戸嶋 浩明

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 04:14
 
アバター
研究者氏名
戸嶋 浩明
 
トシマ ヒロアキ
URL
http://wwwa.agr.ibaraki.ac.jp/~seitai/toshima.html
所属
茨城大学
部署
農学部食生命科学科
職名
教授
学位
理学博士(慶應義塾大学)
その他の所属
茨城大学茨城大学茨城大学茨城大学
科研費研究者番号
50237088

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1991年3月
田辺製薬株式会社(有機化学研究所)
 
1991年4月
 - 
1999年3月
北海道大学助手農学部
 
1999年4月
 - 
2001年3月
北海道大学大学院助手農学研究科
 
2001年4月
 - 
2007年3月
茨城大学助教授農学部
 
2001年10月
   
 
東京農工大学大学院連合農学研究科(併任)
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
2017年3月
日本農薬学会  編集委員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本農芸化学会  英文誌編集委員
 
2011年3月
 - 
2013年2月
有機合成化学協会  編集委員
 

受賞

 
2000年4月
2000年度農芸化学奨励賞(日本農芸化学会) 植物の病害および生理機能に関与する生理活性物質の合成研究
 

論文

 
Xylosylated Detoxification of the Rice Flavonoid Phytoalexin Sakuranetin by the Rice Sheath Blight Fungus Rhizoctonia solani
S. Katsumata, H. Toshima, M. Hasegawa
Molecules   23/2, 276    2018年1月   [査読有り]
Identification of sternbin and naringenin as detoxified metabolites from the rice flavanone phytoalexin sakuranetin by Pyricularia oryzae
S. Katsumata, K. Hamana, K. Horie, H. Toshima, M. Hasegawa
Chemistry & Biodiversity   14/2, e1600240    2017年2月   [査読有り]
Kiyotaka Horiea, Kengo Sakaib, Misaki Okugib, Hiroaki Toshima, Morifumi Hasegawaa
Phytochemistry Lett.   15 57–62   2016年3月   [査読有り]
Kiyotaka Horie, Yasuno Inoue, Miki Sakai, Qun Yao, Yosuke Tanimoto, Jinichiro Koga, Hiroaki Toshima, and Morifumi Hasegawa
J. Agric. Food Chem.   63(16) 4050-4059   2015年4月   [査読有り]
Hiroyoshi Suzuki, Junpei Yokokura, Tsukasa Ito, Ryoma Arai, Chiaki Yokoyama, Hiroaki Toshima, Shinji Nagata, Tadao Asami, Yoshihito Suzuki
Insect Biochem. Mol. Biol.   53 66-72   2014年8月   [査読有り]

Misc

 
Total Synthesis of Biologically Active Compounds Related to Plant Disease and the Physiological Function
Toshima, H.
J. Synth. Org. Chem. Jpn.   59 1121-1129   2001年
植物の病害および生理機能に関与する生理活性物質の合成研究
戸嶋浩明
日本農芸化学会誌   74(10) 1113-1125   2000年
最近のコロナチン研究
市原耿民、戸嶋浩明
植物の化学調節   33(1) 31-43   1998年

書籍等出版物

 
植物生理現象解明の鍵化学物質コロナチン
戸嶋浩明 (担当:共著)
大学教育出版   2005年   
植物の知恵-化学と生物からのアプローチ-
山村庄亮, 長谷川宏司 編著
Coronatine: Chemistry and Biological Activities
A. Ichihara and H. Toshima. (担当:共著)
CRC Press LLC   1999年   
BIOLOGICALLY ACTIVE NATURAL PRODUCTS: Agrochemicals
植物病原菌由来の植物成長調節物質
市原耿民, 吉原照彦, 戸嶋浩明 (担当:共著)
学会出版センター   1997年   
植物病害の化学
Total Synthesis of Bioactive Natural Spiroethers, Tautomycin and Oscillatoxin D
A. Ichihara, H. Oikawa and H. Toshima (担当:共著)
Elsevier Science B.V.   1996年   
Studies in Natural Products Chemistry,Volume 18 Stereoselctive Synthesis (Part k)

講演・口頭発表等

 
イネフィトアレキシンであるモミラクトンAのイネ病原真菌による代謝
隠塚修平、勝間田駿、武山恵典、戸嶋浩明、長谷川守文
日本農薬学会第43回大会   2018年5月26日   
イネ紋枯病菌によるフィトアレキシン代謝産物の構造決定及び抗菌活性
勝間田駿、隠塚修平、戸嶋浩明、長谷川守文
日本農芸化学会2018年度大会   2018年3月16日   
植物病原菌に対するイネフィトアレキシンの抗菌活性
勝間田駿、大橋佳奈、戸嶋浩明、長谷川守文
日本農芸化学会2017年度大会(2017)   2017年3月18日   
シクロペンタン導入型KODA類縁体の合成研究
渡辺 美聡、横山 峰幸、長谷川 守文、戸嶋 浩明
日本農芸化学会2016年度大会(2016)   2016年3月28日   
イネフィトアレキシン モミラクトンAのイネいもち病菌による代謝産物の同定
武山 恵典、平石 由貴、遠藤 尚、今井 卓也、戸嶋 浩明、長谷川 守文
日本農芸化学会2016年度大会(2016)   2016年3月28日