内田 努

J-GLOBALへ         更新日: 18/01/02 16:40
 
アバター
研究者氏名
内田 努
 
ウチダ ツトム
URL
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/labo/NanoBio/
所属
北海道大学
部署
大学院工学研究院 応用物理学部門 凝縮系物理工学分野
職名
准教授
学位
博士(工学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年3月
 - 
現在
北海道大学 大学院工学研究院 応用物理学部門 准教授
 

受賞

 
2012年9月
(公社)日本雪氷学会 学術賞 ガスハイドレートの生成過程とガス包接機構に関する基礎的研究
 
2002年10月
日本雪氷学会 2002年度平田賞 氷の中のガスハイドレートの物性的研究
 
2000年2月
日本エネルギー学会 平成11年度進歩賞(学術部門) ガスハイドレートのラマン分光測定に関する研究
 

論文

 
UCHIDA Tsutomu, SHIMADA Koichiro, TANABE Ryutaro, KUBOTA Tatsuya, ITO Daisuke, YAMAZAKI Kenji, GOHARA Kazutoshi
IBRO Reports   3 45-54   2017年9月   [査読有り]
Uchida T, Furukawa M, Kikawada T, Yamazaki K, Gohara K
Cryobiology   77 50-57   2017年8月   [査読有り]
Uchida Tsutomu, Kvamme Bjorn, Coffin Richard B., Tenma Norio, Oyama Ai, Masutani Stephen M.
ENERGIES   10(6)    2017年6月   [査読有り]
Vladimir Istomin, Evgeny Chuvilin, Boris Bukhanov, Tsutomu Uchida
Cold Regions Science and Technology   137 60-67   2017年5月   [査読有り]
Sakurai Toshimitsu, Ohno Hiroshi, Motoyama Hideaki, Uchida Tsutomu
JOURNAL OF RAMAN SPECTROSCOPY   48(3) 448-452   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
一般教育演習「水の科学 エネルギー・環境~生命」からの報告
内田 努
雪氷   79(5) 415-424   2017年   [依頼有り]
内田 努, 竹谷 敏
日本結晶成長学会誌 = Journal of the Japanese Association for Crystal Growth   40(4) 238-243   2013年
Disaccharides are expected to be the natural cryoprotecting materials for living bodies and cells. However, since they are too large to permeate the biomembrane, the cryopreservation mechanism has not been revealed. The microscopic-scale observati...
Microscopic observations of sintering processes on gas hydrate particles
T. Uchida, T. Shiga, M. Nagayama, K. Gohara, T. Sakurai
Proc. of 7th Int. Conf. on Gas Hydrates   P-347   2011年
内田 努, 佐崎 元, 古川 義純, 田崎 友衣子, 谷 篤史, 灘 浩樹, 坂下 真実, 櫻井 俊光, 保井 みなみ, 深澤 裕, 竹谷 敏
雪氷 : 日本雪氷協會雜誌   72(6) 391-396   2010年11月

書籍等出版物

 
Fossil Fuels
増田昌敬、内田 努、長久保定雄、佐藤幹夫 (担当:分担執筆, 範囲:Vol. 1, Chapter 10, Methane Hydrates)
World Scientific Pub. Co. Pte. Ltd.   2017年6月   ISBN:978-981-4699-97-6
低温科学便覧
内田 努 (担当:分担執筆, 範囲:氷と雪の基礎科学)
丸善出版(株)   2015年10月   
非在来型天然ガスのすべて エネルギー資源の新たな主役(コールベッドメタン・シェールガス・メタンハイドレート)
内田 努 (担当:編者, 範囲:編集委員会副委員長、分担執筆)
日本工業出版   2014年5月   
新版 雪氷辞典
内田 努 (担当:編者, 範囲:物性部門編集、分担執筆)
古今書院   2014年   
Bio-Nanotechnology: A Revolution in Biomedical Sciences, & Human Health
内田 努 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 29: Basic Characterization of Nanobubbles and Its Potential Applications)
John Wiley & Sons, Ltd.   2013年2月   

