山口 泰彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/27 17:31
 
アバター
研究者氏名
山口 泰彦
 
ヤマグチ タイヒコ
所属
北海道大学
部署
歯学研究院
職名
教授
学位
歯学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
北海道大学 歯学研究科 歯学臨床系
 
 
 - 
1983年
北海道大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
1999年
 - 
2003年
日本顎口腔機能学会  評議員
 
1999年
 - 
2003年
日本頭蓋下顎障害学会  理事
 

論文

 
顎関節の形態変化や咀嚼筋障害に起因する二次的咬合異常
山口 泰彦
日補綴会誌   10 123-128   2018年   [招待有り]
Effects of Low-Intensity Contractions of Different Craniofacial Muscles in Healthy Participants - An Experimental Cross-Over Study
Ikoma T, Bendixen KH, Arima T, Dawson A, Yamaguchi T, List T, Svensson P
Headache   58 559-569   2018年   [査読有り]
A newly developed ultraminiature wearable electromyogram system useful for analyses of masseteric activity during the whole day.
Yamaguchi T, Mikami S, Saito M, Okada K, Gotouda A.
J Prosthodont Res   62 110-115   2018年   [査読有り]
History of and Current Situation Regarding Dental CAD / CAM Systems and Future Perspectives
Ueda Y, Yamaguchi T.
Hokkaido Journal of Dental Science   38(Special issue) 104-110   2017年   [招待有り]
超小型ウェアラブル筋電計を用いた夜間睡眠時ブラキシズム評価
山口泰彦,三上紗季,斎藤未來,中島利徳,前田正名,齋藤大嗣,佐久間俊光,谷内田渉,後藤田章人,岡田和樹
日補綴会誌   9 365-373   2017年   [査読有り]
Tamaki K, Ishigaki S, Ogawa T, Oguchi H, Kato T, Suganuma T, Shimada A, Sadamori S, Tsukiyama Y, Nishikawa Y, Masumi S, Yamaguchi T, Aita H, Ono T, Kondo H, Tsukasaki H, Fueki K, Fujisawa M, Matsuka Y, Baba K, Koyano K
Journal of prosthodontic research   60(3) 156-166   2016年7月   [査読有り]
ブラキシズム患者の日常生活における咀嚼時咬筋筋電図%MVC 値と最大咬合力の関係
中島利徳,山口泰彦,三上紗季,菱川龍樹,斉藤未來,岡田和樹,後藤田章人,谷内田渉,前田正名
顎機能誌   23 10-16   2016年   [査読有り]
顎機能異常者の睡眠時と食事時における咬筋活動の比較検討
中島利徳,山口泰彦,三上紗季,斎藤未來,渡辺一彦,岡田和樹,後藤田章人,谷内田渉
北海道歯学会誌   37 11-19   2016年   [査読有り]
クローズドロックに継発する前歯部開咬の臨床的特徴
後藤田章人,山口泰彦,金子知生,岡田和樹,三上紗季,箕輪和行,井上農夫男
日補綴会誌   8 281-288   2016年   [査読有り]
Sclerostin Enhances Adipocyte Differentiation in 3T3-L1 Cells
Ukita M, Yamaguchi T, Ohata N, Tamura M.
J Cell Biochem   117 1419-1428   2016年   [査読有り]
Weak association between sleep bruxism and obstructive sleep apnea. A sleep laboratory study.
Saito M, Yamaguchi T, Mikami S, Watanabe K, Gotouda A, Okada K, Hishikawa R, Shibuya E, Shibuya Y, Lavigne G.
Sleep Breath   20 703-709   2016年   [査読有り]
Rhythm and amplitude of rhythmic masticatory muscle activity during sleep in bruxers - comparison with gum chewing.
Matsuda S, Yamaguchi T, Mikami S, Okada K, Gotouda A, Sano K.
