齊藤 大樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/12 14:16
 
アバター
研究者氏名
齊藤 大樹
 
サイトウ タイキ
URL
http://www.rc.ace.tut.ac.jp/saito/index.html
所属
豊橋技術科学大学
部署
建築・都市システム学系
職名
教授
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
豊橋技術科学大学 安全安心地域共創リサーチセンター センター長
 
2012年
 - 
現在
豊橋技術科学大学 建築・都市システム学系 教授
 
1990年
 - 
1996年
 東北大学工学部 助手
 
1996年
 - 
2000年
 建設省建築研究所 主任研究員
 
2000年
 - 
2002年
 JICA長期専門家(ルーマニア)
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2018年
 - 
現在
国際標準化機構  ISO/TC98/SC2/WG13「免震構造設計の基本原則」議長
 
2014年
 - 
現在
豊川市  防災会議委員
 
2014年
 - 
現在
三河湾振興会蒲郡地区委員会防災部会  顧問
 
2013年
 - 
現在
御津臨海企業懇話会  顧問
 

受賞

 
2019年4月
日本建築学会 教育賞
 
2004年3月
外務省 外務大臣感謝状「アルジェリア国際緊急援助隊」
 
2002年12月
独立行政法人建築研究所 独立行政法人建築研究所理事長業績表彰 ルーマニア地震災害軽減プロジェクト発足に関わる業績
 
1991年6月
日本コンクリート工学協会 第13回コンクリート工学年次講演会優秀講演賞
 

論文

 
滑車装置を用いた制振構造システムの実験的研究 ―ダンパーを組込んだ連結制振構造の要素実験
齊藤大樹・境茂樹・前川利雄・西村英一郎・内川誠・金川基・龍神弘明
構造工学論文集   65 85-91   2019年3月   [査読有り]
防災拠点建物を対象としたリアルタイム耐震診断システムの社会実装-市役所庁舎へのシステム導入とその運用状況
林和宏、齊藤大樹
日本地震工学シンポジウム論文   15 2099-2107   2018年12月   [査読有り]
炭素繊維シートで補強された矩形断面コンクリートの材料構成則
齊藤 大樹
コンクリート年次論文集   40    2018年7月   [査読有り]
乾燥砂地盤における大径RC杭の遠心場振動破壊実験
齊藤 大樹
コンクリート年次論文集   40    2018年7月   [査読有り]
八森渉, 林和宏, 田村修次, 斉藤大樹
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   39 ROMBUNNO.2137   2017年6月
Takano Shugo, Saito Taiki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
Hayashi Kazuhiro, Hachimori Wataru, Kaneda Shogo, Tamura Shuji, Saito Taiki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
Naqi Ahmad, Saito Taiki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
Kaneda Shogo, Hayashi Kazuhiro, Hachimori Wataru, Tamura Shuji, Saito Taiki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
Saito Taiki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
bin Zaman Faisal, Suzuki Yoshiaki, Hayashi Kazuhiro, Saito Taiki
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF GLOBAL NETWORK FOR INNOVATIVE TECHNOLOGY AND AWAM INTERNATIONAL CONFERENCE IN CIVIL ENGINEERING (IGNITE-AICCE'17): SUSTAINABLE TECHNOLOGY AND PRACTICE FOR INFRASTRUCTURE AND COMMUNITY RESILIENCE   1892    2017年   [査読有り]
田中 修平, 斉藤 大樹, 御木 敦司
日本建築学会技術報告集   (52)    2016年10月
鈴木健太, 松井智哉, 林和宏, 斉藤大樹
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   38 ROMBUNNO.2073   2016年6月
御木敦司, 田中修平, 斉藤大樹
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   38 ROMBUNNO.2002   2016年6月
高橋徹, 渡辺慎也, 中村友紀子, 斉藤大樹
日本地震工学会論文集(Web)   16(3) 3_126‐3_136(J‐STAGE)-3_136   2016年
