内富 庸介


内富 庸介

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/17 21:32
 
アバター
研究者氏名
内富 庸介
 
ウチトミ ヨウスケ
URL
https://www.j-support.org/
所属
国立研究開発法人国立がん研究センター
部署
中央病院 支持療法開発部門
職名
部門長
学位
医学博士(広島大学)
その他の所属
社会と健康研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
2016年1月
 - 
現在
国立がん研究センター社会と健康研究センター 副センター長
 
1984年4月
 - 
1988年7月
広島大学 医学部神経精神医学教室 研修医
 
1984年8月
 - 
1993年9月
国立呉病院 精神科 研修医
 
1993年10月
 - 
1995年8月
広島大学 医学部神経精神医学教室 講師
 
1995年9月
 - 
1996年3月
国立がんセンター研究所支所 精神腫瘍学研究部 室長
 
1996年4月
 - 
2005年9月
国立がんセンター研究所支所 精神腫瘍学研究部 部長
 
2005年10月
 - 
2010年3月
国立がんセンター東病院 臨床開発センター 精神腫瘍学開発部 部長
 
2010年4月
 - 
2014年12月
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 精神神経病態学教室 教授
 
2015年1月
 - 
2015年12月
国立がん研究センター 支持療法開発センター センター長
 
2016年1月
 - 
現在
国立がん研究センター中央病院 支持療法開発部門 部門長
 

学歴

 
 
 - 
1984年
広島大学 医学部 
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本がんサポーティブケア学会  理事
 
2015年9月
 - 
現在
日本サイコオンコロジー学会  副代表理事
 
2014年6月
 - 
現在
日本緩和医療学会  理事
 
2001年
 - 
現在
日本癌治療学会  評議員
 
1995年9月
 - 
現在
国際サイコオンコロジー学会  member
 

受賞

 
1996年10月
International Psycho-Oncology Society Young Investigator Award
 
2001年12月
第3回更井賞(広島大学医学部神経精神)
 
2003年2月
田宮賞(国立がんセンター)
 
