細川 雅史

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/20 17:28
 
アバター
研究者氏名
細川 雅史
 
ホソカワ マサシ
URL
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~s16805/index.html
所属
北海道大学
部署
大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 生物資源化学分野
職名
教授
学位
博士(水産学)(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院水産科学研究院 生物資源化学講座 教授
 
2009年
 - 
2017年3月
北海道大学 水産科学研究科(研究院) 准教授
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
日本栄養食糧学会  代議員
 
2004年
 - 
現在
日本油化学会  国際交流委員
 
2015年3月
   
 
日本農芸化学会学術活動強化委員
 
2012年
   
 
日本食品科学工学会   英文誌編集委員
 
2012年
   
 
日本油化学会  関東支部評議員
 
2012年
   
 
日本栄養食糧学会  支部参与
 
2012年
 - 
2015年3月
日本農芸学会  北海道支部幹事
 
2008年
   
 
脂質栄養学会  評議員
 
2002年
 - 
2006年
日本油化学会  若手の会 幹事
 
2003年
 - 
2005年
日本水産学会  若手の会 幹事
 
2002年
 - 
2004年
日本水産学会  支部庶務幹事
 
2004年
   
 
日本油化学会  関東支部 企画委員
 

受賞

 
2014年
アスタキサンチン研究会 第9回 Astaxanthin Award
 
2012年
日本油化学会 WCOS2012 Outstanding Poster Presentation Award
 
2001年
平成13年度 日本水産学会奨励賞
 
2002年
平成14年度 日本油化学会オレオサイエンス賞
 
2003年
The American Oil Chemists' Society, Health & Nutrition Devision, Best Overall Poster Award.
 