家具の転倒が人体に及ぼす影響について、2期に亘る実験を通して検証を行った。第1期の実験では、種々の地震動とスィープ加振により、家具が転倒または移動する状況の把握と、人体ダミー人形への影響(頭部加速度と胸部変形量)の測定を行ったが、大きくばらつく結果を得た。そこで第2期の実験では、床応答を度外視し、転倒時のパラメータを振ってダミー人形への入力を詳細に計測し、人体への影響がどのような条件で大きくなるのかを明らかにした。
田中 修平, 齊藤 大樹, 御木 敦司
日本建築学会技術報告集   22(52) 953-958   2016年
Responses of the reinforced concrete high-rise buildings under long period ground motions in case of the Nankai Trough large scale earthquake are calculated using the nonlinear three-dimensional frame analysis. In the analysis, slab contribution t...
芝崎文一郎, 原辰彦, 小豆畑達哉, 横井俊明, 犬飼瑞郎, 鹿嶋俊英, 藤井雄士郎, 谷昌典, 林田拓己, 古川信雄, 菅野俊介, 関松太郎, 都司嘉宣, 斉藤大樹
建築研究所年報   2014 19-20   2015年7月
田中修平, 斉藤大樹, 加藤博人, 杉本訓祥
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   37 ROMBUNNO.2011   2015年6月
PREDOMINANT PERIODS OF MULTI-DEGREE-OF-FREEDOM-SYSTEM ANALYSIS AND DYNAMIC SOIL-STRUCTURE INTERACTION FOR BUILDING STRUCTURES
Inukai Mizuo, Kashima Toshihide, Saito Taiki, Azuhata Tatsuya
Coupled Problems in Science and Engineering VI   278-289   2015年   [査読有り]
山崎文雄, 中井正一, 越村俊一, 斉藤大樹, 翠川三郎, ZAVALA Carlos, AGUILAR Zenon, ESTRADA Miguel, BISBAL Alberto
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   14th ROMBUNNO.PS1-THU-30   2014年11月
松井智哉, 内村恭平, 斉藤大樹, ERICKSEN Reyna Salazar Roy
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   14th ROMBUNNO.GO8-THU-8   2014年11月
高橋徹, 渡辺慎也, 中村友紀子, 斉藤大樹
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   14th ROMBUNNO.PS1-THU-32   2014年11月
向井智久, 森田高市, 溜正俊, 服部敦志, 深田良雄, 石川孝重, 斉藤大樹, 福山洋
日本建築学会技術報告集   20(46) 991-996   2014年10月
In recent earthquake, most of new buildings doesn’t collapse but can’t guarantee a continued functionality after earthquake. This paper presents the case studies using 3 databases developed, which are damage evaluation, reparability ev...
向井 智久, 森田 高市, 溜 正俊, 服部 敦志, 深田 良雄, 石川 孝重, 斉藤 大樹, 福山 洋
日本建築学会技術報告集   (46)    2014年10月
斉藤大樹, 田中修平, 森田高市
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   36 ROMBUNNO.2127   2014年6月
傳野悟史, 菊田繁美, 森田高市, 濱田真, 出水俊彦, 金川基, 牧田敏郎, 佐々木仁, 龍神弘明, 斉藤大樹
構造工学論文集 B   60 129-135   2014年3月
傳野 悟史, 菊田 繁美, 森田 高市, 濱田 真, 出水 俊彦, 金川 基, 牧田 敏郎, 佐々木 仁, 龍神 弘明, 斉藤 大樹
構造工学論文集.B   (60) 129-136   2014年3月
平田京子, 石川孝重, 斉藤大樹
日本建築学会計画系論文集   78(692) 2153-2161   2013年10月
This paper aims to facilitate residents' autonomous refuge life in high-rise condominiums after earthquakes, which will occur more frequently in Tokyo in the near future. To understand attitudes about self-help and evacuation after earthquakes, th...
