小井戸 薫雄

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/22 15:47
 
アバター
研究者氏名
小井戸 薫雄
 
コイド シゲオ
所属
東京慈恵会医科大学
部署
東京慈恵会医科大学附属柏病院 消化器・肝臓内科
職名
教授
学位
医学博士(東京慈恵会医科大学)

プロフィール

1. 日本内科学会
認定医 指導医

2. 日本消化器病学会
認定専門医 指導医
関東支部会評議員
学術評議員

3. 日本消化器内視鏡学会
認定専門医 指導医
関東支部会評議員
学術評議員

4. 日本がん治療認定医機構
がん治療認定医

5. 日本消化管学会
胃腸科専門医 胃腸科指導医

6. 日本臨床薬理学会
指導医

7. 日本医師会
認定産業医

8. 日本成人病学会   
認定管理指導医
学会評議員

9. 日本樹状細胞研究会
理事

10.日本臨床腫瘍学会
暫定指導医 

11. 日本輸血・細胞治療学会
認定医

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
   
 
東京慈恵会医科大学 医学部 卒業
 

学歴

 
2002年
 - 
現在
東京慈恵会医科大学附属柏病院 消化器・肝臓内科  
 
1998年
 - 
2002年
Harvard Medical School, Dana-Farber Cancer Institute Research Fellow Dept. of Adult Oncology 
 
1993年
   
 
東京慈恵会医科大学 大学院 卒業  
 
1987年
   
 
東京慈恵会医科大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2011年
三井生命厚生事業財団第21回医学研究特別助成
 
