長谷山 美紀

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/07 11:38
 
アバター
研究者氏名
長谷山 美紀
 
ハセヤマ ミキ
URL
http://www-lmd.ist.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 情報メディア学講座
職名
教授
学位
博士(工学)(北海道大学)

研究分野

 

経歴

 
2017年7月
 - 
現在
北海道大学 数理・データサイエンス教育研究センター センター長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 人材育成本部 女性研究者支援室室長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 総合IR室副室長
 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学 総長補佐
 
2006年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院情報科学研究科 教授
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
現在
文部科学省  平成29年度科学技術分野の文部科学大臣審査委員会科学技術賞審査部会 委員
 
2015年8月
 - 
2017年3月
国立研究開発法人 科学技術振興機構  技術シーズ選抜育成プロジェクト〔ロボティクス分野〕 アドバイザー
 
2015年7月
 - 
現在
北海道経済部産業振興局科学技術振興室  北海道科学技術審議会 委員
 
2015年4月
 - 
2017年2月
文部科学省  科学技術・学術審議会 戦略的基礎研究部会 数学イノベーション委員会臨時委員
 
2015年3月
 - 
現在
文部科学省  科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会等臨時委員
 

受賞

 
2015年5月
映像情報メディア学会 丹羽高柳賞 業績賞
 
2014年6月
総務省北海道総合通信局 平成26年度情報通信月間 北海道総合通信局長表彰
 
2009年
平成20年度電子情報通信学会論文賞
 
2009年
平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 優秀論文発表賞
 
2011年
映像情報メディア学会年次大会 学生優秀発表賞
 

論文

 
Takahiro Ogawa,Yoshiaki Yamaguchi,Satoshi Asamizu,Miki Haseyama
IEICE Transactions   100-D(2) 409-412   2017年   [査読有り]
Yuma Sasaka,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Proceedings of the 2016 ACM Conference on Multimedia Conference, MM 2016, Amsterdam, The Netherlands, October 15-19, 2016   387-391   2016年   [査読有り]
Miki Haseyama
46th IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic, ISMVL 2016, Sapporo, Japan, May 18-20, 2016   56-59   2016年   [査読有り]
Shigenobu Minami,Miki Haseyama,Hirokazu Tanaka,Toru Takahashi,Tatsuya Komori
10th International Symposium on Medical Information and Communication Technology, ISMICT 2016, Worcester, MA, USA, March 20-23, 2016   1-5   2016年   [査読有り]
Yasutaka Hatakeyama,Takahiro Ogawa,Hirokazu Tanaka,Miki Haseyama
2016 International Symposium on Information Theory and Its Applications, ISITA 2016, Monterey, CA, USA, October 30 - November 2, 2016   126-130   2016年   [査読有り]
Soh Yoshida,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2016, Seattle, WA, USA, July 11-15, 2016   1-6   2016年   [査読有り]
Daichi Takehara,Ryosuke Harakawa,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2016 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2016, Phoenix, AZ, USA, September 25-28, 2016   479-483   2016年   [査読有り]
Keisuke Maeda,Sho Takahashi,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2016 IEEE International Conference on Digital Signal Processing, DSP 2016, Beijing, China, October 16-18, 2016   589-593   2016年   [査読有り]
Ryosuke Sawata,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2016 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2016, Shanghai, China, March 20-25, 2016   759-763   2016年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEEE Trans. Image Processing   25(12) 5971-5986   2016年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Yuta Igarashi,Miki Haseyama
IEEE Trans. Circuits Syst. Video Techn.   26(5) 855-867   2016年   [査読有り]
Ryosuke Harakawa,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Multimedia Tools Appl.   75(24) 17059-17079   2016年   [査読有り]