Cranio   34 234-241   2016年   [査読有り]
山口 泰彦, 三上 紗季, 渡辺 一彦, 佐藤 華織
日本歯科理工学会誌   34(3) 195-198   2015年5月   [招待有り]
Changes in collagens and chondrocytes in the temporomandibular joint cartilage in growing rats fed a liquid diet.
Uekita H, Takahashi S, Domon T, Yamaguchi T.
Ann Anat   202 78-87   2015年   [査読有り]
Symptoms and physiological responses to prolonged, repeated, low-level tooth clenching in humans.
Takeuchi T, Arima T, Ernberg M, Yamaguchi T, Ohata N, Svensson P.
Headache   55 381-394   2015年   [査読有り]
澁谷 智明, 矢谷 博文, 藤澤 政紀, 林 勝彦, 玉井 和樹, 成田 紀之, 原 節宏, 馬場 一美, 尾口 仁志, 金村 清孝, 山口 泰彦, 和気 裕之, 西川 洋二, 塚原 宏泰, 松香 芳三, 葉山 莉香, 玉置 勝司, 島田 淳, 古谷野 潔, 鱒見 進一, 窪木 拓男, 皆木 省吾, 貞森 紳丞
日本顎関節学会雑誌   26(3) 196-203   2014年   [査読有り]
目的:多施設にて咬合違和感を訴える患者に関するデータ収集を行い,その実態を調査することを目的とした。対象および方法:各施設を受診した咬合違和感を訴える患者202症例中,調査票で転帰が明らかな180症例を対象とした。患者調査票を作成し,受診までの項目(性別,年齢,病悩期間,主訴の分類,咬合違和感を感じる歯,咬合違和感を感じる部位,咬合違和感を感じる歯の状態,前医でこれまでに受けた治療法)について分析した。結果:性別では男性37名,女性143名で女性に多かった。年齢の中央値(25パーセンタイル...
Saito M, Yamaguchi T, Mikami S, Watanabe1 K,Gotouda A, Okada K, Hishikawa R, Shibuya E, Lavigne G
J Sleep Res   23 196-203   2014年   [査読有り]
玉置 勝司, 石垣 尚一, 小川 匠, 尾口 仁志, 加藤 隆史, 菅沼 岳史, 島田 淳, 貞森 紳丞, 築山 能大, 西川 洋二, 鱒見 進一, 山口 泰彦, 會田 英紀, 小野 高裕, 近藤 尚知, 塚崎 弘明, 笛木 賢治, 藤澤 政紀, 松香 芳三, 馬場 一美, 古谷野 潔
日本補綴歯科学会誌 = Annals of Japan Prosthodontic Society   5(4) 369-386   2013年10月   [招待有り]
難症例の1つに咬み合わせ異常感や違和感があり,その訴えに対応する客観的所見が確認できない症例に遭遇することがある.通常,咬合紙,ワックス,シリコーンなどを用いて確認はするものの,咬合接触状態に特に異常は見つからない.さらに,患者の咬合に関する執拗な訴えに対して歯科医師が患者に問題の部位を確認してもらい,患者の指示により咬合調整を行ってしまうといった患者の感覚主導型治療に陥ってしまうことがある.その結果,患者の訴えは改善しないばかりか,逆に悪化することもさえもある.そして,患者と歯科医師の信...