2010年
三井生命厚生事業財団第43回医学研究助成
 
2010年
財団法人がん研究振興財団がん研究助成
 
2009年
公益財団法人土屋文化振興財団助成
 
2006年
財団法人膵臓病研究財団研究奨励賞
 
2006年
東京都医師会研究賞
 
2005年
武田科学振興財団医学系研究奨励
 
2004年
日本消化器病学会研究助成
 
2004年
日本医師会研究助成金受賞
 

論文

 
Ito Z, Kan S, Bito T, Horiuchi S, Akasu T, Yoshida S, Kajihara M, Hokari A, Saruta M, Yoshida N, Kobayashi M, Ohkusa T, Shimodaira S, Okamoto M, Sugiyama H, Koido S
Oncology   1-14   2019年6月   [査読有り]
Ohkusa Toshifumi, Koido Shigeo, Nishikawa Yuriko, Sato Nobuhiro
FRONTIERS IN MEDICINE   6 19   2019年2月   [査読有り]
Arihiro S, Nakashima A, Matsuoka M, Suto S, Uchiyama K, Kato T, Mitobe J, Komoike N, Itagaki M, Miyakawa Y, Koido S, Hokari A, Saruta M, Tajiri H, Matsuura T, Urashima M
Inflammatory bowel diseases   25(6) 1088-1095   2019年1月   [査読有り]
Kanai T, Ito Z, Oji Y, Suka M, Nishida S, Takakura K, Kajihara M, Saruta M, Fujioka S, Misawa T, Akiba T, Yanagisawa H, Shimodaira S, Okamoto M, Sugiyama H, Koido S
Oncology letters   16(2) 2682-2692   2018年8月   [査読有り]
Hanada S, Tsuruta T, Haraguchi K, Okamoto M, Sugiyama H, Koido S
Human vaccines & immunotherapeutics   15(2) 1-10   2018年9月   [査読有り]
Saito K, Koido S, Odamaki T, Kajihara M, Kato K, Horiuchi S, Adachi S, Arakawa H, Yoshida S, Akasu T, Ito Z, Uchiyama K, Saruta M, Xiao JZ, Sato N, Ohkusa T
PloS one   14(2) e0212406   2019年   [査読有り]
Yanagisawa R, Koizumi T, Koya T, Sano K, Koido S, Nagai K, Kobayashi M, Okamoto M, Sugiyama H, Shimodaira S
Anticancer research   38(4) 2217-2225   2018年4月   [査読有り]
Hirabayashi K, Yanagisawa R, Saito S, Higuchi Y, Koya T, Sano K, Koido S, Okamoto M, Sugiyama H, Nakazawa Y, Shimodaira S
Anticancer research   38(4) 2227-2234   2018年4月   [査読有り]
Nishida S, Ishikawa T, Egawa S, Koido S, Yanagimoto H, Ishii J, Kanno Y, Kokura S, Yasuda H, Oba MS, Sato M, Morimoto S, Fujiki F, Eguchi H, Nagano H, Kumanogoh A, Unno M, Kon M, Shimada H, Ito K, Homma S, Oka Y, Morita S, Sugiyama H
Cancer immunology research   6(3) 320-331   2018年1月   [査読有り]
Significance of Wilms' tumor 1 antigen as a cancer vaccine for pancreatic cancer.
Koido S, Okamoto M, Kobayashi M, Shimodaira S, Sugiyama H
Discovery medicine   24(130) 41-49   2017年8月   [査読有り]
Ito Z, Uchiyama K, Odahara S, Takami S, Saito K, Kobayashi H, Koido S, Kubota T, Ohkusa T, Saruta M
Digestive diseases (Basel, Switzerland)   36(3) 209-217   2018年   [査読有り]
Significance of functional soluble programmed cell death ligand-1 (sPD-L1) in blood of advanced cancer patients
Homma Sadamu, Ito Masaki, Sagawa Yukiko, Kamata Yuko, Koido Shigeo
CANCER SCIENCE   109 98   2018年1月   [査読有り]
Ito Z, Takakura K, Suka M, Kanai T, Saito R, Fujioka S, Kajihara M, Yanagisawa H, Misawa T, Akiba T, Koido S, Ohkusa T
Oncology letters   13(6) 4799-4805   2017年6月   [査読有り]
Ito M, Hayashi K, Minamisawa T, Homma S, Koido S, Shiba K
PloS one   12(11) e0188934   2017年11月   [査読有り]
Akasaki Y, Kikuchi T, Homma S, Koido S, Ohkusa T, Tasaki T, Hayashi K, Komita H, Watanabe N, Suzuki Y, Yamamoto Y, Mori R, Arai T, Tanaka T, Joki T, Yanagisawa T, Murayama Y
Cancer immunology, immunotherapy : CII   65(12) 1499-1509   2016年12月   [査読有り]
Koido S, Okamoto M, Shimodaira S, Sugiyama H
Immunotherapy   8(11) 1309-1320   2016年11月   [査読有り]
Kajihara M, Takakura K, Kanai T, Ito Z, Saito K, Takami S, Shimodaira S, Okamoto M, Ohkusa T, Koido S
World journal of gastroenterology   22(17) 4275-4286   2016年5月   [査読有り]
Kajihara M, Takakura K, Kanai T, Ito Z, Matsumoto Y, Shimodaira S, Okamoto M, Ohkusa T, Koido S
World journal of gastroenterology   22(18) 4446-4458   2016年5月   [査読有り]
Koido S
International journal of molecular sciences   17(6)    2016年5月   [査読有り]
Nishida Sumiyuki, Ishikawa Takeshi, Kokura Satoshi, Egawa Shinichi, Koido Shigeo, Yasuda Hiroaki, Yanagimoto Hiroaki, Ishii Jun, Kanno Yoshihide, Oba Mari Saito, Sato Maho, Morimoto Soyoko, Eguchi Hidetoshi, Nagano Hiroaki, Homma Sadamu, Oka Yoshihiro, Morita Satoshi, Sugiyama Haruo
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34(15)    2016年5月   [査読有り]
Takakura K, Ito Z, Suka M, Kanai T, Matsumoto Y, Odahara S, Matsudaira H, Haruki K, Fujiwara Y, Saito R, Gocho T, Nakashiro K, Hamakawa H, Okamoto M, Kajihara M, Misawa T, Ohkusa T, Koido S
Scandinavian journal of gastroenterology   51(5) 610-617   2016年5月   [査読有り]
Takakura K, Koido S
World journal of clinical oncology   6(6) 216-219   2015年12月   [査読有り]
Ito Z, Kajihara M, Kobayashi Y, Kanai T, Matsumoto Y, Takakura K, Yukawa T, Ohkusa T, Koyama S, Imazu H, Arakawa H, Ohata M, Koido S
Case reports in gastroenterology   10(2) 440-445   2016年5月   [査読有り]
Ohkusa T, Koido S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(11) 761-768   2015年11月   [査読有り]
Okamoto M, Kobayashi M, Yonemitsu Y, Koido S, Homma S
World journal of gastrointestinal pharmacology and therapeutics   7(1) 133-138   2016年2月   [査読有り]
Komita H, Koido S, Hayashi K, Kan S, Ito M, Kamata Y, Suzuki M, Homma S
Oncology reports   34(4) 2099-2105   2015年10月   [査読有り]
Kan S, Koido S, Okamoto M, Hayashi K, Ito M, Kamata Y, Komita H, Nagasaki E, Homma S
BMC cancer   15 726   2015年10月   [査読有り]
Tsukinaga S, Kajihara M, Takakura K, Ito Z, Kanai T, Saito K, Takami S, Kobayashi H, Matsumoto Y, Odahara S, Uchiyama K, Arakawa H, Okamoto M, Sugiyama H, Sumiyama K, Ohkusa T, Koido S
World journal of gastroenterology   21(39) 11168-11178   2015年10月   [査読有り]
Kan S, Koido S, Okamoto M, Hayashi K, Ito M, Kamata Y, Komita H, Ishidao T, Nagasaki E, Homma S
Oncology reports   34(1) 504-510   2015年7月   [査読有り]
Fusobacteria Detected in Colonoscopy Aspirates of Colon Cancer and Adenoma
Saito Keisuke, Kobayashi Hiroko, Kanai Tomoya, Takami Shinichiro, Ito Zensho, Tsukinaga Shintaro, Takakura Kazuki, Matsumoto Yoshihiro, Yukawa Toyokazu, Adachi Sei, Odahara Shunichi, Uchiyama Kan, Kajihara Mikio, Arakawa Hiroshi, Koido Shigeo, Ohkusa Toshifumi
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   110 S619-S621   2015年10月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Kan S, Takakura K, Namiki Y, Kobayashi H, Ito Z, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Arakawa H, Okamoto M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
International journal of oncology   46(6) 2679   2015年6月   [査読有り]
Utility of Fatty Acid Profile of Erythrocyte Membrane in Identifying Diagnostic Markers of Crohn's Disease
Ito Zensho, Uchiyama Kan, Takami Shinichiro, Koido Shigeo, Odahara Shunichi, Kubota Takahiro, Ohkusa Toshifumi
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   110 S775   2015年10月   [査読有り]
Dendritic-tumor fusion cells in cancer immunotherapy.
Takakura K, Kajihara M, Ito Z, Ohkusa T, Gong J, Koido S
Discovery medicine   19(104) 169-174   2015年3月   [査読有り]
Effectiveness of Antibiotic Combination Therapy Targeting Intestinal Bacteria for Ulcerative Colitis
Kobayashi Hiroko, Tsukinaga Shintaro, Kanai Tomoya, Takami Shinichiro, Saito Keisuke, Ito Zensho, Takakura Kazuki, Matsumoto Yoshihiro, Yukawa Toyokazu, Odahara Shunichi, Uchiyama Kan, Kajihara Mikio, Arakawa Hiroshi, Koido Shigeo, Ohkusa Toshifumi
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   110 S813   2015年10月   [査読有り]
Prognostic markers for patient outcome following vaccination with multiple MHC Class I/II-restricted WT1 peptide-pulsed dendritic cells plus chemotherapy for pancreatic cancer.
Takakura K, Koido S, Kan S, Yoshida K, Mori M, Hirano Y, Ito Z, Kobayashi H, Takami S, Matsumoto Y, Kajihara M, Misawa T, Okamoto M, Sugiyama H, Homma S, Ohkusa T, Tajiri H
Anticancer research   35(1) 555-562   2015年1月   [査読有り]
Characterisation of blood microbiota in patients with liver cirrhosis
Kajihara Mikio, Koido Shigeo, Kanai Tomoya, Matsumoto Yoshihiro, Takakura Kazuki, Yukawa Toyokazu, Odamaki Toshitaka, Ohkusa Toshifumi
