千葉 仁志

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/01 16:33
 
アバター
研究者氏名
千葉 仁志
 
チバ ヒトシ
eメール
chibahitmed.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院保健科学研究院 保健科学部門 健康科学分野
職名
教授
学位
博士(医学)(北海道大学)
その他の所属
健康イノベーションセンター

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1991年
 医学部(臨床検査医学) 助手
 
1991年
 - 
2005年
 医学部附属病院検査部 副部長
 
2005年
   
 
 医学部保健学科 教授
 
2005年
 - 
2007年
 北海道大学病院 検査部長
 
2007年
   
 
 大学院保健科学研究院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
北海道大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
医用マススペクトル学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
北海道  科学技術審議会専門部会(ライフ)
 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本臨床化学会  北海道支部長
 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本臨床化学会  編集委員長
 
2011年
 - 
現在
日本臨床化学会  理事
 
2011年
 - 
現在
日本未病システム学会  理事
 
2007年
   
 
北海道科学技術審議会  専門部会(ライフ)委員
 

論文

 
Megumi Nishimukai, Ryouta Maeba, Naoya Asakawa, Kiwam Kamiya, Shiro Yamada, Takashi Yokota, Mamoru Sakakibara, Hiroyuki Tsutsui, Akiko Ikuta, Toshihiro Sakurai, Yuji Takahashi, Shu-Ping Hui, Hitoshi Chiba, Tomoki Okazaki, and Hiroshi Hara
J Lipid Res   437 147-154   2014年   [査読有り]
Hirano KI, Tanaka T, Ikeda Y, Yamaguchi S, Zaima N, Kobayashi K, Suzuki A, Sakata Y, Sakata Y, Kobayashi K, Toda T, Fukushima N, Ishibashi-Ueda H, Tavian D, Nagasaka H, Hui SP, Chiba H, Sawa Y, Hori M
Biochemical and biophysical research communications   443(2) 574-579   2013年12月   [査読有り]
Shrestha R, Hui SP, Sakurai T, Yagi A, Takahashi Y, Takeda S, Jin S, Fuda H, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   51(6) 662-671   2013年12月   [査読有り]
Sakurai T, Takeda S, Takahashi JY, Takahashi Y, Wada N, Trirongjitmoah S, Namita T, Jin S, Ikuta A, Furumaki H, Hui SP, Fuda H, Fujikawa M, Shimizu K, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   50(6) 564-570   2013年11月   [査読有り]
Jin S, Wada N, Takahashi Y, Hui SP, Sakurai T, Fuda H, Takeda S, Fujikawa M, Yanagisawa K, Ikegawa S, Kurosawa T, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   50(5) 450-456   2013年9月   [査読有り]
Sakurai T, Wada N, Takahashi Y, Ichikawa A, Ikuta A, Furumaki H, Hui SP, Jin S, Takeda S, Fuda H, Fujikawa M, Shimizu C, Nagasaka H, Furukawa H, Kobayashi S, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   50(5) 465-472   2013年9月   [査読有り]
Hui SP, Sakurai T, Takeda S, Jin S, Fuda H, Kurosawa T, Chiba H
Analytical and bioanalytical chemistry   405(14) 4981-4987   2013年5月   [査読有り]
Takeda S, Hui SP, Fuda H, Jin S, Sakurai T, Ishii A, Mukasa K, Sueoka K, Chiba H
Journal of biomedical nanotechnology   9(2) 303-306   2013年2月   [査読有り]
Iinaga K, Namita T, Sakurai T, Chiba H, Shimizu K
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   1214-1217   2013年   [査読有り]
Takeda S, Ohkawa F, Hui SP, Sakurai T, Jin S, Fuda H, Sueoka K, Chiba H.
IEEE Sensors Journal   13(9-10) 3449-3453   2013年   [査読有り]
服部純子, 服部純子, 潟永博之, 渡邊大, 長島真美, 貞升健志, 近藤真規子, 南留美, 吉田繁, 森治代, 内田和江, 椎野禎一郎, 加藤真吾, 千葉仁志, 佐藤典宏, 伊藤俊広, 佐藤武幸, 上田敦久, 石ケ坪良明, 古賀一郎, 太田康男, 山元泰之, 福武勝幸, 古賀道子, 岩本愛吉, 西澤雅子, 岡慎一, 伊部史朗, 松田昌和, 林田庸総, 横幕能行, 上田幹夫, 大家正義, 田邊嘉也, 白阪琢磨, 小島洋子, 藤井輝久, 高田昇, 山本政弘, 松下修三
日本エイズ学会誌   14(4) 450   2012年11月
HUI Shu‐Ping, 千葉仁志
JSBMS Lett   37(3) 38-43   2012年11月
Hirata H, Yimin, Segawa S, Ozaki M, Kobayashi N, Shigyo T, Chiba H
PloS one   7(11)    2012年11月   [査読有り]
Watanabe M, Fuda H, Jin S, Sakurai T, Hui SP, Takeda S, Watanabe T, Koike T, Chiba H
Food chemistry   134(4) 2086-2089   2012年10月   [査読有り]
Watanabe M, Fuda H, Jin S, Sakurai T, Hui SP, Takeda S, Watanabe T, Koike T, Chiba H.
Food Chemistry   134(4) 2086-2089   2012年10月   [査読有り]
Hiroshi Hirata, Koji Takazumi, Shuichi Segawa, Yukio Okada, Naoyuki Kobayashi, Tatsuro Shigyo, Hitoshi Chiba.
Food Chemistry   134(3) 1432-1437   2012年10月   [査読有り]
Sakurai T, Ichikawa A, Furukawa H, Wada N, Nagasaka A, Takahashi Y, Fujikawa M, Ikuta A, Furumaki H, Shiga M, Shimizu C, Hui SP, Jin S, Takeda S, Fuda H, Nagasaka H, Kobayashi S, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   49(5) 456-462   2012年9月   [査読有り]
Hui SP, Sakurai T, Ohkawa F, Furumaki H, Jin S, Fuda H, Takeda S, Kurosawa T, Chiba H
Analytical and bioanalytical chemistry   404(1) 101-112   2012年7月   [査読有り]
惠 淑萍, 千葉 仁志
細胞   44(8) 370-373   2012年7月
Hui SP, Taguchi Y, Takeda S, Ohkawa F, Sakurai T, Yamaki S, Jin S, Fuda H, Kurosawa T, Chiba H
