有川 二郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/07 11:27
 
アバター
研究者氏名
有川 二郎
 
アリカワ ジロウ
所属
北海道大学
部署
大学院医学研究院  微生物学免疫学講座病原微生物学教室
職名
特任教授
学位
獣医学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年9月
 - 
2017年3月
北海道大学 大学院医学研究科附属動物実験施設 施設長
 
2007年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院医学研究科微生物学講座病原微生物学分野 教授
 
2003年8月
 - 
2007年7月
北海道大学 大学院医学研究科附属動物実験施設 施設長
 
2001年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 大学院医学研究科附属動物実験施設 教授
 
2001年4月
 - 
2001年7月
北海道大学 大学院医学研究科附属動物実験施設 施設長
 
1995年8月
 - 
2001年3月
北海道大学 医学部附属動物実験施設 施設長
 
1995年1月
 - 
2001年3月
北海道大学 医学部附属動物実験施設 教授
 
1990年1月
 - 
1994年12月
北海道大学 免疫科学研究所附属免疫動物実験施設 助教授
 
1981年4月
 - 
1989年12月
北海道大学 獣医学部獣医公衆衛生学講座 助手
 

委員歴

 
2011年
 - 
2015年
日本ウイルス学会  理事
 

受賞

 
2010年
Joel Dalrymple Award
 

論文

 
Nishio S, Tsuda Y, Ito R, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
Japanese journal of infectious diseases   70(4) 388-393   2017年7月   [査読有り]
Shimizu K, Isozumi R, Takami K, Kimata I, Shiokawa K, Yoshimatsu K, Tsuda Y, Nishio S, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   79(7) 1261-1263   2017年7月   [査読有り]
Gamage CD, Yoshimatsu K, Sarathkumara YD, Kulendiran T, Nanayakkara N, Arikawa J
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   57 77-78   2017年4月   [査読有り]
Antibody detection from Middendorf's vole (Microtus middendorffii) against Tula virus captured in Mongolia
Yoshimatsu K, Arai S, Shimizu K, Tsuda Y, Boldgiv B, Boldbaatar B, Sergelen E, Ariunzaya D, Enkhmandal O, Tuvshintugs S, Morikawa S, Arikawa J
Japanese Journal of Veterinary Research   65(1) 39-44   2017年2月   [査読有り]
Obana S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Hasebe F, Hotta K, Isozumi R, Nguyen HT, LE MQ, Yamashiro T, Tsuda Y, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   79(1) 76-81   2017年1月   [査読有り]
Shimizu K, Koma T, Yoshimatsu K, Tsuda Y, Isegawa Y, Arikawa J
Virology journal   14(1) 13   2017年1月   [査読有り]
Tsuda Y, Igarashi M, Ito R, Nishio S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
Biomedical research (Tokyo, Japan)   38(2) 89-97   2017年   [査読有り]
Shimizu K, Hamaguchi S, Ngo CC, Li TC, Ando S, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Koma T, Isozumi R, Tsuda Y, Fujita H, Pham TT, LE MQ, Dang AD, Nguyen TQ, Yoshida LM, Ariyoshi K, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   78(11) 1677-1681   2016年12月   [査読有り]
Koarashi Y, Cáceres AG, Saca FM, Flores EE, Trujillo AC, Alvares JL, Yoshimatsu K, Arikawa J, Katakura K, Hashiguchi Y, Kato H
Acta tropica   158 83-87   2016年6月   [査読有り]
