下 絵津子

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/13 16:09
 
アバター
研究者氏名
下 絵津子
 
シモ エツコ
所属
近畿大学
部署
総合社会学部 教養・基礎教育部門
職名
准教授
学位
教育学修士(ニューヨーク州立大学バッファロー校)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
近畿大学 総合社会学部 准教授
 
2009年4月
 - 
2010年3月
近畿大学語学教育部 准教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
近畿大学語学教育部 講師
 
2003年
 - 
2007年
 宮崎公立大学人文学部国際文化学科 講師
 
2002年
 - 
2003年
 中部大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2001年
ニューヨーク州立大学バッファロー校 教育研究科 英語教育
 
 
 - 
1996年
東京外国語大学 外国語学部 英米語学科
 

論文

 
下 絵津子
近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University   4(2) 35-55   2016年3月
日本の大学で1・2 年生の英語科目を教える教師を対象に、学生に関する教師ビリーフを探求するアンケート調査を2014 年に実施した。本稿では、アンケート調査結果をもとに、学生の性格や英語学習に対する態度、教室内での英語使用についての態度、授業の形態に関する好みに関して、教師がどのように認識しているかを、英語第一言語教師(ETs:154 名)と日本語第一言語教師(JTs:170 名)の間で比較分析した。その結果、「受身的」「素直」「恥ずかしがりや」といった認識に類似点が見られた一方、いくつかの...
下 絵津子
近畿大学総合社会学部紀要 = Applied sociology research review Kinki University   3(2) 31-48   2014年7月
(Abstract) The purposes of this paper are twofold: a) to discuss how previous researchers have explored teachers' beliefs in the field of second language education and b) to report the findings of a pilot survey conducted among Japanese university...
Shimo Etsuko, Nitta Kaori
近畿大学教養・外国語教育センター紀要. 外国語編   2(1) 225-245   2011年
著者専攻(下): 英語教育学, 著者専攻(新田): 英語教育学
Learner autonomy and English language proficiency: An exploration among non-English majors at a Japanese university
語学教育部紀要   8(2) 153-178   2008年
下 絵津子
近畿大学語学教育部紀要   8(2) 153-178   2008年
[Abstract] This study explored the following research questions: Are there any differences in the level of self-perceived learner autonomy depending on the students' proficiency level? If so, what differences are there? A self-reportquestionnaire ...

Misc

 
下 絵津子
語学教育部ジャーナル = Kinki University Department of Language Education journal   (6) 177-184   2010年3月
語学教育部第1回FD研究会, 日時: 2009年2月20日(金)14:00~17:00, 場所: 15号館1階マルチメディア教室, 参加者: 48名(専任42名、非常勤6名), 著者専攻: 言語教育学
Cooperative learning in an EFL writing course: A step toward motivation and autonomy
Learner Development: Context, Curricula, Connections, Proceedings of the Kobe Conference   25-33   2005年
Japanese learners of English: their beliefs about listening skills and their use of listening strategies
Unpublishied master's Thesis      2001年
Learners to teacher: "Portfolios, please!": Students’ perceptions of portfolio assessment in EFL classrooms
M. Apple & E. Shimo
JALT PAN-SIG2004 Proceedings   On line   2005年
Learners' affect and learning of listening comprehension skills
The Proceedings of JALT 2002   29-35   2003年

書籍等出版物

 
Teacher and learner autonomy in Japan, Vol. 1: Autonomy you ask!
JALT Learner Development SIG   2003年   ISBN:4931424163
『多文化の時代 衝突と対応』
宮崎公立大学・鉱脈社   2004年   ISBN:860611128
Teacher and learner autonomy in Japan, Vol. 2: More autonomy you ask!
JALT Learner Development SIG   2006年   ISBN:4931424295

講演・口頭発表等

 
Student power: Portfolio assessment in an EFL writing class
下 絵津子
Asia TEFL   2007年6月   Asia TEFL
ポートフォリオ使用と協働活動の使用が、学習者オートノミーの促進、学習過程の重視、多重知性の利用といった点で共通する効果を持つことを指摘し、双方を利用することで、相乗効果を持って学生の力が引き出されるということを提案した。(英文)
ポートフォリオ:英語教室における利用とその意義
下 絵津子
英語授業研究学会   2007年8月   英語授業研究学会
この発表では、まず、語学教室で使用されるポートフォリオの特徴を整理した。さらに、発表者の授業でのポートフォリオ使用例と学習者の反応を紹介し、ポートフォリオの特徴を生かした効果的な活用方法を提案した。
The Role of Cooperative Learning in Promoting Learner Autonomy
下 絵津子
自立学習学会(Independent Learning Association)   2007年10月   自立学習学会(Independent Learning Association)
中級の上から上級レベルの英語学習者に対する日本の大学でのライティングの授業において使用した協力的活動を、学習者がどのように選択活動・内省活動に従事したかという観点から考察した。グループ・ダイナミックスをうまく活用する方法についても議論した。
大学一年生を対象として「Criterion」を利用したライティングテスト実践報告
西村 香奈絵, 石井 隆之, 下 絵津子
大学英語教育学会   2010年11月   大学英語教育学会

競争的資金等の研究課題

 
「日本の大学の英語学習者に関する教師ビリーフ:英語母語話者・日本語母語話者の比較」
科学研究費: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 下 絵津子