Analytical and bioanalytical chemistry   403(7) 1831-1840   2012年6月   [査読有り]
Takeda S, Hui SP, Fukuda K, Fuda H, Jin s, Sakurai T, Ishii A, Mukasa K, Sueoka K, Chiba H.
Sensors and Actuators B: Chemical   166-167 833-836   2012年5月   [査読有り]
Yoshida S, Mohamed RH, Kajikawa M, Koizumi J, Tanaka M, Fugo K, Otsuka N, Maenaka K, Yagita H, Chiba H, Kasahara M
Journal of Immunology   188(8) 3972-3979   2012年4月   [査読有り]
Yoshida S, Mohamed RH, Kajikawa M, Koizumi J, Tanaka M, Fugo K, Otsuka N, Maenaka K, Yagita H, Chiba H, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   188(8) 3972-3979   2012年4月   [査読有り]
Yimin, Furumaki H, Matsuoka S, Sakurai T, Kohanawa M, Zhao S, Kuge Y, Tamaki N, Chiba H
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   92(2) 265-281   2012年2月   [査読有り]
Watanabe M, Fuda H, Jin S, Sakurai T, Ohkawa F, Hui SP, Takeda S, Watanabe T, Koike T, Chiba H
Journal of agricultural and food chemistry   60(3) 830-835   2012年1月   [査読有り]
Hira T, Mori N, Nakamori T, Furuta H, Asano K, Chiba H, Hara H
Appetite   57(3) 765-768   2011年12月   [査読有り]
Nagasaka H, Yorifuji T, Takatani T, Okano Y, Tsukahara H, Yanai H, Hirano K, Hui SP, Hirayama S, Ito T, Chiba H, Miida T
Metabolism: clinical and experimental   60(6) 881-887   2011年6月   [査読有り]
Higashi T, Ichikawa T, Shimizu C, Nagai S, Inagaki S, Min JZ, Chiba H, Ikegawa S, Toyo'oka T
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   879(13-14) 1013-1017   2011年4月   [査読有り]
Hui SP, Chiba H, Kurosawa T.
Analytical and Bioanalytical Chemistry   400(7) 1923-1931   2011年   [査読有り]
Nagasaka H, Yorifuji T, Takatani T, Okano Y, Tsukahara H, Yanai H, Hirano KI, Hui SP, Hirayama S, Ito T, Chiba H, Miida T.
Metabolism   60(6) 881-887   2011年   [査読有り]
MIYAZAKI Ryo, MIYAZAKI Ryo, MIYAZAKI Ryo, YONEI Yoshikazu, AZUMA Yoriko, CHIBA Hitoshi, HAYASHI Koichiro, YAMATSU Koji, ISHII Kojiro, ISHII Kojiro, ISHII Kojiro
ANTI-AGING MEDICINE   8(4) 35-40   2011年
Sakurai T, Trirongjitmoah S, Nishibata Y, Namita T, Tsuji M, Hui SP, Jin S, Shimizu K, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   47(5) 476-481   2010年9月   [査読有り]
[18-Hydroxycortisol, 18-oxocortisol, and 6beta-hydroxycortisol].
Chiba H
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   68 Suppl 7 339-343   2010年7月   [査読有り]
Hui SP, Chiba H, Jin S, Nagasaka H, Kurosawa T
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   878(20) 1677-1682   2010年6月   [査読有り]
Higashi T, Shibayama Y, Ichikawa T, Ito K, Toyo'oka T, Shimada K, Mitamura K, Ikegawa S, Chiba H
Steroids   75(4-5) 338-345   2010年4月   [査読有り]
Trirongjitmoah S, Sakurai T, Iinaga K, Chiba H, Shimizu K
Optics express   18(6) 6315-6326   2010年3月   [査読有り]
Kishimoto N, Fujii S, Chiba H, Sakuma I, Tsutsui H
Journal of cardiology   55(1) 65-68   2010年1月   [査読有り]
Ikegawa S, Hasegawa M, Okihara R, Shimidzu C, Chiba H, Iida T, Mitamura K
Analytical chemistry   81(24) 10124-10135   2009年12月   [査読有り]
Nagasaka H, Yorifuji T, Momoi T, Yorifuji J, Hirano K, Ota A, Takatani T, Tsukahara H, Takayanagi M, Kobayashi K, Chiba H, Sato Y, Miida T
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   406(1-2) 52-56   2009年8月   [査読有り]
Kishimoto N, Okita K, Takada S, Sakuma I, Saijo Y, Chiba H, Ishii K, Kishi R, Tsutsui H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   73(3) 534-539   2009年3月   [査読有り]
血中クルクミノイドのUV検出高速液体クロマトグラフィーによる分離定量法の開発
臨床化学   38 59-68   2009年
Nagasaka H, Miida T, Hirano K, Ota A, Murayama K, Yorifuji T, Kobayashi K, Takatani T, Tsukahara H, Hui SP, Takayanagi M, Chiba H
Atherosclerosis   198(2) 434-440   2008年6月   [査読有り]
Nagasaka H, Miida T, Hirano K, Ota A, Yorifuji T, Takatani T, Tsukahara H, Takayanagi M, Hui SP, Kobayashi K, Chiba H
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   93(3) 779-783   2008年3月   [査読有り]
Two novel NKG2D ligands of the mouse H60 family with differential expression patterns and binding affinities to NKG2D.
Takada A, Yoshida S, Kajikawa M, Miyatake Y, Tomaru U, Sakai M, Chiba H, Maenaka K, Kohda D, Fugo K, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   180 1678-1685   2008年2月   [査読有り]
Yoshida S, Hige S, Yoshida M, Yamashita N, Fujisawa S, Sato K, Kitamura T, Nishimura M, Chuma M, Asaka M, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   45(1) 59-64   2008年1月   [査読有り]
Yanai H., Matsuno K., Chiba H.
Diabetes Care   31(10) 72   2008年