Shiokawa K, Gamage CD, Koizumi N, Sakoda Y, Shimizu K, Tsuda Y, Yoshimatsu K, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science   78(2) 221-230   2016年2月   [査読有り]
Hotta K, Pham HT, Hoang HT, Trang TC, Vu TN, Ung TT, Shimizu K, Arikawa J, Yamada A, Nguyen HT, Nguyen HL, Le MT, Hayasaka D
Vector borne and zoonotic diseases (Larchmont, N.Y.)   16(2) 96-102   2016年2月   [査読有り]
新興・再興感染症と人獣共通感染症 -発生状況とその背景-
有川 二郎
化学療法の領域   31(6) 1248-1253   2015年5月
Hamaguchi S, Cuong NC, Tra DT, Doan YH, Shimizu K, Tuan NQ, Yoshida LM, Mai le Q, Duc-Anh D, Ando S, Arikawa J, Parry CM, Ariyoshi K, Thuy PT
The American journal of tropical medicine and hygiene   92(5) 972-978   2015年5月   [査読有り]
吉松組子, 有川二郎
医学のあゆみ   253(1) 63-67   2015年4月
First evidence of Seoul hantavirus in the wild rat population in the Netherlands.
Verner-Carlsson J, Lõhmus M, Sundström K, Strand TM, Verkerk M, Reusken C, Yoshimatsu K, Arikawa J, van de Goot F, Lundkvist Å
Infection ecology & epidemiology   5 27215   2015年2月   [査読有り]
吉村彩, 武藏学, 金子壮朗, 大西俊介, 折戸智恵子, 川原由佳子, 橋野聡, 森松正美, 今野哲, 有川二郎, 石井哲也, 澤村正也, 上田一郎
アレルギー   63(8) 1132-1139   2014年9月
Yasuda SP, Gamage CD, Koizumi N, Nishio S, Isozumi R, Shimizu K, Koma T, Amada T, Suzuki H, Yoshimatsu K, Arikawa J
Genes & genetic systems   89(2) 71-80   2014年9月   [査読有り]
Yoshimatsu K, Arikawa J
Viruses   6 3097-3109   2014年8月   [査読有り]
Yoshimatsu K, Arikawa J
Virus research   187 77-83   2014年7月   [査読有り]
Koma T, Yoshimatsu K, Nagata N, Sato Y, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Nishio S, Hasegawa H, Arikawa J
Journal of virology   88 7178-7188   2014年7月   [査読有り]
Amada T, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Gamage CD, Shiokawa K, Nishio S, Ahlm C, Arikawa J
Virology journal   11 87   2014年5月   [査読有り]
Shimizu K, Yoshimatsu K, Koma T, Yasuda SP, Arikawa J
Virus research   178 349-356   2013年12月   [査読有り]
ケージ内微生物の変動は ケージ内の湿度およびアンモニアの変動と相関する
土佐紀子、吉松組子、畠山鎮次、有川二郎
実験動物と環境   21(2) 87-98   2013年10月   [査読有り]
Amada T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Shimizu K, Koma T, Hayashimoto N, Gamage CD, Nishio S, Takakura A, Arikawa J
Journal of virological methods   193(1) 42-49   2013年10月   [査読有り]
Ibrahim IN, Shimizu K, Yoshimatsu K, Yunianto A, Salwati E, P Yasuda S, Koma T, Endo R, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   75(8) 1003-1008   2013年9月   [査読有り]
Koma T, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Li T, Amada T, Shimizu K, Isozumi R, Mai LT, Hoa NT, Nguyen V, Yamashiro T, Hasebe F, Arikawa J
Epidemiol Infect   141(9) 1876-1884   2013年9月   [査読有り]