Zaixing He,Takahiro Ogawa,Sho Takahashi,Miki Haseyama,Xinyue Zhao
Neurocomputing   173 1898-1907   2016年   [査読有り]
Kotoku Omura,Shoichiro Yamasaki,Tomoko K. Matsushima,Hirokazu Tanaka,Miki Haseyama
IEICE Transactions   99-A(12) 2256-2265   2016年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Akihiro Takahashi,Miki Haseyama
IEICE Transactions   99-A(11) 1971-1980   2016年   [査読有り]
Yasutaka Hatakeyama,Takahiro Ogawa,Hironori Ikeda,Miki Haseyama
IEICE Transactions   99-D(3) 763-768   2016年   [査読有り]
Ren Togo,Kenta Ishihara,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Comp. in Bio. and Med.   77 9-15   2016年   [査読有り]
朴 君, 小川 貴弘, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌 D, 情報・システム   98(5) 823-834   2015年5月
本論文では,走査型電子顕微鏡(Scanning Electron Microscop,SEM)で撮像された画像を用いた生物の分類法を提案する.提案手法では,生物学者が構築した分類体系に注目し,各ノードにその下位のノードへの分類を行う分類器を割り当てることで,決定木を構築する.これにより,構築された決定木を用いて生物の分類が可能となる.このように,生物の分類に有用な分類体系の構造を導入することで,画像特徴のみに注目する生物の分類法と比較して,高精度な分類が期待できる.また,提案手法では,更な...
長谷山美紀, 長谷山美紀
現代化学   (529) 31-34   2015年4月
Soh Yoshida,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Proceedings of the 23rd Annual ACM Conference on Multimedia Conference, MM '15, Brisbane, Australia, October 26 - 30, 2015   871-874   2015年   [査読有り]
Kenta Ishihara,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2015, Quebec City, QC, Canada, September 27-30, 2015   4728-4732   2015年   [査読有り]
Keisuke Maeda,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2015, Quebec City, QC, Canada, September 27-30, 2015   2246-2250   2015年   [査読有り]
Ryosuke Harakawa,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2015, Quebec City, QC, Canada, September 27-30, 2015   1021-1025   2015年   [査読有り]
Ryosuke Sawata,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Digital Signal Processing, DSP 2015, Singapore, July 21-24, 2015   818-822   2015年   [査読有り]
Yuma Tanaka,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Digital Signal Processing, DSP 2015, Singapore, July 21-24, 2015   618-622   2015年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2015, South Brisbane, Queensland, Australia, April 19-24, 2015   1628-1632   2015年   [査読有り]
Takuya Kawakami,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2015 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2015, South Brisbane, Queensland, Australia, April 19-24, 2015   957-961   2015年   [査読有り]
Alameen Najjar,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IJMIR   4(4) 247-259   2015年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEICE Transactions   98-A(8) 1709-1717   2015年   [査読有り]
長谷山 美紀
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   113(493) 73-77   2014年3月
本文では,画像や映像などの非構造化データを有機的に連携し,互いの類似性を効果的に抽出し提示することで,検索者に気づきを与え,発想を支援する検索システムについて紹介する.このような検索システムの実現のためには,マルチモーダル処理が有効である.マルチモーダル処理は,音声信号や楽曲信号などの音響情報,画像・映像情報や行動履歴等,複数の異なるメディアから得られるデータを効率的に利用することで,単一の信号を用いるだけでは解決が困難であった問題に新たな解法を与える.本文では,マルチモーダル処理を用いた...
宋 妍, 小川 貴弘, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   97(3) 560-573   2014年3月
以前,我々は,映像の類似したショットが隣接せずに出現する構造(映像の構造)に注目したシーン分割手法を提案した.しかしながら,映像の構造に注目したシーン分割手法の共通の問題として,映像の構造を取得する際に用いられるシーンの最長時間幅の設定が困難であるという点が存在した.そこで,本論文では,その改良手法として映像の構造に注目したMCMC法に基づくシーン分割手法を提案する.提案手法では,シーンの最長時間幅を変化させて映像の構造に基づき取得された全ての境界をシーン境界候補とし,それらの中からMCM...
