鈴木 正嗣

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:49
 
アバター
研究者氏名
鈴木 正嗣
 
スズキ マサツグ
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部 共同獣医学科 応用獣医学講座 野生動物医学研究室
職名
教授
学位
畜産学修士(帯広畜産大学), 博士(獣医学)(北海道大学)
その他の所属
連合獣医学研究科応用生物科学研究科応用生物科学部 附属野生動物管理学研究センター

プロフィール

ニホンジカにおける特殊皮膚の構造と機能の解明/免疫組織化学などの手法を用い,ニホンジカに認められる眼窩下洞腺,中足腺,尾腺の形態を明らかにする.

研究分野

 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 教授
 
1989年
 - 
1995年
北海道大学歯学部 助手
 
1995年
 - 
1998年
北海道大学歯学部 講師
 
1998年
 - 
1999年
北海道大学歯学部 助教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
日本獣医生命科学大学 畜産学研究科 獣医学
 
1981年4月
 - 
1985年3月
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学科
 
1985年4月
 - 
1987年3月
帯広畜産大学大学院畜産学研究科獣医学専攻修士課程  
 

論文

 
Serological evidence of influenza A virus infection in Kuril harbor seals (Phoca vitulina stejnegeri) of Hokkaido, Japan
藤井 啓(北海道畜産試験場)
259-263   2007年3月
西興部村猟区利用者の実態とその意識
上田 剛平(兵庫県)
220-233   2007年3月
Prevalence of antibody to hepatitis E virus among wild sika deer, Cervus nippon , in Japan
松浦 友紀子(北海道大学)
1375-1381   2007年4月
Seroepidemiology of Toxoplasma gondii and Neospora caninum in seals around Hokkaido, Japan.
藤井啓(北海道畜産試験場)
393-398   2007年4月
Isolation of a Megatrypanum trypanosome from sika deer (Cervus nippon yesoensis) in Japan
畠間慎一(動物衛生研究所)
56-64   2007年7月

Misc

 
21世紀の狩猟と野生動物管理を考える
鈴木 正嗣(応用生物科学部),須藤 明子(㈱イーグレットオフィス)
シンポジウム1   
Yojiro Yanagawa, Yukiko Matsuura, Masatsugu Suzuki, Shin Ichi Saga, Hideto Okuyama, Daisuke Fukui, Gen Bando, Masashi Nagano, Seiji Katagiri, Yoshiyuki Takahashi, Toshio Tsubota
Journal of Reproduction and Development   61 61-66
© 2015 by the Society for Reproduction and Development. Generally, sika deer conceive a single fetus, but approximately 80% of pregnant females have two corpora lutea (CLs). The function of the accessory CL (ACL) is unknown; moreover, the process ...
Ryota Matsuyama, Toshihiro Yabusaki, Naotoshi Kuninaga, Tomoya Morimoto, Tsukasa Okano, Masatsugu Suzuki, Makoto Asano
Veterinary Parasitology   212 356-360
© 2015 Elsevier B.V. Sarcoptes scabiei is the causal agent of sarcoptic mange in domestic/companion dogs (Canis lupus familiaris) and raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides). Although there have been successful cases of experimental transmission o...
Ryota Matsuyama, Naotoshi Kuninaga, Tomoya Morimoto, Tetsuya Shibano, Akiko Sudo, Kazunari Sudo, Makoto Asano, Makoto Asano, Masatsugu Suzuki, Masatsugu Suzuki, Tetsuo Asai
Journal of Veterinary Medical Science   77 1179-1181
© 2015 The Japanese Society of Veterinary Science. Plesiomonas shigelloides is a causal agent of gastroenteritis, sepsis and meningitis in humans. We examined the prevalence of P. shigelloides among great cormorants (Phalacrocorax carbo hanedae) i...
Satomi Kato, Yojiro Yanagawa, Ryota Matsuyama, Masatsugu Suzuki, Masatsugu Suzuki, Chihiro Sugimoto
Parasitology Research   1-9
© 2015 Springer-Verlag Berlin Heidelberg The protozoan Cryptosporidium occurs in a wide range of animal species including many Cervidae species. Fecal samples collected from the Hokkaido sika deer (Cervus nippon yesoensis), a native deer of Hokkai...

書籍等出版物

 
エゾシカという動物.
知床のほ乳類   2000年   
シカ
獣医繁殖学 第2版(森純一・金川弘司・浜名克己 編),文永堂出版   2001年   
Body Size and Reproductive Status of Sika Deer in the Shari District, Hokkaido
Japan Wildlife Research Center   1991年   
Reproductive Characteristics and Morphology of Accessory Corpora Lutea in Sika Deer in Hokkaido
Elsevier Science Publishers   1993年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ツキノワグマのヘアにおけるDNA解析による個体識別
研究期間: 2007年6月 - 2007年11月    代表者: 鈴木 正嗣(応用生物科学部)
ツキノワグマの出没メカニズムの解明と出没予測システムの開発
研究期間: 2007年9月 - 2008年2月    代表者: 鈴木 正嗣(応用生物科学部)
ニホンジカの個体群動態と狩猟管理
バイオテレメトリーによる野生動物の行動と生理の解析
研究期間: 2001年   
岐阜県におけるニホンカモシカとニホンジカとの種間関係の解明を目的とする緊急調査
研究期間: 2007年10月 - 2008年9月    代表者: 鈴木 正嗣(応用生物科学部)

社会貢献活動

 
社団法人 エゾシカ協会
【】  2005年4月1日 - 2009年3月31日
理事
応用動物行動学会
【】  2006年4月1日 - 2008年3月31日
評議員
狩猟鳥獣の見直しに関する検討委員会
【】  2007年2月
検討委員
農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー制度
【】  2007年4月
アドバイザー
エゾシカ保護管理検討会
【】  2007年4月1日
委員