A case of pigmented villonodular synovitis, with few clinical symptoms, arising from the temporomandibular joint
Okada K, Yamaguchi T, Minowa K, Totsuka Y, Shindoh M
Oral Radiol   29 74-79   2013年   [査読有り]
Kato T, Yamaguchi T, Okura K, Abe S, Lavigne GJ
J Prosthodont Res   57 69-81   2013年   [招待有り]
頭部の傾斜が咬筋組織血流に及ぼす影響
岡田和樹,山口泰彦,小松孝雪,後藤田章人,三上紗季
顎機能誌   印刷中    2013年   [査読有り]
菱川龍樹,山口泰彦,斎藤未來,三上紗季,後藤田章人,岡田和樹
顎機能誌   19 125-136   2013年   [査読有り]
渡辺一彦,山口泰彦,後藤田章人,岡田和樹,三上紗季,菱川龍樹
顎機能誌   19 125-136   2013年   [査読有り]
石井 久也, 浪田 健, 山口 泰彦, 斎藤 未来, 澁谷 英二, 清水 孝一
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   111(482) 31-36   2012年3月
睡眠時無呼吸症候群と睡眠時ブラキシズム(SB)が随伴する可能性を明らかにするため,睡眠時の長時間筋電図記録からSBの発生を自動検出するアルゴリズムの考案を行った.この方法では,まず,複数のSBのトレーニング波形から基ベクトルを構成する.これを用いて,対象波形の最適化直交展開を行い,第一主成分への集中度を求める.この集中度のピーク位置から,筋電図中のSBの波形を検出する.被験者8名の臨床データに対し,専門医の目視による判定と比較した結果,79.5%の感度,89.3%の特異度でSBを検出可能な...
Matsuda S, Yamaguchi T, Okada K, Gotouda A, Mikami S
J Prosthodont Res   56(1) 37-41   2012年1月   [査読有り]
Yamaguchi T, Abe S, Rompré PH, Manzini C, Lavigne GJ
J Oral Rehabil   39 2-10   2012年   [査読有り]
松田慎平,山口泰彦,三上紗季,岡田和樹,後藤田章人,渡辺一彦
顎機能誌   17 29-37   2010年   [査読有り]
Tooth wear in young subjects: a discriminator between sleep bruxers and controls?
Abe S, Yamaguchi T, Rompré PH, De Grandmont P, Chen YJ, Lavigne GJ.
Int J Prosthodont   22(4) 342-350   2009年7月   [査読有り]
Mikami S, Yamaguchi T, Okada K, Gotouda A, Gotouda S.
J Prosthodont Res   53(1) 22-27   2009年1月   [査読有り]
超小型コードレス筋電図計測システムの夜間睡眠時咬筋筋活動測定への応用
三上紗季,山口泰彦,岡田和樹,後藤田章人,松田慎平
顎機能誌   15 121-130   2009年   [査読有り]
Bruxism physiology and pathology: an overview for clinicians.
Lavigne GJ, Khoury S, Abe S, Yamaguchi T, Raphael K.
J Oral Rehabil   35 476-494   2008年   [査読有り][招待有り]
Yamaguchi T, Mikami S, Okada K.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod   104(5) e22-e27   2007年11月   [査読有り]
佐藤 千晴, 井上 農夫男, 山口 泰彦, 箕輪 和行, 園部 昌治, 飯塚 正, 金田 泰幸, 北川 善政
北海道歯学雑誌   28(1) 83-88   2007年6月
後藤田 章人, 山口 泰彦, 岡田 和樹, 松樹 隆光
日本顎口腔機能学会雑誌   13(2) 93-102   2007年2月
本研究の目的は,咀嚼筋活動や顎位など管楽器演奏時の顎機能の特徴を明らかにし,管楽器演奏により顎関節や咀嚼筋へかかる負荷を検討することである.被験者として金管楽器奏者18名,木管楽器奏者12名を対象に管楽器演奏時の咬筋,側頭筋,口輪筋,顎二腹筋の筋電図測定,および下顎切歯点の移動距離の測定を行い,以下の結果を得た.1.口輪筋,顎二腹筋の筋活動量は比較的大きかったが,咬筋,側頭筋の活動量は最大咬みしめ時に比較すると極めて小さかった.2.音量の大小で各筋の活動量に明らかな変化はなかった.3.金管...
Yamaguchi T, Komatsu K, Okada K, Matsuki T, Gotouda A
Cranio : the journal of craniomandibular practice   25(1) 50-56   2007年1月   [査読有り]
Influence of playing wind instruments on activity of masticatory muscles
Gotouda A, Yamaguchi T, Okada K, Gotouda S, Matsuki T, Inoue N.