Hui SP, Chiba H, Sakurai T, Asakawa C, Nagasaka H, Murai T, Ide H, Kurosawa T
Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences   857(1) 158-163   2007年9月   [査読有り]
中江 悟司, 千葉 仁志, 石井 好二郎
肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity   13(2) 130-136   2007年8月
上馬塲 和夫, 小川 弘子, 許 鳳浩, 浅川 千登勢, 惠 淑萍, 千葉 仁志
応用薬理   72(5) 177-178   2007年8月
Atsumi T, Chiba H, Yoshioka N, Bucala R, Koike T
Endocrine journal   54(4) 517-520   2007年8月   [査読有り]
Nagasaka H, Chiba H, Hui SP, Takikawa H, Miida T, Takayanagi M, Yorifuji T, Hasegawa M, Ota A, Hirano K, Kikuchi H, Tsukahara H, Kobayashi K
Journal of pediatric gastroenterology and nutrition   45(1) 96-105   2007年7月   [査読有り]
SHIGEMURA M, MORIYAMA T, SHIBUYA H, OBARA M, ENDO T, HASHINO S, YOKOUCHI H, ASAKA M, SHIMIZU C, CHIBA H, NISHIMURA M
Clinica Chimica Acta   376(1-2) 121-125   2007年
YANAI H, WATANABE I, ISHII K, MORIMOTO M, FUJIWARA H, YOSHIDA S, HUI Sp, MATSUNO K, CHIBA H
Journal of Medical Genetics   44(7) 445-447   2007年
Angiotensin I converting enzyme gene polymorphism and exercise trainability in elderly women: an electrocardiological approach
Journal of Sports Science and Medicine   6 220-226   2007年
早坂 光司, 森山 隆則, 千葉 仁志, 松野 一彦
臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE   54(3) 250-255   2006年3月
YANAI Hidekatsu, YOSHIDA Hiroshi, YOSHIDA Hiroshi, TOMONO Yoshiharu, TADA Norio, CHIBA Hitoshi
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   13(6) 281-285   2006年
OKAJIMA S, CHO K, CHIBA H, AZUMA H, MOCHIZUKI T, YAMAGUCHI M, SATO S, IKEDA H, YAMADA H, MINAKAMI H, ARIGA T, KOBAYASHI K
Thrombosis and Haemostasis   95(2) 267-271   2006年
Hui SP, Murai T, Yoshimura T, Chiba H, Nagasaka H, Kurosawa T
Lipids   40(5) 515-522   2005年5月   [査読有り]
Nagasaka H, Yorifuji T, Egawa H, Yanai H, Fujisawa T, Kosugiyama K, Matsui A, Hasegawa M, Okada T, Takayanagi M, Chiba H, Kobayashi K
The Journal of pediatrics   146(3) 329-335   2005年3月   [査読有り]
山口 惠三, 大野 章, 樫谷 総子, 岩田 守弘, 神田 誠, 辻尾 芳子, 木元 宏弥, 伊藤 章, 住友 みどり, 川口 秀明, 千葉 仁志, 秋沢 宏次, 内田 幹, 貝森 光大, 川端 厚, 大岩 近, 岩田 全充, 保嶋 実, 今 信一郎, 中村 克司, 松田 啓子, 杉山 達朗, 豊嶋 俊光, 加藤 純, 下山 則彦, 奥島 英俊, 伊藤 実, 岡田 淳, 田澤 庸子, 方山 揚誠, 杉本 クミ子, 田代 博美, 渡辺 清明, 小林 芳夫, 内田 博, 諏訪部 章, 小畑 律子, 辻村 正雪, 林 泉, 塩谷 譲司, 賀来 満夫, 金光 敬二, 國島 広之, 菅野 治重, 猪狩 淳, 小栗 豊子, 戸塚 恭一, 猪川 嗣朗, 木村 哲, 田中 伸明, 日野田 裕治, 前崎 繁文, 杉浦 哲朗, 上岡 樹生, 伊東 鉱一, 小野 順子, 高田 徹, 野田 康信, 山下 峻徳, 山口 育男, 相澤 久道, 本田 順一, 影山 二三男, 釋 悦子, 永沢 善三, 青木 洋介, 堀井 俊伸, 中川 敬一, 石郷 潮美, 山根 誠久, 吉村 平, 馬場 尚志, 一山 智, 犬塚 和久, 和田 恭直, 岡部 英俊, 立脇 憲一, 茂龍 邦彦, 桑原 正雄, 相原 雅典, 松島 敏春, 二木 芳人, 影岡 武士, 本郷 俊治, 濱崎 直孝, 筒井 俊治, 益田 順一, 平松 和史, 犀川 哲典, 牧野 英一, 村瀬 光春, 宮本 仁志, 小谷 富男, 瀧井 昌英, 宮之原 弘晃
The Japanese journal of antibiotics   58(1) 17-44   2005年2月
Yamaguchi K, Ohno A, Kashitani F, Iwata M, Kanda M, Tsujio Y, Shimoyama N, Okujima H, Ito M, Kawaguchi H, Chiba H, Akizawa K, Katayama Y, Sugimoto K, Tashiro H, Kaimori M, Suwabe A, Obata R, Sugiyama T, Toyoshima S, Kato J, Kaku M, Kanemitsu K, Kunishima H, Okada J, Tazawa Y, Igari J, Oguri T, Watanabe K, Kobayashi Y, Uchida H, Totsuka K, Kon S, Nakamura K, Matsuda K, Hayashi I, Shiotani J, Shiotani J, Kanno H, Itoh A, Sumitomo M, Uchida T, Kawabata A, Oiwa C, Iwata M, Horii T, Ishigo S, Yoshimura T, Ichiyama S, Wada Y, Kimura S, Maesaki S, Itoh K, Noda Y, Yamashita T, Yamaguchi I, Kageyama F, Shaku E, Baba H, Inuzuka K, Okabe H, Tatewaki K, Moro K, Aihara M, Matsushima T, Niki Y, Kuw Abara M, Ikawa S, Tanaka M, Hinoda Y, Sugiura T, Kamioka M, Ono J, Takata T, Makino H, Murase M, Miyamoto H, Aizawa H, Honda J, Takii M, Nagasawa Z, Aoki Y, Hamazaki N, Tsutsui T, Nakagawa K, Iwata M, Hiramatsu K, Saikawa T, Yamane N, Kimoto H, Kotani T, Kageoka T, Hongo T, Masuda J, Miyanohara H, Tsujimura M, Yasujima M, Hayashi I
The Japanese journal of antibiotics   58(1) 17-44   2005年2月   [査読有り]
Relation of the CD36 gene A52C polymorphism to the risk of colorectal cancer among Japanese, with reference to with the aldehyde dehydrogenase 2 gene Glu487Lys polymorphism and drinking habit
Asian Pac J Cancer Prev   6(1) 62-68   2005年
A unique seroepidemiological pattern of HBV, HCV and HTLV-I in Nenets and Komi in northwestern Russia
Asian Pac J Cancer Prev   6 342-365   2005年
Oxidized Low-density Lipoprotein Upregulates GM2 Activator Protein Gene Expression
American Journal of Biochemistry and Biotechnology   1 90-94   2005年
NAGASAKA H, YORIFUJI T, EGAWA H, YANAI H, FUJISAWA T, KOSUGIYAMA K, MATSUI A, HASEGAWA M, OKADA T, TAKAYANAGI M, CHIBA H, KOBAYASHI K
