齋藤 裕

J-GLOBALへ         更新日: 12/12/27 11:03
 
アバター
研究者氏名
齋藤 裕
 
サイトウ ユタカ
URL
http://www.agr.hokudai.ac.jp/ecosys/depes.html
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 環境資源学部門 生物生態・体系学分野
職名
特任教授
学位
農学博士(北海道大学)

プロフィール

ハダニ類の行動生態学の研究者。ダニの社会性の発見者。

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
2012年
北海道大学 (連合)農学研究科(研究院) 教授
 
1978年
 - 
1979年
 日本学術振興会奨励研究員 研究員
 
1981年
 - 
1993年
 北海道大学助手(農学部農業生物学科応用動物学講座 助手
 
1993年
 - 
1996年
 同助教授 助教授
 
1996年
   
 
- 同教授 教授
 

委員歴

 
2008年
   
 
日本応用動物昆虫学会  評議員
 
2008年
   
 
日本応用動物昆虫学会  大会会長
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会 DC, PDおよび国際派遣事業  審査委員
 

受賞

 
1995年8月
日本応用動物昆虫学会 日本応用動物昆虫学会賞 ハダニ類の個体群生態学的研究-特に社会性の発見
 
2004年11月
中国福建省農業科学アカデミー 名誉教授
 

論文

 
Saito Y, Kanazawa M, Sato Y
Experimental & applied acarology      2012年12月   [査読有り]
Katsura Ito*, Nanako Yokoyama, Yoshimasa Kumekawa, Hiroshi Hayakawa, Yukio Minamiya, Kazuhide Nakaishi, Tatsuya Fukuda, Ryo Arakawa & Yutaka Saito
Entomologia Experimentalis et Applicata   144(2) 202-208   2012年   [査読有り]
Saito Y, Chittenden AR, Kanazawa M
Experimental & applied acarology   55 249-258   2011年11月   [査読有り]
Kanazawa M, Sahara K, Saito Y
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   278(1712) 1653-1660   2011年6月   [査読有り]
TSUJI Nobuyuki, CHITTENDEN Anthony R., OGAWA Takuya, TAKADA Takenori, ZHANG Yan‐Xuan, SAITO Yutaka
Sustainability Science   6(1) 97-107   2011年   [査読有り]
Yano JJunya,Saito Yutaka, Chittenden R. Anthony Sato Yukie
Journal of Ethology   29(2) 337-342   2011年   [査読有り]
SAKAGAMI Takane, SAITO Yutaka, KONGCHUENSIN Manita, SAHARA Ken
Annals of Entomological Society of America   102(3) 360-366   2009年   [査読有り]
Conditions under which Male-to-Male Aggression Compromises Cooperation in a Game without Learning.
Open Evolution Journal   3 1-8   2009年   [査読有り]
持続的北方生物生産システムの展望
エネルギー・資源   30 108-112   2009年   [査読有り][招待有り]
An overlooked side effect of nest scattering behavior to decrease predation risk (Acari; Tetranychidae, Stigmaeidae).
Behavioral Ecology and Sciobiology   63 33-42   2008年   [査読有り]
Sustainable pest management and moso bamboo forest conservation - A preliminary report -.
PROCEEDINGS OF ICSA2008   309-316   2008年
The parapatric distribution and contact zone of two forms showing different male-to-male aggressiveness in a social spider mite, Stigmaeopsis miscanthi (Acari: Tetranychidae)
Experimental and Applied Acarology   44 265-276   2008年   [査読有り]
SATO Yukie, SATO Yukie, SAITO Yutaka
J. Ehology   26(2) 267-272   2007年   [査読有り]
SATO Yukie, SAITO Yutaka
Ecological Entomolology   32(6) 597-602   2007年   [査読有り]
Tactile crypsis against non-visual predators in the spider mite, Aponychus corpuzae Rimando (Acari: Tetranychidae).
Journal of Insect Behavior   19 419-428   2006年   [査読有り]
Effects of host-plant species on diapause induction of the Kanzawa spider mite (Tetranychus kanzawai Kishida).
Entomologia Experimentalis et Applicata   121 177-184   2006年   [査読有り]
KUDO Shin‐ichi, NAKAHIRA Taichi, SAITO Yutaka