J Oral Rehabil   34 645-651   2007年   [査読有り]
Condylar movements of temporomandibular disorders patients with intermittent lock: a pilot study
Yamaguchi T, Komatsu K, Okada K, Matsuki T, Gotouda A.
Cranio   25 50-56   2007年   [査読有り]
A clinical study on persistent uncomfortable occlusion
Yamaguchi T, Mikami S, Okada K, Matsuki T, Gotouda A, Gotouda S, Satoh K, Komatsu K.
Prosthodont Res Pract   6 173-180   2007年   [査読有り]
Yamaguchi T, Komatsu K, Okada K, Matsuki T.
Cranio   24(3) 171-178   2006年7月   [査読有り]
[Problems and possibility of resin abutment construction with a combined use of fiber posts: at the beginning of discussion].
Ishigami K, Kurasawa I, Yamaguchi T
Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi   50(2) 145-165   2006年4月   [招待有り]
Multivariate analyses of factors influencing masticatory muscle activity after the use of occlusal splints
Matsuki T, Yamaguchi T, Okada K, Gotouda A
Prosthodont Res Pract   5 97-103   2006年   [査読有り]
松樹 隆光, 山口 泰彦, 岡田 和樹, 井上 農夫男
北海道歯学雑誌   26(2) 125-133   2005年12月   [査読有り]
松永 兼剛, 尾田 充孝, 山口 博雄, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 井上 農夫男, 山口 泰彦
北海道歯学雑誌   26(2) 103-114   2005年12月
Okada K., Yamaguchi T., Komatsu K.,Matsuki T., Gotouda A., Minowa K., Inoue N.
Cranio   23(3) 166-173   2005年7月   [査読有り]
岡田 和樹, 山口 泰彦, 小松 孝雪, 松樹 隆光, 後藤田 章人, 三好 貴之
日本顎口腔機能学会雑誌   11(2) 107-115   2005年2月
本研究では, マイオモニター^[○!R]に温罨法同様の咀嚼筋血流改善効果があるか否かを明らかにすることを目的に, 温罨法およびマイオモニター施行前後の咬筋組織内ヘモグロビン量, 酸素飽和度(StO_2)の変動を測定し, 比較検討した.被験者は顎口腔系に異常が認められない健常者で, 温罨法群10名, マイオモニター群10名とした.ヘモグロビン量とStO_2の測定には近赤外分光血流計を用いた.測定項目は総ヘモグロビン量(THb), オキシヘモグロビン量(OXHb), デオキシヘモグロビン量(d...
岡田 和樹, 山口 泰彦, 小松 孝雪, 松樹 隆光, 後藤田 章人, 三好 貴之
日本顎口腔機能学会雑誌   11(2) 107-115   2005年   [査読有り]
本研究では, マイオモニターに温罨法同様の咀嚼筋血流改善効果があるか否かを明らかにすることを目的に, 温罨法およびマイオモニター施行前後の咬筋組織内ヘモグロビン量, 酸素飽和度 (StO2) の変動を測定し, 比較検討した.被験者は顎口腔系に異常が認められない健常者で, 温罨法群10名, マイオモニター群10名とした.ヘモグロビン量とStO2の測定には近赤外分光血流計を用いた.測定項目は総ヘモグロビン量 (THb) , オキ...
The influence of hot pack therapy on the blood flow in masseter muscles
Okada K., Yamaguchi T., Minowa K., Inoue N.
