内藤 哲

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 20:01
 
アバター
研究者氏名
内藤 哲
 
ナイトウ サトシ
URL
https://www.agr.hokudai.ac.jp/arabi/
所属
北海道大学大学院
部署
農学研究院 基盤研究部門 応用生命科学分野
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1984年
 東京大学医科学研究所 助手
 
1984年
 - 
1992年
 東京大学遺伝子実験施設 助手
 
1992年
 - 
1994年
 農学部応用生命科学科 助教授
 
1994年
 - 
1999年
 農学部応用生命科学科 教授
 
1999年
 - 
2006年
 農学研究科応用生命科学専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻
 
 
 - 
1983年
東京大学 理学系研究科 生物化学専攻
 
 
 - 
1978年
東京大学 理学部 生物化学科
 

委員歴

 
1997年
 - 
2001年
日本植物生理学会  Plant and Cell Physiology, Editor
 
2003年
 - 
2005年
日本植物生理学会  常任評議員
 
1997年
 - 
2001年
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 
2007年
 - 
2011年
日本植物細胞分子生物学会  評議員
 
2007年
 - 
2008年
日本RNA学会  年会長
 

受賞

 
2012年8月
日本植物細胞分子生物学会 学術賞 メチオニン生合成制御を基軸とした新規転写後制御機構の研究
 

論文

 
Polar localization and endocytic degradation of a boron transporter, BOR1, is dependent on specific tyrosine residues
Plant Signaling and Behavior   7(1) 46-49   2012年
TANAKA Mayuki, TAKANO Junpei, CHIBA Yukako, LOMBARDO Fabien, OGASAWARA Yuki, ONOUCHI Hitoshi, NAITO Satoshi, FUJIWARA Toru, FUJIWARA Toru
Plant Cell   23(9) 3547-3559   2011年
MUROTA Katsunori, HAGIWARA‐KOMODA Yuka, KOMODA Keisuke, ONOUCHI Hitoshi, ONOUCHI Hitoshi, ISHIKAWA Masayuki, NAITO Satoshi
Plant and Cell Physiology   52(8) 1443-1453   2011年
ONOUE Noriyuki, YAMASHITA Yui, NAGAO Nobuhiro, GOTO Derek B., ONOUCHI Hitoshi, ONOUCHI Hitoshi, NAITO Satoshi
Journal of Biological Chemistry   286(17) 14903-14912   2011年
TAKANO Junpei, TAKANO Junpei, TANAKA Mayuki, TOYODA Atsushi, MIWA Kyoko, MIWA Kyoko, KASAI Koji, FUJI Kentaro, ONOUCHI Hitoshi, NAITO Satoshi, FUJIWARA Toru
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(11) 5220-5225   2010年
ISHIBASHI Kazuhiro, NAITO Satoshi, MESHI Tetsuo, ISHIKAWA Masayuki
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(21) 8778-8783   2009年
ONOUCHI Hitoshi, HARAGUCHI Yuhi, NAKAMOTO Mari, KAWASAKI Daisuke, NAGAMI‐YAMASHITA Yoko, MUROTA Katsunori, KEZUKA‐HOSOMI Azusa, CHIBA Yukako, NAITO Satoshi
Plant and Cell Physiology   49(4) 549-556   2008年
HARAGUCHI Yuhi, KADOKURA Yoshitomo, NAKAMOTO Mari, ONOUCHI Hitoshi, NAITO Satoshi
Plant and Cell Physiology   49(3) 314-323   2008年
OHKAMA‐OHTSU Naoko, KEZUKA Azusa, ONOUCHI Hitoshi, FUJIWARA Toru, NAITO Satoshi
Soil Science and Plant Nutrition   54(1) 128-132   2008年
ISHIBASHI Kazuhiro, ISHIBASHI Kazuhiro, MASUDA Kiyoshi, NAITO Satoshi, MESHI Tetsuo, MESHI Tetsuo, ISHIKAWA Masayuki, ISHIKAWA Masayuki
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104(34) 13833-13838   2007年
KOMODA Keisuke, KOMODA Keisuke, MAWATARI Natsuki, MAWATARI Natsuki, HAGIWARA‐KOMODA Yuka, HAGIWARA‐KOMODA Yuka, NAITO Satoshi, ISHIKAWA Masayuki, ISHIKAWA Masayuki
Journal of Virology   81(6) 2584-2591   2007年
KASAJIMA Ichiro, OHKAMA‐OHTSU Naoko, OHKAMA‐OHTSU Naoko, IDE Yoko, HAYASHI Hiroaki, YONEYAMA Tadakatsu, SUZUKI Yoshihito, NAITO Satoshi, FUJIWARA Toru, FUJIWARA Toru
Physiologia Plantarum   129(2) 351-363   2007年
