田村 功一

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/17 16:17
 
アバター
研究者氏名
田村 功一
 
タムラ コウイチ
eメール
tamukoumed.yokohama-cu.ac.jp
URL
http://www.yokohama-medicine.org/
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科 循環器・腎臓・高血圧内科学 医学研究科医科学専攻
学位
博士(医学)(横浜市立大学)
その他の所属
横浜市立大学大学院医学研究科病態制御内科学

プロフィール

(1)プロフィール概略:
横浜市立大学医学部 循環器・腎臓・高血圧内科学 主任教授(横浜市立大学大学院医学研究科 病態制御内科学 教授、横浜市立大学附属病院 副病院長、腎臓・高血圧内科 診療科部長)。専門領域: 腎臓・高血圧内科学、心血管内分泌代謝学、血液浄化療法学。腎臓・高血圧・循環器・内分泌・老年病・透析療法・血漿交換療法の専門医として、"心血管腎臓病"の病態連関の機序解明、"心血管腎臓病"に対する包括的な治療戦略の研究、教育、臨床に従事。日本腎臓学会、日本高血圧学会、日本心血管内分泌代謝学会などの役員・委員、診療ガイドライン作成委員を担当。日本心血管内分泌代謝学会高峰譲吉研究奨励賞など受賞。

(2)現職:
横浜市立大学医学部 循環器・腎臓・高血圧内科学 主任教授
横浜市立大学大学院医学研究科 病態制御内科学 教授
横浜市立大学附属病院 副病院長
横浜市立大学附属病院 腎臓・高血圧内科 診療科部長

(3)略歴:
1994年横浜市立大学大学院修了。日本学術振興会特別研究員(PD)、日本学術振興会海外特別研究員(米国Harvard大学医学部内科リサーチフェロー)、藤沢市民病院腎臓科医長を経て、2007年より横浜市立大学医学部循環器・腎臓内科学准教授、2010年同大学先端医科学研究センターサブプロジェクトリーダー(兼任)、2016年10月横浜市立大学医学部循環器・腎臓内科学主任教授、2017年7月より同循環器・腎臓・高血圧内科学主任教授。腎臓・高血圧内科学、心血管内分泌代謝学、血液浄化療法学を専門とし、心血管腎臓病の病態連関の機序解明、治療戦略の研究、教育、臨床に携わる。腎臓専門医、循環器専門医、内分泌代謝科専門医、透析専門医、老年病専門医、高血圧専門医、アフェレシス療法専門医等として、『CKD診療ガイド2012』、『エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013』、『高血圧治療ガイドライン(JSH2014, JSH2019予定)』の作成委員を務め、日本腎臓学会幹事、日本高血圧学会理事、日本心血管内分泌代謝学会理事等として活動している。

(4)研究テーマ概略:
1)新規に同定された受容体直接結合因子,血管新生因子に着目した心血管腎臓病の病態解明および革新的治療戦略研究
2)治療抵抗性の重症動脈硬化症に対する血液浄化療法を応用した血管内皮細胞活性化治療による先進医療戦略研究
3)心血管腎臓病に対する血圧変動を軸にした包括的治療戦略研究

(5)学会専門医・指導医:
日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会指導医
日本腎臓学会腎臓専門医、日本腎臓学会認定指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医、日本内分泌学会内分泌代謝科指導医
日本老年医学会認定老年病専門医、日本老年医学会認定指導医
日本透析医学会専門医、日本透析医学会指導医
日本高血圧学会高血圧専門医、日本高血圧学会高血圧指導医
日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医

(6)所属学会(役員・委員・フェロー):
日本内科学会(評議員)、日本腎臓学会 [学会幹事(学術研究企画戦略委員会), 評議員, 学会あり方委員会委員, 総務委員会委員,医事委員会委員, 個人情報保護委員会委員, 腎臓セミナー企画小委員会委員, 慢性腎臓病統合データベース(J-CKD-DB)企画・運営委員会委員]、日本老年医学会(代議員)、日本内分泌学会(評議員)、日本内分泌学会(評議員)、日本循環器学会(関東甲信越支部評議員, 関東甲信越支部チーム医療委員会委員) 、日本高血圧学会 (理事, 評議員, 学会プログラム委員会委員, 国際高血圧学会 [ISH] 2022京都開催実行委員会委員, Fellow of the Japanese Society of Hypertension: FJSH)、日本心血管内分泌代謝学会(理事, 評議員)、日本透析医学会(評議員)、日本心臓病学会(Fellow of the Japanese College of Cardiology:FJCC)、日本アフェレシス学会(評議員)、日本抗加齢医学会(評議員)、脳心血管抗加齢研究会(評議員)、日本東洋医学会、日本フットケア学会、日本下肢救済・足病学会、日本脈管学会、米国内科学会 (American Society of Physicians: ACP, Fellow of the American Society of Physicians: FACP)、米国心臓協会 (American Heart Association: AHA, Fellow of the American Heart Association: FAHA)、米国腎臓学会 (American Society of Nephrology: ASN)、国際腎臓学会 (International Society of Nephrology: ISN)、国際高血圧学会 (International Society of Hypertension: ISH)

(7)診療ガイドライン作成委員会実績:
1: 高血圧治療ガイドライン2009 (JSH2009)(日本高血圧学会編 2009年)
2: CKD診療ガイド2012(日本腎臓学会編 2012年)
3: エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013(日本腎臓学会編 2013年)
4: 高血圧治療ガイドライン2014 (JSH2014)(日本高血圧学会編 2014年)
5: 日本内分泌学会臨床重要課題「わが国の原発性アルドステロン症の診療に関するコンセンサス・
ステートメント」(日本内分泌学会編 2016年)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
横浜市立大学附属病院 副病院長
 
2018年4月
 - 
現在
横浜市立大学附属病院 患者サポートセンター長
 
2017年7月
 - 
現在
横浜市立大学 医学群 医学部 循環器・腎臓・高血圧内科学 主任教授
 
2016年10月
 - 
2017年6月
横浜市立大学医学部 循環器・腎臓内科学 主任教授
 
2016年10月
 - 
現在
横浜市立大学大学院医学研究科 病態制御内科学 教授
 
2016年10月
 - 
現在
横浜市立大学附属病院 腎臓・高血圧内科 診療科部長
 
2010年
   
 
横浜市立大学医学部 先端医科学研究センター サブプロジェクトリーダー(兼任)
 
2007年
   
 
横浜市立大学医学部 循環器・腎臓内科学 准教授  
 
2006年
   
 
横浜市立大学医学部 循環器・腎臓内科学 準教授
 
2004年
   
 
横浜市立大学医学部附属病院 第2内科 講師
 
2002年
   
 
横浜市立大学医学部 内科学第2講座 助手
 
2000年
   
 
藤沢市民病院 腎臓科 医長
 
1998年
   
 
日本学術振興会 Harvard大学医学部循環器内科 海外特別研究員(Research Fellow)
 
1996年
   
 
横浜市立大学医学部附属病院 第2内科 助手
 
1994年
   
 
日本学術振興会 横浜市立大学医学部第2内科 特別研究員(PD)
 
1991年
   
 
筑波大学大学院 農学研究科 派遣特別研究学生
 
1990年
   
 
横浜市立大学大学院 医学研究科 大学院生
 
1989年
   
 
済生会横浜市南部病院 循環器内科 臨床研修医
 
1989年
   
 
横浜市立市民病院 麻酔科 臨床研修医
 
1988年
   
 
横浜市立大学医学部病院 第2内科, 第1外科 臨床研修医
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
神奈川県  慢性腎臓病(CKD)対策連絡協議会構成員
 
2018年9月
 - 
現在
日本高血圧学会  理事
 
2018年9月
 - 
現在
日本心臓病学会  Fellow of the Japanese College of Cardiology (FJCC)
 
2018年9月
 - 
現在
日本循環器学会  関東甲信越支部チーム医療委員会委員
 
2018年4月
 - 
現在
日本腎臓学会  医事委員会委員, 腎臓セミナー企画小委員会委員
 
2018年4月
 - 
現在
日本腎臓学会  幹事 (学術研究企画戦略委員会)
 
2018年2月
 - 
現在
日本循環器学会  関東甲信越支部評議員
 
2017年12月
 - 
現在
日本心血管内分泌代謝学会  理事
 
2017年10月
 - 
現在
日本アフェレシス学会  評議員
 
2017年10月
 - 
現在
神奈川県透析施設連絡協議会  理事
 
2017年7月
 - 
現在
日本腎臓学会  学術研究企画戦略委員会
 
2017年6月
 - 
現在
横浜内科学会  特別幹事
 
2017年6月
 - 
現在
日本抗加齢医学会  評議員
 
2017年4月
 - 
現在
日本内科学会  評議員
 
2017年3月
 - 
現在
日本高血圧学会  高血圧治療ガイドライン(JSH2019)作成委員会執筆委員
 
2017年1月
 - 
現在
脳心血管抗加齢研究会  評議員
 
2017年1月
 - 
現在
Journal of Hypertension  Editorial Board
 
2016年12月
 - 
現在
日本高血圧学会  学会プログラム委員会委員, 国際高血圧学会(ISH)2022京都開催実行委員会委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本腎臓学会  総務委員会委員,学会あり方委員会委員,個人情報保護委員会委員
 