Kenta Ishihara,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2014 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2014, Paris, France, October 27-30, 2014   2769-2773   2014年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2014 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2014, Paris, France, October 27-30, 2014   1837-1841   2014年   [査読有り]
Takuya Kawakami,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2014, Florence, Italy, May 4-9, 2014   5874-5878   2014年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2014, Florence, Italy, May 4-9, 2014   175-179   2014年   [査読有り]
Marie Katsurai,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEEE Trans. Multimedia   16(4) 1059-1074   2014年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Signal Processing   103 69-83   2014年   [査読有り]
Zaixing He,Xinyue Zhao,Shuyou Zhang,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Neurocomputing   145 160-173   2014年   [査読有り]
Kazuya Iwai,Sho Takahashi,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEICE Transactions   97-D(7) 1885-1892   2014年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Shintaro Takahashi,Sho Takahashi,Miki Haseyama
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2014 115   2014年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
IEEE Trans. Image Processing   22(3) 1252-1257   2013年   [査読有り]
Miki Haseyama,Takahiro Ogawa
Int. J. Hum. Comput. Interaction   29(2) 96-109   2013年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2013 179   2013年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Daisuke Izumi,Akane Yoshizaki,Miki Haseyama
EURASIP J. Adv. Sig. Proc.   2013 30   2013年   [査読有り]
足跡を用いた男女識別
画像ラボ   22(1) 17-21   2011年
固有空間BPLP法の補間精度に関する解析
電子情報通信学会 論文誌(A)   J94-A(2) 116-126   2011年
吉田壮, 小川貴弘, 長谷山美紀
電子情報通信学会論文誌 D(Web)   J97-D(7) WEB ONLY 1177-1188   2014年7月
SONG Yan, 小川貴弘, 長谷山美紀
電子情報通信学会論文誌 D   J97-D(3) 560-573   2014年3月
間部克裕, 長谷山美紀, 小川貴弘, 吉澤和哉, 大泉晴史, 中島滋美, 加藤元嗣
日本消化器がん検診学会雑誌   51(3) 96   2013年5月
高橋 翔, 林 原局, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   96(3) 695-703   2013年3月   [査読有り]
本論文では,サッカー映像からレベルセット法を用いて選手を追跡する手法を提案する.提案手法では,サッカー映像を各フレームが時間軸方向に重なるように連結した三次元データとして扱う.このデータに対して,レベルセット法を適用することで抽出される三次元の領域は,複数フレームに渡って存在する同一選手を包含する.提案手法では,この三次元の領域をサッカー映像から抽出することで,選手の追跡を実現する.したがって,提案手法では,フレームごとに選手を検出する必要がないため,フレームを個別に処理する従来手法におけ...
永井 信夫, 任 捷, 長谷山 美紀
信号処理   16(5) 359-368   2012年9月
永井 信夫, 任 捷, 長谷山 美紀
信号処理   16(4) 263-272   2012年7月
永井 信夫, 任 捷, 長谷山 美紀
信号処理   16(3) 187-196   2012年5月
永井 信夫, 任 捷, 長谷山 美紀
信号処理   16(2) 101-110   2012年3月
長谷山 美紀
信号処理   16(2) 121-126   2012年3月
永井 信夫, 任 捷, 長谷山 美紀
信号処理   16(1) 13-22   2012年1月
永井 信夫, 任 捷, 長谷山 美紀
信号処理   15(5) 331-340   2011年9月
長谷山 美紀
電子情報通信学会誌   93(9) 764-769   2010年9月
画像・映像意味理解の研究動向とその検索への応用について紹介する.更に,画像及び映像が持つ固有の多義性とあいまい性から検索結果の可視化システムの必要性を議論し,その実現の試みについて紹介するとともに今後の展開について考える.
浅水 仁, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   93(5) 642-646   2010年5月
本論文では,施設や店舗などに出入りする人物の足跡を用いて男女識別する手法について検証する.取得した足跡から算出が可能な特徴量を用いてSVMにより男女を識別する.本手法を用いて被験者実験を行い,90%の識別率を実現した.
近藤 敏志, 松野 孝也, 長谷山 美紀
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   63(11) 1592-1597   2009年11月