加藤博人, 福山洋, 飯場正紀, 小山信, 平出務, 長谷川隆, 田尻清太郎, 荒木康弘, 谷昌典, 山口修由, 中川貴文, 中島史郎, 石原直, 森田高市, 斉藤大樹, 向井智久
建築研究所年報   2012 1-2   2013年6月
斉藤大樹, 森田高市, 濱田真, 前川利雄, 菊田繁美, 傳野悟史, 出水俊彦, 金川基, 牧田敏郎, 佐々木仁, 龍神弘明
構造工学論文集 B   59(59) 349-355   2013年3月
中村 尚弘, 石川 裕次, 木下 拓也, 太田 博章, 池田 周英, 伊藤 優, 斉藤 大樹, 福山 洋
日本建築学会技術報告集   (41)    2013年2月
中村尚弘, 木下拓也, 石川裕次, 太田博章, 池田周英, 伊藤優, 斉藤大樹, 福山洋
日本建築学会技術報告集   19(41) 53-58 (J-STAGE)-58   2013年
Many seismic records were obtained during the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake. It is very important to use them efficiently for the improvement of the buildings seismic design and the disaster prevention. In this paper, seismic sim...
杉本訓祥, 勝俣英雄, 福山洋, 斉藤大樹
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   34 ROMBUNNO.2140   2012年6月
田村 和夫, 金子 美香, 北村 春幸, 斉藤 大樹
日本建築学会技術報告集   (39)    2012年6月
傳野 悟史, 菊田 繁美, 斉藤 大樹
構造工学論文集.B   58(58) 15-24   2012年3月
砺波匡, 長崎卓, 成藤宣昌, 村上晴信, 大竹亮, 柴田好之, 森正志, 有川智, 木内望, 阪田知彦, 石井儀光, 大川出, 小山信, 斉藤大樹, 森田高市, 犬飼瑞郎, 長谷川隆, 脇山善夫, 石原直, 鹿嶋俊英, 西山功, 向井昭義, 槌本敬大, 小豆畑達哉, 新井洋, 井上波彦, 岩田善裕, 諏訪田晴彦, 飯場正紀, 福山洋, 中島史郎, 加藤博人, 田尻清太郎, 平出務, 中川貴文, 山口修由, 向井智久, 荒木康弘, 壁谷澤寿一, 谷昌典
国土技術政策総合研究所資料   (674) 580P   2012年3月
田村和夫, 金子美香, 北村春幸, 斉藤大樹
日本建築学会技術報告集   18(39) 453-458 (J-STAGE)-458   2012年
The authors conducted a questionnaire survey to the residents of super high-rise residential buildings in Tokyo, on the responses of them due to the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake. The important results are: (1) Due to the large s...
岡崎健二, 田阪園子, 寺田裕佳, 斉藤大樹
日本建築学会計画系論文集   76(667) 1593-1600   2011年9月
Transactions of AIJ. Journal of architecture, planning and environmental engineeringIn order to reduce the damage caused by earthquakes, it is crucial to convince people that the investment in safer housing will eventually prove to be worthwhile. ...
佐藤大樹, 長江拓也, 大内隼人, 島田侑, 北村春幸, 福山國夫, 梶原浩一, 井上貴仁, 中島正愛, 斉藤大樹, 福和伸夫
日本建築学会構造系論文集   76(667) 1639-1648   2011年9月
A series of shaking table tests on a high-rise building are conducted in order to assess effects of retrofit using steel dampers. The specimen consists of a four-story steel frame and an upper substitute layers made of concrete slabs and rubber be...
佐藤 大樹, 斉藤 大樹, 福和 伸夫, 長江 拓也, 大内 隼人, 島田 侑, 北村 春幸, 福山 國夫
日本建築学会構造系論文集   (667)    2011年9月
澤田晃成, 向井智久, 菊田繁美, 斉藤大樹
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   33 ROMBUNNO.2042   2011年6月
岡崎 健二, 田阪 園子, 寺田 裕佳, 斉藤 大樹
日本建築学会計画系論文集   76(667) 1593-1600   2011年