2006年9月
International Psycho-Oncology Society Bernard Fox 記念賞
 

論文

 
Fujiwara M, Inagaki M, Nakaya N, Fujimori M, Higuchi Y, Kakeda K, Uchitomi Y, Yamada N
Journal of affective disorders   239 131-137   2018年10月   [査読有り]
Kako J, Morita T, Yamaguchi T, Kobayashi M, Sekimoto A, Kinoshita H, Ogawa A, Zenda S, Uchitomi Y, Inoguchi H, Matsushima E
Journal of pain and symptom management   56(4) 493-500   2018年10月   [査読有り]
Hashimoto H, Abe M, Yanai T, Yamaguchi T, Zenda S, Uchitomi Y, Fukuda H, Mori M, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y
Japanese journal of clinical oncology   48(10) 950-952   2018年10月   [査読有り]
Hamano J, Morita T, Mori M, Uchitomi Y
Journal of pain and symptom management   56(3) e5-e8   2018年9月   [査読有り]
Zenda S, Yamaguchi T, Yokota T, Miyaji T, Mashiko T, Tanaka M, Yonemura M, Takeno M, Okano T, Kawasaki T, Nakamori Y, Ishii S, Shimada S, Kanamaru M, Uchitomi Y
BMC cancer   18(1) 873   2018年9月   [査読有り]
Wada S, Inoguchi H, Sadahiro R, Matsuoka YJ, Uchitomi Y, Sato T, Shimada K, Yoshimoto S, Daiko H, Shimizu K
World journal of surgery      2018年8月   [査読有り]
Yamada Y, Fujimori M, Shirai Y, Ninomiya H, Oka T, Uchitomi Y
Academic medicine : journal of the Association of American Medical Colleges      2018年8月   [査読有り]
Shibayama O, Yoshiuchi K, Inagaki M, Matsuoka Y, Yoshikawa E, Sugawara Y, Akechi T, Wada N, Imoto S, Murakami K, Ogawa A, Uchitomi Y
International journal of clinical oncology      2018年8月   [査読有り]
Ishida M, Onishi H, Morita T, Uchitomi Y, Shimizu M, Tsuneto S, Shima Y, Miyashita M
Journal of pain and symptom management   55(4) 1061-1067.e1   2018年4月   [査読有り]
Inagaki M, Fujiwara M, Nakaya N, Fujimori M, Higuchi Y, Hayashibara C, So R, Kakeda K, Kodama M, Uchitomi Y, Yamada N
The Tohoku journal of experimental medicine   244(3) 209-218   2018年3月   [査読有り]
Kako J, Morita T, Yamaguchi T, Sekimoto A, Kobayashi M, Kinoshita H, Ogawa A, Zenda S, Uchitomi Y, Inoguchi H, Matsushima E
The American journal of hospice & palliative care   35(2) 293-296   2018年2月   [査読有り]
Fujiwara M, Inagaki M, Nakaya N, Fujimori M, Higuchi Y, Kakeda K, Uchitomi Y, Yamada N
Cancer   124(3) 555-562   2018年2月   [査読有り]
Hayashibara C, Inagaki M, Fujimori M, Higuchi Y, Fujiwara M, Terada S, Okamura H, Uchitomi Y, Yamada N
Palliative & supportive care   1-9   2018年1月   [査読有り]
Fujiwara M, Inagaki M, Nakaya N, Fujimori M, Higuchi Y, Hayashibara C, So R, Kakeda K, Kodama M, Uchitomi Y, Yamada N
Psychiatry and clinical neurosciences   71(12) 813-825   2017年12月   [査読有り]
Wada S, Inoguchi H, Hirayama T, Matsuoka YJ, Uchitomi Y, Ochiai H, Tsukamoto S, Shida D, Kanemitsu Y, Shimizu K
Japanese journal of clinical oncology   47(9) 844-848   2017年9月   [査読有り]
Fujimori M, Akechi T, Uchitomi Y
Palliative & supportive care   15(3) 328-335   2017年6月   [査読有り]
Higuchi Y, Inagaki M, Koyama T, Kitamura Y, Sendo T, Fujimori M, Kataoka H, Hayashibara C, Uchitomi Y, Yamada N
American journal of pharmaceutical education   81(4) 74   2017年5月   [査読有り]
Fujiwara M, Inagaki M, Higuchi Y, Uchitomi Y, Terada S, Kodama M, Kishi Y, Yamada N
Acta medica Okayama   70(4) 307-311   2016年8月   [査読有り]
Inoguchi H, Shimizu K, Shimoda H, Yoshiuchi K, Akechi T, Uchida M, Ogawa A, Fujisawa D, Inoue S, Uchitomi Y
Japanese journal of clinical oncology      2016年8月   [査読有り]
Higuchi Y, Inagaki M, Koyama T, Kitamura Y, Sendo T, Fujimori M, Uchitomi Y, Yamada N
BMC public health   16 534   2016年7月   [査読有り]
Zenda S, Ota Y, Tachibana H, Ogawa H, Ishii S, Hashiguchi C, Akimoto T, Ohe Y, Uchitomi Y
Journal of radiation research   57(3) 301-306   2016年6月   [査読有り]
Fujisawa D, Inoguchi H, Shimoda H, Yoshiuchi K, Inoue S, Ogawa A, Okuyama T, Akechi T, Mimura M, Shimizu K, Uchitomi Y
Psycho-oncology   25(5) 491-495   2016年5月   [査読有り]
Sakamoto S, Takaki M, Okahisa Y, Mizuki Y, Inagaki M, Ujike H, Mitsuhashi T, Takao S, Ikeda M, Uchitomi Y, Iwata N, Yamada N
Journal of human genetics   61(4) 329-334   2016年4月   [査読有り]
Akizuki N, Shimizu K, Asai M, Nakano T, Okusaka T, Shimada K, Inoguchi H, Inagaki M, Fujimori M, Akechi T, Uchitomi Y
Japanese journal of clinical oncology   46(1) 71-77   2016年1月   [査読有り]