HEPATOLOGY   62 1219A   2015年10月   [査読有り]
Odahara S, Uchiyama K, Kubota T, Ito Z, Takami S, Kobayashi H, Saito K, Koido S, Ohkusa T
PloS one   10(9) e0137798   2015年9月   [査読有り]
Takakura K, Koido S, Takahara A, Odahara S, Mitobe J, Matsudaira H, Tsukinaga S, Yukawa T, Matsumoto K, Nagatsuma K, Uchiyama K, Kajihara M, Ohkusa T, Tajiri H
Journal of chemotherapy (Florence, Italy)   26(6) 369-372   2014年12月   [査読有り]
Immunogenic modulation of cholangiocarcinoma cells by chemoimmunotherapy.
Koido S, Kan S, Yoshida K, Yoshizaki S, Takakura K, Namiki Y, Tsukinaga S, Odahara S, Kajihara M, Okamoto M, Ito M, Yusa S, Gong J, Sugiyama H, Ohkusa T, Homma S, Tajiri H
Anticancer research   34(11) 6353-6361   2014年11月   [査読有り]
Kajihara M, Takakura K, Ohkusa T, Koido S
Immunotherapy   7(10) 1111-1122   2015年   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Takakura K, Gong J, Sugiyama H, Ohkusa T, Tajiri H
Oncoimmunology   3(10) e958950   2014年11月   [査読有り]
[Gut Microbiota and Internal Diseases: Update Information. Topics: II. Fecal microbiota transplantation and its clinical application].
Ohkusa T, Koido S
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   104(1) 42-47   2015年1月   [査読有り]
Takakura K, Shibazaki Y, Yoneyama H, Fujii M, Hashiguchi T, Ito Z, Kajihara M, Misawa T, Homma S, Ohkusa T, Koido S
PloS one   10(12) e0142981   2015年12月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Kan S, Takakura K, Saito K, Komita H, Ito Z, Kobayashi H, Takami S, Uchiyama K, Arakawa H, Ito M, Okamoto M, Kajihara M, Homma S, Tajiri H
World journal of gastroenterology   20(39) 14420-14429   2014年10月   [査読有り]
Koido S, Gong J
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1313 185-191   2015年   [査読有り]
Namiki Y, Ueyama T, Yoshida T, Watanabe R, Koido S, Namiki T
Scientific reports   4 6294   2014年9月   [査読有り]
Characterization of non-alcoholic steatohepatitis-derived hepatocellular carcinoma as a human stratification model in mice.
Takakura K, Koido S, Fujii M, Hashiguchi T, Shibazaki Y, Yoneyama H, Katagi H, Kajihara M, Misawa T, Homma S, Ohkusa T, Tajiri H
Anticancer research   34(9) 4849-4855   2014年9月   [査読有り]
Immunological assessment of cryotherapy in breast cancer patients.
Koido S, Kinoshita S, Mogami T, Kan S, Takakura K, Okamoto M, Homma S, Ohkusa T, Tajiri H, Harada J
Anticancer research   34(9) 4869-4876   2014年9月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Takakura K, Mori M, Yoshizaki S, Tsukinaga S, Odahara S, Koyama S, Imazu H, Uchiyama K, Kajihara M, Arakawa H, Misawa T, Toyama Y, Yanagisawa S, Ikegami M, Kan S, Hayashi K, Komita H, Kamata Y, Ito M, Ishidao T, Yusa S, Shimodaira S, Gong J, Sugiyama H, Ohkusa T, Tajiri H
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   20(16) 4228-4239   2014年8月   [査読有り]
Tumor regression by CD4 T-cells primed with dendritic/tumor fusion cell vaccines.
Koido S, Enomoto Y, Apostolopoulos V, Gong J
Anticancer research   34(8) 3917-3924   2014年8月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Kan S, Takakura K, Namiki Y, Kobayashi H, Ito Z, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Arakawa H, Okamoto M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
International journal of oncology   45(1) 470-478   2014年7月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Nakae K, Yokoyama T, Shibuya T, Sakamoto N, Uchiyama K, Arakawa H, Osada T, Nagahara A, Watanabe S, Tajiri H
World journal of gastroenterology   20(22) 6961-6967   2014年6月   [査読有り]
Kan Shin, Koido Shigeo, Okamoto Masato, Hayashi Kazumi, Ito Masaki, Kamata Yuko, Komita Hideo, Nagasaki Eijiro, Homma Sadamu
CANCER RESEARCH   74(19)    2014年10月   [査読有り]
Koido S, Ito M, Sagawa Y, Okamoto M, Hayashi K, Nagasaki E, Kan S, Komita H, Kamata Y, Homma S
Cancer immunology, immunotherapy : CII   63(5) 459-468   2014年5月   [査読有り]
Takakura Kazuki, Fujii Masato, Hashiguchi Taishi, Shibazaki Yuichiro, Yoneyama Hiroyuki, Koido Shigeo, Homma Sadamu, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
CANCER RESEARCH   74(19)    2014年10月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Kato K, Shimamoto N, Takakura K, Odahara S, Tsukinaga S, Mitobe J, Yukawa T, Kajihara M, Uchiyama K, Arakawa H, Tajiri H
Journal of clinical gastroenterology   48(2) 191-193   2014年2月   [査読有り]
Koido Shigeo, Nishida Sumiyuki, Homma Sadamu, Takeda Yutaka, Komita Hideo, Morita Satoshi, Ito Toshinori, Morimoto Soyoko, Oka Yoshihiro, Yanagisawa Satoru, Toyama Yoichi, Ikegami Masahiro, Nagano Hiroaki, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao, Sugiyama Haruo
CANCER RESEARCH   74(19)    2014年10月   [査読有り]
Nishida S, Koido S, Takeda Y, Homma S, Komita H, Takahara A, Morita S, Ito T, Morimoto S, Hara K, Tsuboi A, Oka Y, Yanagisawa S, Toyama Y, Ikegami M, Kitagawa T, Eguchi H, Wada H, Nagano H, Nakata J, Nakae Y, Hosen N, Oji Y, Tanaka T, Kawase I, Kumanogoh A, Sakamoto J, Doki Y, Mori M, Ohkusa T, Tajiri H, Sugiyama H
Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997)   37(2) 105-114   2014年2月   [査読有り]
Koido Shigeo, Homma Sadamu, Okamoto Masato, Mori Masako, Yoshizaki Shinji, Takakura Kazuki, Hayashi Kazumi, Kan Shin, Ishidao Takafumi, Yusa Sei-ichi, Shimodaira Shigetaka, Uchiyama Kan, Kajihara Mikio, Imazu Hiroo, Arakawa Hiroshi, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
CANCER RESEARCH   74(19)    2014年10月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Kajiura T, Shinozaki J, Suzuki M, Saito K, Takakura K, Tsukinaga S, Odahara S, Yukawa T, Mitobe J, Kajihara M, Uchiyama K, Arakawa H, Tajiri H
PloS one   9(1) e86702   2014年1月   [査読有り]
Ito M, Hayashi K, Adachi E, Minamisawa T, Homma S, Koido S, Shiba K
PloS one   9(10) e110425   2014年10月   [査読有り]
Fujita Y, Okamoto M, Goda H, Tano T, Nakashiro K, Sugita A, Fujita T, Koido S, Homma S, Kawakami Y, Hamakawa H
PloS one   9(12) e110378   2014年12月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Takakura K, Odahara S, Tsukinaga S, Yukawa T, Mitobe J, Kajihara M, Uchiyama K, Arakawa H, Tajiri H
World journal of gastroenterology   19(45) 8335-8341   2013年12月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Homma S, Namiki Y, Takakura K, Saito K, Ito Z, Kobayashi H, Kajihara M, Uchiyama K, Arihiro S, Arakawa H, Okamoto M, Gong J, Tajiri H
World journal of gastroenterology   19(46) 8531-8542   2013年12月   [査読有り]
Koido S, Ohkusa T, Saito H, Yokoyama T, Shibuya T, Sakamoto N, Uchiyama K, Arakawa H, Osada T, Nagahara A, Watanabe S, Tajiri H
World journal of gastroenterology   19(47) 9063-9068   2013年12月   [査読有り]
Photodynamic diagnosis of colitis-associated dysplasia in a mouse model after oral administration of 5-aminolevulinic acid.
Komoike N, Kato T, Saijo H, Arihiro S, Hashimoto H, Okabe M, Ito M, Koido S, Homma S, Tajiri H
In vivo (Athens, Greece)   27(6) 747-753   2013年11月   [査読有り]
Kobayashi M, Sakabe T, Abe H, Tanii M, Takahashi H, Chiba A, Yanagida E, Shibamoto Y, Ogasawara M, Tsujitani S, Koido S, Nagai K, Shimodaira S, Okamoto M, Yonemitsu Y, Suzuki N, Nagaya M, DC-vaccine study group at the Japan Society of Innovative Cell Therapy (J-SICT).
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   17(9) 1609-1617   2013年9月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Komita H, Kamata Y, Ito M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Oncoimmunology   2(9) e25994   2013年9月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Kan S, Takakura K, Kajihara M, Uchiyama K, Hara E, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Oncoimmunology   2(8) e25375   2013年8月   [査読有り]