In order to reduce the damage caused by earthquakes, it is crucial to convince people that the investment in safer housing will eventually prove to be worthwhile. As the choice regarding housing safety is made based on people's earthquake risk per...
大川出, 斉藤大樹, 佐藤智美, 佐藤俊明, 北村春幸, 鳥井信吾, 辻泰一, 北村佳久, 藤田聡, 関谷裕二, 関谷裕二, 関松太郎
建築研究資料   (127) 462P-453,巻頭2枚,巻頭1〜6[含 英語文要旨]   2010年12月
加藤博人, 原辰彦, 藤井雄士郎, 古川信雄, 八木勇治, 向井智久, 田尻清太郎, 斉藤大樹
建築研究資料   (130) 74P   2010年12月
山崎文雄, 中井正一, 越村俊一, 斉藤大樹, 翠川三郎, ZAVALA Carlos, AGUILAR Zenon, ESTRADA Miguel
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.GO20-THU-PM-4   2010年11月
長江拓也, 福山國夫, 梶原浩一, 井上貴仁, 中島正愛, 斉藤大樹, 北村春幸, 福和伸夫
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.OS6-SAT-PM(OS6)-11   2010年11月
斉藤大樹, 河野進, 楠浩一, KIM Yousok, 松井智哉, 谷昌典, 日比野陽, ZAVALA Carlos, GIBU Patricia
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.OS7-FRI-AM(OS7)-5   2010年11月
庄司学, PULIDO Nelson, 関口徹, ALVA Jorge, LAZARES Fernando, 斉藤大樹
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.OS7-FRI-AM(OS7)-10   2010年11月
高橋徹, 鈴木典子, 斉藤大樹, 小豆畑達哉, 森田高市, 野口和也
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.PS2-FRI-54   2010年11月
関口徹, PULIDO Nelson, 庄司学, ALVA Jorge, LAZARES Fernando, 斉藤大樹
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   13th ROMBUNNO.OS7-FRI-AM(OS7)-2   2010年11月
中川 善典, 森田 絵里, 斉藤 大樹, 山口 修由, 那須 清吾
社会技術研究論文集   7 232-246   2010年3月
本論文は、木造住宅の耐震化率向上に関する地方自治体の政策立案を支援するための手法を提案することを目的として、次の三点を実施した。第一に、家主が耐震補強工事を実施するか否かを判断する心理的要因を包括的に整理・構造化した。第二に、この構造を踏まえて、ある集団内における耐震補強意思の強さの分布が変化するメカニズムを説明できる枠組みを提案した。これにより、どのような方向性を持った政策を組み合わせることが政策目標に最も寄与するかを分析することが可能になった。第三に、それぞれの方向性をもった政策を、ど...
島田侑, 佐藤大樹, 長江拓也, 北村春幸, 福山國夫, 梶原浩一, 井上貴仁, 中島正愛, 斉藤大樹, 福和伸夫, 日高桃子
日本建築学会構造系論文集   75(649) 549-557   2010年3月
In long-period ground motions, high-rise buildings are subjected to large cumulative deformations as well as large story drifts. Retrofitting with dampers may be one of the most effective solutions reduce such seismic responses. This study examine...
高橋俊之, 向井智久, 濱田真, 斉藤大樹, 福山洋, 薬研地彰, 衣笠秀行
構造工学論文集 B   56(56) 33-41   2010年3月
In this paper, energy dissipation degradation for RC beam with high strength material is investigated using cyclic loading test conducted as parameters by number of cycles, with or without of slab and shear strength safety margin. For energy dissi...
向井智久, 高橋俊之, 濱田真, 斉藤大樹, 福山洋, 薬研地彰, 衣笠秀行
構造工学論文集 B   56(56) 21-31   2010年3月