Journal of Pediatrics   146(3) 329-335   2005年
KURIKI K, HAMAJIMA N, CHIBA H, KANEMITSU Y, HIRAI T, KATO T, SAITO T, MATSUO K, KOIKE K, TOKUDOME S, TAJIMA K
Nutrition and Cancer   51(2) 170-177   2005年
Kuriki K, Hamajima N, Chiba H, Kanemitsu Y, Hirai T, Kato T, Saito T, Matsuo K, Koike K, Tokudome S, Tajima K
Nutrition and cancer   51(2) 170-177   2005年   [査読有り]
久保田 信彦, 松田 直之, 近井 佳奈子, 伊藤 智雄, 千葉 仁志, 亀上 隆, 丸藤 哲
日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine   15(10) 563-568   2004年10月
An epidemiological study of HBV, HCV and HTLV-I in Sherpas of Nepal.
Chiba H, Takezaki T, Neupani D, Kim J, Yoshida S, Mizoguchi E, Takeuchi J, Suzuki J, Tanaka Y, Ito K, Kitamura T, Kuriki K, Wakai K, Samejima K, Sonoda S, Tajima K
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   5 370-373   2004年10月   [査読有り]
Lack of HTLV-I carriers in the Sami, an ethnic group living in the Arctic area in Norway.
Chiba H, Tretli S, Lund E, Wakai K, Takezaki T, Senoo H, Sonoda S, Tajima K
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   5 50-53   2004年1月   [査読有り]
「若年女性における”かくれ肥満”と血中脂質及びレプチン濃度」
『日本未病システム学会雑誌』   9 282-284   2004年
An epidemiological study of HBV, HCV, and HTLV-I in Sherpas of Nepal
Asian Pacific J Cancer Prev   5 365-368   2004年
Lack of HTLV-I carriers in the Sami, an ethnic group living in the Arctic area in Norway
Asian Pacific J Cancer Prev   5 50-53   2004年
SHIGEMURA M, MORIYAMA T, ENDO T, SHIBUYA H, SUZUKI H, NISHIMURA M, CHIBA H, MATSUNO K
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine   42(6) 677-680   2004年
BANDA T, NEUPANEY D, KIM J‐B, ISHIOROSHI M, MARUKAWA K, CHIBA H, ITO T, SAMEJIMA K
Animal Science Journal   75(2) 155-159   2004年
Shigemura M, Moriyama T, Endo T, Shibuya H, Suzuki H, Nishimura M, Chiba H, Matsuno K
Clinical chemistry and laboratory medicine : CCLM / FESCC   42(6) 677-680   2004年   [査読有り]
Hui SP, Murai T, Yoshimura T, Chiba H, Kurosawa T
Lipids   38(12) 1287-1292   2003年12月   [査読有り]
Homma K, Hasegawa T, Masumoto M, Takeshita E, Watanabe K, Chiba H, Kurosawa T, Takahashi T, Matsuo N
Endocrine journal   50(6) 783-792   2003年12月   [査読有り]
Kitaichi N, Kotake S, Shibuya H, Yamada Y, Chiba H, Namba K, Ohno S
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   241(11) 879-883   2003年11月   [査読有り]
Nagasaka H, Kikuta H, Komatsu H, Yorifuji T, Egawa H, Matsui A, Tanaka K, Chiba H, Kobayashi K
The Journal of pediatrics   143(3) 411   2003年9月   [査読有り]
Morimoto M, Yanai H, Chiba H, Matsuno K, Shukuya K
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   333(1) 101-102   2003年7月   [査読有り]
Krimbou L, Marcil M, Chiba H, Genest J Jr
Journal of lipid research   44(5) 884-892   2003年5月   [査読有り]
Morimoto M, Yanai H, Shukuya K, Chiba H, Kobayashi K, Matsuno K
Clinical chemistry   49(1) 188-190   2003年1月   [査読有り]
HUI S‐P, MURAI T, YOSHIMURA T, CHIBA H, KUROSAWA T
Lipids   38(12) 1287-1292   2003年
MORIMOTO M, YANAI H, SHUKUYA K, CHIBA H, KOBAYASHI K, MATSUNO K
Clinical Chemistry   49(1) 188-190   2003年
KITAICHI N, KOTAKE S, SHIBUYA H, YAMADA Y, CHIBA H, NAMBA K, OHNO S
Graefe's Archive of Clinical and Experimental Ophthalmology   241(11) 879-883   2003年
NAGASAKA H, KIKUTA H, KOMATSU H, YORIFUJI T, EGAWA H, MATSUI A, TANAKA K, CHIBA H, KOBAYASHI K
Journal of Pediatrics   143(3) 411   2003年
MORIMOTO M, YANAI H, CHIBA H, MATSUNO K, SHUKUYA K
Clinica Chimica Acta   333(1) 101-102   2003年
Two cases with transient lipoprotei lipase (LPL) activity impairment: evidence for the possible involvement of an LPL inhibitor
European Journal of Pediatrics   162 132-138   2003年
SATO-MATSUMURA Kc, MATSUMURA T, YOKOSHIKI H, CHIBA H, SHIMIZU H
Clinical Experimental Dermatology   28(3) 321-322   2003年
HOMMA K, HASEGAWA T, MASUMOTO M, TAKESHITA E, WATANABE K, CHIBA H, KUROSAWA T, TAKAHASHI T, MATSUO N
Endocrine Journal   50(6) 783-792   2003年
KRIMBOU L, MARCIL M, CHIBA H, GENEST J JR
Journal of Lipid Research   44(5) 884-892   2003年
渡辺 貢, 千葉 仁志, 王 慧芳
『日本未病システム学会雑誌』   9(1) 29-33   2003年
柴田 洋孝, 本間 桂子, 栗原 勲, 小林 佐紀子, 林 松彦, 千葉 仁志, 黒澤 隆夫, 竹下 栄子, 齊藤 郁夫, 猿田 享男
日本内分泌学会雑誌   78(0) 80-83   2002年10月
千葉 仁志
Infection control   11(9) 950-953   2002年9月
千葉 仁志
臨床化学   31(2)    2002年6月
Akita H, Matsubara M, Shibuya H, Fuda H, Chiba H
Annals of clinical biochemistry   39 237-240   2002年5月   [査読有り]