NISHIKIORI Masaki, NISHIKIORI Masaki, DOHI Koji, DOHI Koji, MORI Masashi, MORI Masashi, MESHI Tetsuo, MESHI Tetsuo, NAITO Satoshi, ISHIKAWA Masayuki, ISHIKAWA Masayuki
Journal of Virology   80(17) 8459-8468   2006年
FUJISAKI Koki, RAVELO Gerald B., NAITO Satoshi, ISHIKAWA Masayuki, ISHIKAWA Masayuki
Journal of General Virology   87(8) 2397-2401   2006年
ONOUCHI Hitoshi, NAGAMI Yoko, HARAGUCHI Yuhi, NAKAMOTO Mari, NISHIMURA Yoshiko, SAKURAI Ryoko, NAGAO Nobuhiro, KAWASAKI Daisuke, KADOKURA Yoshitomo, NAITO Satoshi
Genes and Development   19(15) 1799-1810   2005年
ASANO Momoko, ASANO Momoko, SATOH Rena, MOCHIZUKI Atsuko, TSUDA Shinya, YAMANAKA Takuya, NISHIGUCHI Masamichi, NISHIGUCHI Masamichi, HIRAI Katsuyuki, HIRAI Katsuyuki, MESHI Tetsuo, MESHI Tetsuo, NAITO Satoshi, ISHIKAWA Masayuki, ISHIKAWA Masayuki, ISHIKAWA Masayuki
FEBS Letters   579(20) 4479-4484   2005年
Plant Biotechnology   22(5) 379-388   2005年
KOMODA K, NAITO S, ISHIKAWA M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   101(7) 1863-1867   2004年
OHKAMA‐OHTSU N, KASAJIMA I, FUJIWARA T, NAITO S
Plant Physiology   136(2) 3209-3222   2004年
YOSHII M, NISHIKIORI M, TOMITA K, YOSHIOKA N, KOZUKA R, NAITO S, ISHIKAWA M
Journal of Virology   78(12) 6102-6111   2004年
TSUJIMOTO Y, NUMAGA T, OHSHIMA K, YANO M, OHSAWA R, GOTO D B, NAITO S, ISHIKAWA M
EMBO Journal   22(2) 335-343   2003年
CHIBA Y, SAKURAI R, YOSHINO M, OMINATO K, ISHIKAWA M, ONOUCHI H, NAITO S
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   100(18) 10225-10230   2003年
TOMITA Y, MIZUNO T, DIEZ J, NAITO S, AHLQUIST P, ISHIKAWA M
Jouranl of Virology   77(5) 2990-2997   2003年
HAGIWARA Y, KOMODA K, YAMANAKA T, TAMAI A, MESHI T, FUNADA R, TSUCHIYA T, NAITO S, ISHIKAWA M
EMBO Journal   22(2) 344-353   2003年
LAMBEIN I, CHIBA Y, ONOUCHI H, NAITO S
Plant and Cell Physiology   44(9) 893-900   2003年
GOTO D B, OGI M, KIJIMA F, KUMAGAI T, VAN WERVEN F, ONOUCHI H, NAITO S
Genes and Genetic Systems   77(2) 89-95   2002年
OHKAMA N, GOTO D B, FUJIWARA T, NAITO S
Plant and Cell Physiology   43(11) 1266-1275   2002年
AWAZUHARA M, KIM H, GOTO D B, MATSUI A, HAYASHI H, CHINO M, KIM S‐G, NAITO S, FUJIWARA T
Plant Science   163(1) 75-82   2002年
OMINATO K, AKITA H, SUZUKI A, KIJIMA F, YOSHINO T, YOSHINO M, CHIBA Y, ONOUCHI H, NAITO S
Journal of Biological Chemistry   277(39) 36380-36386   2002年
SUZUKI A, SHIRATA Y, ISHIDA H, CHIBA Y, ONOUCHI H, NAITO S
Plant and Cell Physiology   42(10) 1174-1180   2001年
Post-transcriptional gene silencing in cultured rice cells
Plant and Cell Physiology   41 321-326   2000年
YAMANAKA T, OHTA T, TAKAHASHI M, MESHI T, SCHMIDT R, DEAN C, NAITO S, ISHIKAWA M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   97(18) 10107-10112   2000年
Mutation in the threonine synthase gene results in an over-accumulation of soluble methionine in Arabidopsis
Plant Physiology   123 101-110   2000年
KIM H, YOKOTA HIRAI M, HAYASHI H, CHINO M, NAITO S, FUJIWARA T
Planta   209(3) 282-289   1999年
CHIBA Y, ISHIKAWA M, KIJIMA F, TYSON R H, KIM J, YAMAMOTO A, NAMBARA E, LEUSTEK T, NAITO S