To analyze the strength degradation of RC beams subjected to high cyclic deformations, the test results of cyclic loading for RC beam with high strength material, which the variable parameters are number of cycle, with or without of slab and shear...
長江拓也, CHUNG Yulin, 島田侑, 福山國夫, 梶原浩一, 井上貴仁, 中島正愛, 斉藤大樹, 北村春幸, 福和伸夫, 日高桃子
日本建築学会構造系論文集   74(640) 1163-1171   2009年6月
No actual data based on observations is available for high-rise buildings subjected to long-period ground motions. A series of shaking table tests on a high-rise building are conducted in order to acquire realistic data on the damage. A proposed t...
菊田繁美, 斉藤大樹, 福山洋, 向井智久
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   31 ROMBUNNO.2018   2009年6月
濱田真, 斉藤大樹, 向井智久, 薬研地彰
コンクリート工学年次論文集(CD-ROM)   31 ROMBUNNO.2038   2009年6月
向井智久, 斉藤大樹, 衣笠秀行, 福山洋
コンクリート工学年次論文集   30(3) 1051-1056   2008年7月
樋渡 健, 藤谷 秀雄, 斎藤 大樹
日本建築学会構造系論文集   (626) 519-525   2008年4月
Structural vibration control is categorized into passive control, active control and semi-active control. Semi-active control using a variable damper stabilizes building responses in an earthquake better than the conventional passive control and a...
斉藤大樹, 高橋徹, 長谷川亮, 森田高市, 小豆畑達哉, 野口和也
構造工学論文集 B   54(54) 507-512   2008年3月
Long period components of earthquake ground motions may amplify the response of large scale structures with long natural periods such as high-rise buildings, long-span bridges and oil storage tanks. From the computer simulation, the maximum displa...
向井 智久, 斉藤 大樹, 衣笠 秀行, 福山 洋
コンクリート工学年次論文集   30(3) 1051-1056   2008年
本論は,設計時において構造耐力上無視される非耐力壁を有する実大規模のRC造架構を対象に静的加力実験を行い,性能設計において必要となる修復性能評価のための基礎検討を行った。試験体の変動因子は非耐力壁と剛節架構の取り付け方法である。修復性を評価するための損傷量としてひび割れに着目し,損傷量を修復方法に応じてグレード分けし,各グレードに応じた修復方法を決定し,修復費用の試算を行うことで,修復費用算出までの基本過程を明確にした。
樋渡 健, 藤谷 秀雄, 斎藤 大樹
日本建築学会構造系論文集   73(626) 519-525   2008年
Structural vibration control is categorized into passive control, active control and semi-active control. Semi-active control using a variable damper stabilizes building responses in an earthquake better than the conventional passive control and a...
槌本敬大, 小山信, 鹿嶋俊英, 河合直人, 山口修由, 中川貴文, 村上知徳, 石原直, 長谷川隆, 斉藤大樹, 西田和生, 脇山善夫, 田村昌仁, 平出務, 飯場正紀
国土技術政策総合研究所資料   (415) 170P   2007年10月
貞弘雅晴, 高橋徹, 斉藤大樹, 小豆畑達哉, 野口和也, 箕輪親宏
構造工学論文集 B   53(53) 47-52   2007年3月
Anew type long stroke shaking table was developed at Building Research Institute. The table was connected with dynamic actuator and six pairs of pulleys. The displacement of the table is amplified 13 rimes of the displacement of the actuator. The ...
