河野 隆志

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 20:25
 
アバター
研究者氏名
河野 隆志
 
コウノ タカシ
URL
http://www.ncc.go.jp/en/nccri/divisions/genome_biology/genome_biology.html
所属
国立研究開発法人国立がん研究センター
部署
研究所 ゲノム生物学研究分野
職名
分野長
学位
医学博士, 医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年11月
 - 
現在
国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長
 
1995年
 - 
2000年
 国立がんセンター研究所 生物学部 研究員
 
2000年
 - 
2010年
国立がんセンター研究所 生物学部 室長
 
2010年
   
 
- 国立がん研究センター研究所 ゲノム生物学研究分野 分野長
 

学歴

 
 
   
 
東京大学大学院  
 
 
   
 
京都大学 薬学部 
 

委員歴

 
 
   
 
日本癌学会評議員
 
 
   
 
日本癌学会  評議員
 

受賞

 
2018年9月
一般社団法人 中外ONCOLOGY学術振興会議 JCA-CHAAO賞
受賞者: 河野隆志 & 後藤功一
 
2004年
日本癌学会 日本癌学会奨励賞
 

論文

 
Li Z, Maeda D, Yoshida M, Umakoshi M, Nanjo H, Shiraishi K, Saito M, Kohno T, Konno H, Saito H, Minamiya Y, Goto A
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   123 127-135   2018年9月   [査読有り]
Saito M, Shiraishi K, Goto A, Suzuki H, Kohno T, Kono K
Japanese journal of clinical oncology   48(7) 603-608   2018年7月   [査読有り]
Fujiwara Y, Saito M, Robles AI, Nishida M, Takeshita F, Watanabe M, Ochiya T, Yokota J, Kohno T, Harris CC, Tsuchiya N
EBioMedicine   33 33-48   2018年7月   [査読有り]
Kato M, Nakamura H, Nagai M, Kubo T, Elzawahry A, Totoki Y, Tanabe Y, Furukawa E, Miyamoto J, Sakamoto H, Matsumoto S, Sunami K, Arai Y, Suzuki Y, Yoshida T, Tsuchihara K, Tamura K, Yamamoto N, Ichikawa H, Kohno T, Shibata T
Genome medicine   10(1) 44   2018年6月   [査読有り]
Miura A, Mori T, Yoshida A, Watanabe Y, Sunami K, Watanabe S, Kohno T, Tsuta K
Pathology, research and practice   214(5) 796-799   2018年5月   [査読有り]

Misc

 
Contribution of the NQO1 and GSTT1 polymorphisms to lung adenocarcinoma susceptibility.
Cancer Epidemiol Biomarkers Prev   11(8):730-8    2002年
Localization of a human lung adenocarcinoma susceptibility locus, possibly syntenic to the mouse Pas1 locus, in the vicinity of the D12S1034 locus on chromosome 12p11.2-p12.1.
Carcinogenesis   23(7):1177-83    2002年

競争的資金等の研究課題

 
ゲノム生物学的解析に基づく肺がんの予防・診断・治療の改善
研究期間: 2010年 - 2020年
がん細胞やがん罹患者のゲノムを把握し、その生物学的意義・特徴を明らかにすることで、がんの予防・医療を改善するためのシーズ(種)を同定する

特許

 
特許6032616 : KIF5B遺伝子とRET遺伝子との融合遺伝子、並びに該融合遺伝子を標的としたがん治療の有効性を判定する方法
河野 隆志