Ishida M, Onishi H, Toyama H, Tsutsumi C, Endo C, Tanahashi I, Takahashi T, Uchitomi Y
Palliative & supportive care   13(6) 1787-1790   2015年12月   [査読有り]
Wada S, Shimizu K, Inoguchi H, Shimoda H, Yoshiuchi K, Akechi T, Uchida M, Ogawa A, Fujisawa D, Inoue S, Uchitomi Y, Matsushima E
Journal of pain and symptom management   50(6) 768-777   2015年12月   [査読有り]
Umezawa S, Fujimori M, Matsushima E, Kinoshita H, Uchitomi Y
Cancer   121(23) 4240-4249   2015年12月   [査読有り]
Higuchi Y, Uchitomi Y, Fujimori M, Koyama T, Kataoka H, Kitamura Y, Sendo T, Inagaki M
International journal of clinical pharmacy   37(6) 1258-1266   2015年12月   [査読有り]
Takaki M, Honda H, Terada S, Uchitomi Y
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   15(2) 144-146   2015年6月   [査読有り]
Shimizu K, Nakaya N, Saito-Nakaya K, Akechi T, Ogawa A, Fujisawa D, Sone T, Yoshiuchi K, Goto K, Iwasaki M, Tsugane S, Uchitomi Y
Japanese journal of clinical oncology   45(5) 456-463   2015年5月   [査読有り]
Ikeda C, Terada S, Oshima E, Hayashi S, Okahisa Y, Takaki M, Inagaki M, Yokota O, Uchitomi Y
Psychiatry research   226(1) 242-246   2015年3月   [査読有り]
Fujimori M, Uchitomi Y
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   33(2) 223-224   2015年1月   [査読有り]
Terada S, Oshima E, Ikeda C, Hayashi S, Yokota O, Uchitomi Y
International psychogeriatrics   27(1) 103-110   2015年1月   [査読有り]
Morita T, Tamura K, Kusajima E, Sakai S, Kawa M, Imura C, Ichihara K, Miyashita M, Yamaguchi T, Uchitomi Y
Journal of palliative medicine   17(12) 1298-1305   2014年12月   [査読有り]
Oshima E, Terada S, Sato S, Ikeda C, Oda K, Inoue S, Kawada K, Yokota O, Uchitomi Y
Psychiatry research   224(3) 319-323   2014年12月   [査読有り]
Mizuki Y, Takaki M, Okahisa Y, Sakamoto S, Kodama M, Ujike H, Uchitomi Y
Human psychopharmacology   29(6) 552-558   2014年11月   [査読有り]
Fujimori M, Shirai Y, Asai M, Akizuki N, Katsumata N, Kubota K, Uchitomi Y
Palliative & supportive care   12(5) 379-386   2014年10月   [査読有り]
Ikeda C, Yokota O, Nagao S, Ishizu H, Morisada Y, Terada S, Nakashima Y, Akiyama H, Uchitomi Y
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   14(3) 152-164   2014年9月   [査読有り]
Fujimori M, Shirai Y, Asai M, Kubota K, Katsumata N, Uchitomi Y
Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology   32(20) 2166-2172   2014年7月   [査読有り]
Nagao S, Yokota O, Ikeda C, Takeda N, Ishizu H, Kuroda S, Sudo K, Terada S, Murayama S, Uchitomi Y
European archives of psychiatry and clinical neuroscience   264(4) 317-331   2014年6月   [査読有り]
Shibayama O, Yoshiuchi K, Inagaki M, Matsuoka Y, Yoshikawa E, Sugawara Y, Akechi T, Wada N, Imoto S, Murakami K, Ogawa A, Akabayashi A, Uchitomi Y
Cancer medicine   3(3) 702-709   2014年6月   [査読有り]
Honda H, Terada S, Sato S, Oshima E, Ikeda C, Nagao S, Yokota O, Uchitomi Y
International psychogeriatrics   26(5) 817-823   2014年5月   [査読有り]
Sakamoto S, Takaki M, Okahisa Y, Mizuki Y, Kodama M, Ujike H, Uchitomi Y
Psychiatry research   216(2) 288-289   2014年5月   [査読有り]
[How to convey a bad news to your patients--a psycho-oncological approach].
Uchitomi Y
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   117(2) 138-141   2014年2月   [査読有り]
Terada S, Oshima E, Sato S, Ikeda C, Nagao S, Hayashi S, Hayashibara C, Yokota O, Uchitomi Y
Psychiatry research   221(1) 86-91   2014年1月   [査読有り]
[Patterns of coping strategies after bereavement among spouses of cancer patients].
Asai M, Matsui Y, Uchitomi Y
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   84(5) 498-507   2013年12月   [査読有り]
Oshima E, Ishihara T, Yokota O, Nakashima-Yasuda H, Nagao S, Ikeda C, Naohara J, Terada S, Uchitomi Y
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   23(6) 633-644   2013年11月   [査読有り]
Kondo K, Fujimori M, Shirai Y, Yamada Y, Ogawa A, Hizawa N, Uchitomi Y
Patient education and counseling   93(2) 350-353   2013年11月   [査読有り]
Kishimoto Y, Terada S, Takeda N, Oshima E, Honda H, Yoshida H, Yokota O, Uchitomi Y
Psychiatry research   209(3) 699-704   2013年10月   [査読有り]
Terada S, Sato S, Nagao S, Ikeda C, Shindo A, Hayashi S, Oshima E, Yokota O, Uchitomi Y
Psychiatry research   213(3) 249-255   2013年9月   [査読有り]