Weng D, Song B, Koido S, Calderwood SK, Gong J
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   191(2) 755-763   2013年7月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Uchiyama K, Kajihara M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Oncoimmunology   2(7) e24660   2013年7月   [査読有り]
Uchiyama K, Odahara S, Nakamura M, Koido S, Katahira K, Shiraishi H, Ohkusa T, Fujise K, Tajiri H
Digestive diseases and sciences   58(5) 1235-1243   2013年5月   [査読有り]
Identification of HLA class I-binding peptides derived from unique cancer-associated proteins by mass spectrometric analysis.
Kamata Y, Kuhara A, Iwamoto T, Hayashi K, Koido S, Kimura T, Egawa S, Homma S
Anticancer research   33(5) 1853-1859   2013年5月   [査読有り]
Photodynamic Diagnosis of Colitis-Associated Dysplasia in Patients With Ulcerative Colitis by Visualization Following Oral 5-Aminolevulinic Acid Sensitization, Compared With the Findings in a Model of Colitis-Associated Dysplasia in Mice
Komoike Nobuhiko, Kato Tomohiro, Hoshino Atsushi, Saijo Hiroki, Arai Yoshinori, Mitsunaga Makoto, Saruta Masayuki, Arihiro Seiji, Matsuoka Mika, Koido Shigeo, Ito Masaki, Homma Sadamu, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   144(5) S402   2013年5月   [査読有り]
Characterization of structure and direct antigen presentation by dendritic/tumor-fused cells as cancer vaccines.
Koido S, Gong J
Anticancer research   33(2) 347-354   2013年2月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Komita H, Ito M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Oncoimmunology   2(5) e24437   2013年5月   [査読有り]
Fusions Cells Generated With Combined TLR2/4-Activated Dendritic Cells and Tumor Cells Induce Efficient Antigen-Specific Cytotoxic T Lymphocytes Through IL-12p70 Production
Takakura Kazuki, Koido Shigeo, Homma Sadamu, Takahara Akitaka, Odahara Shunichi, Tsukinaga Shintaro, Mitobe Jimi, Yukawa Toyokazu, Matsudaira Hiroshi, Nagatsuma Keisuke, Komita Hideo, Uchiyama Kan, Kajihara Mikio, Imazu Hiroo, Arakawa Hiroshi, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   144(5) S873   2013年5月   [査読有り]
Yukawa T, Ohkusa T, Shibuya T, Tsukinaga S, Mitobe J, Takakura K, Takahara A, Odahara S, Matsudaira H, Nagatsuma K, Kitahara T, Kajihara M, Uchiyama K, Arakawa H, Koido S, Tajiri H
Japanese journal of infectious diseases   66(2) 109-114   2013年3月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Takahara A, Odahara S, Tsukinaga S, Yukawa T, Mitobe J, Matsudaira H, Nagatsuma K, Uchiyama K, Kajihara M, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Komita H, Ito M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
PloS one   8(3) e59280   2013年3月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Okamoto M, Namiki Y, Takakura K, Takahara A, Odahara S, Tsukinaga S, Yukawa T, Mitobe J, Matsudaira H, Nagatsuma K, Kajihara M, Uchiyama K, Arihiro S, Imazu H, Arakawa H, Kan S, Hayashi K, Komita H, Kamata Y, Ito M, Hara E, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
PloS one   8(5) e63498   2013年5月   [査読有り]
Suppressive effects of cyclophosphamide and gemcitabine on regulatory T-cell induction in vitro.
Kan S, Hazama S, Maeda K, Inoue Y, Homma S, Koido S, Okamoto M, Oka M
Anticancer research   32(12) 5363-5369   2012年12月   [査読有り]
Namiki Y, Namiki T, Ishii Y, Koido S, Nagase Y, Tsubota A, Tada N, Kitamoto Y
Pharmaceutical research   29(5) 1404-1418   2012年5月   [査読有り]
Kimura Y, Tsukada J, Tomoda T, Takahashi H, Imai K, Shimamura K, Sunamura M, Yonemitsu Y, Shimodaira S, Koido S, Homma S, Okamoto M
Pancreas   41(2) 195-205   2012年3月   [査読有り]
Tano T, Okamoto M, Kan S, Bando T, Goda H, Nakashiro K, Shimodaira S, Koido S, Homma S, Fujita T, Sato M, Yamashita N, Hamakawa H, Kawakami Y
Neoplasia (New York, N.Y.)   15(7) 805-814   2013年7月   [査読有り]
Edwardsiella Tarda Superinfection in Relapse of Ulcerative Colitis
Shimamoto Nana, Ohkusa Toshifumi, Kato Kimitoshi, Uchiyama Kan, Odahara Shunichi, Tsukinaga Shintaro, Mitobe Jimi, Takakura Kazuki, Arakawa Hiroshi, Koido Shigeo, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   144(5) S241   2013年5月   [査読有り]
Weng D, Song B, Durfee J, Sugiyama V, Wu Z, Koido S, Calderwood SK, Gong J
International journal of cancer   129(8) 1990-2001   2011年10月   [査読有り]
A Study of Photodynamic Diagnosis of Colon Cancer Generated in DSS (Dextran Sulfate Sodium) Utilizing APC (Adenomatous Polyposis Coli) Knockout Mice by Visualization Following Oral 5-Aminolevulinic Acid Sensitization
Komoike Nobuhiko, Kato Tomohiro, Kawakami Reina, Saijo Hiroki, Mitsunaga Makoto, Saruta Masayuki, Arihiro Seiji, Matsuoka Mika, Koido Shigeo, Ito Masaki, Homma Sadamu, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   142(5) S339   2012年5月   [査読有り]
Takahara A, Koido S, Ito M, Nagasaki E, Sagawa Y, Iwamoto T, Komita H, Ochi T, Fujiwara H, Yasukawa M, Mineno J, Shiku H, Nishida S, Sugiyama H, Tajiri H, Homma S
Cancer immunology, immunotherapy : CII   60(9) 1289-1297   2011年9月   [査読有り]
Polymorphism of TPMT/ITPA and Risk of Adverse Reactions Among Patients With Inflammatory Bowel Disease Treated With Azathioprine: A Prospective Study
Odahara Shunichi, Uchiyama Kan, Kubota Takahiro, Shimamoto Nana, Mitobe Jimi, Tsukinaga Shintaro, Arakawa Hiroshi, Koido Shigeo, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   142(5) S783   2012年5月   [査読有り]
Hojo M, Ohkusa T, Tomeoku H, Koido S, Asaoka D, Nagahara A, Watanabe S
World journal of gastroenterology   17(35) 4017-4022   2011年9月   [査読有り]
Koido Shigeo, Homma Sadamu, Takahara Akitaka, Namiki Yoshihisa, Komita Hideo, Uchiyama Kan, Ito Masaki, Gong Jianlin, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
IMMUNOTHERAPY   4(1) 5-7   2012年1月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Takahara A, Namiki Y, Komita H, Nagasaki E, Ito M, Nagatsuma K, Uchiyama K, Satoh K, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Journal of biomedicine & biotechnology   2011 910836   2011年   [査読有り]
Weng D, Penzner JH, Song B, Koido S, Calderwood SK, Gong J
Breast cancer research : BCR   14(1) R18   2012年1月   [査読有り]
Koido Shigeo, Homma Sadamu, Takahara Akitaka, Namiki Yoshihisa, Komita Hideo, Uchiyama Kan, Ito Masaki, Gong Jianlin, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
IMMUNOTHERAPY   4(1) 5-7   2012年1月   [査読有り]
Koido S, Homma S, Takahara A, Namiki Y, Tsukinaga S, Mitobe J, Odahara S, Yukawa T, Matsudaira H, Nagatsuma K, Uchiyama K, Satoh K, Ito M, Komita H, Arakawa H, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Clinical & developmental immunology   2011 267539   2011年   [査読有り]
Koido S, Homma S, Hara E, Namiki Y, Takahara A, Komita H, Nagasaki E, Ito M, Ohkusa T, Gong J, Tajiri H
Clinical & developmental immunology   2010 516768   2010年   [査読有り]
Tano T, Okamoto M, Kan S, Nakashiro K, Shimodaira S, Koido S, Homma S, Sato M, Fujita T, Kawakami Y, Hamakawa H
Neoplasia (New York, N.Y.)   15(3) 305-314   2013年3月   [査読有り]
Takakura K, Kajihara M, Iwasaki T, Ide D, Miyazaki T, Arai Y, Saruta M, Arihiro S, Matsuoka M, Koido S, Ito R, Matsumoto M, Gocho T, Wakiyama S, Yanaga K, Tajiri H
Case reports in gastroenterology   7(3) 414-419   2013年   [査読有り]
Uchiyama Kan, Kubota Takahiro, Odahara Shunichi, Koido Shigeo, Yamane Tateki, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   136(5) A208   2009年5月   [査読有り]
Fusions of Human Dendritic Cells and Pancreatic Carcinoma Cells Induce Antigen-Specific Antitumor Immune Responses
Koido Shigeo, Hara Eiichi, Homma Sadamu, Komita Hideo, Takahara Akitaka, Odahara Shumichi, Mitsunaga Makoto, Uchiyama Kan, Ohkusa Toshifumi, Tajiri Hisao
GASTROENTEROLOGY   136(5) A313   2009年5月   [査読有り]