J Oral Rehabil   32 480-486   2005年   [査読有り]
中川 貴裕, 山口 泰彦, 朝田 尚衡, 山岡 雄司, 吉田 重光, 戸塚 靖則
日本口腔科学会雜誌   53(1) 22-36   2004年1月
山口 泰彦, 松樹 隆光
日本顎口腔機能学会雑誌   10(1) 19-24   2003年   [招待有り]
本稿では, 咀嚼筋の異常の他に関連症状を有して当科を受診した3症例を呈示し, 顎関節症症状と関連症状の関わり方の複数のパターンについて考えた.症例1は, めまい, 平衡感覚の異常, 症例2は軟口蓋振戦を有していたが, スプリントや咬合改善治療により, それらの症状は改善した.症例3は, 手の振戦, 咬筋, 僧帽筋, 胸鎖乳突筋のこわばりとだるさ, 開口障害, 咀嚼障害, 嚥下障害などを有し, 関連各科では明確な診断がつかず, 歯科では顎関節症の疑いとされたが, 結果的に筋萎縮性側索硬化症 ...
佐藤 華織, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 箕輪 和行, 山本 隆昭, 大畑 昇
北海道歯誌   16:12〜19(2) 230-243   2002年12月
由良 晋也, 戸塚 靖則, 大井 一浩, 馬渕 亜希子, 由川 哲也, 出山 文子, 大廣 洋一, 後藤田 章人, 松樹 隆光, 岡田 和樹, 山口 泰彦, 小松 孝雪, 井上 農夫男
TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌   14(2) 200-204   2002年8月
咬合力と関節内圧との相関関係を明らかにする目的で, クローズド・ロック症例と顎関節症状のないボランティアの咬合力と関節内圧を同時に測定したので報告する。<BR>対象は, クローズド・ロック症例4名4関節と顎関節症状のないボランティア4名4関節である。プレスケール50HタイプRを用いて咬合力を測定し, 動脈圧モニタリング用のトランスデューサーを用いて関節内圧を測定した。<BR>咬合力と関節内圧との間の相関係数は, クローズド・ロック症例とボランティアのいずれも0.7以上 (0.710~0.9...
A new training device for rehabilitation of lateral mandibular movements: a pilot study.
Komatsu K, Yamaguchi T, Ohata N
Cranio : the journal of craniomandibular practice   20(3) 198-203   2002年7月   [査読有り]
Electromyographic activity of the jaw-closing muscles during jaw opening in patients with masseter muscle contracture.
Yamaguchi T, Satoh K, Komatsu K, Inoue N, Minowa K, Totsuka Y
Cranio : the journal of craniomandibular practice   20(1) 48-54   2002年1月   [査読有り]
山本 智史, 山口 泰彦, 小松 孝雪, 会田 英紀, 岡田 和樹, 大畑 昇
顎機能誌   8:31-40(1) 31-40   2001年11月
これまで短期間で測定日を変え下顎限界運動のばらつきを調べた報告はほとんどない.そこで今回, 健常有歯顎者の短期間における経日的な下顎限界運動範囲の再現性についての検討を行った.また, 下顎運動の再現性に対し影響を及ぼす因子の一つである顎運動測定器の生体基準点の再現性についても検討した.〈方法〉被験者は26歳から31歳までの健常有歯顎者5名である.被験運動は, 矢状面内限界運動, および前頭面内限界運動とし, それぞれの運動を1日5回ずつ連続5日間計測して限界運動範囲の前後幅と左右幅を求めた...
中川 志乃美, 山口 泰彦, 小松 孝雪, 佐藤 華織, 會田 英紀, 山本 智史, 岡田 和樹, 大畑 昇, 井上 農夫男, 由良 晋也, 戸塚 靖則
TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌   13(2) 271-276   2001年8月
Analyses of muscular activity, energy metabolism and muscle fiber type composition in a patient with bilateral masseteric hypertrophy
J Craniomandib Pract   19:294-301    2001年
山口 泰彦, 山本 智史, 小松 孝雪, 箕輪 和行, 井上 農夫男, 戸塚 靖則
日本顎関節学会雑誌   12(2) 234-239   2000年9月
われわれは, 関節隙の浮腫性拡大により一過性に片側性の臼歯部開咬 (posterior open bite, 以下POBと略す) を来した顎関節症症例を経験したので報告する。患者は, 急性の左側POBおよび左側顎関節の自発痛, 運動痛を有する26歳の女性で, POB発現の2日後に来院した。外傷の既往や開口障害はなく, 腫張, 熱感など顕著な炎症症状もなかったが, MRI所見では両側復位性円板前方転位で, 左側にjoint effusion像を伴う関節隙の拡大がみられた。左側顎関節の安静と消...