Misc

 
中年期から老年期に精神障害を初発した52剖検例における神経変性基盤
長尾 茂人, 横田 修, 池田 智香子, 大島 悦子, 石津 秀樹, 黒田 重利, 森定 ゆみ, 須藤 浩一郎, 寺田 整司, 内富 庸介
Dementia Japan   26(4) 472-472   2012年10月
タウオパチーモデルマウスにおけるタウの凝集とカルパイン活性の関係について
大島 悦子, 石原 武士, 横田 修, 寺田 整司, 高野 二郎, 岩田 修永, 樋口 真人, 西道 隆臣, 内富 庸介
Dementia Japan   26(4) 488-488   2012年10月
軽度アルツハイマー病患者のTMT-Aと脳血流画像の関連性
進藤 亜紀, 寺田 整司, 佐藤 修平, 林 聡, 池田 智香子, 長尾 茂人, 大島 悦子, 横田 修, 内富 庸介
Dementia Japan   26(4) 510-510   2012年10月
【続 他科医に聞きたいちょっとしたこと】 新規抗うつ薬について
内富 庸介
クリニシアン   59(8) 720-723   2012年8月
【各種疾患にみられる抑うつ状態の診断と治療】 がん患者の抑うつと薬物治療
内富 庸介
臨床精神薬理   15(7) 1135-1143   2012年7月
がん患者の抑うつは、反応性、短期間、軽症で特徴づけられ、身体機能や社会環境により修飾される。がんという疾患を有し、抗がん剤が投与された患者の抑うつの病態の把握は難しい。抑うつはがんの全経過を通じて患者の数〜数十%に存在し、メタ解析によると有病率は約16%であるが、抗うつ薬の恩恵を受けている患者は少ない。本稿では、がん患者の抑うつおよびその治療について概説し、がん患者の痛み、吐き気、ホットフラッシュなどに有効となることも少なくないので、抗うつ薬の応用についても言及する。近年登場した新規の抗う...
統合失調症維持期を中心とした、非鎮静系抗精神病薬aripiprazole、blonanserinの比較 薬理学的特性から使い分けを考える
高木 学, 岡久 祐子, 児玉 匡史, 北川 航平, 水木 寛, 酒本 真次, 氏家 寛, 内富 庸介
臨床精神薬理   15(6) 949-959   2012年6月
非鎮静系抗精神病薬aripiprazole(APZ)またはblonanserin(BNS)を服薬した、維持期、慢性期の難治例を含む統合失調症患者138例を対象とし、半年後の比較を行った。両群とも70%に有効、平均CGI-Sは1点低下、CGI-S:1が10%程度となり、悪化はAPZ群に多かった。APZは気分の安定、BNSは抗幻覚妄想と疎通性の改善が多かった。両群とも性機能障害など副作用の改善を認め、高プロラクチン血症は全例低下した。鎮静、アカシジアの改善はBNS群に多かった。半年後の継続率は...
【がん薬物治療を考える】 がん医療においてサイコオンコロジストと築いてほしい心のケア体制
内富 庸介
クリニシアン   59(6) 490-496   2012年6月
【医療コミュニケーションを考える】 悪い知らせを伝える際のコミュニケーション・スキルSHAREプロトコール
内富 庸介
Psychiatrist   17 5-22   2012年6月
サイコオンコロジー領域における抗うつ薬の役割
内富 庸介
Depression Strategy   2(2) 7-12   2012年6月
私のカルテから うつ病を伴う口腔灼熱感症候群にpregabalinが有効であった1例
矢野 智宣, 牧 安紀, 井上 真一郎, 岡部 伸幸, 寺田 整司, 内富 庸介
精神医学   54(6) 621-623   2012年6月
うつ病を伴う口腔灼熱感症候群にpregabalinが有効であった60歳代後半女性症例について検討した。10年前から職場でのストレスなどを契機として抑うつ気分、意欲低下などの症状が出現した。うつ病と診断された。受診年の2月ごろから抑うつ症状が増悪した。4月には仮歯を入れるなどの歯科的処置が開始され、この頃から口腔内疼痛も増悪してきた。仮歯による疼痛を疑ったが、心因性疼痛との指摘を受けた。最終的に口腔灼熱感症候群と診断し、88病日にプレガバリン50mg/日より開始し、250mg/日まで増量した...
臨床現場で活かせるカウンセリング・スキル 意思決定補助ツールとしての質問促進パンフレット
白井 由紀, 内富 庸介