Misc

 
岡本正人, 吉田徳之, 小林正学, 小林正学, 小井戸薫雄
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   44(12) 642‐646-646   2018年10月
代表的な免疫チェックポイント阻害剤である抗PD-1抗体は、既にがん特異的免疫反応が誘導されているhot tumorでは奏功するが、免疫反応が起こっていないcold tumorでは反応しない事が明らかになってきた。さらなる研究により、がんワクチンによりcold tumorをhot tumorに交換できる、すなわち抗PD-1治療のNon-responderをResponderにする事ができる可能性が膵がんにおいて報告された。我々は従来より樹状細胞を用いたがんワクチン療法の開発を行っており、同ワ...
本間 智, 大野 優紀, 番 大和, 小山 誠太, 荒川 廣志, 星野 篤, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 炭山 和毅
Progress of Digestive Endoscopy   94(Suppl.) s119-s119   2018年12月
炎症性腸疾患患者における喫煙による腸内環境の変動
内山 幹, 大瀧 雄一郎, 宮内 栄治, 佐藤 由美子, 川住 雅美, 伊藤 鮎美, 荒川 廣志, 小井戸 薫雄, 猿田 雅之, 佐藤 信紘, 大草 敏史, 大野 博司
日本消化器病学会雑誌   115(臨増大会) A720-A720   2018年10月
荒川廣志, 番大和, 小山誠太, 安達世, 小田原俊一, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 炭山和毅, 田尻久雄
消化器内視鏡   29(3) 310‐314-314   2017年3月
内視鏡診療に必要な問診とインフォームド・コンセントについて概略を述べた。近年、高齢化に伴いハイリスクの基礎疾患を抱え、降圧薬、抗血栓薬など複数の内服薬を処方されている患者が増えている。また認知症患者や理解力が低下している患者も増えており、内視鏡検査前の問診には注意を要する。インフォームド・コンセントは単なる説明と同意ではなく、患者が正確に説明を理解したうえで同意したか否かが重視される。患者への説明を尽くしたうえで同意が得られたことを示せるような説明同意書や診療録の記録が必要である。(著者抄録)
山脇佳子, 三澤健之, 小井戸薫雄, 北村博顕, 熊谷祐, 藤岡秀一, 村上友梨, 北川隆洋, 高橋慶太, 伊藤栄作, 島田直子, 石田航太, 福島宗一郎, 北條誠至, 山本世怜, 仲田健男, 三宅亮, 矢部三男, 毛利貴, 田中圭一郎, 高橋直人, 戸谷直樹, 河原秀次郎, 木下智樹, 貞岡俊一, 鈴木正章, 秋葉直志
日本臨床外科学会雑誌   78(2) 404-404   2017年2月
小井戸薫雄
膵臓   33(3) 322   2018年5月
慢性C型肝炎に対する抗ウイルス療法によりウイルス学的著効が得られた後に発症したBudd-Chiari症候群の1例
茂木 晴彦, 金井 友哉, 沖 沙佑美, 高見 信一郎, 伊藤 善翔, 齋藤 惠介, 松本 喜弘, 内山 幹, 梶原 幹生, 小井戸 薫雄
日本内科学会関東地方会   638回 54-54   2017年12月
川野将太, 伊藤善翔, 鈴木静香, 沖沙佑美, 金井友哉, 梶原幹生, 小山誠太, 鈴木正章, 小井戸薫雄, 大草敏史
日本内科学会関東支部関東地方会   631st 45-45   2017年3月
森本創世子, 西田純幸, 小井戸薫雄, 江川新一, 石川剛, 石井淳, 菅野良秀, 柳本泰明, 江口英利, 中田潤, 保仙直毅, 坪井昭博, 長谷川加奈, 中島博子, 藤木文博, 尾路祐介, 熊ノ郷淳, 岡芳弘, 杉山治夫
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   21st 104-104   2017年6月
進行がん患者血中の機能的可溶性PD-L1の意義
本間 定, 伊藤 正紀, 佐川 由紀子, 鎌田 裕子, 小井戸 薫雄
日本癌学会総会記事   76回 E-1023   2017年9月
膵癌における免疫療法-基礎と臨床- 膵癌におけるWT1蛋白の発現に関する臨床的意義
小井戸 薫雄
膵臓   33(3) 322-322   2018年5月
膵臓癌患者におけるウィルムス腫瘍遺伝子(WT1)発現の臨床的意義
金井 友哉, 伊藤 善翔, 尾路 祐介, 須賀 万智, 西田 純幸, 高倉 一樹, 梶原 幹生, 藤岡 秀一, 三澤 健之, 秋葉 直志, 柳澤 裕之, 猿田 雅之, 岡本 正人, 杉山 治夫, 小井戸 薫雄
日本消化器病学会雑誌   114(臨増大会) A864-A864   2017年9月
WT1樹状細胞ワクチンにおける予後因子としてのmatrix metalloproteinase-9の意義
小井戸 薫雄
膵臓   33(3) 475-475   2018年5月
胃未分化癌の家族歴を有しSMAD4の変異を伴う若年性ポリポーシス/遺伝性出血性末梢血管拡張症複合症候群の1例
高見 信一郎, 伊藤 善翔, 斎藤 恵介, 小林 寛子, 金井 友哉, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 小山 誠太, 月永 真太郎, 安達 世, 荒川 廣志
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   23 4-4   2017年12月
荒川廣志, 番大和, 小山誠太, 安達世, 松本喜弘, 小田原俊一, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 炭山和毅, 田尻久雄
Gastroenterological Endoscopy (Web)   59(Supplement1) 1140(J‐STAGE)-1140   2017年4月
放射線療法が奏功したH.pylori陰性限局期胃MALTリンパ腫の3例
羽村 凌雅, 小山 誠太, 月永 真太郎, 安達 世, 荒川 廣志, 小田原 俊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 香取 美津治, 西脇 嘉一, 砂川 好光, 貞岡 俊一
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   23 26-26   2017年12月
膵癌における免疫療法-基礎と臨床- 膵癌におけるWT1蛋白の発現に関する臨床的意義
小井戸 薫雄
膵臓   33(3) 322-322   2018年5月
宮内栄治, 佐藤由美子, 内山幹, 小井戸薫雄, 荒川廣志, 川住雅美, 伊藤鮎美, 大草敏史, 大野博司
日本生化学会大会(Web)   90th ROMBUNNO.4LT24‐09(3P‐1009) (WEB ONLY)-09(3P   2017年12月
進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1ペプチドワクチン療法のランダム化第2相試験
石川 剛, 西田 純幸, 江川 新一, 小井戸 薫雄, 石井 淳, 菅野 良秀, 柳本 泰明, 古倉 聡, 森本 創世子, 大庭 真梨, 岡 芳弘, 杉山 治夫
日本癌学会総会記事   75回 J-1047   2016年10月
ボルテゾミブはB細胞リンパ腫のCD20の発現を上昇させリツキシマブの抗腫瘍効果を高める
林 和美, 永崎 栄次郎, 鎌田 裕子, 伊藤 正紀, 小井戸 薫雄, 本間 定
日本癌学会総会記事   75回 P-2190   2016年10月
Toll様受容体4アゴニストモチーフ付加により抗原提示細胞のサイトカイン産生能を刺激する人工抗原ワクチンを作製する
伊藤 正紀, 林 和美, 南澤 宝美后, 小井戸 薫雄, 本間 定, 芝 清隆
日本癌学会総会記事   75回 P-3222   2016年10月
茂木晴彦, 金井友哉, 沖沙佑美, 高見信一郎, 伊藤善翔, 齋藤惠介, 松本喜弘, 内山幹, 梶原幹生, 小井戸薫雄
日本内科学会関東支部関東地方会   638th 54   2017年
遠隔転移を認めるIV期癌の治療戦略 進行癌に対するがん免疫療法の展開 免疫チェックポイント阻害薬と樹状細胞ワクチン
辻谷 俊一, 下平 滋隆, 岡本 正人, 米満 吉和, 小笠原 正浩, 長井 一浩, 小井戸 薫雄, 小林 正学
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 S7-4   2016年10月
膵臓 進行膵がんに対する治療戦略 進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1ペプチドワクチン療法ランダム化第II相臨床試験
小井戸 薫雄, 西田 純幸, 石川 剛, 江川 新一, 石井 淳, 菅野 良秀, 柳本 泰明, 古倉 聡, 森本 創世子, 大庭 真梨, 江口 英利, 島田 英昭, 本間 定, 森田 智視, 杉山 治夫
日本癌治療学会学術集会抄録集   54回 MS14-4   2016年10月
膵臓がんにおけるcarbohydrate sulfotransferase 15発現による術後再発の予測因子
伊藤 善翔, 高倉 一樹, 金井 友哉, 齋藤 恵介, 松本 喜弘, 小田原 俊一, 北村 博顕, 齋藤 良太, 藤岡 秀一, 三澤 健之, 梶原 幹生, 大草 敏史, 小井戸 薫雄
日本消化器病学会雑誌   113(臨増大会) A693-A693   2016年9月
大腸癌・腺腫でFusobacteria特にFusobacterium variumが多く検出された
齋藤 恵介, 高見 信一郎, 伊藤 善翔, 小林 寛子, 金井 友哉, 松本 善弘, 小田原 俊一, 月永 真太郎, 安達 世, 梶原 幹生, 内山 幹, 荒川 廣志, 小井戸 薫雄, 小田巻 俊孝, 大草 敏文
日本消化器病学会雑誌   113(臨増大会) A780-A780   2016年9月
西江 亮祐, 高見 信一郎, 金井 友哉, 小林 寛子, 伊藤 善翔, 斉藤 恵介, 松本 喜弘, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
Progress of Digestive Endoscopy   89(Suppl.) s115-s115   2016年6月
荒川 廣志, 番 大和, 月永 真太郎, 安達 世, 小田原 俊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 小山 誠太, 炭山 和毅, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   89(Suppl.) s128-s128   2016年6月
斉藤 良太, 三澤 建之, 小井戸 薫雄, 恒松 雅, 北村 博顕, 松本 喜弘, 藤岡 秀一, 秋葉 直志, 矢永 勝彦
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   28回 643-643   2016年6月
梶原幹生, 小井戸薫雄, 金井友哉, 松本喜弘, 高倉一樹, 湯川豊一, 小田巻俊孝, 大草敏史
日本内科学会雑誌   105(Suppl.) 195-195   2016年2月
進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1ワクチン療法ランダム化第II相臨床試験 臨床効果と抗原特異的免疫反応の評価
西田 純幸, 石川 剛, 江川 新一, 小井戸 薫雄, 森本 創世子, 石井 淳, 菅野 良秀, 柳本 泰明, 大庭 真梨, 古倉 聡, 本間 定, 島田 英昭, 森田 智視, 岡 芳弘, 杉山 治夫
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   20回 164-164   2016年6月
進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1ワクチン療法ランダム化第II相臨床試験 臨床効果と抗原特異的免疫反応の評価
西田 純幸, 石川 剛, 江川 新一, 小井戸 薫雄, 森本 創世子, 石井 淳, 菅野 良秀, 柳本 泰明, 大庭 真梨, 古倉 聡, 本間 定, 島田 英昭, 森田 智視, 岡 芳弘, 杉山 治夫
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   20回 164-164   2016年6月
安達 世, 荒川 廣志, 小山 誠太, 斉藤 恵介, 高見 信一郎, 小林 寛子, 伊藤 善翔, 松本 善弘, 高倉 一樹, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   22 3-3   2015年12月
小井戸薫雄, 西田純幸, 石川剛, 江川新一, 石井淳, 菅野良秀, 柳本泰明, 古倉聡, 森本創世子, 大庭真梨, 江口英利, 島田英昭, 本間定, 森田智視, 杉山治夫
日本癌治療学会学術集会(Web)   54th ROMBUNNO.MS14‐4 (WEB ONLY)   2016年
仮性動脈瘤及び仮性嚢胞内出血を呈したアルコール性重症急性膵炎の1例
中村 咲美, 高見 信一郎, 高倉 一樹, 小林 寛子, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 斎藤 恵介, 小山 誠太, 安達 世, 荒川 廣志, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   22 4-4   2015年12月
辻谷俊一, 下平滋隆, 岡本正人, 米満吉和, 小笠原正浩, 長井一浩, 小井戸薫雄, 小林正学
日本癌治療学会学術集会(Web)   54th ROMBUNNO.S7‐4 (WEB ONLY)   2016年
胃小腸大腸angiectasiaからの同時性出血の診断にカプセル内視鏡が有用であった一例