論文

 
Koizumi J, Takatani N, Kobayashi N, Mikami K, Miyashita K, Yamano Y, Wada A, Maoka T, Hosokawa M
Marine drugs   16(11)    2018年11月   [査読有り]
Uchida H, Itabashi Y, Watanabe R, Matsushima R, Oikawa H, Suzuki T, Hosokawa M, Tsutsumi N, Ura K, Romanazzi D, Miller MR
Food chemistry   252 84-91   2018年6月   [査読有り]
Miyashita K, Uemura M, Hosokawa M
Annual review of food science and technology   9 209-226   2018年3月   [査読有り]
Shibata A, Uemura M, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of oleo science   67(5) 515-524   2018年   [査読有り]
Terasaki M, Kawagoe C, Ito A, Kumon H, Narayan B, Hosokawa M, Miyashita K
Saudi journal of biological sciences   24(7) 1475-1482   2017年11月   [査読有り]
Tian Y, Katsuki A, Romanazzi D, Miller MR, Adams SL, Miyashita K, Hosokawa M
Journal of oleo science   66(10) 1149-1156   2017年10月   [査読有り]
Takahashi K, Hosokawa M, Kasajima H, Hatanaka K, Kudo K, Shimoyama N, Miyashita K
Oncology letters   10(3) 1463-1467   2015年9月   [査読有り]
Yang YH, Du L, Hosokawa M, Miyashita K, Kokubun Y, Arai H, Taroda H
Journal of oleo science   66(4) 363-368   2017年4月   [査読有り]
Tian Y, Romanazzi D, Miyashita K, Hosokawa M
Journal of oleo science   65(12) 1017-1022   2016年12月   [査読有り]
Uemura M, Shibata A, Hosokawa M, Iwashima-Suzuki A, Shiota M, Miyashita K
Journal of oleo science   65(9) 713-722   2016年9月   [査読有り]
Yamauchi I, Uemura M, Hosokawa M, Iwashima-Suzuki A, Shiota M, Miyashita K
Food & function   7(9) 3854-3867   2016年9月   [査読有り]
Ravi Kumar S, Narayan B, Sawada Y, Hosokawa M, Miyashita K
Molecular and cellular biochemistry   417(1-2) 57-65   2016年6月   [査読有り]
Ravi Kumar S, Narayan B, Kizawa Y, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of food science and technology   53(4) 2139-2143   2016年4月   [査読有り]
Kuroe M, Kamogawa H, Hosokawa M, Miyashita K
Lipids   51(1) 39-48   2016年1月   [査読有り]
Maeda H, Kanno S, Kodate M, Hosokawa M, Miyashita K
Marine drugs   13(8) 4799-4813   2015年8月   [査読有り]
Takatani N, Nakanishi M, Meirelles P, Mino S, Suda W, Oshima K, Hattori M, Ohkuma M, Hosokawa M, Miyashita K, Thompson FL, Niwa A, Sawabe T, Sawabe T
Genome announcements   2    2014年12月   [査読有り]
Takatani N, Nakanishi M, Meirelles P, Mino S, Suda W, Oshima K, Hattori M, Ohkuma M, Hosokawa M, Miyashita K, Thompson FL, Niwa A, Sawabe T, Sawabe T
Genome announcements   2    2014年11月   [査読有り]
Nakanishi M, Meirelles P, Suzuki R, Takatani N, Mino S, Suda W, Oshima K, Hattori M, Ohkuma M, Hosokawa M, Miyashita K, Thompson FL, Niwa A, Sawabe T, Sawabe T
Genome announcements   2    2014年11月   [査読有り]
Fujita K, Nomura Y, Sawajiri M, Mohapatra PK, El-Shemy HA, Nguyen NT, Hosokawa M, Miyashita K, Maeda T, Saneoka H, Fujita S, Fujita T
Pharmacognosy magazine   10 125-131   2014年4月   [査読有り]
N. Takatani, K. Nishida, T. Sawabe, T. Maoka, K. Miyashita, M. Hosokawa
Appl. Microbiol. Biotechnol.   98 6633-6640   2014年   [査読有り]
K. Fujita, S. Fujita, Shohei; T. Fujita, S. Konishi, J. Vollumann, P.K. Mohapatra, M. Hosokawa, M. Kuwahara, H. Saneoka, T. Tadano.
Soil Science and Plant Nutrition   60 156-161   2014年   [査読有り]
K. Ganesan, K. Suresh Kumar, P.V. Subba Rao, Y. Tsukui,N. Bhaskarb, M. Hosokawa, K. Miyashita.
Biomed. Preventive Nutri.   4 365-369   2014年   [査読有り]
Kumar SR, Hosokawa M, Miyashita K