井上 農夫男, 村上 有二, 西方 聡, 尾田 充孝, 小林 隆, 山口 博雄, 斉藤 滋夫, 由良 晋也, 山口 泰彦, 箕輪 和行, 戸塚 靖則
北海道歯学雑誌   21(1) 77-81   2000年6月
井上 農夫男, 山口 泰彦, 佐藤 淳, 佐藤 千春, 箕輪 和行, 飯塚 正
日本口腔外科学会雑誌   46(5) 307-309   2000年5月
A 26-year-old woman was referred to our clinic on December 22, 1993, because of limited mandibular movement. Minor restriction of mouth opening was first noticed at 10 years of age, during a dental health examination. The patient became aware of p...
嶋谷 庸子, 山口 泰彦, 小松 孝雪, 会田 英紀, 山本 智史, 大畑 昇
日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society   44(1) 160-167   2000年2月
Questionnaires on dietary intake were given to 62 temporomandibular disorder (TMD) patients and 31 normal volunteers in order to evaluate masticatory function in TMD patients. The results were as follows:<BR>1. For several of the foods listed in t...
日本口腔外科学会雑誌   46(5) 307-309   2000年
佐藤 淳, 由良 晋也, 佐藤 千晴, 小松 孝雪, 山口 泰彦, 門脇 繁, 畔田 貢, 戸塚 靖則, 福田 博
北海道歯学雑誌   20(2) 186-191   1999年12月
小松孝雪, 山口泰彦, 会田英紀, 大畑昇
日本顎関節学会雑誌   11(2) 132-135   1999年8月
由良 晋也, 戸塚 靖則, 工藤 善史, 堀向 弘眞, 鈴木 豊典, 由川 哲也, 安田 睦, 樋田 京子, 門脇 繁, 小林 隆, 山口 泰彦, 井上 農夫男
日本口腔外科学会雑誌   44(10) 787-793   1998年10月
Fourteen patients (17 joints) with TMJ closed lock treated by stabilization splints, were evaluated with regard to condyle movement and changes in the disc and bone by means of MR imaging before and after treatment.<BR>In all 13 joints that respon...
佐藤 淳, 由良 晋也, 佐藤 千晴, 小林 隆, 戸塚 靖則, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 福田 博
北海道歯学雑誌   19(1) 45-51   1998年6月
Electromyographic activity of the jaw-closing muscles before and after unilateral coronoidectomy performed on a patient with coronoid hyperplasia: A case study
Yamaguchi T., Komatsu K., Yura S., Totsuka Y., Nagao Y., Inoue.N.
Cranio   16 275-282   1998年   [査読有り]
山口 泰彦, 佐藤 華織, 小松 孝雪, 木村 朋義, 内山 洋一, 箕輪 和行
日本顎口腔機能学会雑誌   4(1) 9-15   1997年8月
この研究の目的は^<31>P-Magnetic Resonance Spectroscopy (MRS)を用いて顎関節症患者の咬筋のエネルギー代謝を分析し, 安静時でも咬筋筋組織内のエネルギー源が減少した状態になっているか否かを明らかにすることである.咬筋の疼痛や拘縮を主症状とする顎関節症患者7名, およびコントロールとした顎口腔系に異常の認められない正常有歯顎者7名の咬筋に対し^<31>P-MRS検査を行ない, ATPの再合成のためのエネルギーの供給源として働くクレアチンリン酸(PCr)...