We propose a method to improve performance of video coding using an adaptive interpolation filter technique. The adaptive interpolation technique was based on clustering using the k-means method and did not need filter selection information. To im...
須藤 康裕, 柳田 拓人, 栗原 正仁, 長谷山 美紀
知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics   21(3) 372-380   2009年6月
ファジィ制約充足問題は人工知能の基礎戦術として知られる制約充足問題(CSP:Constraint Satisfaction Problem)を充足度を持たせることにより拡張した数理モデルである.一方,動的CSPの枠組みは現実世界における問題の部分的な変化と再求解を想定したモデルであり,その特徴は,問題を解きなおすコストの削減と解の安定性が求められることである.これら2つを組み合わせた数理モデルである動的ファジィCSP(DFCSP:Dynamic Fuzzy CSP)に関する研究は既存するが...
高橋 翔, 今 宏史, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   92(4) 501-510   2009年4月
本論文では,チームスポーツ映像からアクティブネットを用いてパス可能領域を推定する手法を提案する.チームスポーツ映像の一つであるサッカー映像の意味内容解析を行うために重要なサッカーの戦術は,選手の移動とボール運びによって表現されるため,ボール運びを実現するパスを分析することは重要である.一般にパスコースはボール保持者と味方チームの選手へとつながる緩やかな曲線で表される.提案手法では,新たなエネルギーの定義とパス可能領域を推定するための画像生成により,アクティブネットを用いて前述の曲線が存在す...
覚幸 典弘, 小川 貴弘, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   92(3) 382-392   2009年3月
本論文では,エッジの連続性を考慮した, Iterated Function System (IFS)に基づく画像拡大法を提案する.従来のIFS画像拡大法では,拡大後の画像において処理の最小単位となるブロックの境界で,本来存在しないはずの輝度値の変化が生じる.また,エッジの連続性を考慮しておらず,拡大後の画像におけるエッジが不連続となる問題が存在した.そこで提案手法では,まず,処理の最小単位となるブロックの重なりを許すことで, IFSによる高近似縮小写像を実現し,ブロック境界での輝度値の変化...
長谷山 美紀, 久光 徹
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   63(1) 42-47   2009年1月
2007年度に3年計画でスタートした情報大航海プロジェクトは,モデルサービスによる実証を通じて次世代の情報検索・解析技術を開発することを目的としている.同時に,実証を通じた制度的課題の洗い出しにより,市場創出に必要な環境整備を目指している.本稿では,開発された技術の中から,マルチメディア情報処理の中核を担う,画像・映像処理技術を紹介する.
上倉 一人, 長谷山 美紀, 村上 和人
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   62(8) 1251-1254   2008年8月
長谷山 美紀
映像情報メディア学会誌 : 映像情報メディア   62(4)    2008年4月
二反田 直己, 鎌倉 純一, 長谷山 美紀
信号処理   11(2) 179-185   2007年3月
KONDO Keiko, HASEYAMA Miki, KITAJIMA Hideo
IEICE transactions on information and systems   90(1) 283-287   2007年1月
A new phase retrieval method using an active contour model (snake) for image reconstruction is proposed. The proposed method reconstructs a target image by retrieving the phase from the magnitude of its Fourier transform and the measured area of t...
SHIRAISHI Shin'ichi, HASEYAMA Miki, KITAJIMA Hideo
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences   89(12) 3724-3729   2006年12月
This paper analyzes the steady-state properties of a CORDIC-based adaptive ARMA lattice filter. In our previous study, the convergence properties of the filter in the non-steady state were clarified; however, its behavior in the steady state was n...
平本 政夫, 小川 貴弘, 長谷山 美紀
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   89(6) 1348-1358   2006年6月
本論文では,撮像素子の多面素化や高画質化の流れを踏まえ,画像の回転・移動等の幾何学的変換にも対応できる大局的な画像識別方法を提案している.提案手法は,ベクトルを利用した投票方式を用いかものであり,画像を輝度こう配を表すベクトルと位置を示すベクトルで表現し,識別のための投票ベクトルと類似度を定義している.また提案手法では,同一画像であれば得票場所が原点に集中し,得票結果が幾何学的な変換に影響されないという特徴がある.原画像に対してガウシアン,メジアンのフィルタリング処理,JPEG圧縮処理を施...
長谷山 美紀
回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集   19 199-203   2006年4月
趙 延軍, 長谷山 美紀, 北島 秀夫
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム   89(4) 836-849   2006年4月
画像内容に基づく画像処理では,画素ではなく,画像中の物体を構成する領域を対象とし,画像の圧縮,検索,認識等様々な処理を行う.そのため,領域を検出し,ラベルを付与する画像分割が必要になる.本論文では画像における輝度値の空間分布を地形とみなすWatershedアルゴリズムによる領域分割を検討する.Watershedアルゴリズムにより,閉じた単一の領域分割線が得られるが,分割結果には領域の未分割及び過剰分割という問題が発生する.本論文においてはこれらの問題を解決するために,原画像を直接処理するこ...