Science   286(5443) 1371-1374   1999年
YAMANAKA T, KOMATANI H, MESHI T, NAITO S, ISHIKAWA M, OHNO T
Virus Genes   16(2) 173-176   1998年
Isolation of an Arabidopsis thaliana mutant in which the multiplication of both cucumber mosaic virus and turnip crincle virus is affected
Journal of Virology   72 8731-8737   1998年
Characterization of an Arabidopsis thaliana mutant that has a defect in ABA accumulation: ABA-dependent and ABA-independent accumulation of free amino acids during dehydration
Plant and Cell Physiology   39 853-858   1998年
SAKATA Y, CHIBA Y, FUKUSHIMA H, MATSUBARA N, HABU Y, NAITO S, OHNO T
Plant Molecular Biology   34(2) 191-197   1997年
SAISHO D, NAMBARA E, NAITO S, TSUTSUMI N, HIRAI A, NAKAZONO M
Plant Molecular Biology   35(5) 585-596   1997年
Genetic and Physiological Approaches Towad Understanding the Mechanism Underlying the Sulfur-Regulated Expression of β-Conglycinin Genes
Soil Science and Plant Nutrition   43 965-969   1997年
Effects of sulfate concentrations on the expression of a soybean seed storage protein gene and its reversibility in transgenic Arabidopsis thaliana.
Plant and Cell Physiology   36(7) 1331-1339   1995年
QUADT R, ISHIKAWA M, JANDA M, AHLOUIST P
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   92(11) 4892-4896   1995年
A regulatory role for the ABI3 gene in the establishment of embryo maturation in Arabidopsis thaliana.
Development   121(3) 629-636   1995年
Expression of soybean seed storage protein genes in transgenic plants and their response to sulfur nutritional conditions. (Review)
Journ al of Plant Physiology   145(5) 6,614-619   1995年
cDNA cloning of regeneration-specific genes in rice by differential screening of randomly amplified cDNAs using RAPD primers.
Plant and Cell Physiology   35(7) 1003-1009   1994年
Maternal effects of mto1 mutation, that causes overaccumulation of soluble methionine, on the expression of a soybean beta-conglycinin gene promoter-GUS fusion in transgenic Arabidopsis thaliana.
Plant and Cell Physiology   35(7) 1057-1063   1994年
Differential regulation of soybean seed storage protein gene promoter-GUS fusions by exogenously applied methionine in transgenic Arabidopsis thaliana.
Plant and Cell Physiology   35(6) 927-934   1994年
A mutant of Arabidopsis thaliana that defines a new locus for glycine decarboxylation.
Plant and Cell Physiology   35(6) 879-885   1994年
INABA K, FUJIWARA T, HAYASHI H, CHINO M, KOMEDA Y, NAITO S
Plant Physiology   104(3) 881-887   1994年
Isolation of an internal deletion mutant of the Arabidopsis thaliana ABI3 gene.
Plant and Cell Physiology   35(3) 509-513   1994年
Expression of a soybean (Glycine max [L.] Merr.) seed storage protein gene in transgenic Arabidopsis thaliana and its response to nutritional stress and to abscisic acid mutations.
Plant Physiology   104(2) 497-503   1994年
Direct transfer of plasmid DNA from intact yeast spheroplasts into plant protoplasts.
Plant and Cell Physiology   35(1) 93-98   1994年