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   17回 210-210   2012年6月
ガイドラインに基づいた進行がん患者に対する輸液療法の影響に関する観察研究
山口 崇, 森田 達也, 新城 拓也, 井上 聡, 瀧川 千鶴子, 有賀 悦子, 谷 一彦, 原 敬, 田村 洋一郎, 須賀 昭彦, 内富 庸介
日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集   17回 309-309   2012年6月
うつ状態に対するlamotrigineの急性効果の検討
藤原 雅樹, 児玉 匡史, 岡久 祐子, 高木 学, 水木 寛, 酒本 真次, 松本 洋輔, 内富 庸介
臨床精神薬理   15(4) 551-559   2012年4月
Lamotrigineは新規の気分安定薬であるが、特にうつ病相の予防効果を有する薬剤として期待されている。我々は、lamotrigineのうつ状態への急性効果を調べるため、当院におけるlamotrigineの使用状況を調査した。対象は2008年12月上市後から2011年8月の間にうつ状態に対してlamotrigineが処方された全36例とし、診療録から後ろ向きに調査した。投与開始後8週間の改善度をClinical Global Impression-Improvement scale(CG...
抑うつ気分へのラモトリギン(LTG)の効果の検討
藤原 雅樹, 児玉 匡史, 内富 庸介
精神神経学雑誌   114(4) 465-465   2012年4月
自己破産後に不安、困惑を生じ、反応性抑うつが疑われたが入院後にレビー小体型認知症(DLB)と診断された1症例
河田 敏明, 本田 肇, 大島 悦子, 藤原 雅樹, 岡部 伸幸, 寺田 整司, 内富 庸介
精神神経学雑誌   114(4) 466-467   2012年4月
糖尿病性ケトアシドーシスの治療経過中にposterior reversible encephalopathy syndromeを発症し、認知症状態となった1例
佐藤 俊介, 児玉 匡史, 本田 肇, 流王 雄太, 横田 修, 梶谷 展生, 立古 浩雅, 寺田 整司, 内富 庸介
精神神経学雑誌   114(4) 468-468   2012年4月
【最近の癌治療】 周術期のせん妄の診断と治療 術前からリスク因子に対応し,必要に応じて薬物治療を
矢野 智宣, 内富 庸介
LiSA   19(2) 144-148   2012年2月
せん妄は臨床上しばしば遭遇する病態であり,その有病率は全入院患者の10〜30%,術後患者の51%,入院中の癌患者の25%,癌末期患者の80%にも達する1)。また,入院日数や生命予後,認知機能に対する影響があることも明らかになってきている。このため周術期においても,術後せん妄を予防し,また早期発見,早期治療を行うことが重要になる。本稿では,癌手術に特有の患者の心理状態,手術と周術期管理との関連なども含めて,せん妄の診断・治療の実際について解説する。(著者抄録)
治療抵抗性統合失調症に対しclozapineを投与後、薬剤性の胸水、胸膜炎をきたし、投与中止・再投与開始後に好中球減少症がみられた1例
井上 真一郎, 矢野 智宣, 武田 直也, 高木 学, 寺田 整司, 内富 庸介
臨床精神薬理   14(12) 1983-1989   2011年12月
国内において、2009年にclozapine(以下CLZ)が使用可能となったことで、統合失調症に対する薬物治療に新たな展開が期待できることは間違いない。ただし、CLZは無顆粒球症や心筋炎などの重篤な副作用を有するため、過去に国内だけでなく世界各国で販売や開発が中止となった経緯もあり、いわゆる"諸刃の剣"の薬剤でもある。そのため、効果だけでなく副作用およびその対応についても熟知しておく必要がある。今回、治療抵抗性の統合失調症患者にCLZ低用量を投与したところ精神症状に著明な改善を認めたが、増...
【精神科・わたしの診療手順】 (第4章)気分障害/感情障害 がん患者の抑うつ・不安
藤澤 大介, 内富 庸介
臨床精神医学   40(増刊) 199-201   2011年12月
サイコオンコロジー がん患者の心理的反応に配慮したケア
内富 庸介
厚生連尾道総合病院医報   (21) 11-15   2011年12月