Misc

 
長谷山美紀
可視化情報学会誌   37(144) 24‐29,1(4)   2017年1月
高橋翔, 長谷山美紀
映像情報メディア学会技術報告   40(43(ME2016 125-132)) 9‐12   2016年11月
菅田健斗, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.109   2016年11月
斉藤僚汰, 高橋翔, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.114   2016年11月
原川良介, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.103   2016年11月

書籍等出版物

 
生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用
長谷山 美紀 (担当:共著, 範囲:第5節)
2014年7月   
長谷山 美紀
[北海道大学大学院情報科学研究科]   2005年   

講演・口頭発表等

 
高橋翔, 長谷山美紀
映像情報メディア学会技術報告   2015年12月3日   
高橋翔, 長谷山美紀
映像情報メディア学会技術報告   2015年12月3日   
佐坂勇磨, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月7日   
高橋翔, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月7日   
菅田健斗, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月7日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 長谷山 美紀
生物多様性を規範とする革新的材料技術
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 下村 政嗣
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 長谷山 美紀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 長谷山 美紀
映像検索は、一般に映像データに付与されたメタデータを指標として行われる。高精度なセマンティックメタデータを付与できたとしても、その検索の方式は、キーワードの提示を要求する検索形態に限定され、ユーザの曖昧な要求に応えることはできない。これは、画像や映像、さらには、音楽などのメディアが、固有に保持する性質であり、WWWにおけるテキスト検索にみられる、テキストメディアの性質とは大きく異なる。更に増え続けるディジタルコンテンツを前にして、ユーザが望むコンテンツにいかにして効果的に辿り着くかを考える...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 野村 周平
国立科学博物館においては、昆虫と魚類の観察、写真撮影のためのデジタルマイクロスコープシステム(キーエンス社製)を購入した。昆虫担当の野村班では17サンプル、539枚の画像を撮影した。魚類担当の篠原班(篠原、松浦)ではサメ類を中心に魚類24科35種の体表面構造の探索を行い、SEM画像およびデジタルマイクロスコープ画像合計1,191枚を撮影し、同時にテキストデータも構築した。2012年9月17日、玉川大学にて開催された日本昆虫学会大会で関連のシンポジウムを開催し、野村が基調講演を行った。篠原班...

特許

 
加藤 晴久, 柳原 広昌, 長谷山 美紀, 小川 貴弘
長谷山 美紀, 石川 雄章, 佐久間 智, 紫桃 孝一郎, 黒田 尚士