松浦 清隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/18 08:37
 
アバター
研究者氏名
松浦 清隆
 
マツウラ キヨタカ
URL
http://labs.eng.hokudai.ac.jp/labo/LSC/
所属
北海道大学
部署
高等教育推進機構 キャリアセンター
職名
センター長
学位
博士(工学)(北海道大学), 工学修士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年
 - 
現在
北海道大学 高等教育推進機構 キャリアセンター センター長
 
2019年
   
 
北海道大学 高等教育推進機構 特任教授
 
2017年
   
 
北海道大学 大学院工学研究院 特任教授
 
2017年
   
 
北海道大学 名誉教授
 
2008年
   
 
中国ハルビン工程大学 材料科学院 招聘教授
 
2006年
   
 
北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門 教授
 
2003年
   
 
北海道大学 大学院工学研究科 物質工学専攻 助教授
 
2002年
   
 
信州大学 繊維学部 非常勤講師
 
1999年
   
 
英国ブルネル大学 材料科学部 客員研究員(文部省在外研究員)
 
1981年
   
 
北海道大学  工学部 金属工学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1981年
北海道大学 工学研究科 金属工学専攻
 
 
 - 
1979年
北海道大学 工学部 金属工学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本金属学会  北海道支部長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本金属学会  理事
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本金属学会  会誌編集委員長
 
2013年4月
 - 
2018年3月
日本金属学会  北海道支部 運営委員
 
2012年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会  製鋼第19委員会 運営委員
 
2011年4月
 - 
2019年3月
日本金属学会  北海道支部委員
 
2010年4月
 - 
2018年3月
日本金属学会  会誌・欧文誌編集委員
 
2010年4月
 - 
2017年3月
文部科学省  外国人留学生調査研究協力者会議委員
 
2010年4月
 - 
2019年3月
日本溶接学会  代議員
 
2007年4月
 - 
2015年3月
日本金属学会  評議員
 
2006年4月
 - 
2018年3月
軽金属学会  北海道支部 理事
 
2005年4月
 - 
現在
日本溶接協会  北海道地区 溶接技術検定委員会幹事
 
2005年4月
 - 
現在
日本溶接協会  溶接技能評価員
 
2004年4月
 - 
現在
国際層状傾斜材料協会  評議員
 
2004年4月
 - 
2014年3月
日本鉄鋼学会  北海道支部 評議員 
 
2003年4月
 - 
2019年3月
軽金属学会  北海道支部 評議員
 
2003年4月
 - 
2019年3月
日本塑性加工学会  校閲委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本溶接学会  北海道支部 支部長
 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本塑性加工学会  代議員
 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本金属学会  北海道支部 理事
 

