池谷 和信

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/03 00:00
 
アバター
研究者氏名
池谷 和信
 
イケヤ カズノブ
URL
http://www.minpaku.ac.jp/staff/ikeya/
所属
国立民族学博物館
部署
民族社会研究部
職名
教授
学位
博士(理学)(東北大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東北大学 理学研究科 
 
 
 - 
1982年
東北大学 理学部 
 

受賞

 
1998年
日本アフリカ学会研究奨励賞
 
2007年
日本地理学会優秀賞
 

Misc

 
狩猟採集民の動物観‐ライオン、ゲムズボック、サル類‐
池谷和信
ヒトと動物の関係学会誌   23 27-33   2009年
「野鶏」の飼いならしは可能か? タイ北部の山地農民の事例
池谷和信・増野高司・中井信介
山本紀夫編『ドメスティケーション-その民族生物学的研究-』国立民族学博物館調査報告   84 265-288   2009年
Kazunobu IKEYA, Hidefumi OGAWA and Peter MITCHELL
Senri Ethnological Studies, Ikeya K., H. Ogawa and P. Mitchell (eds.) "Interactions betwwen Hunter-Gatherers and Farmers: from Prehistory to Present"   73 1-11   2009年
Historical and Contemporary Relations between Mlabri and Hmong in Northern Thailand
Kazunobu IKEYA and Shinsuke NAKAI
Senri Ethnological Studies, Ikeya K., H. Ogawa and P. Mitchell (eds.) "Interactions betwwen Hunter-Gatherers and Farmers: from Prehistory to Present"   73 247-261   2009年
「人と生き物の新たな関係を求めて-「生き物文化誌学」とは-」
池谷和信
ビオストーリー   10 50-57   2008年

書籍等出版物

 
池谷和信『現代の牧畜民-乾燥地域の暮らし-』
古今書院   2006年   
池谷和信『山菜採りの社会誌 -資源利用とテリトリー-』
東北大学出版会   2003年   
池谷和信『国家のなかでの狩猟採集民 ─ カラハリ・サンにおける生業活動の歴史民族誌』(国立民族学博物館研究叢書)
国立民族学博物館   2002年   
池谷和信『世界のビーズ』
千里文化財団   2001年   
-
-   
-

Works

 
マタギ集落・三面における山利用の生態史
1990年

競争的資金等の研究課題

 
遊動民社会の政治生態学的研究