Misc

 
惠淑萍, 櫻井俊宏, 櫻井俊宏, 神繁樹, 布田博敏, 武田晴治, 千葉仁志
臨床病理   60 113   2012年10月
櫻井俊宏, 櫻井俊宏, 高橋順也, 武田晴治, SUCHIN Trirongjitmoah, 浪田健, 神繁樹, 清水孝一, 千葉仁志
臨床病理   60 117   2012年10月
布田博敏, 渡邉貢, 神繁樹, 櫻井俊宏, 櫻井俊宏, 千葉仁志
日本未病システム学会学術総会抄録集   19th 97   2012年10月
千葉仁志
日本未病システム学会学術総会抄録集   19th 39   2012年10月
和田典男, 神繁樹, 藤谷昴文, 惠淑萍, 柳澤克之, 黒澤隆夫, 千葉仁志
日本内分泌学会雑誌   88(2) 695   2012年9月
HUI Shu‐Ping, 櫻井俊宏, 神繁樹, 布田博敏, 武田晴治, 黒澤隆夫, 千葉仁志
JSBMS Lett   37(Supplement) 58   2012年9月
櫻井俊宏, 櫻井俊宏, 高橋祐司, 高橋祐司, 和田典男, 古川博之, 永坂敦, 惠淑萍, 神繁樹, 武田晴治, 布田博敏, 小林清一, 千葉仁志
臨床化学   41 226   2012年7月
武田 晴治, 惠 淑萍, 櫻井 俊宏, 石井 睦, 武笠 幸一, 神 繁樹, 布田 博敏, 末岡 和久, 千葉 仁志
臨床病理   60(7)    2012年7月
トライロンジットモア スチン, 櫻井 俊宏, 西端 友香, 浪田 健, 加藤 祐次, 飯永 一也, 千葉 仁志, 清水 孝一
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   109(106) 23-28   2009年6月
LDL(low density lipoprotein)の中でも,小型で比重の大きいsdLDL(small dense LDL)は,心疾患との高い相関から,臨床検査における重要性が指摘されている.従来法は煩雑で長時間を要する.このsdLDLの定量評価をめざし,動的光散乱(DLS:dynamic light scattering)の応用を考えた.DLS測定により得られる平均粒径や相関関数を用いてLDL中のsdLDL量の割合を求める手法を3種新たに考案した.sdLDLの割合を直接求める数式解を...
東 保子, 林 貢一郎, 山津 幸司, 高嶋 渉, 中江 悟司, 宮崎 亮, 千葉 仁志, 石井 好二郎
体力科學   56(6)    2007年12月
千葉 仁志
臨床化学   36(4)    2007年10月
千葉 仁志
臨床化学   36(0) 139-140   2007年6月
横山 しのぶ, 三神 大世, 加賀 早苗, 井上 真美子, 西田 睦, 北村 忠代, 清水 力, 千葉 仁志, 小松 博史, 岡田 昌子, 山田 聡, 小野塚 久夫, 筒井 裕之
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34(0)    2007年4月
井上 真美子, 山田 聡, 三神 大世, 小室 薫, 小松 博史, 岡田 昌子, 横山 しのぶ, 加賀 早苗, 西田 睦, 清水 力, 千葉 仁志, 小野塚 久夫, 筒井 裕之
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34(0)    2007年4月
東 保子, 岩田 貴士, 山口 太一, 高嶋 渉, 加藤 華奈子, 稲森 謙吾, 田中 佑樹, 中江 悟司, 山中 正紀, 千葉 仁志, 石井 好二郎
体力科學   55(6)    2006年12月
福元 達也, 重村 雅彦, 清水 力, 竹内 彰浩, 森山 隆則, 渋谷 斉, 安士 孝則, 北村 忠代, 千葉 仁志
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   50(3)    2006年9月
武笠 幸一, 石井 睦, 千葉 仁志
臨床化学   35(0) 71-72   2006年7月
重村 雅彦, 千葉 仁志, 横内 浩, 西村 正治, 森山 隆則
臨床化学   35(0)    2006年7月
古仲 研一, 千葉 仁志, 清水 孝一
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   105(655) 13-16   2006年3月
血清LDL(low density lipoprotein)の中でも,冠動脈疾患の新たなリスクファクターとして臨床的重要性の高いsmall dense LDL(sdLDL)の実用的な計測をめざし,光学的手法を用いたLDL粒径計測の可能性について検討を行った.動的光散乱を計測原理とすることにより,従来法に比べ計測時間の大幅な短縮,計測処理の簡便化が可能となる.粒子径標準のラテックスビーズを用いて試作システムの性能を確認後,ゲルろ過クロマトグラフィにより分画されたLDL分画の粒径計測を行い,L...
千葉 仁志
臨床化学   34(4)    2005年11月
重村 雅彦, 渋谷 斉, 鈴木 春樹, 北沢 忠代, 石塚 昇司, 千葉 仁志, 西村 正治, 森山 隆則, 松野 一彦
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   48(0)    2004年10月
家子 正裕, 千葉 仁志
臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE   52(2) 124-125   2004年2月
重村 雅彦, 渋谷 斉, 鈴木 春樹, 石塚 昇司, 千葉 仁志, 真船 直樹, 森山 隆則, 松野 一彦
生物物理化学   47(0)    2003年10月
千葉 仁志
臨床化学   32(2)    2003年6月