Marine drugs   11 5130-5147   2013年12月   [査読有り]
Aki T, Yamamoto M, Takahashi T, Tomita K, Toyoura R, Iwashita K, Kawamoto S, Hosokawa M, Miyashita K, Ono K
Lipids      2013年10月   [査読有り]
Hamaoka N, Shimajiri J, Abe M, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of food science   78 C1348-53   2013年9月   [査読有り]
Shimajiri J, Shiota M, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of agricultural and food chemistry   61 7969-7975   2013年8月   [査読有り]
Mikami K, Hosokawa M
International journal of molecular sciences   14 13763-13781   2013年7月   [査読有り]
Beppu F, Hosokawa M, Yim MJ, Shinoda T, Miyashita K
Lipids   48 449-455   2013年5月   [査読有り]
Morishita S, Ono T, Fujisaki C, Ishihara Y, Murakoshi M, Kato H, Hosokawa M, Miyashita K, Sugiyama K, Nishino H
Journal of oleo science   62(2) 97-103   2013年   [査読有り]
M. Nomura, H. Kamogawa, E. Susanto, C. Kawagoe, H. Yasui, N. Saga, M. Hosokawa, K. Miyashita.
J. Appl. Phycol.   25 1159-1169   2013年   [査読有り]
Beppu F, Hosokawa M, Niwano Y, Miyashita K
Lipids in health and disease   11 112   2012年9月   [査読有り]
Mikami N, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of food science   77 H114-20   2012年6月   [査読有り]
Nishikawa S, Hosokawa M, Miyashita K
Phytomedicine : international journal of phytotherapy and phytopharmacology   19 389-394   2012年3月   [査読有り]
Yamaguchi T, Sugimura R, Shimajiri J, Suda M, Abe M, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of oleo science   61(9) 505-513   2012年   [査読有り]
Okumura T, Tsukui T, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of oleo science   61(9) 515-523   2012年   [査読有り]
In vivo antioxidant activity of fucoxanthin on obese/diabetes KK-Ay mice.
S. Iwasaki, M. A-K. Widjaja-Adhi, A. Koide, T. Kaga, S. Nakano, F. Beppu, M. Hosokawa, K. Miyashita.
Food Nutr. Sci.   3 1491-1499   2012年   [査読有り]
F. Beppu, M. Hosokawa, Y. Niwano, K. Miyashita.
Lipids Health and Dis.   11 112   2012年   [査読有り]
R. Sugimura, M. Suda, A. Sho, T. Takahashi, T. Sashima, M. Abe, M. Hosokawa, K. Miyashita.
Food Sci. Technol. Res.   18 687-693   2012年   [査読有り]
M. Terasaki, B. Narayan, H. Kamogawa, M. Nomura, N. M. Stephen, C. Kawagoe, M. Hosokawa, K. Miyashita.
J. Aqua. Food Product Technol.   21 468-479   2012年   [査読有り]
Tsuboi M, Etoh H, Kato K, Nakatugawa H, Kato H, Maejima Y, Matsumoto G, Mori H, Hosokawa M, Miyashita K, Tokuda H, Suzuki N, Maoka T
Journal of agricultural and food chemistry   59(19) 10572-10578   2011年10月   [査読有り]
Yasui Y, Hosokawa M, Mikami N, Miyashita K, Tanaka T
Chemico-biological interactions   193(1) 79-87   2011年8月   [査読有り]
Miyashita K, Nishikawa S, Beppu F, Tsukui T, Abe M, Hosokawa M
Journal of the science of food and agriculture   91 1166-1174   2011年5月   [査読有り]
Airanthi MK, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of food science   76(1) C104-C111   2011年1月   [査読有り]
Okada T, Mizuno Y, Sibayama S, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of food science   76(1) H2-H6   2011年1月   [査読有り]
YAMAMOTO Yukihiro, KURIHARA Hideyuki, MIYASHITA Kazuo, HOSOKAWA Masashi
New Biotechnol.   28(1) 1-6   2011年
AIRANTHI M.K.Widjaja‐Adhi, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo
J. Food Sic.   76(1) C104-C111   2011年
OKADA Tomoko, MIZUNO Yasuyuki, SIBAYAMA Shinichi, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo
J. Food Sci.   76(1) H2-H6   2011年
YIM Mi‐Jin, HOSOKAWA Masashi, MIZUSHINA Yoshiyuki, YOSHIDA Hiromi, SAITO Yasunori, MIYASHITA Kazuo
J. Agric. Food Chem.   59(5) 1646-1652   2011年
AIRANTHI M. K. Widjaja‐Adhi, SASAKI Naoya, IWASAKI Sayaka, BABA Nobuko, ABE Masayuki, ABE Masayuki, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo
J. Agric. Food Chem.   59(8) 4156-4163   2011年
YASUI Yumiko, YASUI Yumiko, TANAKA Takuji, HOSOKAWA Masashi, MIKAMI Nana, MIYASHITA Kazuo, TANAKA Takuji
Chem. Biol. Interact.   193(1) 79-87   2011年
TSUBOI Makoto, ETOH Hideo, KATO Kyuki, NAKATUGAWA Hiroki, KATO Hideki, MAEJIMA Yasunori, MATSUMOTO Gaku, MORI Hironobu, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo, TOKUDA Harukuni, SUZUKI Nobukuni, MAOKA Takashi
J. Agric. Food Chem.   59(19) 10572-10578   2011年
Tanaka T, Hosokawa M, Yasui Y, Ishigamori R, Miyashita K
International journal of molecular sciences   12 7495-7509   2011年   [査読有り]
Hosokawa M, Miyashita T, Nishikawa S, Emi S, Tsukui T, Beppu F, Okada T, Miyashita K
Archives of biochemistry and biophysics   504 17-25   2010年12月   [査読有り]
Mikami N, Hosokawa M, Miyashita K
Molecular medicine reports   3 449-453   2010年5月   [査読有り]
MATSUMOTO Megumi, HOSOKAWA Masashi, MATSUKAWA Noriko, HAGIO Masahito, SHINOKI Aki, NISHIMUKAI Megumi, MIYASHITA Kazuo, YAJIMA Takaji, HARA Hiroshi
Eur. J. Nutr.   49(4) 243-249   2010年
SACHINDRA N.M., SACHINDRA N.M., AIRANTHI M.K.W.A., HOSOKAWA M., MIYASHITA K.
J. Food Sci. Technol.   47(1) 94-99   2010年
HORIE Sho, OKUDA Chiaki, YAMASHITA Takatoshi, WATANABE Kenichi, KURAMOCHI Kouji, HOSOKAWA Masashi, TAKEUCHI Toshifumi, KAKUDA Makiko, MIYASHITA Kazuo, SUGAWARA Fumio, YOSHIDA Hiromi, MIZUSHINA Yoshiyuki
Lipids   45(8) 713-721   2010年
M. Hosokawa, T. Miyashita, S. Nishikawa, S. Emi, T. Tsukui, F. Beppu, T. Okada, K. Miyashita.
Arch. Biochem. Biophys.   504 17-25   2010年
Beppu F, Niwano Y, Sato E, Kohno M, Tsukui T, Hosokawa M, Miyashita K
The Journal of toxicological sciences   34 693-698   2009年12月   [査読有り]
Liu CL, Huang YS, Hosokawa M, Miyashita K, Hu ML
Chemico-biological interactions   182 165-172   2009年12月   [査読有り]
Maeda H, Hosokawa M, Sashima T, Murakami-Funayama K, Miyashita K
Molecular medicine reports   2 897-902   2009年11月   [査読有り]
Beppu F, Niwano Y, Tsukui T, Hosokawa M, Miyashita K
The Journal of toxicological sciences   34 501-510   2009年10月   [査読有り]
Suzuri K, Yamamoto Y, Hosokawa M, Miyashita K
Biotechnology letters   31 719-723   2009年5月   [査読有り]
KAWAMOTO Jun, KURIHARA Tatsuo, YAMAMOTO Kentaro, NAGAYASU Makiko, TANI Yasushi, MIHARA Hisaaki, HOSOKAWA Masashi, BABA Takeshi, SATO Satoshi B., ESAKI Nobuyoshi
J. Bacteliol.   191(2) 632-640   2009年
TSUKUI Takayuki, BABA Nobuko, HOSOKAWA Masashi, SASHIMA Tokutake, MIYASHITA Kazuo
Fisheries Sci.   75(1) 261-263   2009年
PRABHASANKAR P., GANESAN P., BHASKAR N., BHASKAR N., HIROSE A., STEPHEN Nimishmol, GOWDA Lalitha R., HOSOKAWA M., MIYASHITA K.
Food Chemistry   115(2) 501-508   2009年
Growth inhibition and induction of apoptosis of colon cancer cell lines by applying marine phospholipid.
Nutr. Cancer   57 181-189   2009年
TERASAKI Masaru, HIROSE Atsushi, NARAYAN Bhaskar, BABA Yuta, KAWAGOE Chikara, YASUI Hajime, SAGA Naotsune, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo
J. Phycology   45(4) 974-980   2009年
Synthesis of phosphatidylglycerol via PLD-catalyzed transphosphatidylation in aqueous system.
Biotechnol. Lett.   31 719-723   2009年
Inhibition of proliferation of a hepatoma cell line by fucoxanthin in relation to cell cycle arrest and enhanced gap junctional intercellular communication.
Chem. Biol. Interact.   182 65-72   2009年
Effect of marine protein supplementation on lipid profile of growing rats compared to soybean protein and casein
Food Sci. Biotechnol.   18 1330-1335   2009年
Azuma G, Kimura N, Hosokawa M, Miyashita K
Journal of oleo science   58 329-338   2009年   [査読有り]
Hossain Z, Hosokawa M, Takahashi K
Nutrition and cancer   61 123-130   2009年   [査読有り]
YAMAMOTO Yukihiro, HOSOKAWA Masashi, KURIHARA Hideyuki, MIYASHITA Kazuo
J. Am. Oil Chem. Soc.   85(4) 313-320   2008年
KONISHI Izumi, HOSOKAWA Masashi, SASHIMA Tokutake, MAOKA Takashi, MIYASHITA Kazuo
J. Oleo. Sci.   57(3) 181-189   2008年
OKADA Tomoko, NAKAI Miho, MAEDA Hayato, HOSOKAWA Masashi, SASHIMA Tokutake, SASHIMA Tokutake, MIYASHITA Kazuo
J. Oleo. Sci.   57(6) 345-351   2008年
YAMAMOTO Yukihiro, HOSOKAWA Masashi, KURIHARA Hideyuki, MAOKA Takashi, MIYASHITA Kazuo
Bioorg. Med. Chem. Lett.   18(14) 4044-4046   2008年
SATO Sho, KURIHARA Tatsuo, KAWAMOTO Jun, HOSOKAWA Masashi, SATO Satoshi B., ESAKI Nobuyoshi
Extremophiles   12(6) 753-761   2008年
MAOKA Takashi, AKIMOTO Naoshige, YIM Mi‐Jin, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo
J. Agric. Food Chem.   56(24) 12069-12072   2008年
OKADA T., NOGUCHI R., HOSOKAWA M., FUKUNAGA K., NISHIYAMA T., ZAIMA N., HIRATA T., MIYASHITA K.
J. Food Sci.   73(8) H201-H206   2008年
Seaweed carotenoid, fucoxanthin, as a multi-functional nutrient.
Maeda H, Tsukui T, Sashima T, Hosokawa M, Miyashita K
Asia Pacific journal of clinical nutrition   17 Suppl 1 196-199   2008年   [査読有り]
Okada T, Nakai M, Maeda H, Hosokawa M, Sashima T, Miyashita K
Journal of oleo science   57 345-351   2008年   [査読有り]
Konishi I, Hosokawa M, Sashima T, Maoka T, Miyashita K
Journal of oleo science   57 181-189   2008年   [査読有り]
HORII Naoto, ARATO Shingo, NARAYAN Bhaskar, HOSOKAWA Masashi, SASHIMA Tokutake, MIYASHITA Kazuo
J. Am. Oil Chem. Soc.   84(8) 749-754   2007年
MORIYA Hiromi, KUNIMINATO Takashi, HOSOKAWA Masahi, FUKUNAGA Kenji, NISHIYAMA Toshimasa, MIYASHITA Kazuo
Fisheries Sci.   73(3) 668-674   2007年
TAKENAKA Atsushi, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo
J. Oleo Sci.   56(10) 511-516   2007年
MAEDA Hayato, HOSOKAWA Masashi, SASHIMA Tokutake, FUNAYAMA Katsura, MIYASHITA Kazuo
J. Oleo. Sci.   56(12) 615-621   2007年
KINAMI Tomohisa, HORII Naoto, NARAYAN Bhaskar, ARATO Shingo, HOSOKAWA Masashi, MIYASHITA Kazuo, NEGISHI Hironori, IKUINA Junichi, NODA Ryuji, SHIRASAWA Seiichi
J. Am. Oil Chem. Soc.   84(1) 23-29   2007年
MORIYA H., HOSOKAWA M., MIYASHITA K.
J. Food Sci.   72(5) C231-C234   2007年
SACHINDRA Nakkarike M., SACHINDRA Nakkarike M., SATO Emiko, MAEDA Hayato, HOSOKAWA Masashi, NIWANO Yoshimi, KOHNO Masahiro, MIYASHITA Kazuo
J. Agric. Food Chem.   55(21) 8516-8522   2007年
TSUKUI Takayuki, KONNO Kensuke, HOSOKAWA Masashi, MAEDA Hayato, SASHIMA Tokutake, MIYASHITA Kazuo
J. Agric. Food Chem.   55(13) 5025-5029   2007年