2016年1月
 - 
現在
Kidney International Reports  Editorial Board
 
2015年
 - 
現在
日本腎臓学会  慢性腎臓病統合データベース(J-CKD-DB)企画・運営委員会委員
 
2013年1月
 - 
現在
Hypertension Research  Editorial Board
 
2011年3月
 - 
現在
American Journal of Cardiovascular Disease  Editorial Board
 
2016年10月
 - 
2018年9月
日本高血圧学会  学会監事
 
2014年
 - 
2016年12月
日本高血圧学会  総務委員会委員(委員会担当幹事)
 
2014年
 - 
2016年12月
日本高血圧学会  財務委員会委員
 
2014年
 - 
2016年12月
日本高血圧学会  国際交流委員会委員
 
2012年
 - 
2016年12月
日本高血圧学会  幹事
 
2014年4月
 - 
2016年3月
日本腎臓学会  学術委員会委員
 
2014年
 - 
2016年3月
日本腎臓学会  学術総会プログラム委員会委員
 
2015年
 - 
2016年
日本高血圧学会  理事候補者資格審査委員会委員
 
2012年
 - 
2015年
日本高血圧学会  高血圧治療ガイドライン(JSH2014)作成委員会執筆委員
 
2015年
   
 
日本腎臓学会  学術研究戦略ワーキンググループ委員
 
2013年
 - 
2014年
日本腎臓学会  将来構想検討ワーキングチーム チームリーダー
 
2013年
 - 
2014年
日本腎臓学会  KDIGOガイドライン日本語全訳版作成ワーキンググループ委員
 
2012年
 - 
2014年
日本高血圧学会  専門医制度委員会委員(委員会担当幹事)
 
2010年
 - 
2013年
日本腎臓学会  エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013作成委員会委員
 
2013年
   
 
日本腎臓学会  評議員
 
2013年
   
 
日本内分泌学会  評議員
 
2013年
   
 
日本老年医学会  代議員
 
2011年
 - 
2012年
日本腎臓学会  専門医制度委員会症例評価委員
 
2011年
 - 
2012年
日本腎臓学会  CKD診療ガイド2012改訂委員会委員
 
2010年
 - 
2012年
日本腎臓学会  日中韓腎カンファランス委員会委員
 
2007年
 - 
2011年
米国内科学会 (American Society of Physicians, ACP)  Publication Committee委員
 
2007年
 - 
2009年
日本腎臓学会  エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2009作成委員会ワーキンググループ委員
 
2007年
 - 
2009年
日本高血圧学会  高血圧治療ガイドライン(JSH2009)作成委員会査読委員
 
2006年
 - 
2007年
米国内科学会 (American Society of Physicians, ACP)  Scientific Program Committee 委員
 
2007年
   
 
米国内科学会 (American Society of Physicians, ACP)  Fellow of the American Society of Physicians (FACP)
 
2004年
   
 
日本高血圧学会  Fellow of the Japanese Society of Hypertension (FJSH)
 
2004年
   
 
日本高血圧学会  評議員
 
2001年
   
 
米国心臓協会 (American Heart Association, AHA)  Fellow of the American Heart Association (FAHA)
 

受賞

 
2018年4月
公益財団法人 ソルト・サイエンス研究財団 医学分野プロジェクト研究助成
 
2018年2月
公益財団法人 上原記念生命科学財団 平成29年度 研究助成
 
2017年4月
公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 研究助成 受容体直接結合性低分子蛋白による機能選択的調節作用に着目した炎症制御による慢性腎臓病における食塩感受性高血圧に対する新規治療戦略
受賞者: 田村功一、涌井広道、山下暁朗 、小豆島健護、畝田一司、小林 竜
 
2015年
横浜総合医学振興財団わかば研究助成 肥満症に対する漢方薬治療の機序解明および新規抗肥満薬の開発
受賞者: 小豆島 健護, 田村 功一, 他
 
2015年
公益財団法人 上原記念生命科学財団研究奨励金 PMCA1に着目した慢性腎臓病の治療開発
受賞者: 涌井 広道, 田村 功一, 他
 
2015年
公益信託 循環器学研究振興基金研究助成 心血管リスク予測における新規バイオマーカー候補の検証
受賞者: 小豆島 健護, 田村 功一, 他
 
2014年
公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団研究助成 受容体結合型の食塩感受性高血圧抑制因子に着目した慢性腎臓病の病態解明および病態制御の試み
 
2014年
公益財団法人 先進医薬研究振興財団 循環医学分野 若手研究者助成 受容体結合型脳血管障害抑制因子に着目した認知症の病態解明および病態制御の試み
受賞者: 涌井広道, 田村 功一, 他
 
2014年
公益財団法人 万有生命科学振興国際交流財団Banyu Foundation Research Grant 2014「生活習慣病領域」 アンジオテンシン受容体結合分子に着目した認知症の治療戦略
受賞者: 涌井広道, 田村 功一, 他
 