荒川 廣志, 安達 世, 斉藤 恵介, 小山 誠太, 高見 信一郎, 小林 寛子, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   22 6-6   2015年12月
河原秀次郎, 渡辺一裕, 北條誠至, 石田航太, 秋葉直志, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 矢永勝彦
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   12th 107   2016年
当院におけるH.pylori除菌療法の治療成績について
斉藤 恵介, 小山 誠太, 安達 世, 荒川 廣志, 高見 信一郎, 小林 寛子, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   22 11-11   2015年12月
Toll様受容体4アゴニスト・リガンド・モチーフの埋め込みより人工タンパク質抗原の細胞性免疫誘導能力を増強する
伊藤 正紀, 林 和美, 小井戸 薫雄, 本間 定, 南澤 宝美后, 芝 清隆
日本癌学会総会記事   74回 P-1245   2015年10月
GISTにおける免疫チェックポイント関連分子Tim-3/galectin-9の発現
込田 英夫, 小井戸 薫雄, 林 和美, 伊藤 正紀, 鎌田 裕子, 田尻 久雄, 鈴木 正章, 本間 定
日本癌学会総会記事   74回 P-1254   2015年10月
セリンプロテアーゼ阻害剤はがん細胞のIFN-γ誘導性PDL-1の発現上昇を抑制する
佐川 由紀子, 林 和美, 小井戸 薫雄, Kan Shin, 込田 英夫, 鎌田 裕子, 伊藤 正紀, 本間 定
日本癌学会総会記事   74回 J-1157   2015年10月
ゲムシタビンによるB細胞リンパ腫細胞のCD20発現増強はNF-kBの活性化による
林 和美, 永崎 栄次郎, 鎌田 裕子, 伊藤 正紀, 小井戸 薫雄, 相羽 惠介, 本間 定
日本癌学会総会記事   74回 P-2263   2015年10月
梶原幹生, 松本喜弘, 高倉一樹, 湯川豊一, 小田原俊一, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史
肝臓   56(Supplement 1) A457-A457   2015年4月
梶原幹生, 松本喜弘, 高倉一樹, 湯川豊一, 小田原俊一, 内山幹, 小田巻俊孝, 小井戸薫雄, 大草敏史
腸内細菌学雑誌   29(2) 107-107   2015年4月
大草敏史, 内山幹, 小井戸薫雄
機能性食品と薬理栄養   8(6) 520-525   2015年2月
糞便移植(FMT)はClostridium difficile感染症(CDI)をはじめとする抗菌薬起因性腸炎だけでなく、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、肥満などのメタボリックシンドロームや慢性便秘に試用されてきている。ゲノム解析の進歩によって腸内細菌の解析は新時代を迎えており、腸内細菌叢microbiotaのバランス異常であるdysbiosisが様々な腸疾患の主因ではないかと言われてきている。その治療法としてFMTが注目され、CDIに対しては多くの研究でその有効性が認められている。FMTと腸...
荒川廣志, 小山誠太, 安達世, 月永真太郎, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 田尻久雄, 鈴木博昭
臨床消化器内科   30(4) 413-419   2015年3月
大草敏史, 小井戸薫雄
日本内科学会雑誌   104(1) 42-47   2015年1月
大草 敏史, 小井戸 薫雄
日本内科学会雑誌   104(1) 42-47   2015年
fecal microbiota transplantation(FMT)は中国や欧米で昔から行われていた.最近になり,腸内細菌叢のDNA解析によって腸内細菌叢の乱れ,すなわちdysbiosisが消化器疾患をはじめ,種々の疾患に関与しているということがわかってきた.そのdysbiosisを是正する目的で,FMTがClostridium difficile感染症をはじめとして,炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD),過敏性腸症候群(irri...
伊藤善翔, 荒川廣志, 高見信一郎, 小林寛子, 斉藤恵介, 松本喜弘, 高倉一樹, 小田原俊一, 湯川豊一, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 小山誠太, 月永真太郎, 安達世, 田尻久雄
Prog Dig Endosc   87(Supplement) S93   2015年
KAN Shin, 小井戸薫雄, 岡本正人, 林和美, 伊藤正紀, 鎌田裕子, 込田英夫, 永崎栄次郎, 本間定
東京慈恵会医科大学雑誌   129(6) 205-205   2014年11月
齋藤恵介, 梶原幹生, 吉田寿斗志, 小山誠太, 安達世, 有廣誠二, 小井戸薫雄, 大草敏史, 荒川廣志, 田尻久雄
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   11th 291   2015年
小林 康伸, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 梶原 幹生, 今津 博雄, 荒川 広志, 大畑 充, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本内科学会関東地方会   608回 29-29   2014年9月
荒川廣志, 斉藤恵介, 小山誠太, 安達世, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 田尻久雄, 河合良訓
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   11th 148   2015年
内山幹, 伊藤善翔, 齋藤恵介, 小田原俊一, 小井戸薫雄, 大草敏史
GI Res   22(4) 317-323   2014年8月
炎症性腸疾患(IBD)は、いまだ原因不明の難病疾患であるが、近年の研究により腸内微生物と、それに対する過剰な免疫応答が病態に深く関与していることが明らかとなってきた。IBDにより腸管粘膜に慢性的な損傷が潜在すると、腸管粘膜の防御機構に障害をきたし、腸内微生物による侵入、すなわちbacterial translocationが起こりやすくなる。その結果、慢性炎症がさらに増悪するという負のスパイラルに陥ることになる。IBDにおけるbacterial translocationのメカニズムや臨床...
本間定, 林和美, 小井戸薫雄, 佐川由紀子, カン シン, 込田英夫, 伊藤正紀, 鎌田裕子, 宇和川匡, 矢永勝彦
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18th 102-102   2014年6月
伊藤正紀, 林和美, 小井戸薫雄, 本間定, 南澤宝美后, 芝清隆
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18th 111-111   2014年6月
KAN Shin, 小井戸薫雄, 岡本正人, 林和美, 伊藤正紀, 鎌田裕子, 込田英夫, 永崎栄次郎, 本間定
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18th(3) 133-133   2014年6月
Helicobacter pylori感染胃炎総除菌時代に向けて 早期胃癌のESD前範囲診断にH.pylori除菌療法が有用であった3例
荒川 廣志, 湯川 豊一, 内山 幹, 梶原 幹生, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
日本臨床腸内微生物学会誌   17(1) 48-50   2015年5月
症例1:62歳男。健診で胃隆起性病変を指摘され、胃体下部後壁に軽度発赤した10mm大のIIa病変(グループ2)を認めた。症例2:76歳男。スクリーニング内視鏡検査で境界不明瞭な6mm大のIIa病変(グループ3)を認めた。症例3:80歳男。スクリーニング内視鏡検査で胃体中部後壁に30mm大の境界不明瞭な淡赤色面(グループ5)を認めた。いずれの症例も早期胃癌のESD前範囲診断に難渋したが、H.pylori除菌療法を行ったところ範囲診断が容易となった。
内視鏡を活用したあらたな診療展開 十二指腸、小腸 Overt-ongoing OGIB症例に対する緊急カプセル小腸内視鏡検査の有用性
伊藤 善翔, 荒川 廣志, 高見 信一郎, 小林 寛子, 斉藤 恵介, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 小山 誠太, 月永 真太郎, 安達 世, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   87(Suppl.) s93-s93   2015年6月
原田 篤, 荒川 廣志, 小山 誠太, 安達 世, 伊藤 善翔, 斉藤 恵介, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   84(1) 104,7-105,7   2014年6月
症例1は64歳男で、検診ペプシノゲン法陽性で、上部消化管内視鏡検査で早期胃癌を4ヶ所認めた。生検で全病変がグループ5と診断し、腹腔鏡下胃亜全摘術を施行した。背景胃粘膜と胃癌の粘液形質発現を検討し、背景粘膜は完全型腸上皮生萎縮粘膜で、病変1〜3は胃型癌、病変4は粘液形質が全て陰性の分類不能型であった。症例2は59歳男で、上部消化管内視鏡検査で早期胃癌を3ヶ所認めた。3病変に対してESDを施行した。病理組織学的所見は、3病変ともに深達度Mの高分化型腺癌で、脈管浸潤陰性であった。粘液形質は背景粘...
斉藤 良太, 三澤 健之, 藤原 佑樹, 柳澤 暁, 秋葉 直志, 小井戸 薫雄, 矢永 勝彦
日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集   26回 501-501   2014年6月
炎症性腸疾患のmucosal healing Mayo Scoreによる潰瘍性大腸炎のmucosal healingと組織学的活動性との相関
安達 世, 荒川 廣志, 小山 誠太, 齋藤 恵介, 高見 信一郎, 小林 寛子, 伊藤 善翔, 松本 善弘, 高倉 一樹, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   85(Suppl.) s70-s70   2014年6月
ゲムシタビンによるHER2発現増強効果を利用した膵癌に対する新たな分子標的療法
かん きょう, 小井戸 薫雄, 岡本 正人, 林 和美, 伊藤 正紀, 鎌田 裕子, 込田 英夫, 永崎 栄次郎, 本間 定
日本癌治療学会誌   49(3) 1025-1025   2014年6月
腸内細菌を標的とした消化器疾患の治療戦略 肝硬変患者における血中細菌の検討
梶原 幹生, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
日本消化器病学会雑誌   112(臨増総会) A203-A203   2015年3月
【超高齢者の消化器疾患-その特徴と治療上の注意】 超高齢者に対する内視鏡検査上の注意点
荒川 廣志, 小山 誠太, 安達 世, 月永 真太郎, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄, 鈴木 博昭
臨床消化器内科   30(4) 413-419   2015年3月
超高齢者は主要臓器の機能や予備能が低下し複数の基礎疾患をもつ.内視鏡検査にとって高齢はリスクであり,大腸前処置や意識下鎮静法(CS)を行う場合も加齢のリスク評価と対策が必要である.大腸前処置は死亡例が報告されており,処置前に消化管閉塞の有無を必ず確認する.CSによる循環器系への抑制作用は比較的軽度だが,呼吸器系への抑制作用により上気道閉塞,低酸素血症,誤嚥,呼吸停止をきたす可能性があり,呼吸器系基礎疾患を有する場合は避けたほうがよい.鎮静薬投与時は健常成人より投与量を減量し,鎮静効果判定は...
ペプチドエピトープの組合せ的提示法を用いた細胞性免疫誘導能の増強(Combinatorial contextualization of peptidic epitopes for enhanced cellular immunity)
伊藤 正紀, 林 和美, 南澤 宝美后, 小井戸 薫雄, 本間 定, 芝 清隆
日本癌学会総会記事   73回 P-1209   2014年9月
安達 世, 荒川 廣志, 小山 誠太, 斉藤 恵介, 伊藤 善翔, 松本 善弘, 高倉 一樹, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 湯川 豊一, 梶原 幹生, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   85(1) 43-46   2014年12月
Mayo scoreを用いて潰瘍性大腸炎(UC)の内視鏡的粘膜治癒と病理組織学的(以下、組織学的)治癒の相関を検討した。また血便の再出現を再発と定義し、両治癒における再発率を検討した。2013年8月〜2014年2月までに当院内視鏡室で大腸内視鏡検査(CS)を施行したUC患者50例を対象とした。CSは全例一人の内視鏡医が施行し、虫垂開口部から直腸まで大腸7区分の内視鏡的活動性スコア(endoscopic score:ES)を評価した。また全区分より生検を施行し、同一部位の病理組織学的活動性ス...