Misc

 
小泉次郎, 細川雅史
農業および園芸   92(10) 875‐880   2017年10月
細川 雅史
ニューフードインダストリー   58(6) 7-12   2016年6月
細川 雅史
微量栄養素研究   31 80-87   2014年
細川 雅史
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   79(4) 744-745   2013年7月
加茂川 寛之, 細川 雅史, 阿部 真幸, 宮下 和夫
北海道大学水産科学研究彙報   62(3) 83-88   2012年12月
Carotenoids are natural pigments found in plants, seaweeds, algae and bacteria. It is well know that carotenoids have physiological effects such as provitamin activity and antioxidative effect. Among carotenoids, -carotene, lutein and zeaxanthin ...
細川 雅史
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries   78(5)    2012年9月
細川雅史
生物工学会誌   90(11) 740   2012年11月
細川 雅史
生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi   90(11)    2012年11月
細川 雅史
日本水産学会誌   78(5) 1007-1007   2012年
宮下 和夫, 細川 雅史
Bio industry   29(2) 7-14   2012年2月
木澤有希, 山下栄次, 宮下和夫, 細川雅史
日本水産学会大会講演要旨集   2012 74   2012年9月
山本 幸弘, 細川 雅史, 宮下 和夫
成蹊大学理工学研究報告   48(2) 59-62   2011年12月
Here I describe about the phosphatidylation of functional compounds using phospholipases which is covered with my doctoral thesis. Physiologically active compound such as conjugated fatty acid, terpenes and phenolic compounds sometime exert their ...
細川 雅史
Functional food   5(1) 94-98   2011年
宮下 和夫, 細川 雅史
脂質栄養学   19(1) 39-45   2010年
前多 隼人, 細川 雅史, 宮下 和夫
Functional food   1(2) 159-165   2008年
細川 雅史
Oleoscience   7(12) 525-532   2007年
水産物中に含まれる脂溶性成分の有効利用を目指し, それらの機能性評価や高機能化に関して研究を行った。ワカメなどの食用海藻中に含まれるフコキサンチンは, ヒト白血病細胞や大腸癌細胞に対してアポトーシスを誘導した。このようなアポトーシス誘導能は, ホヤから分離したフコキサンチンの類縁カロテノイドであるフコキサンチノールやハロシンチアキサンチンでより顕著であることを見い出した。また, フコキサンチンは, 糖尿病/肥満マウスの内臓脂肪の蓄積や高血糖を改善する作用を示した。一方, 優れた生理機能を有...
細川 雅史, 澤谷 拓治, 山崎 浩司, 武田 浩郁, 天野 春菜
日本水産学会誌   71(3) 385-387   2005年5月
細川 雅史, 宮下 和夫
化学と生物   43(3) 150-152   2005年3月
「がん予防食品開発の新展開 -予防医学におけるバイオマーカーの評価システム-」<大澤俊彦編>
シーエムシー出版      2005年
Yasui, Y., Hosokawa, M., Kohno, H., Tanaka, T. and Miyashita, K.:" Chemopreventive effect of bitter gpourd seed oil rich in conjugated linolenic acid", Chapter 3, 30-41 (Hung, Y.S., Yanagita, T. and Knapp, H.R., AOCS Press, Champain, IL, USA)(2005)
   2005年
Hosokawa, M. and Takahashi, K.:"Preparation of polyunsaturated phospholipids and their functional properties", Chapter 13, 13.1-13.13 (Hou, C.T.:"Handbook of Industrial Biocatalysis", CRC Press Taylor & Francis, Boca Raton, FL, USA)(2005)
   2005年
「油脂・脂質の基礎と応用-栄養・健康から工業まで-」<日本油化学会編>
日本油化学会      2005年
Takahashi, K. and Hosokawa, M.:"Functionalities and production with biocatalysis of two highly polyunsaturated phospholipids", Chapter 19, 274-284(Hung, Y.S., Yanagita, T. and Knapp, H.R., AOCS Press, Champain, IL, USA)(2005)
   2005年
油化学辞典
丸善      2004年
『水産食品栄養学-基礎からヒトへ-』<鈴木平光編>
技報堂      2004年
小野 聖吾, 細川 雅史, 宮下 和夫, 高橋 是太郎
北海道大学水産科学研究彙報   54(1) 1-5   2003年7月
ファインケミカルシリーズ『機能性脂質のフロンティア』<佐藤清隆・柳田晃良・和田俊 編>
シーエムシー出版      2004年
水産学シリーズ142『水産機能性脂質』<高橋是太郎>
恒星社厚生閣      2004年
Fujimoto, A., Sassaki, J., Hosokawa, M. and Takahashi, K.:"Fibrosarcoma may be suppressed by liposomal sn-2 DHA inserted phospolipid therapy", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, Cha・・・
   2003年
Fujimoto, A., Sassaki, J., Hosokawa, M. and Takahashi, K.:"Fibrosarcoma may be suppressed by liposomal sn-2 DHA inserted phospolipid therapy", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press...
Hou, C.T., Hosokawa, M. and Iwasaki, Y.:"Bioconversion of unsaturated fatty acids to value-added functional products", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, Champain (Y.S. Hung, S.J. L・・・
   2003年
Hou, C.T., Hosokawa, M. and Iwasaki, Y.:"Bioconversion of unsaturated fatty acids to value-added functional products", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, Champain (Y.S. Hung, S...