山口 泰彦, 内山 洋一
接着歯学   15(3) 255-261   1997年8月
山口 泰彦, 内山 洋一
接着歯学   15(3) 255-261   1997年
クラウン辺縁部のエナメル質残存の程度と二次齲蝕の進行形態の関連性を明らかにするため、ヒト下顎小臼歯の健全抜去歯にリン酸亜鉛セメントでクラウンを合着した後、乳酸ゲラチン (pH4) を用いて人工二次齲蝕を作製し観察を行なった。<BR>その結果、 1) 辺縁付近のエナメル質を全て切削し、セメント質または象牙質に辺縁を設定した場合には、合着用セメントの溶出部位や辺縁漏洩部に脱灰像が認められた。 2) 辺縁および支台歯形成面がエナメル質の場合には合着用セメントが溶出し形成面が露出しても辺縁付近の一...
木村 朋義, 佐藤 華織, 今上 岳彦, 小島 一紀, 長尾 美則, 石山 司, 小松 孝雪, 上田 康夫, 内山 洋一, 山口 泰彦
北海道歯学雑誌   16(1) 12-19   1995年6月
光造形法の歯科領域への応用-下顎運動領域の立体モデル化-(共著)
日本コンピュータ支援外科学会会誌   3,1-8    1995年
由良 晋也, 大類 晋, 畔田 貢, 戸塚 靖則, 樋田 京子, 門脇 繁, 小林 隆, 津山 昌嗣, 山口 泰彦, 井上 農夫男, 原田 浩之
日本口腔外科学会雑誌   40(4) 519-524   1994年
To evaluate the efficacy of lavage manipulation technique, 15 patients with persistent closed lock of the TMJ were treated by this method. The patients consisted of 1 male and 14 females. Age of the patients ranged from 18 to 66 years, with an ave...
由良 晋也, 戸塚 靖則, 樋田 京子, 佐藤 淳, 津山 昌嗣, 門脇 繁, 山口 泰彦, 中村 武之, 井上 農夫男, 福田 博, 三浦 尚徳, 中村 博行
日本口腔外科学会雑誌   39(10) 1049-1056   1993年
Although radiographic examination is generally used to diagnose lesions in the temporomandibular joint (TMJ), its reliability is still controversial. In this study, radio tomographic and single-contrast arthro tomographic findings were compared wi...
顎関節雑音と顎運動の関連性-特に顎頭運動との関連性について-(共著)
日本顎関節学会雑誌   5(1) 159   1993年
戸塚 靖則, 津山 昌嗣, 佐藤 淳, 由良 晋也, 中村 武之, 福田 博, 山口 泰彦
日本顎関節学会雑誌   4(3) 403-416   1992年
顎関節クローズド・ロック症例における顎関節腔内病変の種類, 頻度, 部位, 程度を明らかにする目的で, 臨床的に顎関節クローズド・ロックと診断した39名54関節の鏡視所見を検討した。滑膜炎所見は51関節 (94%) に認められた。滑膜炎は, 後方滑膜で93%と特に高頻度であったが, 前方滑膜, 内側滑膜でもそれぞれ73%, 70%と比較的高頻度に認められた。癒着は42関節 (78%) に認められた。部位別では, 前方腔が62%と高頻度で, その他の部位は30%前後であった。形状は, 前方腔...
戸塚 靖則, 福田 博, 山口 泰彦, 対馬 哲郎, 津山 昌嗣, 大類 晋, 宮腰 哲二, 辺見 亨, 牧野 修二郎, 中村 武之, 臼井 康裕
日本口腔科学会雑誌   41(1) 104-109   1992年
The aim of this study is to evaluate the effectiveness of physio-medical therapy for temporomandibular joint (TMJ) syndrome with myofascial pain dysfunction. The subjects were 30 patients clinically diagnosed TMJ syndrome: nine had myofascial pain...