書籍等出版物

 
内富 庸介
文藝春秋   2018年   ISBN:9784166611614
樋口 輝彦, 朝田 隆, 内富 庸介, 熊野 宏昭, 野村 総一郎, 渡邉 義文
医薬ジャーナル社   2016年   ISBN:9784753227785
樋口 輝彦, 朝田 隆, 内富 庸介, 熊野 宏昭, 野村 総一郎, 渡邉 義文
医薬ジャーナル社   2016年   ISBN:9784753228294
小川 朝生, 内富 庸介, 日本サイコオンコロジー学会
新樹会創造出版   2014年   ISBN:9784881583333
Watson M., Kissane David William, 内富 庸介, 大西 秀樹, 藤澤 大介
医学書院   2013年   ISBN:9784260017800
小川 朝生, 内富 庸介, 日本サイコオンコロジー学会
日本サイコオンコロジー学会   2012年   
内富 庸介, 小川 朝生, 日本総合病院精神医学会
創造出版   2012年   ISBN:9784881583227
内富 庸介, 小川 朝生
医学書院   2011年   ISBN:9784260013796
小川 朝生, 内富 庸介, 医療研修推進財団
医療研修推進財団   2009年   
岸本 葉子, 内富 庸介
文藝春秋   2009年   ISBN:9784167599102
藤森 麻衣子, 内富 庸介
医学書院   2009年   ISBN:9784260008709
日本サイコオンコロジー学会, 小川 朝生, 内富 庸介
医薬ジャーナル社   2009年   ISBN:9784753224111
日本サイコオンコロジー学会, 小川 朝生, 内富 庸介
医薬ジャーナル社   2009年   
小川 朝生, 内富 庸介, 医療研修推進財団
医療研修推進財団   2009年   
内富 庸介, 藤森 麻衣子
医学書院   2007年   ISBN:9784260005227
岸本 葉子, 内富 庸介
晶文社   2004年   ISBN:4794966385
Holland Jimmie C., Lewis W. S. (Wilmarth Sheldon), 内富 庸介, 寺尾 まち子
ネコ・パブリッシング   2003年   ISBN:4873663407
Chochinov Harvey Max, Breitbart William, 内富 庸介
星和書店   2001年   ISBN:9784791104635
内富 庸介, 鳶巣 賢一
医事出版社   2001年   ISBN:4870661349
内富 庸介
〔「がん患者の精神症状発現要因の解析とその対応に関する研究」班〕   2000年   
内富 庸介
診療新社   1997年   ISBN:4915917525