Cannadian Journal of Zoology   84(5) 723-728   2006年   [査読有り]
Nest sanitation in social spider mites: Interspecific differences in defecation behavior.
Ethology   112 664-669   2006年   [査読有り]
Communal relationships in a social spider mite, Stigmaeopsis longus (Acari: Tetranychidae): an equal share of labor and reproduction between nest mates.
Ethology   112 1-9   2006年   [査読有り]
Variation in social behavior within a spider mite genus, Stigmaeopsis (Acari: Tetranychidae).
Behavioral Ecology    16 232-238   2005年   [査読有り]
Imaginal induction of diapause in several 'adult-female diapausing' spider mites.
Physiolosical Entomology   30 96-101   2005年   [査読有り]
SAITO Yutaka, MORI Kotaro
Population Ecolology   47(3) 159-166   2005年   [査読有り]
Inbreeding depression of female fecundity by genetic factors retained in natural populations of a male-haploid social mite (Acari: Tetranychidae).
Mori K, Saito Y, Sakagami T, Sahara K
Experimental & applied acarology   36 15-23   2005年   [査読有り]
Reinstatement of the Genus Stigmaeopsis Banks, with Descriptions of Two New Species (Acari, Tetranychidae).
Annals of Entomological Society of America   97 635-646   2004年   [査読有り]
The cause of the decrease of population dynamic of Typhlodromus bambusae Ehara in moso bamboo forest.
Entomoligical Journal of East China   13 55-61   2004年   [査読有り]
Variation in social behavior within a spider mite genus, Stigmaeopsis (Acari: Tetranychidae).
Behavioral Ecology   16 232-238   2004年   [査読有り]
HORITA M, CHITTENDEN A R, SATO Y, SAITO Y
J. Ethology   22(1) 105-108   2004年   [査読有り]
On the causes of mite pest outbreaks in mono- and poly-cultured moso bamboo forests.
Chinese J. Appl. Ecol.   15 1161-1165   2004年   [査読有り]
Nest size variation reflecting anti-predator strategies in social spider mites of Stigmaeopsis (Acari: Tetranychidae).
Behavioral Ecology and Sociobiology   56 201-206   2004年   [査読有り]
HORITA M, CHITTENDEN A R, SATO Y, SAITO Y
Journal of Ethology   22(1) 105-108   2003年   [査読有り]
Ambulatory migration in mites (Acari: Tetranychidae, Phytoseiidae) to new leaves of moso bamboo shoots.
Experimental and Applied Acarology   31 59-70   2003年   [査読有り]
Studies on the life history of Amblyseius cucumeris (Acari: Phytoseiidae) feeding on Aponychus corpuzae (Acari: Tetranychidae).
Systematic and Applied Acarology   8 67-74   2003年   [査読有り]
Rules for nest sanitation in a social spider mite, Schizotetranychus miscanthi Saito (Acari: Tetranychidae).
Ethology   109 713-724   2003年   [査読有り]
中尾 弘志, 斎藤 裕
J. Acarolgical Society of Japan   11(2) 85-89   2002年   [査読有り]
Post-mating, pre-zygotic and post-zygotic reproductive isolation betwee npopulations showing different aggression in a subsocial mite, Schizoteranychus miscanthi Saito (Acari, Tetranychidae).
Proc. two symposia on Ecology and Evolution   VII INTECOL. 65-69   2002年   [査読有り]
Egg depositing behavior as a predator avoidance tactic of Yezonychus sapporensis Ehara (Acari, Teteranychidae). J. Ethol. 19: 63-66 (2001)*