福山洋, 喜々津仁密, 向井智久, 岩田善裕, 斉藤大樹
建築研究所年報   2005 1-2   2006年6月
楠浩一, 福山洋, 加藤博人, 向井智人, 諏訪田晴彦, 斉藤大樹
建築研究所年報   2005 7-8   2006年6月
高橋徹, 間崎明彦, 斉藤大樹, 小豆畑達哉, 野口和也
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   12th ROMBUNNO.0322   2006年
斉藤大樹, 高橋徹, 小豆畑達哉, 野口和也, 箕輪親宏
日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM)   12th ROMBUNNO.0343   2006年
楠 浩一, 向井 智久, 勅使川原 正臣, 福山 洋, 加藤 博人, 斎藤 大樹
日本建築学会構造系論文集   71(609) 173-180   2006年
In order to study what amount of lateral force and varied axial force are carried by the wall frame in reinforce concrete buildings with multi-story shear wall and how the rigidity at the bottom of the wall frame affect the amount of them, a pseud...
楠 浩一, 向井 智久, 勅使川原 正臣, 福山 洋, 加藤 博人, 斎藤 大樹
日本建築学会構造系論文集   71(603) 107-113   2006年
In order to study what amount of lateral force and varied axial force are carried by the wall frame in reinforce concrete buildings with multi-story shear wall and how the rigidity at the bottom of the wall frame affect the amount of them, a pseud...
高橋雄司, 福山洋, 斉藤大樹, 小谷重男, 渡辺一弘, 秋山裕紀, 浅野美次, 長瀬悟, 鍋沢斤吾, 田原一徳, 安野郷, 西内晃二, 山口圭一, 瀬谷均, 佐藤吉之, 藤井中, 黒沢明, 菊川和俊, 泉田伸二, 中川太郎, 吉井靖典, 谷垣正治, 山岸邦彰, 中南滋樹, 正木信男, 室田伸夫, 竹内貞光, 沢飯明広, 栗山利男, 坪田正紀, 村地由子, 樋口真由子, 遠藤真二郎, 加藤木剛, 穴原一範, 古海賢二, 森俊之, 山下仁崇, 平松剛, 平沢正男
建築研究資料   (103) 124P   2005年7月
卯野恵美, 向井智久, 斉藤大樹, 野村設郎
コンクリート工学年次論文集   27(2) 961-966   2005年6月
中央構面に連層耐震壁を有する6層RC試験体に対して仮動的実験を行った結果を基に,基礎の固定条件の違いによる各試験体の応答変形及びエネルギー性状の比較,検討を行った。また一方で,本試験体に対してエネルギー入力速度概念を用いたエネルギー釣合に基づく最大応答変形予測手法を適用し,実験値に基づく精度検証を行った結果,本試験体の最大応答変形が概ね安全側に評価でき,妥当な精度を有していることを確認した。
勅使川原正臣, 楠浩一, 加藤博人, 斉藤大樹
コンクリート工学年次論文集   26(2) 541-546   2004年6月
勅使川原 正臣, 楠 浩一, 加藤 博人, 斉藤 大樹
コンクリート工学年次論文集   26(2) 541-546   2004年
連層耐力壁構面を有する6層立体RC建物の三次元動的応答性状や破壊過程の検討を行うために,立体試験体を用いて仮動的実験を実施した。実験は耐力壁の基礎の浮き上がりを許容した場合の後,それを固定とした場合について行った。本報では,試験体の基本特性(初期周期0.16秒,C_B=1.32)と2質点系に縮約した仮動的実験の実験方法について述べる。
高橋徹, 斉藤大樹, 小豆畑達哉, 大友一利
構造物の安全性および信頼性   5 825-828   2003年11月
喜々津 仁密, 斉藤 大樹, 高橋 郁夫, 高田 毅士, 神田 順
構造工学論文集.B   (45) 289-296   1999年3月
This paper discusses the structural performance level of buildings designed in accordance with the current building code. The return periods of design loads differ from site to site, which would lead to the difference of safety and serviceability ...
喜々津仁密, 斉藤大樹, 高橋郁夫, 高田毅士, 神田順
構造工学論文集 B   45B 289-296   1999年3月
斉藤大樹, 高橋郁夫, 日高雅樹, 神田順
日本地震工学シンポジウム論文集   10th 2303-2308   1998年11月
斉藤大樹、高橋郁夫、日高雅樹、神田順、”建築物の性能設計における目標耐震性能に関する研究”
第10回日本地震工学シンポジウム、第2分冊   2303-2308   1998年