受賞

 
2018年6月
AGH University of Science and Technology Honorary Consul
 
2015年3月
日本鋳造工学会 功績賞
 
2013年9月
日本金属学会 学術貢献賞
 
2013年4月
日本溶接学会 溶接学術振興賞
 
2011年11月
軽金属学会 60周年記念功労賞
 
2010年8月
日本工学教育協会賞
 
2007年8月
日本実験力学会 技術賞
 
2006年5月
天田金属加工機械技術振興財団 助成研究成果発表会優秀賞
 
2004年5月
ICPNS 2003 Poster Award
 
1996年3月
日本鉄鋼協会 西山記念賞
 

論文

 
A parametric study of morphology selection in equiaxed dendritic solidification
G. Kim, T. Takaki, Y. Shibuta, K. Matsuura, M. Ohno
Computational Materials Science   162 76-81   2019年   [査読有り]
Importance of microstructural evolution on prediction accuracy of microsegregation in Al-Cu and Fe-Mn alloys
Munekazu Ohno, Masayoshi Yamashita, Kiyotaka Matsuura
Int. J. Heat Mass Transf.   132 1004-1017   2019年   [査読有り]
Coating on Magnesium Alloy with Super Duralumin by Hot Extrusion and Evaluation of Its Surface Properties
Toko Tokunaga, Kazushi Sotomoto, Munekazu Ohno, Kiyotaka Matsuura
Mater. Trans.   59(3) 432-436   2018年3月   [査読有り]
Effects of Cold-Deformation on Austenite Grain Growth Behavior in Solution-Treated Low Alloy Steel
Xianguang Zhang, Kiyotaka Matsuura, Munekazu Ohno
Metals   doi: 10.3390/met8121004    2018年   [査読有り]
Annealing Behavior of Surface-Locally Cold-Deformed Low-Carbon Steel with a Large Strain Gradient
Xianguang Zhang, Kiyotaka Matsuura, Munekazu Ohno
Metals   doi: 10.3390/met8110976    2018年   [査読有り]
Low Temperature Superplasticity of a Dual-Phase Mg-Li-Zn Alloy Processed by a Multi-Mode Defor
T. L. Zhang, T. Tokunaga, M. Ohno, R. Z. Wu, M. L. Zhang, K. Matsuura
Mater. Sci. Eng.   A737 61-68   2018年   [査読有り]
Fabrication of Al-Coated Mg-Li Alloy Sheet and Investigation of Its Properries
T. L. Zhang, T. Tokunaga, M. Ohno, M. L. Zhang, K Matsuura
Acta Metallurgica Sinica   doi.org./10.1007/s40195-018-07 61-68   2018年   [査読有り]
熱感押出法を用いた炭素繊維一方向配向Cu基複合材料の作製と熱伝導特性評価
紺谷博人, 徳永透子, 大野宗一, 佐々木克彦, 松浦清隆
日本金属学会誌   82(5) 125-129   2018年   [査読有り]
Brazed Bonding between SiAlON and Heat-Resistant Alloys with Application of Filler Materials
Toko Tokunaga, Masayuki Koshiyama, Kazuya Kurokawa, Munekazu Ohno, Kiyotaka Matsuura
Mater. Trans.   59 969-975   2018年   [査読有り]
Coating on Mg alloy and their mechanical properties
Toko Tokunaga, Munekazu Ohno, Kiyotaka Matsuura
J. Mater. Sci.Tech.   34 1119-1129   2018年   [査読有り]
徳永透子, 越山将行, 黒川一哉, 大野宗一,松浦清隆
日本金属学会誌   81(3) 143-149   2017年3月   [査読有り]
データ同化に基づく鋳造プロセスにおける伝熱解析のパラメータ推定
岡ゆきみ, 大野宗一, 松浦清隆
鉄と鋼   103(12) 755-762   2017年   [査読有り]
機械学習によるミクロ偏析予測とマクロ偏析シミュレーションへの拡張
大野宗一, 木村大地, 松浦清隆
鉄と鋼   103(12) 720-729   2017年   [査読有り]
熱間押出法によるマグネシウム合金の超ジュラルミン被覆と表面特性の評価
徳永透子, 外本和嗣, 大野宗一, 松浦清隆
日本金属学会誌   81(8) 389-393   2017年   [査読有り]
機械学習によるFe基合金のミクロ偏析生成挙動の予測
大野宗一, 木村大地, 松浦清隆
鉄と鋼   103(12) 711-719   2017年12月   [査読有り]
Fabrication of Carbon Fiber Oriented Al-Based Composites by Hot Extrusion and Evaluation of Their Thermal
Toko Tokunaga, Koichi Takahashi, Munekazu Ohno, Katsuhiko Sasaki, Terumitsu Imanishi, Kiyotaka
Materials Transactions   58 938-944   2017年   [査読有り]
徳永透子, 高橋晃一, 大野宗一, 佐々木克彦, 今西輝光, 松浦清隆
日本金属学会誌   80(10) 640-645   2016年10月   [査読有り]
Masayuki Koshiyama, Hazuki Sako, Munekazu Ohno and Kiyotaka Matsuura
Mater. Trans.   57(9) 1593-1596   2016年9月   [査読有り]
Mater. Trans.   57(6) 927-034   2016年6月   [査読有り]
Munekazu Ohno, Masasi Maruyama, Kiyotaka Matsuura
Metall. Mater. Trans. A   46A(11) 5240-5247   2015年11月   [査読有り]