Hosokawa, M., Hou, C.T., Weisleder, D. and Brown, W."Formation of cyclic products from polyunsaturated fatty acids by Clavibacter sp. ALA2", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, Champ・・・
   2003年
Hosokawa, M., Hou, C.T., Weisleder, D. and Brown, W."Formation of cyclic products from polyunsaturated fatty acids by Clavibacter sp. ALA2", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, ...
Noguchi, R., Yasui, Y., Hosokawa, M., Fukunaga, K. and Miyashita, K.:"Bioconversion of CLN to CLA", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, Champain (Y.S. Hung, S.J. Lin, P.C. Hung ed), ・・・
   2003年
Noguchi, R., Yasui, Y., Hosokawa, M., Fukunaga, K. and Miyashita, K.:"Bioconversion of CLN to CLA", In Essential Fatty Acids and Eicosanoids Invited Paper from the Fifth International Congress, AOCS Press, Champain (Y.S. Hung, S.J. Lin, P.C. Hung ...
細川 雅史, 高橋 是太郎
オレオサイエンス = / Japan oil chemists' society   2(1) 19-25   2002年1月
Biocatalytic approaches were rational ways to prepare and modify highly unsaturated phospholipids (HUFA-PL). The prepared HUFA-PL showed an antitumor effect in vivo, a promotional effect on cell differentiation, and an increase in deformability of...
藤本 章人, 佐々木 甚一, 細川 雅史, 高橋 是太郎
脂質生化学研究   43(0) 318-321   2001年5月
高度不飽和リン脂質は多様な機能を有する生体適合性(生体親和性)に優れた脂質形態である。本研究では高度不飽和リン脂質リポソームの免疫賦活促進機能を調べることを目的として、フィトグリコーゲン(PG)を内包させた高度不飽和リン脂質リポソーム及びPG未内包高度不飽和リン脂質リポソームを調製し、それらの性状と in vitro, in vivo 相方における抗腫瘍効果について検討した。調製したsn-2位DHA結合型リン脂質リポソーム(PC:PS=7:3 モル比)は6~9層からなるマルチラメラベシクル...
小野 世吾, 細川 雅史, 井上 明, 山田 大介, 高橋 是太郎
日本水産学会誌   68(2) 192-196   2002年3月
北海道において水産廃棄物として多量に排出されているスルメイカ肝膵臓や遡上シロサケを有効に利用するため,アンジオテンシンI変換酵素(ACE)阻害ペプチドへの変換を試みた。種々のプロテアーゼによる加水分解物は,ACEに対し阻害活性を示した。特に,シロサケ脱脂粉末に対してサーモリシンを5%添加し,37℃で2時間反応を行うことにより86.9%の収率で分解物が得られ,そのACE阻害活性は終濃度78.9μg/mLで73.0%に達した。
高橋 是太郎, 細川 雅史
脂質栄養学   9(1) 19-31   2000年
第4版油化学便覧<油化学便覧編集委員会>
丸善      2001年
小野 雅代, 細川 雅史, 高橋 是太郎, 井上 良計
脂質生化学研究   40(0) 204-206   1998年7月
Rhizomucor miehei 由来の固定化リパーゼ剤(リポザイムIM)の水分活性を中間水分活性域に制御することによってDHA強化鶏卵黄リン脂質を部分加水分解し、DHA含量が極めて高いβ-リゾ型リン脂質が得られた。このβ-リゾ型リン脂質は低濃度で速やかに赤血球に取り込まれ、赤血球の変形能を改善した。
Takahashi, K. and Hosokawa, M.: “Chapter 25 Production of tailor-made polyunsaturated phospholipids through bioconversions”, 517-526 (Kuo, T.M., Gardner, H.W.: "Lipid Biotechnology", MARCEL DEKKER, INC., New York) (2001)
   2001年
小野 雅代, 細川 雅史, 高橋 是太郎, 井上 良計
ヘモレオロジー研究会誌   1(0) 7-11   1998年
高度不飽和リン脂質には多彩な生理活性のあることが示唆され始めている。高度不飽和リン脂質は水産物に比較的豊富に含まれてはいるが,水産物より着臭や着色なしに抽出することは一般に難しい。一方,ドコサヘキサエン酸(DHA)を強化した鶏卵黄リン脂質は,着臭や着色が殆どないという利点を有しているが,水産物由来のリン脂質よりもDHA含量が低いという難点があった。我々はこのような点を解決するため,リパーゼによる鶏卵黄リン脂質の部分加水分解反応を試み,DHAを高濃度に含むリン脂質の調製法を確立した。本研究で...
細川 雅史, 小野 雅代, 高橋 是太郎, 井上 良計
Journal of Japan Oil Chemists' Society   47(12) 1313-1318,1360   1998年
Lysophosphatidylcholine (LPC) that binds to docosahexaenoic acid (DHA) at the sn-2 position (β-DHA-LPC) was prepared by the Lipozyme mediated selective partial hydrolysis of DHA-enriched egg yolk lecithin. The β-DHA-LPC was found to be rapi...
栃澤 馨, 細川 雅史, 栗原 秀幸, 甲野 裕之, 小田島 粛夫, 高橋 是太郎
Journal of Japan Oil Chemists' Society   46(4) 383-390,457   1997年
Effects of docosahexaenoic acid (DHA) -containing phospholipids (DHA-PLs) on retionic acid (RA) -induced cell differentiation and growth inhibition of the human promyelocytic leukemia cell line, HL-60 were investigated. Cell differentiation judged...
長田 恭一, 高橋 是太郎, 羽田野 六男, 細川 雅史
日本水産学会誌   57(1) 119-125   1991年
Enzymatic glyceride synthesis and acid interchange using icosapentaenoic acid (EPA), docosahexaenoic acid (DHA), γ-linolenic acid (GLA), and EPA and DHA concentrated saponified fatty acid mixture obtained from sardine oil were carried out through ...