Yanagida, H., Saito Y., Kotaro Mori and Chittenden A.R.
   2001年   [査読有り]
Why are there feeding and non-feeding larvae in phytoseiid mites (Acari: Phytoseiidae)? J. Ethol. 19: 55-62 (2001)*
   2001年   [査読有り]
Reproductive isolation between populations showing different aggression in a subsocial spider mite, Schiozotetranychus miscanthi Saito (Tetranychidae: Acari). Appl. Ent. Zool. 35: 605-610.*
Sato Y., Y. Saito and K.Mori
   2000年   [査読有り]
Patterns of reproductive isolation between two groups of Schizotetranychus miscanthi Saito (Tetra-nychidae:  Acari) showing different male aggression traits. Appl. Ent. Zool. 35: 611-618.*
Sato Y., Y. Saito and K. Mori
   2000年   [査読有り]
Inbreeding depression by recessive deleterious genes affecting female fecundity of a haplo-diploid mite.
Saito, Y., K. Sahara and K. Mori
J. Evolutionary Biology   13 668--678   2000年   [査読有り]
Saito Y., K. Mori, A.R. Chittenden and Y. Sato
18(2) 79-83   2000年   [査読有り]
Do kin selection and intra-sexual selection operate in spider mites?
Saito Y
Experimental & applied acarology   24 351-363   2000年   [査読有り]
Mori H., Y. Saito and Y.P. Tho (1999) Cooperative group predation in a sit and wait cheyletid mite. Exp. Appl. Acarol. 23:643-651.
   1999年   [査読有り]
Mori K. , Y. Saito and T. Sakagami (1999) Effects of the nest web and female attendance on survival of young in a subsocial spider mite, Schizotetranychus longus (Acari:Tetranychidae). Exp. and Appl. Acarol. 23:411-418.
   1999年   [査読有り]
Two clinal trends in male-male aggressiveness in a subsocial spider mite.
Saito Y.and K. Sahara
Behavioral Ecology and Sociobiology   46 25-29   1999年   [査読有り]
Mori H., Y. Saito and Y.P. Tho: Cooperative group predation in a sit and wait cheyletid mite. Exp. Appl. Acarol. 23:643-651 (1999)*
   1999年   [査読有り]
Saito Y., K. Mori and A.R. Chittenden
Appl. Entmol. Zool.   34(3) 383-386   1999年   [査読有り]
Sakagami T. , K. Sahara and Y. Saito: A method for chromosomal DNA preparation from a small number of mites. Applied Entomology and Zoology 32: 523-526 (1997)*
   1997年   [査読有り]
Saito Y. : Systems simulation of the biological control of spider mites by phytoseiids: A guide to the practical use of predatory mites for pest management. In: Biological Pest Control in Systems of Integrated Pest Management.(G. Grey ed.), pp.194-200,・・・
   1997年   [査読有り]
Saito Y. : Systems simulation of the biological control of spider mites by phytoseiids: A guide to the practical use of predatory mites for pest management. In: Biological Pest Control in Systems of Integrated Pest Management.(G. Grey ed.), pp.194...
齋藤 裕, 浦野 知, 中尾 弘志, 網本 邦広, 森 樊須
『応動昆』   40(2) 113-120   1996年   [査読有り]
齋藤 裕, 浦野 知, 中尾 弘志, 網本 邦広, 森 樊須
『応動昆』   40(2) 103-111   1996年   [査読有り]
Saito, Y.: Clinal variation in male-to-male antagonism and weaponry in a subsocial mite. Evolution 49: 413-417. (1995)*
   1995年   [査読有り]
Saito, Y. : "Altruistic gene" a priori involves two different deleterious gene effects. A reply to Keller. Journal of theoretical Biology (U.K.) 174: 471 472.(1995)*
