前濱 朝彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/26 14:12
 
アバター
研究者氏名
前濱 朝彦
 
マエハマ トモヒコ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
神戸大学大学院
 
2016年
 - 
現在
神戸大学 医学研究科 准教授
 
2006年
 - 
2016年
国立感染症研究所 細胞化学部 室長
 
2000年
 - 
2006年
東京都臨床医学総合研究所 薬理研究部門 研究員
 
1997年
 - 
1999年
ミシガン大学 医学部 リサーチフェロー
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1995年3月
東京工業大学大学院 生命理工学研究科 
 
1986年4月
 - 
1990年3月
東京工業大学 理学部 生命理学科
 

論文

 
Goto H, Nishio M, To Y, Oishi T, Miyachi Y, Maehama T, Nishina H, Akiyama H, Mak TW, Makii Y, Saito T, Yasoda A, Tsumaki N, Suzuki A
Development (Cambridge, England)   145(6)    2018年3月   [査読有り]
Otsubo K, Goto H, Nishio M, Kawamura K, Yanagi S, Nishie W, Sasaki T, Maehama T, Nishina H, Mimori K, Nakano T, Shimizu H, Mak TW, Nakao K, Nakanishi Y, Suzuki A
Oncogene   36(29) 4201-4211   2017年7月   [査読有り]
Nishio M, Maehama T, Goto H, Nakatani K, Kato W, Omori H, Miyachi Y, Togashi H, Shimono Y, Suzuki A
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   22(1) 31   2017年1月   [査読有り]
Nakatani K, Maehama T, Nishio M, Goto H, Kato W, Omori H, Miyachi Y, Togashi H, Shimono Y, Suzuki A
Journal of biochemistry      2016年12月   [査読有り]
Maehama T, Kawahara K, Nishio M, Suzuki A, Hanada K
The Journal of biological chemistry   289(30) 20802-20812   2014年7月   [査読有り]
Maehama T, Fukasawa M, Date T, Wakita T, Hanada K
Biochemical and biophysical research communications   440(1) 150-156   2013年10月   [査読有り]
Nishio M, Otsubo K, Maehama T, Mimori K, Suzuki A
Cancer science   104(10) 1271-1277   2013年7月   [査読有り]
Kukimoto I, Maehama T, Sekizuka T, Ogasawara Y, Kondo K, Kusumoto-Matsuo R, Mori S, Ishii Y, Takeuchi T, Yamaji T, Takeuchi F, Hanada K, Kuroda M
PloS one   8(11)    2013年   [査読有り]
Suzuki A, Kogo R, Kawahara K, Sasaki M, Nishio M, Maehama T, Sasaki T, Mimori K, Mori M
Cancer science   103(4) 632-637   2012年4月   [査読有り]
Sasaki M, Kawahara K, Nishio M, Mimori K, Kogo R, Hamada K, Itoh B, Wang J, Komatsu Y, Yang YR, Hikasa H, Horie Y, Yamashita T, Kamijo T, Zhang Y, Zhu Y, Prives C, Nakano T, Mak TW, Sasaki T, Maehama T, Mori M, Suzuki A
Nature medicine   17(8) 944-951   2011年7月   [査読有り]
Tanaka M, Hara H, Nishina H, Hanada K, Hagiwara K, Maehama T
Biochemical and biophysical research communications   397(3) 505-508   2010年7月   [査読有り]
Malchinkhuu E, Sato K, Maehama T, Ishiuchi S, Yoshimoto Y, Mogi C, Kimura T, Kurose H, Tomura H, Okajima F
Molecular biology of the cell   20(24) 5156-5165   2009年12月   [査読有り]
Maehama T, Tanaka M, Nishina H, Murakami M, Kanaho Y, Hanada K
The Journal of biological chemistry   283(50) 35053-35059   2008年12月   [査読有り]
Malchinkhuu E, Sato K, Maehama T, Mogi C, Tomura H, Ishiuchi S, Yoshimoto Y, Kurose H, Okajima F
Biochemical and biophysical research communications   366(4) 963-968   2008年2月   [査読有り]
Maehama T
Biological & pharmaceutical bulletin   30(9) 1624-1627   2007年9月   [査読有り]
Okahara F, Itoh K, Nakagawara A, Murakami M, Kanaho Y, Maehama T
Molecular biology of the cell   17(11) 4888-4895   2006年11月   [査読有り]
Nigorikawa K, Yoshikawa K, Sasaki T, Iida E, Tsukamoto M, Murakami H, Maehama T, Hazeki K, Hazeki O
Molecular pharmacology   70(3) 1143-1149   2006年9月   [査読有り]
Suzuki T, Kanai Y, Hara T, Sasaki J, Sasaki T, Kohara M, Maehama T, Taya C, Shitara H, Yonekawa H, Frohman MA, Yokozeki T, Kanaho Y
Molecular and cellular biology   26(16) 6149-6156   2006年8月   [査読有り]
[Regulation of the lipid phosphatase PTEN].
Maehama T
Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   78 133-137   2006年2月   [査読有り]
Miyazaki H, Yamazaki M, Watanabe H, Maehama T, Yokozeki T, Kanaho Y
FEBS letters   579(30) 6834-6838   2005年12月   [査読有り]