2014年
横浜総合医学振興財団推進研究助成 カルシウム輸送蛋白PMCA1による腎保護効果の検討
受賞者: 涌井 広道, 田村 功一, 他
 

論文

 
Ehara Y, Hirawa N, Sumida K, Fujiwara A, Kagimoto M, Ooki-Okuyama Y, Fujita M, Katsumata M, Kobayashi Y, Saka S, Katou I, Yatsu K, Umemura S, Tamura K
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(9) 699-707   2018年9月   [査読有り]
Takahashi H, Iwahashi N, Kirigaya J, Kataoka S, Minamimoto Y, Gohbara M, Abe T, Okada K, Matsuzawa Y, Konishi M, Maejima N, Hibi K, Kosuge M, Ebina T, Tamura K, Kimura K
Cardiovascular diabetology   17(1) 116   2018年8月   [査読有り]
Tamura K, Yamaji T, Yamada T, Ohsawa M, Wakui H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension      2018年8月   [査読有り]
Nakamori H, Yoshida SI, Ishiguro H, Suzuki S, Yasuzaki H, Hashimoto T, Ishigami T, Hirawa N, Toya Y, Umemura S, Tamura K
Clinical and experimental nephrology   22(4) 773-781   2018年8月   [査読有り]
Suzuki S, Shino M, Fujikawa T, Itoh Y, Ueda E, Hashimoto T, Kuji T, Kobayashi N, Ohnishi T, Hirawa N, Tamura K, Toya Y
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy      2018年7月   [査読有り]
Arakawa K, Gondo T, Matsushita K, Himeno H, Kimura K, Tamura K
Internal medicine (Tokyo, Japan)      2018年6月   [査読有り]
Akiyama E, Van Aelst LNL, Arrigo M, Lassus J, Miró Ò, Čelutkienė J, Choi DJ, Cohen-Solal A, Ishihara S, Kajimoto K, Laribi S, Maggioni AP, Motiejunaite J, Mueller C, Parenica J, Park JJ, Sato N, Spinar J, Zhang J, Zhang Y, Kimura K, Tamura K, Gayat E, Mebazaa A, GREAT (Global Research on Acute Conditions Team) Network.
European journal of heart failure   20(6) 1071-1075   2018年6月   [査読有り]
Doi H, Ishigami T, Nakashima-Sasaki R, Kino T, Chen L, Arakawa K, Teranaka S, Minegishi S, Abe K, Ishikawa T, Sugano T, Tamura K
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   1-7   2018年5月   [査読有り]
Tanaka R, Umemura M, Narikawa M, Fujita T, Yokoyama U, Ishigami T, Kimura K, Tamura K, Ishikawa Y
Physiological reports   6(9) e13687   2018年5月   [査読有り]
Narikawa M, Umemura M, Tanaka R, Fujita T, Yokoyama U, Ishigami T, Kimura K, Tamura K, Ishikawa Y
Scientific reports   8(1) 6277   2018年4月   [査読有り]
Kobayashi Y, Ishiguro H, Fujikawa T, Kobayashi H, Sumida K, Kagimoto M, Okuyama Y, Ehara Y, Katsumata M, Fujita M, Fujiwara A, Saka S, Yatsu K, Hirawa N, Toya Y, Yasuda G, Umemura S, Tamura K
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   1-8   2018年4月   [査読有り]
Tamura K, Haruhara K, Azushima K, Iwamoto T, Wakui H
Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   20(4) 805-806   2018年4月   [査読有り]
Nakayama M, Yamamuro M, Takashio S, Uemura T, Nakayama N, Hirakawa K, Oda S, Utsunomiya D, Kaikita K, Hokimoto S, Yamashita Y, Morita Y, Kimura K, Tamura K, Tsujita K
Heart and vessels   33(4) 393-402   2018年4月   [査読有り]
Ohki K, Wakui H, Kishio N, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Yamaji T, Yamada T, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Yamashita A, Imajo K, Nakajima A, Kato I, Ohashi K, Tamura K
Scientific reports   8(1) 2846   2018年2月   [査読有り]
Haruhara K, Wakui H, Azushima K, Kurotaki D, Kawase W, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Kinguchi S, Ohsawa M, Minegishi S, Ishigami T, Matsuda M, Yamashita A, Nakajima H, Tamura T, Tsuboi N, Yokoo T, Tamura K
Atherosclerosis   269 236-244   2018年2月   [査読有り]
Kiyokuni M, Kawashima C, Konishi M, Sakamaki K, Iwata K, Nakayama N, Komura N, Kosuge M, Sugano T, Ishigami T, Endo T, Ishikawa T, Yamanaka T, Kimura K, Tamura K
Journal of cardiology   71(2) 168-173   2018年2月   [査読有り]
Okuyama Y, Hirawa N, Fujita M, Fujiwara A, Ehara Y, Yatsu K, Sumida K, Kagimoto M, Katsumata M, Kobayashi Y, Saka S, Umemura S, Tamura K
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   41(2) 80-87   2018年2月   [査読有り]
Kato S, Saito N, Nakachi T, Fukui K, Iwasawa T, Taguri M, Kosuge M, Kimura K, Tamura K
Journal of the American College of Cardiology   70(22) 2839-2840   2017年12月   [査読有り]
Arakawa K, Ohno M, Horii M, Ishigami T, Kimura K, Tamura K
Atherosclerosis   267 146-152   2017年12月   [査読有り]
Hosoda J, Ishikawa T, Matsumoto K, Iguchi K, Matsushita H, Ogino Y, Taguchi Y, Sugano T, Ishigami T, Kimura K, Tamura K
Journal of cardiology   70(5) 416-419   2017年11月   [査読有り]
Ishii T, Taguri M, Tamura K, Oyama K
Scientific reports   7(1) 14004   2017年10月   [査読有り]
Gohbara M, Endo T, Kimura K, Tamura K
Clinical case reports   5(10) 1649-1653   2017年10月   [査読有り]
Tamura K, Haruhara K, Azushima K, Tokita Y, Wakui H
Atherosclerosis   265 253-255   2017年10月   [査読有り]
Katsumata M, Hirawa N, Sumida K, Kagimoto M, Ehara Y, Okuyama Y, Fujita M, Fujiwara A, Kobayashi M, Kobayashi Y, Yamamoto Y, Saka S, Yatsu K, Fujikawa T, Toya Y, Yasuda G, Tamura K, Umemura S
Clinical and experimental nephrology   21(5) 858-865   2017年10月   [査読有り]
Gohbara M, Hayakawa A, Akazawa Y, Furihata S, Kondo A, Fukushima Y, Tomari S, Endo T, Kimura K, Tamura K
Journal of the American Heart Association   6(8)    2017年8月   [査読有り]
Kosuge M, Kimura K, Uchida K, Masuda M, Tamura K
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81(9) 1254-1260   2017年8月   [査読有り]
Tamura K, Dejima T, Morita Y, Hirade S, Wakui H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   40(8) 730-731   2017年8月   [査読有り]
Uneda K, Wakui H, Maeda A, Azushima K, Kobayashi R, Haku S, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Ohsawa M, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Atobe Y, Yamashita A, Umemura S, Tamura K
Journal of the American Heart Association   6(8)    2017年7月   [査読有り]
Kawashima C, Matsuzawa Y, Akiyama E, Konishi M, Suzuki H, Hashiba K, Ebina T, Kosuge M, Hibi K, Tsukahara K, Iwahashi N, Maejima N, Sakamaki K, Umemura S, Kimura K, Tamura K
Journal of the American Heart Association   6(7)    2017年7月   [査読有り]
Minegishi S, Ishigami T, Kawamura H, Kino T, Chen L, Nakashima-Sasaki R, Doi H, Azushima K, Wakui H, Chiba Y, Tamura K
International journal of molecular sciences   18(6)    2017年6月   [査読有り]
Wakui H, Sumida K, Fujita M, Ohtomo Y, Ohsawa M, Kobayashi R, Uneda K, Azushima K, Haruhara K, Yatsu K, Hirawa N, Minegishi S, Ishigami T, Umemura S, Tamura K
Physiological reports   5(11)    2017年6月   [査読有り]
Kino T, Ishigami T, Murata T, Doi H, Nakashima-Sasaki R, Chen L, Sugiyama M, Azushima K, Wakui H, Minegishi S, Tamura K
International journal of molecular sciences   18(6)    2017年6月   [査読有り]
Nakachi T, Kato S, Kirigaya H, Iinuma N, Fukui K, Saito N, Iwasawa T, Kosuge M, Kimura K, Tamura K
Journal of cardiology   69(6) 836-842   2017年6月   [査読有り]
Kobayashi R, Wakui H, Azushima K, Uneda K, Haku S, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Ohsawa M, Toya Y, Nishiyama A, Yamashita A, Tanabe K, Maeshima Y, Umemura S, Tamura K.
Kidney International   91(5) 1115-1125   2017年5月   [査読有り]
Ohki K, Wakui H, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Ohsawa M, Maeda A, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Yamashita A, Umemura S, Tamura K
International journal of molecular sciences   18(3)    2017年3月   [査読有り]
Azushima K, Ohki K, Wakui H, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Maeda A, Toya Y, Yamashita A, Umemura S, Tamura K
Journal of the American Heart Association   6(3)    2017年3月   [査読有り]
Azushima K, Wakui H, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Kinguchi S, Haruhara K, Fujikawa T, Toya Y, Umemura S, Tamura K
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   39(7) 665-671   2017年   [査読有り]
Kobayashi R, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Haku S, Uneda K, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Umemura S
Clin Exp Hypertens   38(8) 744-750   2016年12月   [査読有り]
Uneda K, Tamura K, Wakui H, Azushima K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Ohsawa M, Fujikawa T, Umemura S
Clin Exp Hypertens   38(8) 738-743   2016年12月   [査読有り]
Tamura K, Kobayashi R, Haku S, Azushima K, Wakui H.
Hypertens Res   39(11) 753-755   2016年11月   [査読有り]
Tamura K, Kishio N, Haruhara K, Uneda K, Azushima K, Wakui H
Journal of thoracic disease   8(7) E564-6   2016年7月   [査読有り]
Trovato GM, Tamura K.
Atherosclerosis   250 186-188   2016年7月   [査読有り]
Potential beneficial impact of angiotensin receptor blockers on arterial stiffness in hypertension.
Tamura K, Kishio N, Haruhara K, Uneda K, Azushima K, Wakui H
J Thorac Dis   8(7) E564-E566   2016年6月   [査読有り]
Tamura K, Wakui H, Azushima K, Uneda K, Umemura S.
Hypertens Res   39(6) 396-398   2016年6月   [査読有り]
[Pathophysiology of atherosclerosis in chronic kidney disease.]
Tamura K
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   105(5) 802-810   2016年5月   [査読有り]
Ohsawa M, Tamura K, Wakui H, Kanaoka T, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Toya Y, Umemura S.
Lipids Health Dis   14 161   2015年12月   [査読有り]
[Hypertension with chronic kidney disease: anti-hypertensive therapy recommended for the management of hypertension with CKD in JSN-CKD GL 2013 and JSH2014].
Tamura K, Yutoh J, Matsushita K, Sakai M, Oshikawa J
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73(11) 1876-1884   2015年11月   [査読有り]
Tamura K, Kanaoka T, Kobayashi R, Ohki K, Ohsawa M
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   38(10) 642-643   2015年10月   [査読有り]
Tamura K, Uneda K, Azushima K, Wakui H, Haruhara K
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   38(7) 455-456   2015年7月   [査読有り]
Azushima K, Tamura K, Haku S, Wakui H, Kanaoka T, Ohsawa M, Uneda K, Kobayashi R, Ohki K, Dejima T, Maeda A, Hashimoto T, Oshikawa J, Kobayashi Y, Nomura K, Azushima C, Takeshita Y, Fujino R, Uchida K, Shibuya K, Ando D, Tokita Y, Fujikawa T, Toya Y, Umemura S
Atherosclerosis   240(1) 297-304   2015年5月   [査読有り]
Kuji T, Toya Y, Fujikawa T, Kakimoto-Shino M, Nishihara M, Shibata K, Tamura K, Hirawa N, Satta H, Kawata S, Kouguchi N, Umemura S
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   19(2) 131-137   2015年4月   [査読有り]
Wakui H, Uneda K, Tamura K, Ohsawa M, Azushima K, Kobayashi R, Ohki K, Dejima T, Kanaoka T, Tsurumi-Ikeya Y, Matsuda M, Haruhara K, Nishiyama A, Yabana M, Fujikawa T, Yamashita A, Umemura S
Journal of the American Heart Association   4(3) e001594   2015年3月   [査読有り]
Angiotensin II type 1 receptor binding molecule ATRAP as a possible modulator of renal sodium handling and blood pressure in pathophysiology.
Tamura K, Wakui H, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Yamashita A, Umemura S
Curr Med Chem   22 3210-3216   2015年   [査読有り]
Tamura K, Ohki K, Kobayashi R, Uneda K, Azushima K, Ohsawa M, Wakui H, Sakai M, Tokita Y, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37(12) 1032-1034   2014年12月   [査読有り]