   1995年   [査読有り]
Sociobiological aspects of spider mite life types. J. Acarolgical Society of Japan 4: 55-67.(1995)*
Saito, Y.
   1995年   [査読有り]
Saito, Y.: Do males of Schizotetranychus miscanthi (Acari, Tetranychidae) recognize kin in male competition? Journal of Ethology 12:15-18.(1994)*
   1994年   [査読有り]
Saito, Y.: Is sterility by deleterious recessives an origin of inequalities in the evolution of eusociality? Journal of theoretical Biology (Academic Press) 166: 113-115. (1994)*
   1994年   [査読有り]
SAITO Y, OSAKABE M, SAKAGAMI Y, YASUI Y
Applied Entomology and Zoology   28(4) 593-597   1993年   [査読有り]
Applied Entomology and Zoology   27(3) 427-436   1993年   [査読有り]
Protein differences detected by two-dimensional erectrophoresis in the species complex of Schizotetranychus celarius (Banks).
Experimental and Applied Acarology   17 757-764   1993年   [査読有り]
Factors determining harem ownership in a sub-social spider mite (Acari, Tetranychidae).
Factors determining harem ownership in a sub-social spider mite (Acari, Tetranychidae).   J. Ethology 37-43   1990年   [査読有り]
SAITO Y
Applied Entomology and Zoology   25(3) 389-396   1990年   [査読有り]
SAITO Y
Researches on Population Ecology   32(2) 263-278   1990年   [査読有り]
Life history and food habit of Typhlodromus bambusae Ehara, a specific predator of Schizotetranychus celarius (Banks)(Acari: Phytoseiidae, Tetranychidae).
Experimental and Applied Acarology   10 45-51   1990年   [査読有り]
中尾弘志・齋藤裕・森ハンス
日本応用動物昆虫学会誌   31(4) 359-368   1987年   [査読有り]
Reexamination of several rearing methods for studying the life history of spider mites (Acari: Tetranychidae).
Applied Entomology and Zoology   22 359-368   1987年   [査読有り]
Biparental defence in a spider mite (Acari: Tetranychidae) infesting Sasa bamboo.
Behavioral Ecology and Sociobiology   18 377-386   1986年   [査読有り]
Prey kills predator: counter-attack success of a spider mite against its specific phytoseiid predator.
Experimental and Applied Acarology   2 47-62   1986年   [査読有り]
The process of population increase and patterns of resource utilization of two spider mites, Oligonychus ununguis (Jacobi) and Panonychus citri (McGregor), under experimental conditions (Acari: Tetranychidae).
Wanibuchi Kyoko, Saito Yutaka
Researches on Population Ecology   25 116-129   1983年   [査読有り]
The concept of "life types" in Tetranychinae. An attempt to classify the spinning behaviour of Tetranychinae.
Saito Yutaka
Acarologia   24 377-391   1983年   [査読有り]
タケスゴモリハダニSchizotetranychus celarius (Banks) の変異に関する研究 II. 同所的2変異型の生活様式の比較.
Saito Yutaka, Takahashi Kennichi
日本生態学会誌   32 69-78   1982年   [査読有り]
Parameters related to potential rate of population imcresase of three predacious mites in Japan (Acarina: Phytoseiidae).
Applied Entomology Zoology   16 45-47   1981年   [査読有り]
タケスゴモリハダニSchizotetranychus celarius (Banks)の変異に関する研究 I. 形態および生活型にみられる変異の実態
日本応用動物昆虫学会誌   24 62-70   1980年   [査読有り]