Misc

 
チタンのTiC被覆およびTi(C,N)被覆
松浦清隆, 林知宏, 大野宗一
チタン   Vol. 61(2) 141-145   2013年
Structure control of austenite grains formed after peritectic and Ac3 transformation
Kiyotaka Matsuura, Munekazu Ohno Shingo Tsuchiya Liang Chen Daisuke Sato
International Iron & Steel Symposium   April 2 – 4    2012年
組成傾斜金属間化合物の合成
松浦清隆, 水田直気, 大野宗一
材料の科学と工学   Vol. 47(No.4) 2-7   2010年
Fabrication of TiC-based cermets using SHS process
Kiyotaka Matsuura, Munekazu Ohno and Tomohiro Tanaka
Proc. 1st Collaborative and Cooperative Symposoium between Harbin Engineering University and Hokkaido University   34-48   2009年
Titanium Aluminide Coating on Titanium Surface Using 3-Dimensional Micro Welder
Kiyotaka Matsuura and Munekazu Ohno
Proc. 1st Collaborative and Cooperative Symposoium between Harbin Engineering University and Hokkaido University   17-33   2009年
3次元マイクロ溶接装置を用いたチタンへのアルミナイド被覆
松浦清隆, 水田直気
2007年度大阪大学接合科学研究所共同研究報告書   176-177   2008年
3次元マイクロ溶接装置を利用した窒化物被覆の調査
松浦清隆, 水田直気
2006年度大阪大学接合科学研究所共同研究報告書   159-160   2007年
マイクロアークを用いたチタンの窒化物被覆
松浦清隆, 高橋孝一
2004年度大阪大学接合科学研究所共同研究報告書   159-160   2006年
松浦 清隆
鉄と鋼   Vol. 91(5) 437-444   2005年
3次元マイクロ溶接法による機能性金属構造体の創製
宮本欽生, 桐原聡秀, 松浦清隆, 工藤昌行
全国共同利用研究所JWRI Symposium 2005 研究成果発表会論文集   175-180   2005年
FABRICATION OF CERAMIC PARTICLE DISPERSED METAL MATRIX COMPOSITES BASED ON COMBUSTION SYNTHESIS REACTIONS
Kiyotaka Matsuura
Proc. 9th International Symposium on Advanced Materials   1-4   2005年
アーク溶融による表面窒化法 -工具鋼とチタンへの応用例-
松浦 清隆
FORM TECH REVIEW   Vol. 15(1) 73-77   2005年
Powder-Metallurgical Process for Fabricating Metallic Microchannel Devices
Tatsuya Ohmi, Masashi Takatoo, Manabu Iguchi, Kiyotaka Matsuura and Masayuki Kudoh
Porous Metals and Metal Foaming Technology, Ed. By H. Nakajima and N. Kanetake, Jpn Inst. Met.   359-364   2005年
Freeform Fabrication of Intermetallic Alloys by 3D Micro Welding
Kiyotaka Matsuura
Trans. JWRI   Vol. 34(2) 45-49   2005年
Fabrication of Ceramic Particle Dispersed Metal Matrix Composites Based on Combustion Synthesis Reactions
Kiyotaka Matsuura
Proc. ISAM-2005      2005年
マイクロアークによる高融点金属の表面窒化
松浦清隆, 宮本欽生
全国共同利用研究所JWRI Symposium 2005 研究成果発表会論文集   97-102   2005年
Combustion Synthesis of Ceramic-Intermetallic Composites
Kiyotaka Matsuura, Yusuke Hikichi and Masayuki Kudoh
Manufacturing Science of Advanced Composites, DSTI and JSPS   123-127   2005年
鍛造ダイス用工具鋼表面のアーク溶融窒化による改質
松浦 清隆
財団法人天田金属加工機械技術振興財団研究報告書   16 112-115   2004年
アーク表面合金化によるアルミナイド被覆
松浦清隆, 有田 大, 高橋孝一
大阪大学接合科学研究所共同研究報告   215-216   2004年
燃焼合成法による耐酸化アルミナイド被覆
松浦 清隆
高温学会誌   Vol. 30(4) 179-187   2004年

書籍等出版物

 
Solidification and Casting
IOP Publishing   2003年   
入門講座流体計測実験テクニック編
日本鉄鋼協会   2003年   
Frontiers of Materials Science
Ohmsha Ltd   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
SPS法によるAl基高強度耐熱合金の開発, セラミック粒子分散超硬合金の開発, Al基鋳造合金の組織制御と機械的性質向上, Al合金のフローフォーミングシミュレーション, 鉄鋼の凝固・変態・粒成長, マグネシウム合金の可塑性向上, マイクロウェルディング, 金属表面のインターメタリック化, 金属間化合物の3次元自由造形
共同研究
研究期間: 2005年   

特許

 
特開2004-232039 : 空隙を有する金属部材の製造方法
松浦 清隆
ノズル装置および金属間化合物形成装置
特願2002-224647
空隙を有する金属成形体の製造方法
特願2003-022929
三次元自由造形法ならびに自由被覆法および装置
特願2003-069281
金属成形体の製造方法
特願2003-078240
金属鋳ぐるみ成形体の製造方法
特願2003-352776
チタン材を表面処理する方法
特開2005-126767
金属部材の製造方法
特開2005-145012
微細空隙を備える金属部材の製造方法
特開2005-272914
粒子分散金属間化合物の製造方法
特願2005-0953-JP02
金属材料製第1構成体に金属複合材料製第2構成体を接合してなる接合型金属構造部材の製造法
特願2002-190124
金属成形体の製造方法
特願2002-69024
被覆層の形成方法
特願2001-338887
接合型金属構造部材の製造方法
特願平10-271612
"三次元自由造形方法および三次元自由造形装置"
特願平11-241498
金属管内周面への被覆形成方法
特願2000-73970
アルミナイド系金属間化合物製第1部材と金属製第2部材との接合方法
特願2000-79310
金属間化合物による被覆方法
特願2000-214226
金属材料表面に対する炭窒化物層形成方法及び表面に炭窒化物層を備えるチタン系金属材料
特願2000-274545
金属/金属間化合物及び金属/セラミックス複合中空管及びその製造方法
特願2001-116121