岡嶋 覚, 長 和俊, 松田 直, 上田 恵子, 奥山 和彦, 山田 秀人, 水上 尚典, 千葉 仁志, 望月 稔子, 佐藤 進一郎, 東 寛
日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology   13(1)    2003年5月
千葉 仁志
臨床化学   31(4) 224-232   2002年12月
梅津 和夫, 大澤 資樹, 田中 雅嗣, 湯浅 勲, 齋藤 成也, 千葉 仁志
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   45(0)    2001年10月
千葉 仁志, 和田 典男
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   44(4) 301-302   2000年12月
佐竹 恵美子, 小松 克子, 古田 康, 犬山 征夫, 菊地 仁, 千葉 仁志, 向島 智昭
医科器械学   70(10) 541-542   2000年10月
千葉 仁志
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   44(0)    2000年5月
中村 和洋, 小松 克子, 佐竹 恵美子, 古田 康, 犬山 征夫, 菊地 仁, 千葉 仁志
医科器械学   70(4)    2000年4月
木村 敏之, 赤羽 和博, 橋本 基也, 梅田 斉, 梅津 和夫, 吉田 宏, 千葉 仁志, 湯浅 勲, 早坂 清
日本先天代謝異常学会雑誌   14(2)    1998年10月
千葉 仁志, 李 美琳
日中医学   13(3)    1998年9月
松野 一彦, 高橋 行広, 千葉 仁志
臨床血液   39(2) 113-115   1998年2月
大門 正博, 邉見 順子, 古郡 めり子, 太田 抜徳, 久保 信彦, 櫻林 郁之介, 千葉 仁志, 和田 典男, 鶴田 佳代子
生物物理化学 = Journal of Electrophoresis   41(2)    1997年4月
千葉 仁志, 内田 一也
臨床病理   45(1) 39-40   1997年1月
千葉 仁志, 秋田 治邦, 小谷 一夫, 菅野 剛史, 真鍋 満久
臨床病理   45(1) 55-57   1997年1月
千葉 仁志
臨床病理   44(3) 231-236   1996年3月
「中国人と日本人におけるCETP欠損症」
『リポ蛋白研究会誌』   17 7-9   1996年
「コレステリルエステル転送蛋白完全欠損症では酸化LDLが増加している」
『リポ蛋白研究会誌』   17 10-20   1996年
「臍帯血のリポ蛋白分析」
『リポ蛋白研究会誌』   17 1-6   1996年
「新しいミスセンス変異によるリポ蛋白リパーゼ欠損症の一例」
『リポ蛋白研究会誌』   17 21-29   1996年
「ミスセンス変異 (Gly215→Arg) を含む LPL 遺伝子の培養細胞へのトランスフェクション」
『リポ蛋白研究会誌』   19 24-29   1997年
「高齢日本人男女の Lp(a)phenotype について"
『リポ蛋白研究会誌』   18 28-33   1997年
「LDL-コレステロール直接測定試薬(コレステストLDL「第一」)の基本性能と食後高トリグリセリド血症および高apoE-rich HDL血症に対する信頼性の検討」
『リポ蛋白研究会誌』   21 43-50   1998年
「中国におけるコレステリルエステル転送蛋白欠損症の疫学調査」
『日中医学』   13 16-16   1998年
「CD36欠損のphenotypeとgenotypeの関連の検討」
『リポ蛋白研究会誌』   21 21-25   1998年
「韓国人におけるCD36遺伝子異常の血清脂質に及ぼす影響」
『リポ蛋白研究会誌』   23 1-5   1999年
「apo(a)フェノタイプ別血中Lp(a)濃度の年代変化について」
『リポ蛋白研究会誌』   23 15-18   1999年
「CETP欠損症におけるLDLコレステロール測定の問題点」
『リポ蛋白研究会誌』   22 9-12   1999年
「脂質代謝における骨髄由来細胞の関与-apoEノックアウトマウスを用いた検討」
『リポ蛋白研究会誌』   22 27-31   1999年
「マクロファージにおける変性LDLによるGM2 activator protein geneの発現増強」
『リポ蛋白研究会誌』   22 32-37   1999年
「CD36欠損における脂質代謝」
『リポ蛋白研究会誌』   22 22-26   1999年
「日本人の脂質代謝関連遺伝子多型の人類学的意義」
『リポ蛋白研究会誌』   22 38-42   1999年
「CD36は脂肪酸の早期取り込みに関与している」
『リポ蛋白研究会誌』   24 27-30   2000年
「コレステロールエステル転送蛋白異常高値により家族性高コレステロール血症の臨床所見を呈したと考えられた一例」
『リポ蛋白研究会誌』   24 1-4   2000年
「Human Anti-Mouse Antibody (HAMA) による偽高リポ蛋白リパーゼ血症の一例」
『リポ蛋白研究会誌』   19 1-5   1997年
「LPL遺伝子ヘテロ接合体(61Tyr→stop)を示し膵炎を繰り返した家族性V型高脂血症」
『リポ蛋白研究会誌』   22 51-53   1999年
「再生不良性貧血の治療中にHDLが感度以下となった症例」
『リポ蛋白研究会誌』   24 5-10   2000年
上牧 務, 佐藤 清二, 安蔵 慎, 室谷 浩二, 菅谷 憲夫, 本間 桂子, 千葉 仁志, 松尾 宣武
日本先天代謝異常学会雑誌   11(2)    1995年10月