書籍等出版物

 
糸の博物誌
齋藤 裕 (担当:共編者, 範囲:ハダニ類の糸)
海游舎   2012年9月   
Designing our future: Local perspectives on bioproduction, ecosystems and humanity.
Saito Yutaka (担当:分担執筆)
United Nations University Press   2011年   
Plant Mite and Sociality - Diversity and evolution.
Saito Yutaka
Springer   2010年   
ミクロの社会生態学 
齋藤 裕
京都大学学術出版会   1999年6月   
The Evolution of Social Behaviour in Insects and Arachnids
Saito Yutaka (担当:分担執筆)
Cambridge Univ. Press, London) (1997)   1997年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
共同的社会が捕食者対抗戦略としてハダニ類で収斂 進化したとする仮説の総合的検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 齋藤 裕
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 齋藤 裕
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 齋藤 裕
スゴモリハダニ属およびその近縁属にみいだされた発展段階の多様な社会を対象として、それらが基本的に「複数種の天敵」との相互作用を通じて作用した自然選択によって生まれたとする仮説の妥当性を総合的に検証することを目指す。これまでにササ寄生性スゴモリハダニ属で得た知見の一般性を検証するために、より広く世界のスゴモリハダニ属および類似の営巣性を示す近縁グループに対象を広げ、「天敵-営巣性ハダニ相互作用系が必然的に社会進化を生む」という説が、マクロな分布の面からもサポートされるかどうかを検討する。具体...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 齋藤 裕
●ススキスゴモリハダニを複数の地域から多数採集し、それらを遺伝的多様性を維持できる大きな個体群状態で飼育した。次に、そこから未交尾メスを任意にサンプル(各個体群で5血統)して、それぞれに強い近親交配(母-息子交配による)かけ、近交系(4世代の母子交配)を3血統を確立した。●前年度にススキスゴモリハダニ類に寄生する菌類の探索を本州、四国、九州において行い、九州の雲仙および佐賀から採取された2個体群から病原性の菌を分離することができた。●確立した近親交配系5血統と、別に対照区として設定した外交...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 齋藤 裕
本研究で対象とするイネ上科の植物寄生性ダニ類とそれらの天敵ダニ類(以下植物ダニ類)は、植物葉を単位とした半閉鎖系の安定した群集を形成しており、実験観察が容易で、しかも植物種によってその構成種数に5-7種から17種と大きな違いが認められている。これらのほとんどが、この環境だけにみいだされる固有種であり、また植食者であるハダニ類はそれぞれ特有の生活型(網を用いた様々な生息行動)をもち、そこから種間相互作用のあり方を推定できるものが多い。そこで、本研究では、2種間相互作用関係を、さらに多数種の相...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 馬渡 駿介
地球規模の環境問題を解決し、生物多様性を守り、人類の生存を保証する方策は、生物がどのくらい多様なのか知ってはじめて可能となる。しかし、「生物はどのくらい多様なの?」との素朴な疑問に今まで誰も答えられなかった。本研究は、一地域の生物多様性を丸ごと明らかにしようとする、日本で、また世界的にもこれまで例のない研究であり、生物多様性解明への社会的要望の高まりを受けて計画されたものである。研究は、北海道厚岸湾に位置する約1平方km^3の無人の大黒島およびその周辺浅海域で行い、地域生物相の徹底解明をめ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 齋藤 裕
平成13年度より3年度にわたる研究において、ハダニ、ホコリダニ、ツメダニ、カブリダニ、ヤドリダニ類を対象に、現地共同研究者の協力のもとに、中国およびタイ国において総合的な採集調査を実施した。ハダニ類については、採集標本のDNAによる系統分析および中国における保管標本の検討を通じて、わが国と中国に分布しているスゴモリハダニ種群が、1917年にアメリカで記載され、その後別属のシノニムであるとされたStigmaeopsis Banksという属に相当することが明らかになった。この成果はSaito ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 佐原 健