戸塚 靖則, 対馬 哲郎, 津山 昌嗣, 半澤 元章, 斎藤 徹, 中村 武之, 福田 博, 山口 泰彦, 中村 博行
日本顎関節学会雑誌   3(2) 310-316   1991年
両側性下顎筋突起過形成の2症例を報告する。1例は17歳の男性で, 14歳時に開口障害を自覚した。他の1例は13歳男児で, 10歳時に異常に気づいた。2例とも顎関節症と診断され, 下顎筋突起過形成と正しく診断されるまでの数年間, 理学療法やスプリント療法を受けていた。口内法による筋突起切除術を行い, 良好な結果がえられた。<br>文献的検索では, 本疾患は現在までに49例が報告されているに過ぎず, しかもその大部分は19歳以下の男性に生じたものであった。本疾患の中には正しく診断されるまでに長...
鵜野 修次, 丸山 道朗, 木村 朋義, 久恒 泰宏, 安原 伸夫, 山口 泰彦, 内山 洋一
下顎運動機能とEMG論文集   8 133-140   1990年
山口 泰彦
日本補綴歯科学会雑誌   33(6) 1328-1341   1989年12月
The purpose of this study was to investigate the state of the natural secondary caries and in vitro artificial secondary caries, associated with cast restorations cemented with zinc phosphate cement, histopathologically. For this study, the method...
横山 尚弘, 澤田 明, 山口 泰彦, 丸山 道朗, 木村 朋義, 内山 洋一
日本顎関節学会雑誌   1(1) 110-121   1989年
顎関節雑音は, 顎関節症の症状の1つとして高頻度に認められ, その発現時期・大きさなどを分析することは, 病態の把握, 治癒過程の判定などにとって重要である。<br>著者らは, 従来のシロナソ・アナライジング・システムに改良を加え, 下顎運動と顎関節雑音を同時記録することにより, 下顎運動の変化と顎関節雑音の関連を詳細に検討してきた。<br>本研究は, 顎関節雑音を一症状とする顎関節症患者の顎関節内部の状態の推測や病態の診断, 治療効果の判定を行なうことと, 下顎運動とそれに伴って発現する...

Misc

 
犬歯誘導療法を行った顎関節症患者の経過観察
補綴臨床   24(4)    1991年
山口 泰彦
北海道歯学雑誌   23(1) 79-81   2002年6月
山口 泰彦, 後藤田 章人, 佐藤 華織, 金子 知生, 岡田 和樹
日本歯科評論   78(3) 103-112   2018年3月
北海道大学歯学部附属病院特殊歯科治療部における顎関節症患者の臨床経過について
北海道歯科医師会誌   46    1991年
最近の顎関節症の考え方と治療法(1)
月刊保団連   362    1991年
最近の顎関節症の考え方と治療法(2)
月刊保団連   364    1991年
山口泰彦
補綴臨床   22 346-353   1989年

書籍等出版物

 
筋電図咀嚼リズム(CV値)を用いた顎関節症患者の治療効果の判定法
顎口腔機能分析の基礎とその応用(デンタルダイヤモンド社)   1991年   
スプリント療法に関するQ&A
スプリント療法の実際(日本歯科評論社)   1999年   

講演・口頭発表等

 
「デンタルプレスケール」を用いた咬合接触圧の測定 第3報 左右側の咬合接触点数の違いが咬合接触圧の左右比に及ぼす影響(共著)
補綴誌   1996年   
「デンタルプレスケール」を用いた咬合接触圧の測定-第2報 咬合接触圧の左右比に関する検討-(共著)
補綴誌   1996年   
顎運動測定器のクラッチ装着の規格化と簡略化-アタッチメントの応用-(共著)
補綴誌   1995年   
光造形システムを用いた下顎運動範囲の立体モデル化 第2報下顎頭の運動領域
日顎誌   1995年   
顎関節複雑音を有する顎関節症患者の治療経過(共著)
日顎誌   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
顎関節症と顎運動の関連性
咀嚼筋の筋疲労の定量化に関する研究