書籍等出版物

 
知っておきたい臨床検査値
東京化学同人   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
高度脂質分析ラボを拠点とする地域・広域・国際ネットワーク形成、及び食と運動による健康機能改善を支援する新規技術の開発
文部科学省: 地域イノベーション戦略支援プログラム
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 千葉 仁志
生活習慣病の予防を目指した北海道発自己健康管理用バイオセンサー開発
経済産業省: 地域イノベーション創出研究開発事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 佐々木 常雄
過酸化脂質の網羅的解析法と食品・医薬品開発のための抗動脈硬化・抗老化検査法の開発
文部科学省: 知的クラスター創成事業/地域イノベーション戦略支援事業
研究期間: 2007年7月 - 2012年3月    代表者: 千葉 仁志
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 惠 淑萍
メタボリックシンドロームの発症に全身的酸化ストレスの増加が関与することが明らかとなった。しかし、過酸化脂質を臨床レベルで測定する方法がないためその詳細は不明である。メタボリックシンドロームの病態理解のためには、血液と脂肪組織そして全身臓器を結ぶ過酸化脂質動態を、リポ蛋白代謝との関連において明らかにする必要があり、その目的に適した過酸化脂質測定法としてイムノアッセイの開発が必要である。本課題では、過酸化脂質を簡便に測定できるイムノアッセイを開発し、臨床検査薬としての実用化を目指す。平成22年...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 清水 孝一
本研究は、生体内部の構造情報および機能情報を光により3次元的に透視イメージングすることをめざし、新原理に基づく新たな手法を創出するとともに、それを具現化するシステムを開発しようとするものである。第二年度は、初年度の基礎的検討の成果を受け、3次元光透視原理を具現化するシステムの基本構成を設計した。具体的内容は、次のとおりである。1.生体に対する光入射部分の設計と改良を繰り返し、透視可能な生体の厚みを大きく増加させた。これにより、従来は手掌程度の厚さにとどまっていた透過型透視を、成人上腕部全域...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 千葉 仁志
原発性中性脂肪蓄積心筋血管症に対する医師主導型治験へのアプローチ
厚生労働省: 科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 平野 賢一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 三井田 孝
酸化LDLはマクロファージに蓄積し、HDLは動脈硬化の進展を抑制する。本研究では、酸化リン脂質とHDLの機能異常の関係を検討した。LDL-Cは低いが酸化ストレスが大きく動脈硬化が多い透析患者を対象とした。患者群では血清リン脂質は高くないが酸化リン脂質が増加し、リン脂質転送蛋白活性も高かった。LCATによるPreβ1-HDL(小粒子HDL)の成熟は障害されていた。酸化リン脂質がLDLからHDLへ転送されHDLの成熟を障害することが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 田島 和雄
乳・大腸がんは日・中・韓三国で増加しつつあり、その環境・宿主要因を分子疫学的に解明し、三国における予防対策に寄与することを本研究課題の主目的と定め、平成17年度より五年計画で第二次三国共同研究を推進した。乳・大腸がんの三国における一般的増加要因を確認し、さらに、乳がんでは十分な大豆製品や葉酸の摂取が危険度を下げ、遺伝的にFGFR2の過剰発現群では肥満傾向や角経早期開始などの影響が大きいことなどを鮮明にした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 千葉 仁志
高齢者でも乳酸閾値レベル(疲労物質の乳酸が蓄積しはじめる直前のレベル)の運動を持続すると体力向上が得られる。そのために手軽に血中の乳酸値を運動中に測定できる簡便な測定装置が求められている。また、高齢者は抗酸化能が低下するため、酸化ストレスレベルを測定して動脈硬化防止策を講じる必要がある。本研究で開発したカーボンナノチューブセンサーは、乳酸や酸化ストレスレベルを簡便に測定できる。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 田島 和雄
モンゴロイド集団の移動史などに資する総合的な情報構築を目指し、われわれは過去二十年間に亘ってヒト腫瘍ウイルスの民族疫学的分布特性や免疫遺伝学的特性などを明らかにするための国際比較研究を続けてきた。本研究では極北地域のモンゴロイド集団におけるHTLV-Iの民族疫学的特性、および白血球抗原(HLA)や脂質代謝酵素などの各種遺伝子を用いた免疫遺伝学的特性を明らかにするため、調査対象をカナダ北部やグリーンランド東部に居住するイヌイット族に絞り込み、彼らが定住を余儀なくされる冬期(1〜2月)に野外調...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 筒井 裕之
ミトコンドリア転写因子A(mitochondrial transcription factor A;TFAM)は、ミトコンドリアDNAの複製および転写調節を介してミトコンドリア機能制御を担う転写因子のひとつである。TFAMはさらに上流に存在するPPAR-gamma coactivator-1(PGC-1)やNuclear responsive factor(NRF-1/2)などの転写因子の制御を受けている。このような因子は、ミトコンドリアにおけるエネルギー産生、酸化ストレス、アポトーシスを...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 千葉 仁志
肝不全患者血清から超遠心法とゲルろ過法により分離した肝特異的酸化リボ蛋白をマウスに免疫し、ハイブリドーマを作製し、同リボ蛋白に対する抗体を産生するクローン数個を得た。そのうち、金属酸化LDLや正常LDLとは反応しない抗体を産生するクローン1個を選択した。本クローンの抗体は肝不全患者LDL画分と強く反応したが、正常者や高脂血症患者ではほとんど反応せず特異性に優れていた。また、同リボ蛋白をウサギに免疫して抗血清を得た。本ポリクロナル抗体を親和性クロマトグラフィーにより精製した特異抗体は、同モノ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 田中 宏暁
メタボリックシンドロームの第一の診断基準は腹囲周囲径、つまり内臓脂肪の蓄積である。しかし近年、糖尿病患者の骨格筋のミトコンドリア(mt)の量と機能が減少しているとの報告がなされた。また我々は運動により血中のアディポネクチン濃度が低下しても、インスリン抵抗性が改善することを報告した。つまりインスリン抵抗性の発生や改善は、内臓脂肪にのみ依存しておらず、むしろ骨格筋の代謝能力の低下がインスリン抵抗性を決定する強い要因である可能性がある。運動による骨格筋の適応は、運動の多様性(様式、強度、頻度、時...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 筒井 裕之
1.インスリン抵抗性が心不全において誘導される心筋梗塞後心不全モデル動物に、糖負荷を行い、経時的に採血し、血糖とインスリンを測定するとメタボリックシンドロームの基本病態であるインスリン抵抗性が惹起されることが明らかとなった。2.心不全ではミトコンドリア酸化ストレスとミトコンドリアDNA傷害がみとめられるミトコンドリアDNAは、個々のミトコンドリア内に複数存在するが、不全心筋のミトコンドリアDNAをサザンプロットにより定量すると、ミトコンドリアDNAコピー数は減少し、さらにミトコンドリアDN...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 清永 明
アンジオテンシンI変換酵素(ACE)遺伝子の挿入欠損(I/D)多型と身体能力やトレーニング効果の差異に関する研究は数多い。本研究では(1)ACE遺伝子I/D多型がどのようなメカニズムで身体能力やトレーニング効果に影響を及ぼすのか(2)加齢に伴う筋力の変化とACE遺伝子I/D多型の関係(3)高齢者を対象としたトレーニングの効果とACE遺伝子I/D多型の関係、(4)ACEノックアウト(KO)マウスの糖代謝についてを調査した。(1)ACE遺伝子I/D多型のI/I型とD/D型、それぞれ6名を対象と...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 田島 和雄
世界のヒト白血病ウイルスI型(HTLV-I)、およびB型肝炎ウイルス(HBV)の流行分布から環太平洋地域のモンゴロイド集団の免疫遺伝学的な特性を把握するため、本研究では調査対象地域を北欧、および西北ロシアの極北地域に定めた。1)ノルウェーのオスロ大学、およびトロムセ大学との共同研究として、25年前にノルウェー北部で採取され、オスロ大学で凍結保存されていた800名分(サーメ族400名、非サーメ族の比較対照群400名)の血清の研究利用の許可を得た。平成15年度にはHTLV-Iの血清疫学的検討を...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間: 2000年 - 2004年    代表者: 田島 和雄