書籍等出版物

 
植物の生化学・遺伝学
学会出版センター   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 内藤 哲
様々な環境条件下での植物の持続的成長には,環境変動に対して細胞内恒常性を厳密に維持する機構が不可欠であり,細胞内環境を機敏に感知し,それを即座に細胞の機能調節に反映させる分子メカニズムが必要である。シスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)は,植物においてメチオニン生合成の鍵段階を触媒する。メチオニンの生合成はCGSをコードするCGS1遺伝子の翻訳段階で,メチオニンの代謝産物であるS-アデノシルメチオニン(SAM)に応答した翻訳停止と共役したCGS1 mRNAの分解によってフィードバック制御さ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 内藤 哲
高等植物でメチオニン生合成の鍵段階を触媒するシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)をコードするCGS1遺伝子はCGS1mRNAの分解段階でS-アデノシルメチオニン(SAM)によってフィードバック制御される。この制御機構を解析した結果,CGS1mRNAを翻訳中のリボソーム,もしくはリボソーム内の新生ペプチドのコンフォメーションにSAMに応答した変化が生じることを明らかにした。また,この制御にリボソームの「出口トンネル」を構成するタンパク質が関与することが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 内藤 哲
シロイヌナズナのシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)mRNAとtRNAに特異的な大腸菌ヌクレアーゼであるコリシンDとE5によるtRNAの分解制御機構の解析を行った。CGS mRNAはS-アデルシルメチオニン(SAM)存在下ではSer-94の位置で特異的な翻訳停止を起こし、これが引き金となってmRNAが分解されると考えられる。CGS遺伝子の第1エキソン領域とレポーター遺伝子をつないでpSP64ベクターに組込み,試験管内転写で調製したRNAを用いてコムギ胚芽抽出液の試験管内翻訳系での解析を行...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 内藤 哲
シロイヌナズナのシスタチオニンγ-シンターゼ(CGS)はメチオニン生合成の鍵段階を触媒するが,他の多くの鍵段階の酵素とは異なってアロステリック酵素ではなく,S-アデノシルメチオニン(SAM)をエフェクターとして,CGS mRNAの分解段階でフィードバック制御を受ける.この制御にはCGSの第1エキソン領域にコードされるMTO1領域と名付けた十数アミノ酸からなる領域がシス配列として重要な機能を持つ.また,mRNA分解に際しては,分解中間体として5'末端領域を欠いた短いRNAを生ずる.CGSの制...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
研究期間: 2000年 - 2004年    代表者: 内藤 哲
特定領域研究「植物における貯蔵機能獲得の分子機構」は,平成12年度に旧・特定領域研究(B)として7人の研究代表者からなる領域として発足し,平成15年度をもって4年間の研究を終えた.本特定領域研究では総括班を設けなかったので,領域代表者が研究成果の取りまとめを行った.平成16年5月に研究成果報告書(冊子体)を提出した.研究成果取りまとめの一環として,平成16年8月6日に東京にて公開シンポジウム「A Look Beyond Plant Storage(植物貯蔵の先に見えるもの)」を開催した.こ...