書籍等出版物

 
Chapter 15 Chemopreventive effects of astaxanthin on inflammatory bowel disease and inflammation-related colon carcinogenesis. Editor, O Sommerburg, W Siems, K Kraemer . “Carotenoids and vitamin A in translational medicine”.
2013年   
「第7章2 カロテノイドの吸収と代謝」、宮澤陽夫編、「食品機能性成分の吸収・代謝機構」
細川雅史
シーエムシー出版、東京   2013年   
第6章1-7 脂溶性色素、日本油化学会編、「油脂・脂質・界面活性剤データブック「I編 油脂・脂質」
細川雅史(編集委員)
丸善、東京   2012年   
Hernandez Ernesto M., 細川 雅史
AOCS Press   2011年   ISBN:9781893997820
Omega-3 oils : applications in functional foods
Hernandez Ernesto M., 細川 雅史
AOCS Press   2011年   ISBN:9.78189E+12

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
海洋性カロテノイドの代謝物解析と臓器・細胞連関制御を介した生活習慣病予防の新展開
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 細川 雅史
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 細川 雅史
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 細川 雅史
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 細川 雅史
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 細川 雅史
アスタキサンチンが、潰瘍性大腸炎や大腸発癌に対して予防効果を示すことを見出した。その作用機構として、アスタキサンチンが大腸組織においてNF-κBの活性化抑制を介して炎症性サイトカインの遺伝子発現を制御することが推察された。一方、褐藻に含まれるフコキサンチンは、内臓脂肪の増加抑制と血糖値改善効果を示す。フコキサンチンは脂肪組織における炎症性アディポサイトカインの遺伝子発現を抑制するとともに、炎症に関わるマクロファージの浸潤を抑制し脂肪細胞とマクロファージの相互作用を調節することを見出した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 細川 雅史
本研究では、水産物に特徴的なカロテノイドや高度不飽和脂肪酸に着目し、肥満形成と密接な関わりを持つ脂肪細胞のライフサイクル制御機能に焦点を絞り検討した。マウス由来の前駆脂肪細胞3T3-L1を用いて、脂肪細胞への分化を抑制する物質の探索を行った結果、食用海藻であるワカメやコンブなどに含まれるフコキサンチンが、分化過程で誘導されるグリセロール-3-リン酸脱水素酵素(GPDH)活性や細胞内の脂肪蓄積を顕著に抑制することを見出した。更に、フコキサンチンを経口投与したマウスの白色脂肪組織で検出されたフ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 細川 雅史
昨年度の研究において、DHA含有ホスファチジルエタノールアミン(DHA-PE)がdibutyrylcAMP(dbcAMP)によるヒト白血病HL-60細胞の分化誘導を顕著に亢進することを明らかにした。更にその過程で核内転写因子のAP-1を構成するc-Junタンパク質の発現増加を確認した。AP-1は、c-Jun/c-Junのホモダーマーまたはc-Jun/c-Fos、c-Jun/ATF-2のヘテロダイマーによって構成され、MAPキナーゼにより活性化されることで分化に関連する遺伝子を発現する。これ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 細川 雅史
1. DHA結合型リン脂質の分化誘導促進効果:(1)シロサケ筋肉,精巣及びマイカ肝膵臓から抽出した水産リン脂質が,ヒト白血病(HL-60)細胞に対するレチノイン酸やジブチリルcAMPなどの分化誘導剤の作用を増強する効果,すなわち分化誘導促進能を有することが明らかとなった。(2)マウス白血病(M1)細胞に対しては,DHA結合型リン脂質単独においても分化誘導能が認められた。(3)分化誘導促進効果は,DHAの遊離脂肪酸形態に比べリン脂質形態,特にPE形態において顕著なものであったことから,機能発...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 細川 雅史
酸素反応により種々のドコサヘキサエン酸(DHA)含有リン脂質を調製し、ヒト前骨髄性白血病細胞(HL-60細胞)の増殖、分化に及ぼす影響について検討した。1.種々のDHA含有ホスファチジルコリン(PC)分子種をHL-60細胞培養液に添加して、あらかじめ24時間培養することにより、レチノイン酸(RA)の細胞分化誘導能が増強された(細胞分化誘導促進効果)。その効果はDNA含有PC分子種により異なり、1-Pal,2-DHA-PC及び1-Ole,2-DHA-PCにおいて顕著であった。2.DHA含有P...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 細川 雅史
1.赤血球の変形能をシリコン単結晶基板マイクロチャンネルを用いて測定することにより、再現性の高い測定結果が得られた。2.リパーゼやホスホリパーゼを用いて合成したEPA,DHA含有ホスファチジルコリン(PC)は、赤血球にとり込まれることによりその変形能を向上させることを証明した。3.エタノールアミン結合リン脂質ではsn-2位にDHAを含むものが、セリン結合リン脂質ではsn-1位にEPAを含むものが赤血球の変態能を大きく向上させることも証明できた。4.リン脂質クラス間を比較すると、エタノールア...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 細川 雅史
1.ブタ膵臓ホスホリパーゼA_2によるsn-2位にEPA,DHAを含むホスファチジルコリンの合成、LipozymeIM60によるsn-1位にEPAを含むホスファチジルコリンの合成、Streptomyces sp.由来のホスホリパーゼDによるこれらのホスファチジルコリンのホスファチジル基転移を行うことができきた。これによりホスファチジルコリンと同一の脂肪酸残基をもつ高度不飽和脂肪酸含有ホスファチジルエタノールアミンとホスファチジルセリンの合成物を得ることができた。2.コリン結合リン脂質に比べ...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1993年    代表者: 高橋 是太郎
sn-1位に高度不飽和脂肪酸を結合するリン脂質の合成を試み,次の知見を得た.1.中間水分活性域以上の反応系中の水分はリン脂質への高度不飽和脂肪酸導入の初速度を速めるが,加水分解を同時に促進し,収率の低下をまねくこと.2.低水分活性域ではリン脂質への高度不飽和脂肪酸導入速度は非常に遅いが,比較的高収率が得られること.3.反応系中の水分の高精度制御とポリアルコーの併用によって,理論上の上限までリン脂質のsn-1位に高度不飽和脂肪酸を導入でき,且つ最大80%の回収率を得られること.ついでsn-1...

特許

 
抗腫瘍剤
特願2004-060821.
生体内DHA合成促進剤
特開2007-77067
フコキサンチノールの製造方法
特願2005-340997
血糖値上昇抑制剤
特開2007-297370