Works

 
がん患者のQOL向上を目指す支持療法に関する研究
2000年
がん医療における緩和医療及び精神腫瘍学の在り方とその普及に関する研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
AYA世代がん患者の意向に即した医療者へのコミュニケーション技術プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 藤森 麻衣子
精神障害患者の低いがん検診受診率を向上させる勧奨法の開発および標準的ながん治療・ケアへのアクセスを改善するための課題の把握と連携を促進する仕組みの構築
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 稲垣 正俊
がん化学療法起因性末梢神経障害軽減方法の開発
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2018年10月 - 2020年3月    代表者: 華井 明子
乳がん患者の再発不安・恐怖に対するスマートフォン問題解決療法および行動活性化療法の有効性:無作為試験
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 明智 龍男
急速進行性がん患者・家族と医師の共感的コミュニケーション促進のための統合支援プログラムの有効性を検証する無作為化比較試験
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 藤森 麻衣子
抗がん剤治療中止時の医療従事者によるがん患者の意思決定支援プログラムの開発
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 内富 庸介
がん医療における自殺ならびに専門的・精神心理的ケアの実態把握
自殺総合対策推進センター: 革新的自殺研究推進プログラム
研究期間: 2018年7月 - 2019年3月    代表者: 内富 庸介
進行がん患者に対するスクリーニングを組み合わせた看護師主導による治療早期からの専門的緩和ケア介入プログラムの臨床的有用性を検証する無作為化比較試験
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 松本 禎久
支持/緩和治療領域研究の方法論確立に関する研究
日本医療研究開発機構: 革新的癌医療実用化研究事業
研究期間: 2017年9月 - 2019年3月    代表者: 全田 貞幹
がん患者の信頼感に及ぼす医師の面談行動の作用機序解明に関する研究
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 内富 庸介
医療ビッグデータを用いた緩和医療の質評価および臨床課題の疫学調査方法の開発と測定
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 一樹
がん医療における自殺ならびに専門的・精神心理的ケアの実態把握
自殺総合対策推進センター: 革新的自殺研究推進プログラム
研究期間: 2017年10月 - 2018年3月    代表者: 内富 庸介
がん医療従事者等向け研修会
日本対がん協会: がん対策推進総合研究推進事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 内富 庸介
抗がん剤治療中止時期の患者への質問促進パンフレットの開発
日本対がん協会: リレー・フォー・ライフジャパン プロジェクト未来研究助成
研究期間: 2015年10月       代表者: 内富 庸介
QOL向上のための、主に精神、心理、社会、スピリチュアルな側面からの患者・家族支援プログラムに関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 内富 庸介
QOL向上のための各種患者支援プログラムの開発に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 内富 庸介
QOL向上のための各種患者支援プログラムの開発研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 内富 庸介
がんの心理・社会・行動学的影響を解明する
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 1995年4月 - 2004年3月
  がんに直面した人々に、自分らしく希望ある生活が回復、維持、向上できるよう、心理社会行動科学および脳科学の手法を用いてがんと心の関連の機序解明に努め、心のケアの開発を行う。