Ohsawa M, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Kanaoka T, Azushima K, Uneda K, Tsurumi-Ikeya Y, Kobayashi R, Matsuda M, Uchida S, Toya Y, Kobori H, Nishiyama A, Yamashita A, Ishikawa Y, Umemura S
Kidney international   86(3) 570-581   2014年9月   [査読有り]
Tamura K, Ohki K, Kobayashi R, Uneda K, Azushima K, Ohsawa M, Wakui H, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37(9) 796-798   2014年9月   [査読有り]
Yokomatsu A, Fujikawa T, Toya Y, Shino-Kakimoto M, Itoh Y, Mitsuhashi H, Tamura K, Hirawa N, Yasuda G, Umemura S
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   18(4) 340-346   2014年8月   [査読有り]
Wakui H, Hosokawa Y, Oshikawa J, Tamura K, Toya Y, Yabana M, Furihata S, Sugano T, Umemura S
CEN case reports   3(1) 53-55   2014年5月   [査読有り]
Shimamoto K, Ando K, Fujita T, Hasebe N, Higaki J, Horiuchi M, Imai Y, Imaizumi T, Ishimitsu T, Ito M, Ito S, Itoh H, Iwao H, Kai H, Kario K, Kashihara N, Kawano Y, Kim-Mitsuyama S, Kimura G, Kohara K, Komuro I, Kumagai H, Matsuura H, Miura K, Morishita R, Naruse M, Node K, Ohya Y, Rakugi H, Saito I, Saitoh S, Shimada K, Shimosawa T, Suzuki H, Tamura K, Tanahashi N, Tsuchihashi T, Uchiyama M, Ueda S, Umemura S, Japanese Society of Hypertension Committee for Guidelines for the Management of Hypertension
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37(4) 253-390   2014年4月   [査読有り]
Wakui H, Hosokawa Y, Oshikawa J, Tamura K, Toya Y, Yabana M, Furihata S, Sugano T, Umemura S
Endovascular treatment of renal artery stenosis improves contralateral renal hypertrophy with nephrotic syndrome.
CEN Case Rep   3 53-55   2014年   [査読有り]
Azushima K, Uneda K, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Kobayashi R, Dejima T, Kanaoka T, Maeda A, Toya Y, Umemura S
BioMed research international   2014 437087   2014年   [査読有り]
Maeda A, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Kobayashi R, Tsurumi-Ikeya Y, Kanaoka T, Dejima T, Ohki K, Haku S, Yamashita A, Umemura S
International journal of medical sciences   11(6) 646-651   2014年   [査読有り]
Maeda A, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Kanaoka T, Kobayashi R, Ohki K, Matsuda M, Tsurumi-Ikeya Y, Yamashita A, Tokita Y, Umemura S
BioMed research international   2014 946492   2014年   [査読有り]
Wakui H, Dejima T, Tamura K, Uneda K, Azuma K, Maeda A, Ohsawa M, Kanaoka T, Azushima K, Kobayashi R, Matsuda M, Yamashita A, Umemura S
Cardiovascular research   100(3) 511-519   2013年12月   [査読有り]
Kanaoka T, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Kobayashi R, Fujikawa T, Tsurumi-Ikeya Y, Maeda A, Yanagi M, Toya Y, Umemura S
International journal of molecular sciences   14(8) 16866-16881   2013年8月   [査読有り]
Ohsawa M, Tamura K, Kanaoka T, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Azushima K, Uneda K, Kobayashi R, Tsurumi-Ikeya Y, Toya Y, Fujikawa T, Umemura S
International journal of molecular sciences   14(8) 15361-15375   2013年7月   [査読有り]
Maeda A, Tamura K, Wakui H, Dejima T, Ohsawa M, Azushima K, Kanaoka T, Uneda K, Matsuda M, Yamashita A, Miyazaki N, Yatsu K, Hirawa N, Toya Y, Umemura S
Journal of the American Heart Association   2(4) e000312   2013年7月   [査読有り]
Wakui H, Tamura K, Masuda S, Tsurumi-Ikeya Y, Fujita M, Maeda A, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Matsuda M, Kitamura K, Uchida S, Toya Y, Kobori H, Nagahama K, Yamashita A, Umemura S
Hypertension   61(6) 1203-1210   2013年6月   [査読有り]
Matsuda M, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Ohsawa M, Kanaoka T, Azushima K, Uneda K, Haku S, Tsurumi-Ikeya Y, Toya Y, Maeshima Y, Yamashita A, Umemura S
The Journal of biological chemistry   288(26) 19238-19249   2013年6月   [査読有り]
Tamura K, Tsurumi-Ikeya Y, Wakui H, Maeda A, Ohsawa M, Azushima K, Kanaoka T, Uneda K, Haku S, Azuma K, Mitsuhashi H, Tamura N, Toya Y, Tokita Y, Kokuho T, Umemura S
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   17(2) 185-192   2013年4月   [査読有り]
Itoh Y, Fujikawa T, Toya Y, Mitsuhashi H, Kobayashi N, Ohnishi T, Tamura K, Hirawa N, Yasuda G, Umemura S
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   17(2) 243   2013年4月   [査読有り]
Yanagi M, Tamura K, Fujikawa T, Wakui H, Kanaoka T, Ohsawa M, Azushima K, Maeda A, Kobori H, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   36(3) 262-269   2013年3月   [査読有り]
Tamura K, Ohsawa M, Kanaoka T, Maeda A, Azushima K, Uneda K, Wakui H, Azuma K, Tsurumi-Ikeya Y, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   36(2) 107-108   2013年2月   [査読有り]
Yasuzaki H, Yoshida S, Hashimoto T, Shibata W, Inamori M, Toya Y, Tamura K, Maeda S, Umemura S
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   33(1) 118-126   2013年1月   [査読有り]
Tamura K, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Ohsawa M, Azushima K, Kanaoka T, Haku S, Uneda K, Masuda S, Azuma K, Shigenaga A, Koide Y, Tsurumi-Ikeya Y, Matsuda M, Toya Y, Tokita Y, Yamashita A, Umemura S
Current pharmaceutical design   19(17) 3043-3048   2013年   [査読有り]
Ishiguro H, Hashimoto T, Akata M, Suzuki S, Azushima K, Kobayashi Y, Kanaoka T, Yoshida S, Wakui H, Oshikawa J, Nagahama K, Inayama Y, Tamura K, Toya Y, Umemura S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   52(10) 1079-1083   2013年   [査読有り]
Azushima K, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Ohsawa M, Uneda K, Kobayashi R, Kanaoka T, Dejima T, Fujikawa T, Yamashita A, Toya Y, Umemura S
PloS one   8(10) e75560   2013年   [査読有り]
Itoh Y, Fujikawa T, Toya Y, Mitsuhashi H, Kobayashi N, Ohnishi T, Tamura K, Hirawa N, Yasuda G, Umemura S
Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy   16(6) 554-559   2012年12月   [査読有り]
Tamura K, Maeda A, Uneda K, Wakui H, Dejima T, Mitsuhashi H, Yamaguchi S, Tsurumi-Ikeya Y, Tokita Y, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   35(10) 972-974   2012年10月   [査読有り]
[Physiology of novel AT1 receptor-binding molecule, ATRAP].
Wakui H, Tamura K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70(9) 1499-1503   2012年9月   [査読有り]
Tamura K, Shibuya K, Takeshita Y, Koide Y, Tokita Y, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   35(8) 802-804   2012年8月   [査読有り]
Kanaoka T, Tamura K, Ohsawa M, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Azushima K, Haku S, Mitsuhashi H, Yanagi M, Oshikawa J, Uneda K, Aoki K, Fujikawa T, Toya Y, Uchino K, Umemura S
Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   14(8) 522-529   2012年8月   [査読有り]
Yasuda N, Akazawa H, Ito K, Shimizu I, Kudo-Sakamoto Y, Yabumoto C, Yano M, Yamamoto R, Ozasa Y, Minamino T, Naito AT, Oka T, Shiojima I, Tamura K, Umemura S, Paradis P, Nemer M, Komuro I
Hypertension   59(3) 627-633   2012年3月   [査読有り]
Ushio-Yamana H, Minegishi S, Ishigami T, Araki N, Umemura M, Tamura K, Maeda E, Kakizoe Y, Tamura K, Umemura S
Nephron Exp Nephrol   122 95-102   2012年   [査読有り]
Maeda A, Tamura K, Kanaoka T, Ohsawa M, Haku S, Azushima K, Dejima T, Wakui H, Yanagi M, Okano Y, Fujikawa T, Toya Y, Mizushima S, Tochikubo O, Umemura S
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   34(4) 249-257   2012年   [査読有り]
Kanaoka T, Tamura K, Ohsawa M, Yanagi M, Haku S, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Azushima K, Mitsuhashi H, Okano Y, Fujikawa T, Toya Y, Mizushima S, Tochikubo O, Umemura S
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   34(4) 264-269   2012年   [査読有り]
Azushima K, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Kanaoka T, Ohsawa M, Haku S, Uneda K, Toya Y, Umemura S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   51(24) 3387-3389   2012年   [査読有り]
Tamura K, Azushima K, Umemura S
Hypertens Res   34(12) 1249-1250   2011年12月   [査読有り]
Dejima T, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Ohsawa M, Kanaoka T, Haku S, Kengo A, Masuda S, Shigenaga A, Azuma K, Matsuda M, Yabana M, Hirose T, Uchino K, Kimura K, Nagashima Y, Umemura S
Journal of hypertension   29(10) 1919-1929   2011年10月   [査読有り]
Matsuda M, Tamura K, Wakui H, Dejima T, Maeda A, Ohsawa M, Kanaoka T, Haku S, Azushima K, Yamasaki H, Saito D, Hirose T, Maeshima Y, Nagashima Y, Umemura S
Physiological genomics   43(14) 884-894   2011年7月   [査読有り]
Kanaoka T, Tamura K, Moriya T, Tanaka K, Konno Y, Kondoh S, Toyoda M, Umezono T, Fujikawa T, Ohsawa M, Dejima T, Maeda A, Wakui H, Haku S, Yanagi M, Mitsuhashi H, Ozawa M, Okano Y, Ogawa N, Yamakawa T, Mizushima S, Suzuki D, Umemura S
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   33(4) 255-263   2011年   [査読有り]
Emerging concept of anti-hypertensive therapy based on ambulatory blood pressure profile in chronic kidney disease.
Tamura K, Kanaoka T, Ohsawa M, Haku S, Azushima K, Maeda A, Dejima T, Wakui H, Ozawa M, Shigenaga A, Toya Y, Umemura S
American journal of cardiovascular disease   1(3) 236-243   2011年   [査読有り]
Wakui H, Tamura K (equal contribution), Matsuda M, Bai Y, Dejima T, Shigenaga A, Masuda S, Azuma K, Maeda A, Hirose T, Ishigami T, Toya Y, Yabana M, Minamisawa S, Umemura S
Am J Physiol Renal Physiol   299(5) F991-F1003   2010年11月   [査読有り]
Masuda S, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Hirose T, Toyoda M, Azuma K, Ohsawa M, Kanaoka T, Yanagi M, Yoshida S, Mitsuhashi H, Matsuda M, Ishigami T, Toya Y, Suzuki D, Nagashima Y, Umemura S
American journal of physiology. Renal physiology   299(4) F720-31   2010年10月   [査読有り]
[Plasma renin activity (PRA) and active renin concentration (ARC)].
Tamura K, Maeda A
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68 Suppl 7 601-607   2010年7月   [査読有り]
Tsurumi-Ikeya Y, Tamura K, Azuma K, Mitsuhashi H, Wakui H, Nakazawa I, Sugano T, Mochida Y, Ebina T, Hirawa N, Toya Y, Uchino K, Umemura S
Arteriosclerosis, thrombosis, and vascular biology   30(5) 1058-1065   2010年5月   [査読有り]
Wakui H, Tamura K, Tanaka Y, Matsuda M, Bai Y, Dejima T, Masuda S, Shigenaga A, Maeda A, Mogi M, Ichihara N, Kobayashi Y, Hirawa N, Ishigami T, Toya Y, Yabana M, Horiuchi M, Minamisawa S, Umemura S
Hypertension   55(5) 1157-1164   2010年5月   [査読有り]
[Intrarenal distribution and functional role of AT1 receptor, AT2 receptor, and ATRAP].
Dejima T, Wakui H, Masuda S, Tamura K, Umemura S
Nihon Jinzo Gakkai shi   52(2) 101-105   2010年   [査読有り]
[Effects of combination therapy with losartan/hydrochlorothiazide on the relationships between base blood pressure, autonomic function, and health-related QOL].
Okano Y, Toya Y, Azuma K, Yabana M, Tamura K, Umemura S
Nihon Jinzo Gakkai shi   52(7) 939-944   2010年   [査読有り]
Min LJ, Mogi M, Tamura K, Iwanami J, Sakata A, Fujita T, Tsukuda K, Jing F, Iwai M, Horiuchi M
Journal of molecular and cellular cardiology   47(6) 798-809   2009年12月   [査読有り]