講演・口頭発表等

 
Xenon plays inhibition roles on the neuronal network activities [招待有り]
T. Uchida, K. Shimada, R. Tanabe, T. Kubota, D. Ito, K. Yamazaki, K. Gohara
2nd International Aquaphotomics Symposium,   2016年11月28日   
トレハロースの氷晶成長抑制機構~水溶液の凍結過程と凍結保護作用の観測~ [招待有り]
内田 努
第20回トレハロースシンポジウム   2016年11月17日   
1.農産物や食品の低温保存技術への応用技術seeds;「水溶液の凍結制御技術」「(2)ナノバブルによる結晶化促進効果」 [招待有り]
内田 努
グリーンテクノバンクUnmet needsワークショップ   2016年10月26日   
トレハローストランスポーターを発現したCHO-K1細胞の凍結保条件 [招待有り]
内田 努、古川真帆、黄川田隆洋、山崎憲慈、郷原一寿
2015年10月28日   
ガスハイドレート溶解時のナノバブル発生と再結晶化過程におけるメモリー効果 [招待有り]
内田 努、山崎憲慈、郷原一寿
日本地球惑星科学連合2015年大会   2015年5月27日   

競争的資金等の研究課題

 
トレハロースの細胞内導入による細胞凍結保存メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年7月 - 2019年3月    代表者: 内田 努
第9回国際ガスハイドレート会議(ICGH9)
(一財)向科学技術振興財団: 平成28年度国際交流(派遣)助成金
研究期間: 2017年6月 - 2017年7月    代表者: 内田 努
農林水産系のファインバブル技術開発
総合科学技術・イノベーション会議: 戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)
研究期間: 2014年10月 - 2017年3月    代表者: 内田 努
ニューラルネットワークの信号伝達がガス分子によって抑制される機構の解明
科学研究費補助金事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 内田 努
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 内田 努
本研究は、1ミクロン以下の微細気泡(NB)の産業利用のために、NBが充分な寿命を持っていることを確認し、その寿命を延ばす要因をNBとその周囲の溶質の物性計測と形態学的観察から明らかにすることを目的とする。平成25年度は、基準となる試料作成および計測技術の確立を目指し、以下の項目について実施した。I. 新規ミクロスコピック計測:純水及び酸素からNB含有水溶液を生成し、凍結割断用の試料を作成するまでの時間を変化させながら作成した。NB含有水溶液作成後0~7日後に、水溶液試料の一部を液体窒素雰囲...

特許

 
海老沼 孝郎, 内田 努, 竹谷 敏, 成田 英夫, 川崎 達治, 山田 郁夫, 長安 弘貢, 吉川 孝三, 木村 隆宏
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 海老沼 孝郎
4195932
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 津田 栄, 三浦 和紀, 海老沼 孝郎
4106440
前河 涌典, 高橋 道夫, 松下 勝典, 渡邊 純一, 吉田 諒一, 内田 努, 海老沼 孝郎
海老沼 孝郎, 内田 努, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 大村 亮, 成田 英夫, 島田 亙, 大山 裕之, 鎌田 慈

社会貢献活動

 
Bulletin of Glaciological Research
【編集長, 編集, 運営参加・支援】  日本雪氷学会  2013年7月1日 - 現在
北海道札幌啓成高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会
【助言・指導, 運営参加・支援】  北海道札幌啓成高等学校スーパーサイエンスハイスクール  2013年4月 - 現在
北大総合博物館「卒論ポスター発表会」
【助言・指導】  北大総合博物館  2011年 - 現在
メタンハイドレート開発促進事業「環境有識者会議」委員
【助言・指導】  エンジニアリング協会  2009年12月24日 - 現在
砂層型メタンハイドレートの基礎研究は、本当にもう充分?
【インタビュイー, 取材協力】  青山千春、ワニ・プラス  科学者の話ってなんて面白いんだろう  2017年