カイコをはじめとする鱗翅目昆虫では受精する有核精子と核を持たず受精しない無核精子が存在する(二型精子)。本研究では、倍数体では無核精子、高温処理した大造では有核精子のみが機能することを利用して二型精子の個体別分離技術を開発した。交尾ならびに人工授精いずれの方法を用いても受精卵が得られるという特徴を生かし、この実験系により無核精子が鱗翅目昆虫の受精に必要不可欠であることを世界で初めて実験的に証明した。また、二型精子の雌交尾器内における行動を観察し、無核精子は交尾嚢から受精嚢へと移動できるのに...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 齋藤 裕
本研究では、複数の捕食者-複数の被食者系の成立要因を幾つかのモデル動物を用いて行動生態学的に詳しく分析した。まず、同一種あるいはごく近縁種間において、捕食-被食者関係に大きな変異が存在するグループをとりあげ、相互作用に関連する形質の派生状況を系統学的におさえ、次に捕食者-被食者にかかる選択圧を行動・生態学的について詳しい比較研究を行った。造巣性のスゴモリハダニ種群のハダニにおいて、巣サイズ変異が社会性のレベルに相関し、大きい巣ほど社会性が発展し、小さい巣の種ほど社会性の発展レベルが低いこと...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 齋藤 裕
亜社会性ハダニであるススキスゴモリハダニには、雄雄間の攻撃性に個体群間変異がみられ、攻撃性の強い個体群ほど、一般のハダニに較べて、体サイズにおける性的2形性の発達弱い。この理由を解明するために、平成11年度は、標本状態によって変化しない雄雌の形質を検討し、体サイズやその他の形質を測る方法を確立した。また、雄-雄間の攻撃性の実体を明らかにするために、野外採集調査を実施し、実験的に測られた雄-雄間の攻撃性が、野外個体群の行動を反映していることを明らかにした。平成12年度は、雄にみられる攻撃性の...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1997年 - 1999年    代表者: 久野 英二
3年間にわたってわが国における生物的防除の実状とそこで用いられてきた導入天敵の影響を追究した本研究では、理論モデル及び室内実験による予測と野外個体群でのその検証の両面から総合的に解析を進め,導入天敵に関する社会的な動きと歩調をあわせつつ、以下の研究成果を得た。(1)定着した導入天敵の長期的な動態の解析とその公表これまでの研究成果から、チュウゴクオナガコバチ(クリタマバチの天敵)やヤノネキイロコバチ・ヤノネツヤコバチ(ヤノネカイガラムシの天敵)の定着が既存の生態系へ与えた影響を検討し、比較的...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 齋籐 裕
ススキスゴモリハダニ Schizotetranychus miscanthi にみられる行動の地域変異について、わが国に2つの行動、形態および分子レベルで異なる系統が存在することを確定した。さらに、Tetranychus属、Eotetranychus属、Schizotetranychus属、Oligonychus、 PnanonychusのDNA変異および形態変異を検討した。その結果、ハダニ類の胴体部形質において、標本や保存条件に対して特に安定な形質が、opisthosomal vente...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 斎藤 裕, 斎藤 裕
本研究においては、まず亜社会性ハダニの雄の攻撃性変異および繁殖構造を、攻撃性の地域変異と冬の温度の関係および特定個体群における近交弱勢の生起の有無による繁殖構造の推定によって明らかにしようと試みた.また、DNAを用いた血縁度測定の試みを行った.結果は以下の通りである.1.ススキスゴモリハダニ雄の攻撃性の変異が、雄が越冬する場所の冬の最低温度によって説明可能であることを、非積雪地帯および多雪地帯での比較から再検証した。これによって、従来の報告における結論をさらに確認することができた。2.島根...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 斎藤 裕, 齋藤 裕, 斎藤 裕, 斉藤 裕