Misc

 
【腎・高血圧診療における血液・尿バイオマーカーの新展開】 高血圧診療に有用なバイオマーカーの現状と展望
石井 健夫, 涌井 広通, 田村 功一
腎・高血圧の最新治療   7(3) 109-117   2018年7月
ヒト高血圧におけるバイオマーカーには、従来の動脈硬化、内皮機能障害マーカー、炎症性マーカーやBNPなどの生化学的マーカーに加え、最近では酸化ストレスマーカー、NADPHオキシダーゼ(Nox)、マロンジアルデヒド(MDA)、イソプロスタン、抗酸化物質活性TAC、Oxidative modification of DNA and proteins、microRNAなどの酸化ストレス関連マーカーを中心とした新しいマーカーが必要とされてきている。また、高血圧のマーカーとしての尿酸値およびキサンチン...
心血管腎臓病に克つための臨床と研究をめざして
田村 功一
善仁会研究年報   (39) 1-4   2018年6月
【腎硬化症-今日の視点から】 良性腎硬化症 心腎連関と腎硬化症
山田 貴之, 涌井 広道, 田村 功一
腎と透析   84(5) 685-690   2018年5月
CKDの病態を考慮した血圧管理の重要性
田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   7回 105-105   2018年5月
慢性腎臓病患者における降圧目標
田村 功一, 涌井 広道, 畝田 一司, 小林 竜, 金岡 知彦, 大城 光二, 大澤 正人, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 常田 康夫
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   7回 114-114   2018年5月
原発性アルドステロン症 診断・治療の最前線 横浜市大関連施設におけるAVS症例をまとめた自験例解析からも見えてくる、PA診断の課題と今後の提案
谷津 圭介, 小林 雄祐, 坂 早苗, 春原 須美玲, 涌井 広道, 平和 伸仁, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   7回 150-150   2018年5月
血液透析患者におけるXOR阻害薬の介入効果の検討
石井 健夫, 田栗 正隆, 大山 邦雄, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   7回 176-176   2018年5月
急性静脈血栓塞栓症における下大静脈フィルター留置に伴う合併症の経験
塚原 健吾, 三橋 孝之, 羽柴 克孝, 日比 潔, 小菅 雅美, 菅野 晃靖, 海老名 俊明, 猿渡 力, 田村 功一, 木村 一雄
静脈学   29(2) 256-256   2018年5月
痙攣重積後に発症した横紋筋融解症により長期透析を要した急性腎不全の一例
岡田 和也, 湯藤 潤, 平塚 梨奈, 浦手 進吾, 森 梓, 戸谷 善幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 440-440   2018年5月
血液透析患者の低用量鉄投与法と標準量鉄投与法の比較
久慈 忠司, 藤川 哲也, 金田 朋子, 西原 正博, 柴田 和彦, 薩田 英久, 井元 清隆, 川田 征一, 高口 直明, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 699-699   2018年5月
CERA投与下のヘプシジン変動に対する鉄剤投与の影響
河野 知之, 藤川 哲也, 久慈 忠司, 川井 有紀, 植田 瑛子, 篠 みどり, 佐藤 陽, 三橋 洋, 小川 成章, 小田 寿, 山口 聡, 大西 俊正, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 700-700   2018年5月
自己免疫性溶血性貧血(AIHA)を合併し、輸血困難となった透析患者の一例
吉浦 辰徳, 田中 翔平, 町村 哲郎, 安藤 大作, 常田 康夫, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 705-705   2018年5月
オープンダイアローグを念頭に置いた、自己管理不良の血液透析患者との対話の試み
矢花 眞知子, 涌井 広道, 大上 尚仁, 春原 須美玲, 毛利 史将, 川井 有紀, 植田 瑛子, 小林 竜, 池谷 裕子, 橋本 達夫, 坂 早苗, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 715-715   2018年5月
腹膜透析患者の僧帽弁に発症したCalcified Amorphous Tumorの一例
川崎 敬子, 三浦 隆彦, 岩野 剛久, 押川 仁, 柳本 邦雄, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 743-743   2018年5月
悪性高血圧により急速に腎機能低下進行し、血液透析導入となった症例
古宮 士朗, 平和 伸仁, 畠山 萌枝, 土師 達也, 小宮 麻里子, 加納 和代, 諸宇 旭純, 藤原 亮, 小林 麻裕美, 坂 早苗, 田村 功一, 安田 元
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 746-746   2018年5月
利尿剤濫用により腎機能障害をきたし血液透析導入となった一例
畠山 萌枝, 平和 伸仁, 土師 達也, 古宮 士朗, 加納 和代, 小宮 麻里子, 諸宇 旭純, 藤原 亮, 小林 麻裕美, 坂 早苗, 田村 功一, 安田 元
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 773-773   2018年5月
血液透析患者にニューモシスチス肺炎を発症し、早期に発見し救命に至った一例
田中 翔平, 安藤 大作, 町村 哲郎, 吉浦 辰徳, 常田 康夫, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 800-800   2018年5月
原因不明の腎不全、全身痙攣、不明熱、腹膜透析液に対するアレルギーを認め、成人スチル病と診断した症例
土師 達也, 平和 伸仁, 畠山 萌枝, 古宮 士朗, 森 梓, 加納 和代, 小宮 麻里子, 勝又 真理, 富岡 旭純, 藤原 亮, 小林 麻裕美, 坂 早苗, 安田 元, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 836-836   2018年5月
血液透析により著明な意識レベルの改善を認めた炭酸リチウム中毒の1例
上原 立己, 上村 智毅, 海老原 正行, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 856-856   2018年5月
認知症を有する高齢末期腎不全患者に対し透析療法見合わせを検討するも導入にて良好な経過をたどった一例
佐々木 朱夏, 小林 竜, 大上 尚仁, 毛利 史將, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 866-866   2018年5月
不明熱と傍大動脈リンパ節腫大を呈し診断に難渋した長期透析患者の一例
藤原 亮, 平和 伸仁, 畠山 萌枝, 土師 達也, 古宮 士朗, 加納 和代, 小宮 麻里子, 諸宇 旭純, 小林 麻裕美, 坂 早苗, 田村 功一, 安田 元
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 887-887   2018年5月
【高齢者医療ハンドブック-高齢者医療におけるダイバーシティへの対応】(第VII章)高齢者の慢性疾患管理法 慢性腎臓病
田村 功一, 大城 光二, 小林 竜, 畝田 一司, 涌井 広道
内科   121(4) 867-873   2018年4月
<文献概要>・慢性腎臓病(CKD)患者は末期腎不全の予備軍であり,かつ心血管系疾患の合併高リスクである.近年では65歳以上の高齢者の末期腎不全患者の増加傾向がみられる.・高齢CKD患者の治療に関するエビデンスは限られているが,75歳以上の後期高齢者における,包括的治療管理による末期腎不全への進展,重症合併症阻止,QOLの維持・向上を図ることの意義は大きいと考えられる.・CKD患者に対する包括的な管理は,新規透析導入の抑制のみならず,患者の生命予後や生活の質の改善にも寄与できると考えられる....
術後慢性期に血栓弁となったTAVIの一例
桐ヶ谷 仁, 岩橋 徳明, 松澤 泰志, 岡田 興造, 小西 正昭, 前島 信彦, 小菅 雅美, 日比 潔, 木村 一雄, 田村 功一
超音波医学   45(Suppl.) S622-S622   2018年4月
透析患者における生命予後と分岐鎖アミノ酸との関連に関する検討
鈴木 将太, 篠 みどり, 藤川 哲也, 伊藤 陽子, 植田 瑛子, 畝田 一司, 橋本 達夫, 涌井 広道, 久慈 忠司, 小林 直之, 大西 俊正, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   60(3) 334-334   2018年4月
保存期CKD患者に対するエポエチンベータペゴルとダルベポエチルアルファの血圧に関する比較検討
大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 白 善雅, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 藤川 哲也, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   60(3) 425-425   2018年4月
当院においてaHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)が疑われた4症例の検討
藤原 亮, 平和 伸仁, 畠山 萌枝, 土師 達也, 古宮 士朗, 坂 早苗, 田村 功一, 安田 元
日本腎臓学会誌   60(3) 451-451   2018年4月
中枢神経系ATRAPによる血圧制御
金口 翔, 涌井 広道, 山田 貴之, 山地 孝拡, 春原 浩太郎, 大城 光二, 白 善雅, 小林 竜, 畝田 一司, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   60(3) 465-465   2018年4月
自己管理支援ICTシステム(DialBeticsLite)の特定保健指導における医学的効果の検証
川井 有紀, 脇 嘉代, 山口 聡子, 木村 滋子, 富澤 修子, 児玉 和代, 豊岡 継泰, 中島 亮, 田村 功一, 門脇 孝, 大江 和彦
糖尿病   61(Suppl.1) S-229   2018年4月
【降圧療法の完成度を上げる-血圧変動から個別予見医療へ】 血圧変動と腎疾患 CKDに克つための血圧管理
田村 功一, 金口 翔, 春原 浩太郎, 菅野 晃靖
血圧   25(3) 173-179   2018年3月
国内における末期腎不全透析患者は先進諸国の中で最も多いとされ、CKDを中心とする腎疾患対策は重要な課題である。腎臓は血圧調節において中心的な役割を担う臓器であるために、腎疾患では血圧異常を伴うことが多く、また、腎疾患診療における適切な血圧管理は腎障害の進行と心腎連関による脳心血管合併症の予防のために極めて重要である。CKD患者も対象に含まれた米国のSPRINT研究の結果を受けて、CKDでの血圧管理において、「厳格降圧」による脳心血管病(全死亡)の抑制重視の方針、あるいは「標準降圧」による末...
【高齢者の腎泌尿器疾患治療】 高血圧
山田 貴之, 涌井 広道, 田村 功一
腎と透析   84(3) 433-437   2018年3月
Skeletal Muscle-targeted Strategy for Heart Failure Prevention in Elderly, Frail Patients after ST-elevation Myocardial Infarction(和訳中)
小西 正紹, 松澤 泰志, 秋山 英一, 木村 裕一郎, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PL8-6   2018年3月
心血管腎臓病に克つために
田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 LS44-LS44   2018年3月
Low Activity of Daily Living(ADL) is Associated with Increased Mortality of Cardiovascular Diseases in Japan: Analysis from JROAD-DPC(和訳中)
郷原 正臣, 西村 邦宏, 中村 文明, 住田 陽子, 猿渡 力, 松澤 泰志, 小西 正紹, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 田村 功一, 木村 一雄
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ03-7   2018年3月
No ST-Segment Elevation Resolution in Lead aVR Strongly Predicts 1-Year Adverse Outcomes in Patients with Non-ST-Segment Elevation Acute Coronary Syndrome(和訳中)
小菅 雅美, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 松澤 泰志, 小西 正紹, 海老名 俊明, 木村 裕一郎, 田村 功一, 木村 一雄
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ16-1   2018年3月
ST-Segment Depression in Lead aVR Predicts 30-day Adverse Outcomes in Patients with Inferior Acute Myocardial Infarction(和訳中)
小菅 雅美, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 松澤 泰志, 小西 正紹, 海老名 俊明, 木村 裕一郎, 田村 功一, 木村 一雄
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ16-2   2018年3月
The Increase in Trimethylamine N-oxide is Associated with the Progression of Coronary Plaque Complexity in Patients with Acute Myocardial Infarction(和訳中)