To examine the prevalence of human pathogens carried by rats in urban areas in Hanoi and Hai Phong, Vietnam, we live-trapped 100 rats in January 2011 and screened them for a panel of bacteria and viruses. Antibodies against Leptospira interrogans ...
Nakamura I, Hang'ombe BM, Sawa H, Kobayashi S, Orba Y, Ishii A, Thomas Y, Isozumi R, Yoshimatsu K, Mweene AS, Takada A, Sugimoto C, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   75(6) 819-825   2013年7月   [査読有り]
苅和宏明, 尾崎由佳, 真田崇弘, 池中良徳, 石塚真由美, 坪田敏男, 好井健太朗, 吉松組子, 有川二郎, 高島郁夫
獣医畜産新報   166(4) 262-264   2013年4月
Li TC, Yoshizaki S, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Wakita T
Veterinary microbiology   163(1-2) 54-61   2013年4月   [査読有り]
吉村彩, 武藏学, 金子壮朗, 大西俊介, 折戸智恵子, 川原由佳子, 森松正美, 今野哲, 有川二郎
Campus Health   50(1) 316   2013年3月
実験動物感染症の現状 - ハンタウイルス感染症.
有川 二郎
実験動物ニュース   62(1) 13-16   2013年1月
Li TC, Ami Y, Suzaki Y, Yasuda SP, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takeda N, Takaji W
Emerging infectious diseases   19 115-118   2013年1月   [査読有り]
吉松組子, 有川二郎
ウイルス   62(2) 239-250   2012年12月
Schlegel M, Tegshduuren E, Yoshimatsu K, Petraityte R, Sasnauskas K, Hammerschmidt B, Friedrich R, Mertens M, Groschup MH, Arai S, Endo R, Shimizu K, Koma T, Yasuda S, Ishihara C, Ulrich RG, Arikawa J, Köllner B
Archives of virology   157(11) 2179-2187   2012年11月   [査読有り]
Sanada T, Seto T, Ozaki Y, Saasa N, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Kariwa H
The Journal of general virology   93(10) 2237-2246   2012年10月   [査読有り]
Koma T, Yoshimatsu K, Taruishi M, Miyashita D, Endo R, Shimizu K, Yasuda SP, Amada T, Seto T, Murata R, Yoshida H, Kariwa H, Takashima I, Arikawa J
Journal of virological methods   185(1) 74-81   2012年10月   [査読有り]
Saasa N, Sánchez-Hernández C, de Lourdes Romero-Almaraz M, Guerrero-Ibarra E, Almazán-Catalán A, Yoshida H, Miyashita D, Ishizuka M, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virus research   168(1-2) 88-96   2012年9月   [査読有り]
Luan VD, Yoshimatsu K, Endo R, Taruishi M, Huong VT, Dat DT, Tien PC, Shimizu K, Koma T, Yasuda SP, Nhi L, Huong VT, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(9) 1155-1162   2012年9月   [査読有り]
Sanada T, Kariwa H, Saasa N, Yoshikawa K, Seto T, Morozov VG, Tkachenko EA, Ivanov LI, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(9) 1237-1242   2012年9月   [査読有り]
Isozumi R, Yoshimatsu K, Yamashiro T, Hasebe F, Nguyen BM, Ngo TC, Yasuda SP, Koma T, Shimizu K, Arikawa J
Emerging infectious diseases   18 1383-1385   2012年8月   [査読有り]