1.平成5年度には、四国および北海道を中心にナス、イチゴ、キュウリの栽培温室のデータを、平成6年度にはキュウリおよびチャの温室栽培環境のデータをおよそ200日にわたる栽培期間の全体にわたって採取した2.以前に開発してあったコンピュタ-シミュレーションモデルを大幅に改善し、計算速度を向上させる目的、および今後このプログラムを類似の他天敵および害虫のシミュレーションに適用可能とするためにシステム内の計算方式を常微分方程式から差分方程式(漸化式)に変更した。これによって、従来やや高めに出力されが...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1990年 - 1992年    代表者: 高木 貞夫
1。現地調査を,限られた時間の中で効率的におこなうため,交通・宿泊の便が良く,またできるだけ多様な植生が調査できるような場所を選んで,実施した。昭和61(1986)年度のマライ半島中央高地,昭和63(1988)年度のサバー州に次いで,平成2(1990)年度はマライ半島東海岸沿いで,平成3(1991)年度はサラワク州とマライ半島北西部で,それぞれ数カ所を調査地に選定した。マレイシアでは他に調査すべき場所は到達等が必ずしも容易でないため,マレイシアでの調査は平成3年度をもって完了したものとし,...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1990年 - 1991年    代表者: 斎藤 裕, 齋藤 裕, 斎藤 裕, 齋藤 裕
平成2年度および平成3年度の2年にわたって西日本を中心としてケナガスゴモリハダニおよびススキスゴモリハダニの採集調査を行い,それらの採集個体を飼育して,実験的に雄の攻撃性の定量的測定を行った.その結果,以下のような事実が明らかとなった.1.2種の亜社会性ハダニ,ケナガスゴモリハダニとススキスゴモリハダニでは明らかに交尾システムが異なっており,前者では探索型一夫多妻制であるのに対し,後者ではハ-レム型一夫多妻制であることが判明した.2.ハ-レム型のススキスゴモリハダニにおいて,そのハ-レム獲...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間: 1989年 - 1991年    代表者: 森 樊須
斎藤・森はハダニの天敵チリカブリダニの実用化に関する諸問題を明らかにした。具体的にはチリカブリダニの簡易大量増殖ケ-ジを開発し、天敵の大量増殖システムを提示した。久野は捕食者ー害虫相互システムの数理生態学的解析を行って、個体数変動解析における移動分散の影響及び多食性捕食者と複数餌種の個体群相互作用の特性について明らかにした。高藤は合成ピレスロイド剤のハダニー天敵相互作用への影響について研究した結果を総合してハダニ類のリサ-ジェンス(復活)のメカニズムについて総括した。藤井は害虫ー捕食寄生性...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A))
研究期間: 1988年 - 1989年    代表者: 高木 貞夫
1.カイガラムシ。シロカイガラムシ科の10数種を選んで、雌雄の分泌物被覆の走査電子顕微鏡による観察を行い、被覆の形成と構造を比較し、対応する分泌器官を検討した。さらに虫体の分類学的特徴と対照することにより、被覆の構造と形成過程に適応進化的な趨勢を確定し、同じような進化的変化が科内の異なった群に平行的に起こっていることを認めた。進化的初期段階においては被覆は単に繊維状ワックスの粗い塊に過ぎないが、最終段階においては比較的薄く、しかも緻密で、虫体に比して大きく、したがって虫体とは密着しない。原...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1988年 - 1988年    代表者: 斎藤 裕, 齋藤 裕
ハダニ及びカブリダニ類の飼育に一般に用いられるリーフディスク法では、飼育面がそれを囲む水の蒸発によって、室温25℃、室内の湿度40%RHで約2〜3℃低下する。これを避ける方法として、飼育葉片の周囲をプラスチックのフィルムで覆うことによってかなり改善できることが判明した。この方法によれば、データに若干の変動があるものの、温度の低下は約0.5℃に抑えることが可能であった。従来のハダニとカブリダニの生活史のデータについて、入手可能な文献を検討したところ、およそ100編に及ぶ報告のうちで、約7割が...
文部科学省: 科学研究費補助金(海外学術研究)
研究期間: 1987年 - 1987年    代表者: 森 樊須
1986年度の「東南アジアにおける植物寄生性微小節足動物の生態・進化に関する研究」プロジェクトによってマレーシア(マレー半島)において採集したダニ類及び微小昆虫類の液浸及び乾燥標本について,それぞれの研究分担者によってプレパラート標本をはじめとする永久標本の作成を行った. 標本数がきわめて多いために短期間ですべての標本を作成できないグループについては,採集植物毎に一部を取り出してサンプル標本を作りそれを基に属名や種名をできるだけ特定する努力を重ねた. 成果の概要は以下の通りである.1.ハダ...