神崎 昌郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/27 14:27
 
アバター
研究者氏名
神崎 昌郎
 
コウザキ マサオ
URL
http://www.mech.u-tokai.ac.jp/~kohzaki_lab/
所属
東海大学
部署
工学部 機械工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(名古屋大学), 理学修士(名古屋大学)
その他の所属
工学部

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
2003年
 豊田中央研究所
 
2003年
   
 
- 東海大学工学部機械工学科 助教授
 
2008年
   
 
- 東海大学工学部機械工学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
名古屋大学 工学研究科 機械工学専攻
 
 
 - 
1986年
名古屋大学 理学研究科 地球科学専攻
 

論文

 
神崎 昌郎
精密工学会誌   78(3) 241-245   2012年3月   [査読有り]
神崎 昌郎
砥粒加工学会誌   56(1) 34-39   2012年1月   [査読有り]
神崎 昌郎
砥粒加工学会誌   55(2) 98-101   2011年2月   [査読有り]

Misc

 
高潤滑性窒化チタン-二硫化モリブデン複合膜の創成
神崎昌郎,鈴木敬之介
トライボロジスト   54(3) 201-208   2009年
Ti合金切削用Ti-B-Cコーテッド工具の開発
森田次郎,神崎昌郎
東海大学紀要工学部   48(1) 143-148   2008年
真空加熱処理によるTi添加DLC膜の密着力向上
神崎昌郎
東海大学紀要工学部   48(1) 137-142   2008年
Investigation of Cutting Properties of Ti-B-C Coated Tools against Titanium Alloy
J. Morita, M. Kohzaki
Proceedings of Malaysia-Japan International Symposium on Advanced Technology 2007 in CD      2007年
メタンガス導入による炭化ホウ素系スパッタ薄膜の摩擦特性向上
神崎昌郎
トライボロジスト   52(4) 303-309   2007年

書籍等出版物

 
これで使える機能性材料パーフェクトガイド
神崎 昌郎 (担当:共編者)
2012年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ホウ素含有薄膜の高温潤滑性能を利用した
科学研究費助成事業「基盤研究(C)」
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 神崎 昌郎
小型エンジン用TiB2+αベース潤滑性硬質複合膜の開発
科学技術振興機構(JST)研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)「探索タイプ」
研究期間: 2011年12月 - 2012年7月    代表者: 神崎 昌郎
超硬質Ti-B-Cコーティングによるドライ切削用高耐熱工具の開発
科学研究費補助金「基盤研究(C)」
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 神崎 昌郎
摩擦低減用高耐熱硬質TiN-MoS2複合膜の開発
JST地域イノベーション創出総合支援事業
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 神崎 昌郎
人工股関節用高密着性Ti添加DLC膜の創成
その他の研究制度
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 神崎 昌郎
高耐熱B-C-X系硬質膜を用いた難削材の高効率加工に関する研究
科学研究費補助金「基盤研究(C)」
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 神崎 昌郎