岡田 勇

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 05:00
 
アバター
研究者氏名
岡田 勇
 
オカダ イサム
所属
創価大学
部署
経営学科
職名
准教授
学位
博士(学術)(電気通信大学)
ORCID ID
0000-0002-9943-2668

研究分野

 

経歴

 
2000年
 - 
2001年
電気通信大学 大学院情報システム学研究科 助手
 
2001年
 - 
2005年
創価大学 経営学部 専任講師
 
2005年
 - 
2007年
創価大学 経営学部 助教授
 
2007年
 - 
現在
創価大学 経営学部 准教授
 
2014年
 - 
2015年
ウィーン経済経営大学 情報システム運用学科 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
電気通信大学 情報システム学研究科 情報システム運用学専攻
 
 
 - 
1995年
創価大学 工学部 情報システム学科
 
 
 - 
2002年
創価大学 法学部 法律学科
 

委員歴

 
2003年
 - 
2012年
 日本社会情報学会 編集専門委員会 副委員長
 
2008年
   
 
?2012 日本社会情報学会 理事(2期4年)
 
2012年
 - 
2012年
 社会情報学会誌「社会情報学」第1巻2号 編集長
 
2013年
 - 
2015年
 社会情報学会 理事(1期2年)
 
2013年
 - 
2015年
 社会情報学会 関東支部長
 

論文

 
パーソナリスティックエージェントに基づく組織硬直化に関する研究
岡田勇、太田敏澄
日本社会情報学会誌   10 98-112   1998年9月   [査読有り]
態度のゆらぎによる再組織化過程シミュレーション
岡田勇、石田和成、太田敏澄
理論と方法(数理社会学会誌)   14(2) 33-52   1999年10月   [査読有り]
生活医療情報における情報組織化システムに関する研究
山路学、岡田勇、石田和成、坂口明、太田敏澄
日本社会情報学会誌   12(2) 53-69   2000年9月   [査読有り]
モバイルコミュニケーションにおける多様性の減少:エージェントベースドアプローチ
山本仁志、岡田勇、五十嵐誠、太田敏澄
日本社会情報学会誌   14(1) 45-56   2002年3月   [査読有り]
音楽ソフト市場における消費者選択の多様性に対する情報チャネル効果:Winner-Take-All現象へのAgent-Based Approach
山本仁志、岡田勇、小林伸睦、太田敏澄
経営情報学会誌   11(3) 37-54   2002年12月   [査読有り]

受賞

 
1999年
Award of Master Thesis
 
2010年
Best poster award
 
2010年
Best presentation award
 
2006年
Best paper award
 
2005年
Best presentation award
 

Misc

 
情報技術が経営組織に与えた影響 その1 -経営情報小史とビジネスモデルの動向-
岡田勇
創価経営論集   26(2) 159-174   2002年2月
情報技術が経営組織に与えた影響 その2 -媒体の変化と組織の仮想化について-
岡田勇
創価経営論集   26(3) 131-143   2002年3月
一般壷スキーマによる one-to-one コミュニケーション変容モデル
岡田勇
創価経営論集   27(1) 51-65   2003年1月
情報技術が経営組織に与えた影響 その3 -情報戦略とオープン志向
岡田勇
創価経営論集   27(2,3) 91-105   2003年2月
シミュレーション技法の発展に基づくモデロジーに向けて(1)
岡田勇
創価経営論集   28(1) 141-157   2004年3月

書籍等出版物

 
Why do people use Social Media? - Agent-based simulation and population dynamics analysis of the evolution of cooperation in social media
2012 IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology (IAT2012)   2012年   
Development of Recommender Systems Using User Preference Tendencies: An Algorithm for Diversifying Recommendation, In “Towards Sustainable Society on Ubiquitous Networks”
Springer   2008年   
経営学
創価大学出版会   2003年   
Monetary Policy and Banks' Loan Supply Rules to Harness Asset Bubbles and Crashes, In Multi-Agent-Based Simulation III
Springer, Lecture Notes in Artificial Intelligence, 2927   2003年   
順次的リスク選択ゲームの動学分析
第22回日本数理生物学会大会要旨集   2012年   

講演・口頭発表等

 
Expectation for responses encourages social media participation: simulation study
Social Simulation Conference 2017   2017年   
Does High Propensity to Consume Lower Economic Performance? -- A Disequilibrium Macroeconomic Approach
41st Annual Meeting of the Eastern Economic Association   2015年   
Effects of controllable facilitators on social media: simulation analysis using Generalized Metanorms Games
Docmas2013   2013年   
Modeling Platform for Social Informatics
SCI2003 (7th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics)   2003年   
Institutional sacrifice and individual elitism on the evolution of cooperation
2015 Joint Meeting of the 5th China-Japan-Korea Colloquium on Mathematical Biology and the Japanese Society for Mathematical Biology   2015年   

Works

 
日本消費者行動研究学会ホームページ用新会員紹介コーナー原稿
2008年
この人・立正大学山本仁志先生
2008年
文分解法によるコーパス規模と Bleu 値との関係
2009年
太田 敏澄 先生を追悼する
2016年
グローバル・アイ「在学研究という制度の利用例、ウィーン編」
2018年

競争的資金等の研究課題

 
わが国の文化に基づく看護実践の倫理 -倫理学的理論からの探求-
研究期間: 2011年 - 2011年
相互監視システムにおいて適応的なモラル・コードの精緻化
研究期間: 2018年 - 2020年
SNSにおける導入効果および活性化メカニズムの解明と支援ツールの構築
研究期間: 2011年 - 2013年
ソーシャル・メディアによる組織コミュニケーションの有効性に関する研究
研究期間: 2010年 - 2012年
ブログ空間におけるコミュニケーションネットワーク生成メカニズムの解明
研究期間: 2008年 - 2010年