長谷山 美紀

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/21 16:04
 
アバター
研究者氏名
長谷山 美紀
 
ハセヤマ ミキ
URL
http://www-lmd.ist.hokudai.ac.jp
所属
北海道大学
部署
大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 情報メディア学講座
職名
教授
学位
博士(工学)(北海道大学)

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院情報科学研究科 副研究科長
 
2017年7月
 - 
現在
北海道大学 数理・データサイエンス教育研究センター センター長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 人材育成本部 女性研究者支援室室長
 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 総合IR室副室長
 
2013年4月
 - 
現在
北海道大学 総長補佐
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
現在
文部科学省  平成29年度科学技術分野の文部科学大臣審査委員会科学技術賞審査部会 委員
 
2015年8月
 - 
2017年3月
国立研究開発法人 科学技術振興機構  技術シーズ選抜育成プロジェクト〔ロボティクス分野〕 アドバイザー
 
2015年7月
 - 
現在
北海道経済部産業振興局科学技術振興室  北海道科学技術審議会 委員
 
2015年4月
 - 
2017年2月
文部科学省  科学技術・学術審議会 戦略的基礎研究部会 数学イノベーション委員会臨時委員
 
2015年3月
 - 
現在
文部科学省  科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会等臨時委員
 

受賞

 
2015年5月
映像情報メディア学会 丹羽高柳賞 業績賞
 
2014年6月
総務省北海道総合通信局 平成26年度情報通信月間 北海道総合通信局長表彰
 
2009年
平成20年度電子情報通信学会論文賞
 
2009年
平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 優秀論文発表賞
 
2011年
映像情報メディア学会年次大会 学生優秀発表賞
 

論文

 
Yoshiki Ito,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2017 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2017, New Orleans, LA, USA, March 5-9, 2017   3006-3010   2017年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2017 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2017, New Orleans, LA, USA, March 5-9, 2017   1827-1831   2017年   [査読有り]
Kento Sugata,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
2017 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, ICASSP 2017, New Orleans, LA, USA, March 5-9, 2017   999-1003   2017年   [査読有り]
Array,Ryosuke Harakawa,Takahiro Ogawa,Miki Haseyama
Multimedia Tools Appl.   76(19) 20249-20272   2017年   [査読有り]
Takahiro Ogawa,Akira Tanaka,Miki Haseyama
IEICE Transactions   100-D(10) 2614-2626   2017年   [査読有り]

Misc

 
Shota Hamano, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama
IEEE Access      2017年12月
OAPA This paper presents a language-independent ontology (LION) construction method that uses tagged images in an image folksonomy. Existing multilingual frameworks that construct an ontology deal with concepts translated on the basis of parallel ...
Ryosuke Harakawa, Takahiro Ogawa, Miki Haseyama
Multimedia Tools and Applications   1-28   2017年12月
© 2017 Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature A method to track topic evolution via salient keyword matching with consideration of semantic broadness for Web video discovery is presented in this paper. The proposed method en...
長谷山美紀
電子情報通信学会技術研究報告   117(329(CS2017 62-77)) 101‐106   2017年11月
松本有衣, 原川良介, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.112   2017年10月
堀井風葉, 前田圭介, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.114   2017年10月

書籍等出版物

 
生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用
長谷山 美紀 (担当:共著, 範囲:第5節)
2014年7月   
長谷山 美紀
[北海道大学大学院情報科学研究科]   2005年   

講演・口頭発表等

 
高橋翔, 長谷山美紀
映像情報メディア学会技術報告   2015年12月3日   
高橋翔, 長谷山美紀
映像情報メディア学会技術報告   2015年12月3日   
佐坂勇磨, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月7日   
高橋翔, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月7日   
菅田健斗, 小川貴弘, 長谷山美紀
電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年11月7日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 長谷山 美紀
生物多様性を規範とする革新的材料技術
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究)
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 下村 政嗣
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 長谷山 美紀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 長谷山 美紀
映像検索は、一般に映像データに付与されたメタデータを指標として行われる。高精度なセマンティックメタデータを付与できたとしても、その検索の方式は、キーワードの提示を要求する検索形態に限定され、ユーザの曖昧な要求に応えることはできない。これは、画像や映像、さらには、音楽などのメディアが、固有に保持する性質であり、WWWにおけるテキスト検索にみられる、テキストメディアの性質とは大きく異なる。更に増え続けるディジタルコンテンツを前にして、ユーザが望むコンテンツにいかにして効果的に辿り着くかを考える...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2016年    代表者: 野村 周平
国立科学博物館においては、昆虫と魚類の観察、写真撮影のためのデジタルマイクロスコープシステム(キーエンス社製)を購入した。昆虫担当の野村班では17サンプル、539枚の画像を撮影した。魚類担当の篠原班(篠原、松浦)ではサメ類を中心に魚類24科35種の体表面構造の探索を行い、SEM画像およびデジタルマイクロスコープ画像合計1,191枚を撮影し、同時にテキストデータも構築した。2012年9月17日、玉川大学にて開催された日本昆虫学会大会で関連のシンポジウムを開催し、野村が基調講演を行った。篠原班...

特許

 
加藤 晴久, 柳原 広昌, 長谷山 美紀, 小川 貴弘
加藤 晴久, 柳原 広昌, 長谷山 美紀, 小川 貴弘
長谷山 美紀, 石川 雄章, 佐久間 智, 紫桃 孝一郎, 黒田 尚士