中橋 秀文, 松澤 泰志, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 小西 正紹, 木村 裕一郎, 小菅 雅美, 田村 功一, 木村 一雄
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 OJ16-6   2018年3月
Glycemic Variability at Acute Phase can Predict Left Ventricle Remodeling in Patients with STEMI(和訳中)
高橋 広軌, 岩橋 徳明, 南本 祐吾, 桐ケ谷 仁, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 小西 正紹, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 田村 功一, 木村 一雄
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ002-6   2018年3月
ST-Segment Elevation in Lead aVR Strongly Predicts 1-Year Mortality in Patients with Type A Acute Aortic Dissection(和訳中)
小菅 雅美, 内田 敬二, 日比 潔, 益田 宗孝, 田村 功一, 木村 一雄
日本循環器学会学術集会抄録集   82回 PJ049-1   2018年3月
原因不明の低アルブミン血症に対してGaシンチグラフィーが診断に有用であった1例
大上 尚仁, 谷津 圭介, 毛利 史將, 小林 竜, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 190-190   2018年2月
維持透析患者の血漿必須アミノ酸と腎性貧血との関連についての検討
鈴木 将太, 橋本 達夫, 藤川 哲也, 植田 瑛子, 篠 みどり, 涌井 広道, 小林 直之, 大西 俊正, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 212-212   2018年2月
シェーグレン症候群に急性間質性腎炎の合併した1例
田中 翔平, 安藤 大作, 町村 哲郎, 吉浦 辰徳, 常田 康夫, 田村 功一
日本内科学会関東地方会   639回 73-73   2018年2月
ネフローゼ症候群を伴うIgA腎症の一例
大上 尚仁, 小林 竜, 春原 須美玲, 毛利 史將, 川井 有紀, 畝田 一司, 山内 淳司, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一, 三宅 暁夫, 大橋 健一, 城 謙輔, 山口 裕
腎炎症例研究   34 221-238   2018年2月
ファロー四徴症/両大血管右室起始症遠隔期における、右室機能障害と血漿BNP値との関連
仁田 学, 菅野 晃靖, 重永 豊一郎, 小村 直弘, 岩田 究, 中島 理恵, 松本 祐介, 寺中 紗絵, 野田 光里, 石上 友章, 石川 利之, 落合 亮太, 田村 功一
日本成人先天性心疾患学会雑誌   7(1) 185-185   2018年1月
慢性腎臓病における高血圧発症 腎ATRAPの決定的な役割
小林 竜, 涌井 広道, 田村 功一
日本腎臓学会誌   59(8) 1225-1228   2017年12月
急性心筋梗塞患者における腸内細菌由来Trimethylamine-N-oxide変化と冠動脈病変の重症度変化との関係
中橋 秀文, 松澤 泰志, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 小西 正紹, 木村 裕一郎, 小菅 雅美, 木村 一雄, 田村 功一
日本冠疾患学会雑誌   (Suppl.) 139-139   2017年12月
ST上昇型急性心筋梗塞患者における四肢骨格筋量の予後への影響
佐藤 亮佑, 松澤 泰志, 秋山 英一, 小西 正昭, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 小菅 雅美, 日比 潔, 木村 一雄, 田村 功一
日本冠疾患学会雑誌   (Suppl.) 159-159   2017年12月
糖脂質代謝障害における1型アンジオテンシンII受容体結合蛋白ATRAPの機能的意義
大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 岸尾 望, 中島 淳, 山下 暁朗, 田村 功一
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1383-1383   2017年12月
マウス腎尿細管における(プロ)レニン受容体の機能解析
松沼 まり, 木野 旅人, 寺中 紗絵, 土肥 宏志, 中島 理恵, 峯岸 慎太郎, 杉山 美智子, 荒川 健太郎, 石上 友章, 田村 功一
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1390-1390   2017年12月
【腎不全合併症治療のupdate】 高血圧
小豆島 健護, 涌井 広道, 田村 功一
腎臓内科・泌尿器科   6(5) 386-392   2017年11月
慢性腎臓病克服のための新たな高血圧治療とその可能性
田村 功一, 酒井 政司, 増田 真一朗, 常田 康夫
臨床医のための循環器診療   (27) 43-48   2017年11月
左室収縮の保たれた心不全における骨格筋量・脂肪量が予後に与える影響
小西 正紹, 秋山 英一, 松澤 泰志, 佐藤 亮祐, 木村 裕一郎, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 日比 潔, 木村 一雄, 田村 功一
日本サルコペニア・フレイル学会雑誌   1(2) 152-152   2017年10月
心血管腎臓病の克服をめざして
田村 功一
横浜医学   68(4) 527-538   2017年10月
私どもの「循環器・腎臓・高血圧内科学」教室が対峙している疾患は、我が国が挙げている優先的課題の一つである「健康長寿のさらなる延伸」にとって大きな障壁となっている、高血圧、脳心血管病、腎臓病の三大疾患である。これら三大疾患の病態は独立して別個に存在しているのではなく、かなりの部分が共通の病態基盤・機序を有している。それゆえ、これら三大疾患はまとめて"心血管腎臓病(病態連関病)"として捉え、臨床、教育、研究において一体的に対応していく戦略が極めて有効であると考える。当教室では、診療科としての循...
降圧目標はどこまで下がるのか 糖尿病合併高血圧の降圧目標
涌井 広道, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 265-265   2017年10月
食塩感受性の成因に迫る 食塩感受性血圧調節におけるアンジオテンシン受容体結合蛋白の病態生理学的意義(A Physiological Significance of AT1 Receptor-Associated Protein in the Salt-Sensitive Blood Pressure Regulation)
涌井 広道, 畝田 一司, 出島 徹, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 269-269   2017年10月
局所RAAS活性化はどの様にして高血圧を引き起こすのか? 慢性腎臓病での高血圧における尿細管ATRAPの役割
涌井 広道, 小林 竜, 大澤 正人, 小豆島 健護, 畝田 一司, 大城 光二, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山地 孝拡, 山田 貴之, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 297-297   2017年10月
高血圧の原因となる血管疾患 その診断と治療 腎血管性高血圧の診断
畝田 一司, 菅野 晃靖, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 318-318   2017年10月
アディポネクチンプロモーター制御下1型アンジオテンシンII受容体結合因子(ATRAP)高発現マウスにおける慢性アンジオテンシンII刺激によるインスリン抵抗性の検討
大城 光二, 涌井 広道, 大澤 正人, 小豆島 健護, 白 善雅, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 岸尾 望, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 357-357   2017年10月
アンジオテンシノーゲン欠損マウスにおける腎内動脈壁肥厚・間質線維化形成メカニズムの検討
中森 悠, 吉田 伸一郎, 大澤 正人, 石黒 裕章, 鈴木 将太, 安崎 弘晃, 橋本 達夫, 石上 友章, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 梅村 敏, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 360-360   2017年10月
脂肪組織移植がLPIN1欠損マウスの血圧と糖脂質代謝に与える影響
梅原 琴乃, 角田 剛一朗, 谷津 圭介, 江原 洋介, 大城 由紀, 藤田 恵美, 藤原 亮, 小林 雄祐, 平和 伸仁, 梅村 敏, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 366-366   2017年10月
アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)による腸内細菌叢を介した造血制御に関する検討
鈴木 将太, 橋本 達夫, 中野 雅友樹, 中森 悠, 吉田 伸一郎, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 367-367   2017年10月
冠動脈疾患二次予防のための日本における至適薬物療法(OMT)の検討
木野 旅人, 石上 友章, 寺中 紗絵, 土肥 宏志, 陳 琳, 中島 理恵, 安部 開人, 峯岸 慎太郎, 杉山 美智子, 荒川 健太郎, 菅野 晃靖, 石川 利之, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 381-381   2017年10月
原発性アルドステロン症における24時間自由行動下血圧測定を含めた臨床的特徴の検討
春原 須美玲, 小豆島 健護, 大上 尚仁, 毛利 史將, 川井 有紀, 畝田 一司, 小林 竜, 山内 淳司, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 397-397   2017年10月
近位尿細管特異的ATRAPノックアウトマウスの作製とアンジオテンシン依存性高血圧への影響
高口 知之, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 春原 浩太朗, 大城 光二, 白 善雅, 小林 竜, 畝田 一司, 小豆島 健護, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 425-425   2017年10月
アンジオテンシン依存性高血圧における中枢神経系でのATRAPの病態生理学的意義
金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 春原 浩太朗, 大城 光二, 白 善雅, 小林 竜, 畝田 一司, 小豆島 健護, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 426-426   2017年10月
六君子湯のグレリン活性化作用に着目した腎保護効果の検討
高山 純佳, 鈴木 将太, 中野 雅友樹, 山田 貴之, 山地 孝拡, 金口 翔, 大城 光二, 春原 浩太郎, 小林 竜, 畝田 一司, 小豆島 健護, 橋本 達夫, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 431-431   2017年10月
ウェアラブル機器が生活習慣病罹患のスクリーニングに役立つ可能性と、生活習慣データと血圧変動の関係性
小林 裕貴, 杤久保 修, 山末 耕太郎, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 445-445   2017年10月
持続血糖測定器(CGM)により測定される血糖変動(MAGE)
岩橋 徳明, 高橋 広軌, 桐ヶ谷 仁, 南本 祐吾, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 小西 正紹, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 SS10-5   2017年9月
心不全と合併疾患対策 心臓悪液質・サルコペニアと栄養・貧血 体液シフトの観点から
小西 正紹, 秋山 英一, 佐藤 亮佑, 川島 千佳, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 PD3-4   2017年9月
温熱刺激は、Akt/S6K経路を介して心臓線維芽細胞の活性化を抑制する
成川 雅俊, 梅村 将就, 木村 一雄, 田村 功一, 石川 義弘
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 O-054   2017年9月
血糖変動はST上昇型急性前壁心筋梗塞患者における左室リモデリングおよび左室リバースリモデリングに影響を与える
南本 祐吾, 岩橋 徳明, 桐ヶ谷 仁, 高橋 広軌, 松澤 泰志, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 O-161   2017年9月
3枝病変を有する前壁STEMIに対するLADのPCI後に亜急性ステント血栓症を起こし、心不全加療難渋のためCABGを施行した1例
菊地 進之介, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 小西 正紹, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-013   2017年9月
非ST上昇型急性冠症候群と動脈スティフネスの関連性
桐ヶ谷 仁, 岩橋 徳明, 松澤 泰志, 小西 正紹, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-015   2017年9月
急性心筋梗塞緊急冠動脈ステント留置例における来院時腎機能が急性腎障害と院内予後との関係に及ぼす影響
中橋 秀文, 小菅 雅美, 清國 雅義, 海老名 俊明, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 小西 正紹, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 田村 功一, 木村 一雄
