井上 裕靖

J-GLOBALへ         更新日: 09/09/14 00:00
 
アバター
研究者氏名
井上 裕靖
 
イノウエ ヒロヤス
URL
http://www.asahikawa-med.ac.jp/new04/gaiyou/gaiyou2008/english/08organization_e/index.html
所属
旭川医科大学
部署
教育センター
職名
特任講師
学位
博士(医学)(東海大学)

研究分野

 

学歴

 
 
 - 
2003年
東海大学 医学研究科 内科系
 
 
   
 
旭川医科大学 医学部 医学科
 

Misc

 
アシフロヒルの持久点滴静注法に著効を示したWiskott-Aldrich症候群に合併した難治性ヘルペスウィルス感染症
日本小児科学会雑誌   100(1) 85-88   1996年
臍帯血からのリンパ球の体外増幅培養法の確立体外増幅したドナーリンパ球輸注療法の可能性についての検討
母子健康協会 第12回医学助成研究報告書      2001年
The Kinetics of Immune Reconstitution after Cord Blood Transplantation and Selected CD34+ Stem Cell Transplantation in Children: Comparison with Bone Marrow Transplantation
International Journal of Hematology   77(4) 399-407   2003年

競争的資金等の研究課題

 
臍帯血移殖における免疫能・造血能回復に関与する因子
研究期間: 2002年 - 2005年
高大病連携によるふるさと医療人育成の取組
科学技術振興調整費による総合研究
研究期間: 2008年 - 2010年
 平成20年度質の高い大学教育推進プログラムで選定された「高大病連携によるふるさと医療人育成の取組」は、「地域社会が地域の医師を育む」という視点から、医育機関である旭川医科大学が、地域の高等学校や地域医療機関と連携し、高校生に「医療人としての職業観」の自覚を促すことを目的とした実習体験等を提供することにより、その後入試制度から学部教育、卒後研修までを一貫統合して、将来地域医療に従事する医療職者、すなわち「ふるさと医療人」を育もうという全学を挙げた取組である。本取組は、北海道内各地の医師を志...
アンギオテンシン変換酵素阻害剤による免疫機能の調節
その他の研究制度
研究期間: 2008年 - 2010年
ACEIの免疫機能調節機能が、既存の免疫抑制剤の作用に悪影響を与えるのかを評価する。