Saasa N, Yoshida H, Shimizu K, Sánchez-Hernández C, Romero-Almaraz Mde L, Koma T, Sanada T, Seto T, Yoshii K, Ramos C, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I, Kariwa H
Virology   428 48-57   2012年6月   [査読有り]
土佐紀子, 吉松組子, 有川二郎
実験動物と環境   (39) 1-7   2012年4月
有川二郎
日本臨床 別冊 新領域別症候群シリーズ   (18) 701-705   2012年3月
Kariwa H, Yoshikawa K, Tanikawa Y, Seto T, Sanada T, Saasa N, Ivanov LI, Slonova R, Zakharycheva TA, Nakamura I, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
The American journal of tropical medicine and hygiene   86(3) 545-553   2012年3月   [査読有り]
Kariwa H, Yoshida H, Sánchez-Hernández C, Romero-Almaraz Mde L, Almazán-Catalán JA, Ramos C, Miyashita D, Seto T, Takano A, Totani M, Murata R, Saasa N, Ishizuka M, Sanada T, Yoshii K, Yoshimatsu K, Arikawa J, Takashima I
Virus research   163 486-494   2012年2月   [査読有り]
Yasuda SP, Yoshimatsu K, Koma T, Shimizu K, Endo R, Isozumi R, Arikawa J
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   74(2) 215-219   2012年2月   [査読有り]
有川二郎
最新医学   66(12) 2661-2667   2011年12月
Li TC, Yoshimatsu K, Yasuda SP, Arikawa J, Koma T, Kataoka M, Ami Y, Suzaki Y, Mai le TQ, Hoa NT, Yamashiro T, Hasebe F, Takeda N, Wakita T
The Journal of general virology   92(12) 2830-2837   2011年12月   [査読有り]
Sanada T, Kariwa H, Nagata N, Tanikawa Y, Seto T, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
Virus research   160(1-2) 108-119   2011年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
ハンタウイルス感染マウス開発 -腎内でケモカイン増加-
清水健太、有川二郎
北海道医療新聞 2014年(平成26年)9月26日   2014年9月   
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 実験動物学
久和茂 編 (担当:分担執筆, 範囲:実験動物のウイルス感染症)
朝倉書店   2013年4月   ISBN:978-4-254-46031-5
感染症事典
感染症編集委員会編 (担当:分担執筆, 範囲:サル痘、腎症候性出血熱、ダニ媒介性脳炎、チクングニヤ熱、ハンタウイルス肺症候群)
オーム社   2012年1月   ISBN:978-4274211355
新臨床内科学 第9版
高久史麿、尾形悦郎、黒川清、矢崎義雄 監修 (担当:分担執筆, 範囲:ハンタウイルス肺症候群)
医学書院   2009年2月   ISBN:978-4260003056
医科ウイルス学 改訂第3版 
高田賢蔵 編集 (担当:分担執筆, 範囲:ラブドウイルス科、フィロウイルス科、アレナウイルス科、ブニヤウイルス科)
南江堂   2009年2月   ISBN:978-4-524-24022-7
バイオセーフティの事典―病原微生物とハザード対策の実際
バイオメディカルサイエンス研究会 編 (担当:分担執筆, 範囲:ハンタウイルス)
医学評論社   2008年12月   ISBN:978-4872119039
獣医感染症カラーアトラス 第2版
見上彪 監修 (担当:分担執筆, 範囲:ハンタウイルス感染症(腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群))
文永堂出版   2006年6月   ISBN:978-4830032035
動物の感染症 第2版
小沼操・菊池直哉・杉本千尋・明石博臣・澤田拓士・宝達勉 編 (担当:分担執筆, 範囲:腎症候性出血熱、兎粘液腫、兎ウイルス性出血病、アルゼンチン出血熱、ボリビア出血熱、ベネズエラ出血熱、ハンタウイルス肺症候群、ラッサ熱、マウス白血病)
近代出版   2006年5月   ISBN:9784874021231
獣医公衆衛生学 第3版
高島郁夫・熊谷進 編 (担当:分担執筆, 範囲:ハンタウイルス感染症)
文永堂出版   2004年11月   ISBN:9784830031984
感染症
竹田美文・木村哲 編 (担当:分担執筆, 範囲:腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群)
朝倉書店   2004年9月   ISBN:978-4-254-32204-0