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-029   2017年9月
大動脈二尖弁を合併した大動脈縮窄症により大動脈弁輪拡張を伴い重症大動脈弁閉鎖不全症をきたした成人男性の一症例
島田 基, 持田 泰行, 市川 晋也, 安部 開人, 武藤 和弘, 辻川 雄, 神原 かおり, 片山 貴, 山崎 悦夫, 渡邊 嘉之, 田鎖 治, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-110   2017年9月
右室二腔症を合併したNoonan症候群 2例
山田 なお, 仁田 学, 菅野 晃靖, 重永 豊一郎, 小村 直弘, 清國 雅義, 岩田 究, 中島 理恵, 松本 祐介, 野田 光里, 石上 友章, 石川 利之, 落合 亮太, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-125   2017年9月
心タンポナーデの解除は急性肺塞栓症を引き起こす契機となるか?
高野 桂子, 仁田 学, 野田 光里, 松本 祐介, 岩田 究, 清國 雅義, 小村 直弘, 重永 豊一郎, 菅野 晃靖, 石上 友章, 石川 利之, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-257   2017年9月
横浜市立大学附属病院における慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈形成術の治療成績と合併症の考察
小村 直弘, 菅野 晃靖, 鍵本 美奈子, 中山 尚貴, 野田 光里, 松本 祐介, 中島 理恵, 岩田 究, 重永 豊一郎, 小野 文明, 戸田 憲孝, 石川 利之, 木村 一雄, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-289   2017年9月
大動脈弁置換術後に生体弁が急速に劣化した両大血管右室起始症心内修復術後の成人例
仁田 学, 菅野 晃靖, 野田 光里, 松本 祐介, 岩田 究, 清國 雅義, 小村 直弘, 重永 豊一郎, 石上 友章, 石川 利之, 田村 功一
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-300   2017年9月
本邦におけるCTEPHに対する最新の治療戦略 横浜市立大学における慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈形成術の効果と合併症の検討
小村 直弘, 菅野 晃靖, 鍵本 美奈子, 岩田 究, 中山 尚貴, 清國 雅義, 小野 文明, 石川 利之, 木村 一雄, 田村 功一
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   26回 S21-5   2017年7月
ST上昇型急性心筋梗塞に対するprimary PCIと非ST上昇型急性冠症候群/安定虚血性心疾患に対するelective PCIにおける血栓性の評価
菊地 進之介, 塚原 健吾, 市川 晋也, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本心血管インターベンション治療学会抄録集   26回 MO462-MO462   2017年7月
脳心腎連関とCKD 心血管腎臓病に克つための血圧管理とは
田村 功一
日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集   49回 153-153   2017年6月
降圧療法の完成度を上げる Fine-tuning of blood pressure control 血圧変動と腎疾患 慢性腎臓病に克つための血圧管理
田村 功一, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 涌井 広道
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 101-101   2017年5月
降圧療法に難渋した抗結核薬加療中の悪性高血圧の一例
渡部 衛, 小林 竜, 谷津 圭介, 涌井 広道, 橋本 達夫, 山内 淳司, 松本 賛良, 春原 須美玲, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 145-145   2017年5月
中高年の生活習慣病患者において内臓脂肪型肥満を認めながらもBMI低値であることは動脈弾性低下、起立性低血圧のリスクである
下木原 久美, 小林 雄祐, 小林 英雄, 藤川 哲也, 谷津 圭介, 平和 伸仁, 梅村 敏, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 147-147   2017年5月
芍薬甘草湯により著明な低カリウム血症をきたした偽性アルドステロン症の1例
出原 薫, 畝田 一司, 武藤 須美玲, 松本 賛良, 鈴木 将太, 小豆島 健護, 山内 淳司, 涌井 広道, 谷津 圭介, 橋本 達夫, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 155-155   2017年5月
CAVIと短時間心拍変動解析を用いた起立性低血圧・高血圧の病態の差異の検討
角田 剛一朗, 小林 雄祐, 小林 英雄, 藤川 哲也, 谷津 圭介, 平和 伸仁, 梅村 敏, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 162-162   2017年5月
急性心筋梗塞患者において赤血球分布幅の変化が長期転帰に及ぼす影響(Impact of Change in Red Cell Distribution Width on Long-term Outcomes in Patients with Acute Myocardical Infarction)
中橋 秀文, 小菅 雅美, 清國 雅義, 海老名 俊明, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 小西 正紹, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 OJ-105   2017年3月
たこつぼ心筋症と再灌流された非Q波前壁急性心筋梗塞間の鑑別のための簡単な心電図判定基準(Simple Electrocardiographic Criteria for Discriminating between Takotsubo Cardiomyopathy and Reperfused Non-Q Wave Anterior Acute Myocardial Infarction)
小菅 雅美, 海老名 俊明, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 OJ-141   2017年3月
A型急性大動脈解離患者においてaVR誘導でのST上昇は30日死亡率に関する最強の予測因子である(ST-Segment Elevation in Lead aVR is the Strongest Predictor of 30-Day Mortality in Patients with Type A Acute Aortic Dissection)
小菅 雅美, 内田 敬二, 海老名 俊明, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 益田 宗孝, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 OJ-142   2017年3月
初回ST上昇型心筋梗塞の血管スティフネスおよびLV充満圧と相関する血糖変動(Glycemic Variability Correlated with Vascular Stiffness and LV Filling Pressure of First STsegment Elevation Myocardial Infarction)
桐ヶ谷 仁, 岩橋 徳明, 松澤 泰志, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 OJ-184   2017年3月
高インスリン血症/insulin抵抗性は、梗塞サイズが比較的小さくても初発STEMI患者の左室リモデリングの原因となる(Hyperinsulinemia/Insulin Resistance Causes Left Ventricular Remodeling in Patients with a First STEMI despite Having Smaller Infarction)
岩橋 徳明, 桐ヶ谷 仁, 南本 祐吾, 片岡 俊介, 高橋 広軌, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-105   2017年3月
ST部分上昇型心筋梗塞の発症後急性期の3Dスペックルトラッキングストレインで推定したtwisting motionの臨床有用性 Tc99m-sestamibiとの比較(Clinical Usefulness of Twisting Motion Estimated by 3D-Speckle Tracking Strain Acutely after Onset of ST-Elevation Myocardial Infarction: Comparison with Tc99m-sestamibi)
岩橋 徳明, 南本 祐吾, 高橋 広軌, 桐ヶ谷 仁, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-117   2017年3月
急性肺塞栓症と急性冠症候群を鑑別する簡便な心電図判定基準(Simple Electrocardiographic Criteria for Discriminating between Acute Pulmonary Embolism and Acute Coronary Syndrome)
小菅 雅美, 海老名 俊明, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-198   2017年3月
冠動脈疾患の重症度に関する補足情報を提供する上で血流依存性血管拡張反応および冠動脈石灰化がもたらす影響(Impact of Flow-Mediated Dilatation and Coronary Calcification in Providing Complementary Information on the Severity of Coronary Artery Disease)
荒川 健太郎, 堀井 睦夫, 大野 睦記, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-206   2017年3月
冠動脈疾患患者における石灰化結節の発現率、予測因子、および形態 血管内光干渉断層撮影(Incidence, Predictors, and Morphology of Calcified Nodule in Patients with Coronary Artery Disease: An Intravascular Optical Coherence Tomography)
久慈 正太郎, 日比 潔, 前島 信彦, 木村 裕一郎, 松澤 泰志, 岩橋 徳明, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 住田 晋一, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-433   2017年3月
急性心不全患者の四肢骨格筋量の予後的影響における性差(Gender Differences in Prognostic Impact of Appendicular Skeletal Muscle Mass in Patients with Acute Heart Failure)
秋山 英一, 小西 正紹, 松澤 泰志, 佐藤 亮佑, 川島 千佳, 鈴木 弘之, 前島 信彦, 岩橋 徳明, 塚原 健吾, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-686   2017年3月
急性心筋梗塞患者において貧血と赤血球分布幅が長期転帰に及ぼす複合的影響(Combined Impact of Anemia and Red Cell Distribution Width on Long-term Outcomes in Patients with Acute Myocardial Infarction)
中橋 秀文, 小菅 雅美, 清國 雅義, 海老名 俊明, 日比 潔, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 小西 正紹, 松澤 泰志, 木村 裕一郎, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-710   2017年3月
血糖変動によりST上昇型心筋梗塞患者のLV機能が予測可能である MRIストレイン解析(Glycemic Variability can Predict LV Function in Patients with ST-elevation Myocardial Infarction: MRI Strain Analysis)
高橋 広軌, 岩橋 徳明, 片岡 俊介, 松澤 泰志, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-754   2017年3月
血糖変動はST部分上昇型前壁心筋梗塞既往患者の右室全体機能と関連している UCGストレイン解析(Glycemic Variability is Associated with Right Ventricular Global Function in Patients with Anterior ST-segment Elevation Myocardial Infarction: UCG Strain Analysis)
片岡 俊介, 岩橋 徳明, 前島 信彦, 日比 潔, 小菅 雅美, 海老名 俊明, 木村 一雄, 田村 功一
日本循環器学会学術集会抄録集   81回 PJ-755   2017年3月
Cre/loxPシステムによる1型アンジオテンシンII受容体結合因子(ATRAP)の組織特異的発現抑制マウス作成の試み
大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 白 善雅, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 金口 翔, 松田 美由紀, 田村 功一
日本内分泌学会雑誌   92(3) 902-902   2017年1月