進行膵臓癌に対するWT1由来のヘルパー/キラーペプチドをマルチプル・パルスした樹状細胞ワクチン療法(Treatment with dendritic cells pulsed with multiple WT1-specific MHC class I/II-epitopes for advanced pancreatic cancer)
小井戸 薫雄, 本間 定, 岡本 正人, 石田尾 武文, 下平 滋隆, カン・シン, 伊藤 正紀, 杉山 治夫, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本癌学会総会記事   73回 P-1227   2014年9月
難治性消化管間葉系腫瘍に対する新規癌ワクチン療法の開発(Gastrointestinal stromal tumors might be immunogenic to become a new target of cancer immunotherapy)
込田 英夫, 小井戸 薫雄, カン・シン, 伊藤 正紀, 鎌田 裕子, 佐川 由紀子, 高橋 直人, 坪井 一人, 中田 浩二, 三森 教雄, 鈴木 正章, 田尻 久雄, 本間 定
日本癌学会総会記事   73回 P-1234   2014年9月
Nafamosta MesylateはGemcitabineによる膵癌細胞のPD-L1発現増強を抑制する(Nafamostat Mesylate suppresses GEM-induced PD-L1 upregulation of pancreatic cancer cells)
佐川 由紀子, 林 和美, 鎌田 裕子, カン・シン, 伊藤 正紀, 込田 英夫, 小井戸 薫雄, 宇和川 匡, 矢永 勝彦
日本癌学会総会記事   73回 P-1240   2014年9月
HER2陰性乳癌細胞に対するゲムシタビンのHER2発現増強効果はトラスツズマブエムタンシンの抗腫瘍効果を増強させる(HER2 up-regulation by gemcitabine augments antitumor effect of trastuzumab emtansine against low HER2 breast cancer cell)
かん・しん, 小井戸 薫雄, 岡本 正人, 林 和美, 伊藤 正紀, 鎌田 裕子, 込田 英夫, 永崎 栄次郎, 本間 定
日本癌学会総会記事   73回 P-3186   2014年9月
膵/胆道癌の分子標的・免疫と治療応用 ウイルムス腫瘍遺伝子産物(WT1)由来のヘルパーとキラーペプチドをマルチプル・パルスした樹状細胞ワクチンと化学療法を併用した新規免疫化学療法
小井戸 薫雄, 本間 定, 田尻 久雄
日本消化器病学会雑誌   111(臨増大会) A704-A704   2014年9月
進行性膵癌に対するgemcitabine療法と併用したWT1ペプチドを用いる癌ワクチン療法(WT1 peptide-based cancer vaccine in combination with gemcitabine for advanced pancreatic cancer)
西田 純幸, 小井戸 薫雄, 本間 定, 武田 裕, 石川 剛, 古倉 聡, 江川 新一, 森本 創世子, 江口 英利, 森田 智視, 岡 芳弘, 杉山 治夫
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18回 74-74   2014年6月
化学療法剤によるCD20発現上昇はB細胞リンパ腫に対するリツキシマブの治療効果を高める(CD20 up-regulation in B cell lymphoma by some chemotherapeutic agents enhances antitumor activity of rituximab)
林 和美, 鎌田 裕子, 永崎 栄次郎, カン・シン, 伊藤 正紀, 小井戸 薫雄, 相羽 惠介, 本間 定
日本癌学会総会記事   73回 P-2281   2014年9月
膵癌に対するWT1特異的MHCクラスI/IIに限定したエピトープでパルス刺激した樹状細胞療法(Dendritic cells pulsed with WT1-specific MHC class I/II restricted epitopes for pancreatic cancer)
小井戸 薫雄, 本間 定, 岡本 正人, 伊藤 正紀, 杉山 治夫, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集   18回 75-75   2014年6月
小林 正学, 坂部 知代, 阿部 浩文, 谷井 貢, 高橋 秀徳, 芝本 雄太, 小笠原 正浩, 辻谷 俊一, 小井戸 薫雄, 長井 一浩, 下平 滋隆, 岡本 正人, 米満 吉和, 長屋 昌樹, The DC-vaccine study group at the Japan Society of Innovative Cell Therapy(J-SICT)
日本癌治療学会誌   49(3) 2077-2077   2014年6月
湯川豊一, 大草敏史, 内山幹, 小井戸薫雄
日本臨床腸内微生物学会誌   16(1) 80-80   2014年5月
伊藤 善翔, 内山 幹, 斉藤 恵介, 小田原 俊一, 中村 眞, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 白石 弘美, 片平 洌彦
成人病と生活習慣病   44(5) 610-611   2014年5月
梶原 幹生, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 湯川 豊一, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 大草 敏史, 齋藤 恵介, 小山 誠太, 安達 世, 荒川 廣志, 田尻 久雄
成人病と生活習慣病   44(5) 580-581   2014年5月
齋藤恵介, 梶原幹生, 高見信一郎, 小林寛子, 松本喜弘, 高倉一樹, 湯川豊一, 月永真太郎, 小田原俊一, 内山幹, 小井戸薫雄, 伊藤善翔, 小山誠太, 安達世, 荒川廣志, 有廣誠二, 大草敏史, 田尻久雄
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   10th 261   2014年
安達世, 荒川廣志, 小山誠太, 齋藤恵介, 高見信一郎, 小林寛子, 伊藤善翔, 松本善弘, 高倉一樹, 月永真太郎, 小田原俊一, 湯川豊一, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 田尻久雄
Prog Dig Endosc   85(Supplement) S70   2014年
IBS病態研究の進歩と本邦における臨床実態 ベンチからベッドサイドまで ヒト樹状細胞および腸内細菌叢の過敏性腸症候群への病態関与
小井戸 薫雄, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本消化器病学会雑誌   111(臨増総会) A125-A125   2014年3月
梶原幹生, 湯川豊一, 松本喜弘, 高見信一郎, 小林寛子, 伊藤善翔, 高倉一樹, 月永真太郎, 小田原俊一, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 田尻久雄
肝臓   55(Supplement 1) A412-A412   2014年4月
荒川廣志, 湯川豊一, 内山幹, 梶原幹生, 小井戸薫雄, 大草敏史
日本臨床腸内微生物学会誌   17(1) 48-50   2014年
クローン病の臨床バイオマーカーとして血中アミロイドAの意義
齋藤 恵介, 内山 幹, 伊藤 善翔, 小田原 俊一, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
日本消化器病学会雑誌   111(臨増総会) A244-A244   2014年3月
内山幹, 伊藤善翔, 斉藤恵介, 小林寛子, 高見信一郎, 高倉一樹, 月永真太郎, 小田原俊一, 荒川廣志, 小井戸薫雄, 大草敏史
IBD Res   8(1) 13-21   2014年3月
潰瘍性大腸炎(UC)における内視鏡指標は、日常診療における病勢の把握にとどまらず、治験をはじめとした寛解導入治療の効果判定などにも必要不可欠である。UCの内視鏡指標は1961年のMatts分類にはじまり、現在に至るまでさまざまな指標が提唱されてきたが、いまなおgolden standardとよぶに相応しい指標は確立されていないのが現状である。Matts分類から半世紀以上経過した今、過去に提唱されたさまざまな指標の特徴や問題点について概説する。(著者抄録)
炎症性腸疾患患者における発症前食習慣の調査
伊藤 善翔, 内山 幹, 斉藤 恵介, 小田原 俊一, 中村 眞, 小井戸 薫雄, 白石 弘美, 片平 洌彦, 大草 敏史
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   40 82-82   2014年1月
小腸カプセル内視鏡検査について 低容量Aspirinによる消化管傷害を中心に
梶原 幹生, 齋藤 恵介, 伊藤 善翔, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 湯川 豊一, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 小山 誠太, 安達 世, 荒川 廣志, 大草 敏史, 田尻 久雄
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   40 53-53   2014年1月
重沢拓, 隈本智卓, 伊藤善翔, 小山誠太, 安達世, 荒川廣志, 佐野公司, 西脇嘉一, 増岡秀一, 月永真太郎, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史, 秋葉直志, 金綱友木子
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   20 30-30   2013年12月
島本奈々, 月永真太郎, 湯川豊一, 三戸部慈実, 松平浩, 高原映崇, 小田原俊一, 永妻啓介, 北原拓也, 内山幹, 荒川廣志, 小井戸薫雄, 大草敏史, 田尻久雄
東京慈恵会医科大学附属柏病院医学年報   20 2-2   2013年12月
抗原エピトープの分子コンテクストを最適化した人工タンパク質は、がん免疫療法のための細胞性免疫を誘導する(The proper molecular context of antigen epitopes in artificial proteins potentiates cellular immunity for cancer)
伊藤 正紀, 林 和美, 本間 定, 小井戸 薫雄, 芝 清隆
日本癌学会総会記事   72回 150-150   2013年10月
新規分子標的治療薬Trastuzumab-Emtansineのヒト膵癌細胞に対する抗腫瘍効果(Antitumor activity against human pancreatic cancer by Trastuzumab-Emtansine, a unique antibody-drug conjugate)
かん・しん, 小井戸 薫雄, 岡本 正人, 林 和美, 伊藤 正紀, 鎌田 裕子, 込田 英夫, 永崎 栄次郎, 本間 定
日本癌学会総会記事   72回 353-354   2013年10月
トール受容体2/4を刺激した樹状細胞とがん細胞を融合した融合細胞ワクチンは細胞障害性T細胞の誘導を増強する(Fusions of TLR2/4-activated dendritic cells and whole tumor cells induce augmented cytotoxic T lymphocytes)
小井戸 薫雄, カン・シン, 林 和美, 伊藤 正紀, 鎌田 裕子, 岡本 正人, 大草 敏史, 本間 定, 田尻 久雄
日本癌学会総会記事   72回 359-359   2013年10月
前立腺癌細胞におけるHLAクラスI分子結合ペプチドの探索(Identification of HLA Class I-binding peptides as potential novel cancer biomarker or vaccine of prostate cancer)
鎌田 裕子, 久原 映子, 岩本 武夫, 木村 高弘, 林 和美, 小井戸 薫雄, 頴川 晋, 本間 定
日本癌学会総会記事   72回 435-435   2013年10月
荒川廣志, 斎藤恵介, 小山誠太, 安達世, 伊藤善翔, 松本喜弘, 高倉一樹, 月永真太郎, 小田原俊一, 湯川豊一, 梶原幹生, 内山幹, 小井戸薫雄, 大草敏史
消化器内視鏡   25(12) 2004-2010   2013年12月
胃ポリープとは、良性の限局性粘膜隆起病変の総称であり、胃底腺ポリープ、過形成性ポリープ、腺腫性ポリープなどがある。胃底腺ポリープはピロリ菌陰性の萎縮のない胃に多発し、中年女性に多い。胃固有腺の嚢胞状拡張を認めるが異型細胞を認めず、通常は治療の対象とならない。過形成性ポリープはピロリ菌感染胃炎を背景に多発し、"腐れイチゴ様"の特徴的外観を呈する。腺窩上皮の分枝増生と間質の著明な浮腫からなる非腫瘍性ポリープであるが、2cm以上に発育すると4.8〜8.2%が癌化し内視鏡治療が必要になる。非癌化ポ...
疾患・病態に応じた適切な小腸診断・治療戦略 当院における小腸出血疑い症例に対する小腸カプセル内視鏡検査の現状
梶原 幹生, 齋藤 恵介, 高見 信一郎, 小林 寛子, 松本 喜弘, 高倉 一樹, 湯川 豊一, 月永 真太郎, 小田原 俊一, 内山 幹, 小井戸 薫雄, 伊藤 善翔, 小山 誠太, 安達 世, 荒川 廣志, 大草 敏史, 田尻 久雄
Progress of Digestive Endoscopy   84(Suppl.) s80-s80   2013年12月