Misc

 
PICT1を起点としたリボソームホメオスタシス制御機構の解明
前濱 朝彦
日本応用酵素協会誌   (51) 59-60   2017年3月
【脂質疾患学 なぜ"あぶら"の異常が病気を引き起こすのか?その質的量的変化と肥満、がん、不妊症、免疫・皮膚・神経疾患】 (第2章)多彩な疾患における脂質の量的・質的変化 がん PTEN 脂質ホスファターゼとしての機能と発がんへの関与
前濱 朝彦, 鈴木 聡
実験医学   33(15) 2479-2485   2015年9月
PTENは細胞増殖シグナルに対して強い活性化作用を示す脂質セカンドメッセンジャー、ホスファチジルイノシトール3,4,5-三リン酸(PIP3)を脱リン酸化する脂質ホスファターゼであり、PTENの不活性化はPIP3の蓄積を介して腫瘍病変の形成を引き起こす。悪性腫瘍の約半分はPTENの不活性化を伴っているとされているが、その分子機構にはまだわからない点も多い。本稿ではPTENの機能や制御機構に関するこれまでの知見を概説しながら、PTEN研究の歴史的背景や最新のトピックスを紹介する。(著者抄録)
【家族性腫瘍学-家族性腫瘍の最新研究動向-】 原因遺伝子 PTEN
前濱 朝彦, 鈴木 聡
日本臨床   73(増刊6 家族性腫瘍学) 285-290   2015年8月
【がんと脂質】 がんと脂質 分子メカニズムへ PTEN/PI3Kシグナルと発がん
前濱 朝彦, 鈴木 聡
The Lipid   25(4) 391-397   2014年10月
PTENおよびPI3Kによって制御されるホスファチジルイノシトール3,4,5-三リン酸(PIP3)は、細胞増殖シグナルに対してきわめて強い活性化作用を有する脂質セカンドメッセンジャーであり、PTEN/PI3KによるPIP3制御系の異常は腫瘍病変形成を引き起こす重大な原因の1つである。本稿では、PTEN/PI3Kによる細胞内シグナル制御および腫瘍病変におけるその異常とともに、PTENのがん抑制因子としての機能、制御メカニズムに関して概説する。(著者抄録)

講演・口頭発表等

 
Regulation of nucleolar stress response and tumorigenesis by PICT1
Tomohiko Maehama, Miki Nishio, Yousuke Miyachi, Akira Suzuki
第2回 神大・ワシントン大・オスロ大 国際合同シンポジウム   2018年3月   神戸大学、ワシントン大学、オスロ大学
Hippoシグナル経路による細胞増殖変化と細胞間コミュニケーション
西尾 美希, 前濱 朝彦, 上田 史仁, 鈴木 聡
新学術領域「幹細胞老化と疾患」「細胞競合」総括班主催「若手の会」   2018年2月   新学術領域「幹細胞老化と疾患」「細胞競合」総括班
唾液腺におけるMob1a/1bの機能解析
宮地 洋佑, 西尾 美希, 前濱 朝彦, 鈴木 聡
新学術領域「幹細胞老化と疾患」「細胞競合」総括班主催「若手の会」   2018年2月   新学術領域「幹細胞老化と疾患」「細胞競合」総括班
がん制御因子PICT1の安定化機構 [招待有り]
前濱 朝彦, 宮地 洋佑, 西尾 美希, 鈴木 聡
2017年度生命科学系学会合同年次大会ConBio   2017年12月   日本分子生物学会、日本生化学会
Role of MOB1A/1B in salivary gland [招待有り]
Yosuke Miyachi, Miki Nishio, Hiroki Goto, Tomohiko Maehama, Akira Suzuki
EMBO workshop ‘The Hippo pathway across species and disciplines’   2017年10月   the EMBO Course Committee

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 前濱 朝彦
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 前濱朝彦
低分子量G蛋白質は様々な細胞内シグナル伝達においてスイッチ分子として機能する重要な分子である。本研究ではRIRAG法と名付けた新たな手法を様々な低分子量G蛋白質に適用し、それぞれの下流シグナル経路の解析を行った。その結果、CDC42からERKへとつながるシグナル経路が存在することを新たに見いだすことに成功した。RIRAG法による解析が困難な例もいくつか見つかったが、CDC42-ERK経路の解析においては数分オーダーの分解能でのシグナル解析が可能であることなど、本法がシグナル解析において大き...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 前濱朝彦
Gタンパク質は多彩な細胞内シグナルを制御するスイッチ分子であり、結合するグアニンヌクレオチド(GDPまたはGTP)によってその機能が制御されている。一般的にGタンパク質はGTPが結合することによって活性化型となり、下流エフェクター分子と相互作用してシグナルを伝達する。本研究では、活性化型Gタンパク質に対するサプレッサーを細胞内に発現させ、薬剤によってサプレッサーの活性を制御してGタンパク質の「OFF→ON」を制御する手法の開発を目的とする。本年度の研究では、これまで活性の制御が困難と考えら...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 前濱朝彦
本研究は、細胞が栄養素(特にアミノ酸)を感知するメカニズムにおいてGTP結合タンパク質群がどのように関わっているかを明らかにすることを目的とする。本年度の研究では、これまでに見いだした低分子量GTP結合タンパク質(Rheb、RalA、Rag)間のクロストークを中心にシグナル分子群のマッピングを行い、(1)いずれのシグナル系を阻害した場合にも細胞外アミノ酸に応答したmTORC1活性化が阻害されること、(2)いずれのシグナル系の(恒常的活性化型変異体の発現による)人為的活性化も他のシグナル経路...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 前濱朝彦
本研究では、ランダム変異導入とFACSソーティングを組み合わせて蛋白質の機能モチーフをスクリーニングする手法の開発を目的とし、癌抑制因子PICT-1を題材として、その細胞内動態(ストレス依存性の分解および核小体局在)を制御する機能モチーフの同定およびその生理的意義の解明を試みた。まずPICT-1の核小体移行を制御する機能モチーフのスクリーニングにおいては、PICT-1蛋白質上の複数部位が細胞内局在決定に関与する可能性を見いだした。さらにPICT-1のN末端側およびC末端側の双方共に核小体へ...