競争的資金等の研究課題

 
受容体結合性機能選択的制御蛋白の新機能に着目した腎性老化の機序解明と制御治療開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)): 
研究期間: 2018年 - 2021年    代表者: 田村 功一
正コレステロール血症の治療抵抗性閉塞性動脈硬化症へのLDL吸着先進医療と受容体結合因子
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 大澤 正人
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 田村 功一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 金岡 知彦
組織局所でのレニン-アンジオテンシン系(R-A系)のAT1受容体系の病的な過剰活性化は老化にともなう心血 管病の発症・進展に深く関与している.また,老化にともなう心血管病の発症・進展において,アンジオテンシ ン II (Ang II)=老化にともなう心血管病促進因子,そして,1型Ang II受容体(AT1受容体)=老化にともなう 心血管病促進因子受容体として捉えることができる.本研究は,AT1受容体結合性低分子蛋白(AT1 receptor-a ssociated protein; ATR...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 田村 功一
本研究では,『AT1受容体情報伝達系の病的刺激による過剰活性化に対する内在性抑制機序を担う受容体結合分子』として機能している可能性があるATRAPに着目して,以下の多面的な検討を行う.(1) ATRAPの発現・活性制御機構の検討,(2) 発生工学的手法を用いた臓器特異的ATRAP過剰発現モデルおよびATRAP欠損モデルでの高血圧関連生活習慣病の病態の検討,(3) 高血圧関連生活習慣病の病態モデルにおけるATRAP調節機序の検討,(4) ヒト高血圧関連生活習慣病の病態における組織局所でのAT...

特許

 
特願2015-103747 : 寿命短縮化モデル非ヒト哺乳動物
田村 功一, 涌井 広道, 畝田 一司, 前田 晃延