書籍等出版物

 
荒川 哲, 石蔵 文信, 市川 勝弘, 稲本 一夫, 上原 真澄, 遠藤 哲朗, 川又 雅次, 小井戸 薫雄, 五味 勉, 小栁 慶二, 佐藤 直高, 鈴木 克己, 鈴木 英幹, 高橋 哲彦, 高橋 康幸, 田島 廣之, 田中 秀明, 田中 利恵, 堂本 拓哉, 中村 正, 根岸 徹, 橋本 憲幸, 馬場 理香, 平間 信, 細羽 実, 松本 政雄, 宮地 利明, 村瀬 研也, 山岸 順一, 山﨑 達也 (担当:共著)
医歯薬出版   2017年1月   ISBN:4263206479

講演・口頭発表等

 
血中ウイルス抗原陰性生検組織陽性のサイトメガロウイルス感染合併潰瘍性大腸炎の臨床病理学的特徴 
第95回日本消化器病学会   2009年   
チオプリン製剤不耐の日本人炎症性腸疾患患者におけるThiopurine-5-methyltransferaseおよびInosine triphospatase pyrophosphohydrase遺伝子の検討 
第95回日本消化器病学会   2009年   
肝血管肉腫に対する抗腫瘍免疫の誘導 
第95回日本消化器病学会   2009年   
トール様受容体を刺激した樹状細胞と熱処理した大腸癌細胞の融合細胞は効果的な細胞傷害性T細胞を誘導する
第95回日本消化器病学会   2009年   
膵臓癌に対する塩酸ゲムシタビンとWT1ペプチドワクチン併用療法の有効性
日本消化器内視鏡学会    2009年   
肝癌細胞に発現するチトクロームP450分子の抗腫瘍免疫誘導における意義
第45回肝臓病学会   2009年   
肝血管肉腫に対する抗腫瘍免疫の誘導
第45回肝臓病学会   2009年   
Assessment of telomerase inactivation in T cell responses and antitumor immunity
The 96th annual meeting of The American association of immunologists   2009年   
Adverse reactions of azathioprine/6-mercaptopurine treatment, thiopurine S-methyltransferase and inosine triphosphate pyrophosphohydrolase genes in Japanese patients with inflammatory bowel disease.
Digestive Disease Week 2009   2009年   
Fusions of human dendritic cells and hepatocellular carcinoma cells induce cytotoxic and regulatory T cells in vitro.
Keystone Symposia   2009年   
Fusions of human dendritic cells and pancreatic carcinoma cells induce antigen-specific antitumor immune responses.
Digestive Disease Week 2009   2009年   
Dendritic cells engineered to secrete interleukin-12 delivered into sarcoma results in the cross-priming of CD8+ T cells response against hemoglobin-beta. 
第12回日本がん免疫学会総会   2008年   
アロ癌細胞株と自己樹状細胞との融合細胞にて誘導されたMUC1特異的細胞障害性T細胞の特徴
第94会日本消化器病学会総会   2008年   
樹状細胞と肝細胞癌との融合細胞ワクチンによる免疫応答の誘導
第50回日本消化器病学会大会 JDDW   2008年   
DC.IL-12 therapy elicits protective immunity against the tumor-associated vasculature.
第67回 日本癌学会学術総会   2008年   
Establishment of many types of primary cancer cell lines; Colon, pancreas, melanoma, and metastatic brain tumors.
第67回 日本癌学会学術総会   2008年   
Synergistic induction of antigen-specific CTL by fusions of TLR-stimulated dendritic cells and heat-stressed tumor cells.
第67回 日本癌学会学術総会   2008年   
DCワクチンと5-FU併用のNK細胞を介する抗腫瘍増強効果
第21回日本バイオセラピィ学会   2008年   
固形腫瘍拒絶抗原としてのHemoglobin-βの効果
第21回日本バイオセラピィ学会   2008年   
OK-432は樹状細胞と大腸癌細胞の融合細胞の融合効率を増強し,自己大腸癌に対する効果的CTLを誘導する.
第93会日本消化器病学会総会    2007年   
プロテオーム解析技術 (LC/MS/MS) を用いた肝癌のT細胞認識抗原の探索.
第43回日本肝臓学会総会   2007年   
Characterization of hepatoma antigen identified from dendritic/hepatoma fusion cells by mass spectrometric analysis.
66th Annual Meeting of Japanese Cancer Association.   2007年   
Generation of antigen-specific T cells stimulated by fusions of dendritic cells and allogeneic cancer cell line.
66th Annual Meeting of Japanese Cancer Association.   2007年   
Enhances Induction of Antigen-Specific CTL by Fusions of Dendritic Cells and Colorectal Cancer Cells.
7th AACR/JCA Joint International Conference -In the Forefront of Basic and Translational Cancer Research-   2007年   
Fusion process and fusion efficiency is essential to optimal antitumor immunity.
96th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2005年   
DC/allogeneic colorectal cancer fusion cells induce colorectal cancer-specific polyclonal CTL responses in patients.
96th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2005年   
Fusions of human metastatic colon cancer cells with autologous dendritic cells induce antitumor immunity.
95th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2004年   
Antigen presentation through MHC class
95th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2004年   
Vaccination of dendritic/tumor fusion cell in inhibition of spontaneous mammary carcinoma.
94th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2003年   
Induction of CD4+ and CD8+ T cells from ovarian cancer patients by fusion cells associated with lysis of autologous tumor cells.
93th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2002年   
Vaccination of allogeneic and syngeneic dendritic cells fusions with MUC1-positive carcinoma cells in MUCI transgenic mice.
92th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2001年   
Induction of specific antitumor immunity by CTL generated from HLA-matched and unmatched dendritic/tumor fusion cells.
92th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2001年   
Human leukemic myeloblast-autologous dendritic cell fusions stimulate potent anti-tumor T-Cell autoreactivity: a pre-clinical model for vaccine therapy in patients with acute leukemia.
42nd The American Society of Hematology (ASH).   2000年   
Comparison of Ki-ras mutation cell proliferation and apoptosis between 2 distinct morphologic types of colorectal tumor.
101st Annual Meeting of the American Gastroenterological Association (AGA).   2000年   
Comparison of Ki-ras mutation and apoptosis between protruded and flat type of colorectal adenoma and early carcinoma.
91th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2000年   
Ulrastructual study of antigen presentation by fusion with dendritic and breast cancer cells.
91th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2000年   
Induction of antitumor immunization using bone marrow-generated dendritic cells transfected with MUC1 RNA.
91th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   2000年   
Fusions of human ovarian carcinoma cells with autologous or allogeneic dendritic cells induce anti-tumor immunity.
The American Asociation of Immunology (AAI)   2000年   
Differences of cell proliferation and apoptosis between two distinct morphologic types of colorectal tumor.
7th United European Gastroenterology Week (UEGW)   1999年   
Induction of specific T cell tolerance to MUC1 antigen in MUC1 transgenic mice.
90th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   1999年   
Induction of MUC1-specific CD8+ T cells in reversal tolerance to MUC1 antigen in MUC1transgenic mice.
90th Annual Scientific Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR).   1999年   
Allelic loss at the p53, APC and DCC tumor suppressor gene and overexpression of p53 protein in submucosal invasive colorectal carcinomas.
2nd Japanese molecular gastroenterology seminar Japanese/AGA society of gastroenterology joint symposium on molecular gastroenterology.   1997年   
A case of primary superficial malignant melanoma detected during the course of melanosis of the esophagus.
9th The World Congresses of Gastroenterology.   1990年   

競争的資金等の研究課題

 
膵癌微少環境における個別化免疫解析に基づく複合的免疫化学療法の開発
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 小井戸 薫雄
大腸癌の他臓器転移における新しい腫瘍マーカー
文部科学省科学研究費 奨励研究 (A): 
代表者: 小井戸 薫雄
樹状細胞と癌細胞の融合細胞ワクチンを改良した新しい癌免疫細胞ワクチンの開発
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
代表者: 小井戸 薫雄
大腸癌における樹状細胞とallo癌細胞の融合細胞をもちいた癌免疫ワクチンの開発
日本消化器病学会研究助成金: 
代表者: 小井戸 薫雄
IDO非発現性樹状細胞—癌細胞の融合細胞を用いたantigen-specific polyclonal CTLの誘導と増幅
日本医師会医学研究助成金: 
代表者: 小井戸 薫雄
成熟樹状細胞とheat-stressed膵臓癌の融合細胞を用いた膵臓癌特異的なCTLの誘導と抗癌剤併用による新規膵臓癌療法の開発
東京慈恵会医科大学研究奨励費: 
代表者: 小井戸 薫雄
Toll-like receptor agonistによる成熟樹状細胞とheat-shocked膵臓癌との融合細胞を用いた膵臓癌に対する腫瘍抗原特異的なpolyclonal CTLの誘導
武田科学振興財団医学系研究奨励: 
代表者: 小井戸 薫雄
TLR4刺激による成熟樹状細胞とheat-stressed膵臓癌細胞株との融合細胞を用いた自己膵臓癌に対する腫瘍抗原特異的なpolyclonal CTLの誘導と増幅
膵臓病研究財団研究奨励: 
代表者: 小井戸 薫雄
ヒト癌幹細胞と樹状細胞との融合細胞を用いた膵臓癌に対する新規治療法の開発
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
代表者: 小井戸 薫雄
膵臓癌に対する癌幹細胞/樹状細胞の融合細胞をもちいた新規癌治療法の開発
公益財団法人土屋文化振興財団 助成金: 
代表者: 小井戸 薫雄
進行膵臓がんに対する免疫化学療法
財団法人がん研究振興財団 がん研究助成金 特定課題:膵臓がん: 
代表者: 小井戸 薫雄
膵癌アジュバンド療法による患者選択
三井生命厚生事業財団 第43回医学研究助成: 
代表者: 小井戸 薫雄
高免疫原性細胞ワクチンと化学療法との併用による低侵襲・個別化療法の確立
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
代表者: 小井戸 薫雄
膵癌アジュバンド療法による患者選択
三井生命厚生事業財団 第21回医学研究特別助成: 
代表者: 小井戸 薫雄
進行膵癌に対する免疫化学療法の選択基準
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
代表者: 小井戸 薫雄
膵臓癌に対する改良型融合細胞と化学療法併用による新規治療法の開発
日本私立学校振興・共済事業団 学術研究振興資金: 
新規抗菌薬療法による潰瘍性大腸炎の粘膜フローラの変化と治療効果:DNA多型解析
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
プロテオーム解析による膵癌幹細胞に対するペプチドワクチンの開発
文部科学省科学研究費 基盤研究 (B): 
癌胎児性抗原を利用した肝がんの超早期診断法と発症予防ワクチンの開発
厚生労働科学研究費補助金(肝炎等克服緊急対策 研究事業): 
ヘルパーT 細胞を中心とした革新的免疫治療法の開発
NEDO 技術開発機構 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発: 
機能的ペプチド配列から構成される人工蛋白質を用いた腫瘍免疫法の開発
文部科学省科学研究費 挑戦的萌芽研究: 
iPS細胞ワクチンを用いた腫瘍血管標的免疫療法
文部科学省科学研究費 挑戦的萌芽研究: 
腫瘍組織標本からの腫瘍抗原ペプチドの定量解析とがん免疫療法バイオマーカーへの応用
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 
腫瘤形成型肝内胆管癌に対する新しい概念による分子標的療法のアプローチ
三井生命厚生事業財団 第48回医学研究助成金: 
腫瘤形成型肝内胆管癌に対する新しい概念による分子標的療法のアプローチ
三井生命厚生事業財団 第24回医学研究特別助成: 
アジュバント機能が包含された人工タンパク質抗原を用いたがんワクチンの開発 
文部科学省科学研究費 基盤研究 (C):