Misc

 
齊藤 大樹
Menshin   (102) 70-77   2018年10月
齊藤 大樹
建築防災   (484) 38-52   2018年5月
斉藤 大樹
Menshin   (96) 32-35   2017年4月
斉藤 大樹, 馮 徳民, 村上 勝英, 村松 晃次
Menshin   (92) 38-47   2016年4月
飯場正紀, 福山洋, 大川出, 小山信, 加藤博人, 長谷川隆, 田尻清太郎, 谷昌典, 石原直, 横井俊明, 斉藤大樹, 犬飼瑞郎, 森田高市, 向井智久
建築研究所年報   2012 3-4   2013年6月
飯場 正紀, 大川 出, 斉藤 大樹
建築研究資料   (138) 1-1,2-1-4,3-1-55,4-1-40,5-1-14,6-1-2,巻頭2枚,巻頭3-5   2012年9月
奥田泰雄, 福山洋, 平出務, 長谷川隆, 加藤博人, 荒木康弘, 壁谷澤寿一, 谷昌典, 中川貴文, 石井儀光, 萩原一郎, 斉藤大樹, 石原直
建築研究所年報   2011 1-2   2012年6月
鹿嶋俊英, 斉藤大樹, 森田高市, 向井智久, 大川出, 小山信
建築研究所年報   2011 23-24   2012年6月
斉藤大樹, 向井智久, 菅野俊介, 横井俊明, 芝崎文一郎, 原辰彦, 小山信, 鹿嶋俊英, 藤井雄士郎, 大川出, 福山洋, 加藤博人, 古川信雄
建築研究所年報   2011 21-22   2012年6月
LUMLERDLUCKSANACHAI Niwade, コウノ ススム, サイトウ タイキ
学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造   (2011) 913-914   2011年7月
LUMLERDLUCKSANACHAI Niwade, KONO Susumu, SAITO Taiki
学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造   913-914   2011年7月
Summaries of technical papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan. C-2, Structures IV, Reinforced concrete structures prestressed concrete structures masonry wall structures
山口 修由, 中川 義典, 福山 洋, 斉藤 大樹
学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題   (2011) 1535-1536   2011年7月
加藤博人, 向井智久, 福山洋, 森田高市, 斉藤大樹
ビルデイングレター   (547) 13-20   2011年7月
向井智久, 福山洋, 森田高市, 斉藤大樹, 加藤博人
建築の研究   (206) 9-13   2011年8月
斉藤 大樹
日本地震工学会誌   (15) 65-68   2011年10月
斉藤大樹
日本地震工学会誌   (15) 65-68   2011年10月

書籍等出版物

 
長周期地震動と超高層建物の対応策 -専門家として知っておきたいこと-
齊藤 大樹 (担当:分担執筆)
日本建築学会   2013年10月   
トコトンやさしい地震と建物の本
齊藤 大樹
日刊工業新聞社   2013年3月   
耐震・免震・制震のはなし 第2版 ―改正建築基準法対応―
齊藤 大樹
日刊工業新聞社   2008年4月   
長周期地震動と建築物の耐震性
齊藤 大樹 (担当:分担執筆)
日本建築学会   2007年12月   
Response Control and Seismic Isolation of Buildings
齊藤 大樹 (担当:分担執筆)
Taylor & Francis   2006年10月   

講演・口頭発表等

 
斉藤大樹, 境茂樹, 前川利雄, 内川誠, 西村英一郎, 金川基, 龍神弘明
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2018年7月20日   
境茂樹, 斉藤大樹, 前川利雄, 内川誠, 西村英一郎, 金川基, 龍神弘明
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2018年7月20日   
大塚拓実, 斉藤大樹
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
境茂樹, 斉藤大樹, 前川利雄, 内川誠, 傳野悟史, 金川基, 龍神弘明
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   
大槻琢磨, 斉藤大樹, 林和宏
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2017年7月20日   

競争的資金等の研究課題

 
耐震設計
研究期間: 2002年 - 2005年

特許

 
特願2011-220379 : 建築物の制振装置
齊藤 大樹
特願2009-100477 : キャスター
齊藤 大樹