧学会   2018年9月14日   
外来高血圧患者における自動診察室・家庭・通常診察室血圧の関連の検討 (SPRINT-J パイロット試験)背景と経緯 [招待有り]
浅山 敬
第41回日本高血圧学会   2018年9月14日   
高血圧の機序―血圧の意義、測り方。 [招待有り]
浅山 敬
経産省国際標準化加速事業【戦60】第1回勉強会   2018年7月4日   
Prognostic relevance of seasonal blood pressure changes. [招待有り]
浅山 敬
Seasonal and Altitude Variation in Blood Pressure: Evidence, Consensus and Recommendation for Clinical Practice   2018年6月8日   
血圧の測定と評価における問題点。 [招待有り]
浅山 敬
第7回臨床高血圧フォーラム   2018年5月19日   
Home blood pressure variability based on the routine self-measurement. [招待有り]
浅山 敬
Pulse of Asia (POA) 2018   2018年5月19日   
高血圧の危険性と、血圧を正確に捉える重要性。 [招待有り]
浅山 敬
オムロンヘルスケア株式会社 松阪工場 講演会   2018年2月7日   
メタボリックシンドロームの栄養学・疫学。 [招待有り]
浅山 敬
平成29年度行動変容実践のための保健指導者養成セミナー   2018年2月3日   
高血圧はからだのSOS!血圧の意味、正しい測り方、解釈。 [招待有り]
浅山 敬
石油製品販売健康保険組合 健康セミナー   2017年11月28日   
Significance of self-measured home blood pressure -- a Japanese perspective. [招待有り]
浅山 敬
Ready for 2018 -- The 6th China International Forum on Hypertension   2017年11月25日   
Home nighttime blood pressure monitoring. [招待有り]
浅山 敬
Ready for 2018 -- The 6th China International Forum on Hypertension   2017年11月24日   
脱水銀の世界の流れ “水銀血圧計から自動血圧計への移行” [招待有り]
浅山 敬
血圧計脱水銀化セミナー   2017年11月17日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
診察室外血圧の統合データベース構築と循環器リスクの比較評価
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 浅山 敬
心電計同期型の眼底撮影システム導入による、循環器疾患リスク予測精度の向上
文部科学省: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 浅山 敬
現代の後期高齢者における循環器疾患リスク要因の検証
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 大久保 孝義
胎児期の環境汚染化学物質ばく露が小児期の循環器系に及ぼす影響
住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2012年12月 - 2014年5月    代表者: 浅山 敬
家庭血圧に基づいた、生活習慣病の胎児・小児期起因説の検証と早期予防戦略
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 浅山 敬
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 佐藤 洋
小児における家庭血圧とメタボリックシンドロームのリスク
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年
小児における家庭血圧の分布や特性を調査し、小児家庭血圧と家庭環境やメタボリックシンドロームとの関連性を解析する。
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 浅山 敬
大迫研究から脳卒中リスクと危険因子の特性を評価し、血圧値の基準を家庭血圧に据えると、高血圧診療ガイドラインの有用性が一層高まることを証明するとともに、他のリスク因子も考慮した総合的な高血圧診療の必要性を実証した。一方、降圧治療中患者では、家庭血圧で明らかとなる朝の不十分な降圧が、不良な予後をもたらすことを証明した。

特許

 
特願2017-141677 : 眼底撮影システム、疾患発症リスク予測方法、および眼底撮影方法
浅山 敬 他

社会貢献活動

 
Leuven日本人会 代表幹事
【司会, 企画】  2012年6月 - 2012年12月