アジア太平洋地域におけるがんの予防対策の推進に資するため、北東アジア三国(日・中・韓国)の6研究施設が協力し、消化管がんの各国・地域における共通要因と特異的要因を探索する民族疫学研究を平成12年度から5年計画で展開してきた。第一に、全6地域の中核病院において地域特異性を考慮した半定量的食物摂取頻度調査票(SQFFQ)の開発し、消化管がんの症例対照研究への実用化を図った。第二に、日本の名古屋市、韓国のソウル市、中国の南京市と重慶市の4地域において大腸がんの症例対照研究による食・生活習慣など関...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 梅村 孝司
Neospora (N.) caninum感染母牛を剖検し、脳に潜伏感染していることを発見した。さらに、母マウスに皮下に接種された原虫は血行性に脳に至って潜伏感染すること、妊娠中に原虫が再活性化して原虫血症が起こり、胎子および産子の脳と血液からN.caninum DNAが高頻度に検出されることが証明された。北海道の農場においてはN.caninumが蔓延しており、深刻な経済的被害をもたらしていること、牛群では同一家系内における垂直伝播が主たる蔓延様式であることがわかった。無作為抽出した271...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 田島 和雄
ヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)は東南アジア地域の中でも南西日本で特異的に集積している。本研究の民族疫学的調査によりアジア大陸に由来する南米先住民族は、HTLVのウイルス学的亜型とリンパ球抗原の免疫遺伝学的特性から、アンデス群と他の低地群に大別でき、アンデス群は免疫遺伝学的背景が南西日本のHTLV-I保有者群と極めて類似することが明らかになった。南コロンビアからチリやアルゼンチン北部のアンデス山脈に居住する高地民族は日本人と同じHTLV-Iを有し、オリノコ川、アマゾン川、パタゴ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 黒澤 隆夫
酸化LDL中の脂質として存在する不飽和脂肪酸エステル(コレステロールエステルおよび脂肪酸トリグリセリド)はその一部が酸化を受け,過酸化物として存在する.これら過酸化物の微量定量法を確立することは,酸化LDL生成機構の解明と同時にその化学組成の解明につながる.さらに,コレステロール輸送蛋白(CETP)完全欠損,CD36欠損,高トリグリセリド血症等脂質障害と酸化LDLとの関連を明らかにすることが可能となる.本研究では,先ず,上記過酸化脂質の分析法の確立を検討した.分析法の開発に先立ち,コレステ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 松野 一彦
血小板は血栓症の発症に関与していると考えられており、生体内の血小板活性化の状態を知ることは血栓症発症の予知などに有用と考えられる。最近、血小板活性化の測定に血小板表面への活性化抗原の発現をフローサイトメトリー(FCM)にて解析する方法が応用されているが、採血法、抗凝固剤の選択、固定時期、モノクローナル抗体の選択などその測定方法は一定していない。今回、FCMを用いた血小板活性化測定法の確立を目的として、基礎的検討および臨床応用について検討した。In vitroの検討では、活性化のマーカーとし...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 千葉 仁志
CD36遺伝子エクソン4内のnt478C→T置換は日本や韓国で多いことが明らかにされているが、北京やヨーロッパでは見だされない。これは、CD36が朝鮮半島と日本との間の人類移動の良いマーカーになる可能性を示唆する。そこで、日本と韓国のnt478T変異が共通祖先に由来するかを検討した。変異者の家系調査で、nt478Tの近傍であるイントロン3における既知のマイクロサテライト、(TG)n repeat (A1〜A5の5種)、を確認した。次いで、プロモータ領域内のnt(-53)におけるG/T多型、...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 千葉 仁志
脂質代謝関連遺伝子(CETP,CD36,β32GPI)の変異型が日本(札幌,奄美大島,沖縄,壱岐),韓国光州,中国各地(内蒙古,北京,鄭州,蘭州,成都),ヨーロッパ(イギリス,ドイツ)でどのように分布するかを検討して以下の結果を得た.1)D442Gは中国,韓国,南日本,北日本に広く分布し,その出現の古いことが示唆された.しかし,ヨーロッパには見いだされないことから,東アジア人の成立を探る遺伝マーカーとしての有用性が示唆された.伝播経路の解明には更に中国南部,東南アジア,あるいはそれ以西の地...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 松野 一彦
低比重リポ蛋白(LDL)には、血小板活性化作用および血小板活性化促進作用は認められないが、硫酸銅などで酸化修飾を受けると低濃度で血小板凝集の促進作用を、高濃度になると単独で血小板凝集を惹起し、CD62PやCD63などのいわゆる活性化抗原の発現をも惹起する。これらの酸化LDLによる血小板活性化は、主として細胞内カルシウム動員による細胞質遊離カルシウムイオンの増加を伴うが、シクロオキシゲナーゼ阻害剤やトロンボキサンA_2アンタゴニストにより抑制されなかったことから、アラキドン酸-トロンポキサン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 千葉 仁志
平成9年度〜10年度の本研究において以下の実績を上げた.1) 18-hydroxycortisol(18-OH-F)の大量合成グラムスケールの合成法を確立し高純度標品を大量に調製した。2) 抗18-OH-Fモノクロナル抗体の大量調製特異性,親和性に優れる実用レベルのモノクロナル抗体を大量に調製した。3) 磁性分離方式高感度化学発光イムノアッセイの確立アクリジニウム標識による高感度化により測定範囲は0.1-10ng/tube(血清濃度換算で2-200ng/ml)まで向上した.本システムを全自...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 千葉 仁志
(研究1)日本人のCETP欠損の原因となる遺伝子型とその頻度。札幌地区の検診受診者(n=317)を対象にD442G変異とInt14A変異をスクリーニングしたところ、それぞれのincidenceは5.7%と1.3%であった。その他の既知で稀な変異型は高HDL血症者100例からスクリーニングしたが検出されなかったので、一般人口における頻度は極めて稀であると判断されたので、以後は上記の二つの変異型を検討した。(研究2)CETP遺伝子型の南日本における頻度。奄美大島住民(n=109)と沖縄住民(検...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 千葉 仁志
HDL-C>120mg/dlの著しい高HDL血症を呈しながらcommonな既知cholesteryl ester transfer protein(CETP)遺伝子変異が証明されない症例(n=5)について,稀な遺伝子型であるInt14T,Q309X,G181Xの検索とCETP活性測定を行った.いずれの症例もコントロールより低いCETP活性を認めたが,既知の変異型は検出されなかった.このことから,未知CETP変異の可能性が示唆されたので,CETP遺伝子の全エクソンとエクソン/イントロン境界部...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 小林 邦彦
オステオポンチン(以下OPNと略)は骨形成における骨芽細胞、破骨細胞の動員や、Ca代謝に関与する蛋白質で、母乳中に多量に存在する。申請者らは、成長過程の乳児や、骨粗鬆症をはじめとする種々の骨系統疾患でOPが何らかの役割をしており、この測定は特定の疾患、特に骨粗鬆症の診断、病態の把握に有用であるという作業仮説をたて、以下の結果を得た。(1)母乳OPNを精製し、そのN末端アミノ酸配列から、OPNと判定した。(2)OPNは燐酸を多量に含むため、アルカリホスファターゼによる脱燐酸化がOPNの精製、...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1993年    代表者: 千葉 仁志
1)原発性アルドステロン症および糖質コルチコイド反応性アルドステロン症のスクリーニングに関する研究1)チューブ方式全自動酵素免疫測定(酵素標識18-ヒドロキシコーチゾルとポリクロナル抗体とを使用)を確立し以下の成果をあげた:乾燥濾紙尿を試料とする方法を確立した.また,随時尿の使用でも患者と非患者(本態性高血圧症患者および正常者)を鑑別することが可能であることを確めた.また,遺伝性疾患である糖質コルチコイド反応性アルドステロン症の疑われた家系から保因者をスクリーニングすることに成功した.2)...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1988年 - 1990年    代表者: 三田村 健
血清リポ蛋白の過酸化で生ずる過酸化脂質の分解産物によって修飾された(変性)リポ蛋白の酵素免疫測定法を開発するに先立ち、試料血清(リポ蛋白)の前処理について検討し、ラット・アポEとアポAーIの酵素免疫測定法を開発した。1)ラット・アポEのサンドイッチ酵素免疫測定法の開発:アポEを精製し、それを兎に免疫した抗血清を得た。希釈した検体試料および標準物質を、精製したIgGで予めコ-ティングしたマイクロタイタ-・プレ-トに加えてインキュベ-トした。洗浄後、精製したFab'ー西洋ワサビ・ペルオキシダ-...