講演・口頭発表等

 
Rattus tanezumi is an important reservoir of rat hepatitis E virus.
Obana S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Hsede F, Hotta K, Isozumi R, Nguyen Thy Hoa, Le Guynh Mai, Yamasiro T, Arikawa J
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月22日   
重症熱性血小板減少症候群ウイルスのウイルスタンパクの細胞内局在の解析
伊東諒、津田祥美、西尾佐奈恵、清水健太、吉松組子、有川二郎
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月22日   
An amino acid substitution in the glycoprotein of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus enhances membrane fusion activity
Tsuda Y, Nishio S, Ito R, Yoshida R, Takada A, Arikawa J, Yoshimatsu K
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月22日   
異なる細胞融合能を持つ重症熱性血小板減少症候群ウイルスYG1株由来ウイルスの確立
西尾佐奈恵、津田祥美、伊東諒、清水健太、有川二郎、吉松組子
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月22日   
スリランカにおけるハンタウイルス感染症とレプトスピラ症に関する研究
吉松組子、塩川愛絵、Chandika D. Gamage, 清水健太、津田祥美、有川二郎
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月22日   
Prevalence of leptospires in peridomestic rodents and shrews in Kandy District, Sri Lanka.
Shiokawa K, Rathnayake S, Karunadasa I, Gamage T, Gamage CD, Yoshimatsu K, Arikawa J
The 9th International Leptospirosis Society Scientific Meeting (ILS 2015)   2015年10月7日   
腎症候性出血熱マウスモデルにおける腎出血の発現にCD8陽性T細胞が関与する
清水健太、吉松組子、有川二郎
第158回日本獣医学会学術集会   2015年9月7日   
Antigenic properties of hantavirus nucleocapsid (N) protein and its application to antigen for immunochromatographic (ICG) test.
Yoshimatsu K, Shimizu K, Tsuda Y, Arikawa J
The 16th Negative Strand Virus Meeting (NSV2015)   2015年6月14日   
Characterization of Hokkaido virus, Genus Hantavirus and generation of the reassortant virus with Puumala virus.
Kariwa H, TSanada T, Iwasaki R, Yoshimatsu K, Arikawa J, Yoshii K, Takashima I
48th Joint Working Conference on Viral Diseases Panels, US-Japan Cooperative Medical Science Program   2015年1月28日   
Analysis of intracellular localization of virus proteins of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus.
Ito R, Tsuda Y, Nishio S, Shimizu K, Yoshimatsu K, Arikawa J
US-Japan Cooperative Medical Science Program, 17th International Conference on Emerging Infectious Diseases (EID) in the Pacific Rim   2015年1月25日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 有川 二郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 苅和 宏明
抗原性の異なる3つのハンタウイルスの核蛋白質を混合して抗原とし、Protein Gを検出試薬とするELISAを開発した。これにより様々なウイルスに対する抗体検出が可能となった。抗体検出をさらに簡便にするために、核蛋白質の混合抗原を用いたイムノクロマト法を開発した。ダニ媒介性脳炎ウイルスのMおよびE蛋白質はエンベロープ上の糖蛋白質で、宿主に認識される主要な抗原となっている。ダニ媒介性脳炎ウイルスのMとE蛋白質を免疫グロブリンIgGとの融合蛋白質(TBEV-ME-IgG)として哺乳類細胞中で発...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 五十棲 理恵
レプトスピラ症は熱帯途上国を中心に流行しており、しばしば重症化や致死的な転帰を引き起こす。有効な治療薬はあるので、早期に診断、治療開始できれば速やかな回復を期待できるが、現況の診断法では感度・特異度に問題あり、早期診断も困難である。また、こうした診断の問題点から熱帯途上国での正確な流行状況は把握できていない。本研究では組み換え抗原(LipL32及びLigA)を用いた新たなELISA法を開発し、実際の流行地域であるタイ、スリランカ及びベトナムから得たサンプルでその有効性を検討した。また、ベト...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 森松 組子(吉松組子)
これまでに申請者は東南アジアおよび南アジア諸国においてハンタウイルス関連疾患に関する調査を行ってきた。その結果、多くの不明熱症例は未診断のまま残されていることが明らかとなった。本研究では南アジア・東南アジアにおける熱性疾患の実態を明らかとすることを目的とした。予め、デング熱およびインフルエンザ患者ではないことが明らかな熱性疾患患者血清およびキャリアとなるげっ歯類の調査をベトナムおよびスリランカにおいて実施した。その結果、特定に至らない病原体の一部として、E型肝炎、レプトスピラ、およびハンタ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 石黒 信久
0か月~7歳の呼吸器感染症患者757名(男436名,女321名)の鼻咽頭拭い液850検体を用意して、nestedPCR法によりHBoVのVP1/2領域を増幅後、塩基配列を決定した。850検体中145検体(17.1%)からHBoVゲノムが検出され、その内訳はHBoV1が132検体(15.5%)、HBoV2が5検体(0.6%)、HBoV3が3検体(0.4%)、HBoV4が5検体(0.6%)であった。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 苅和 宏明
本研究では、近年国内外で問題となっているウイルス性人獣共通感染症のうち侵入または流行の危険性があり、重篤化しやすく致死率も高いウエストナイル熱とハンタウイルス感染症について研究を行うことを目的としている。本年度はウエストナイルウイルスについては病原性の発現機序を解明し、ハンタウイルス感染症については新規に診断法を開発した。a)病原性発現機序の解明:ウエストナイルウイルスの鳥類における病原性発現機序についてウエストナイルウイルスを感染させたニワトリのヒナをモデルに病態を解析した。ウエストナイ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 八神 健一
蛍光マイクロビーズを用いるMFI法は、微量血清で多項目の抗体検査が可能なため、小型実験動物の感染症診断への応用が期待できる。本研究では、MFI法による抗体検査システムを構築するため、マウス・ラットの主要感染症の病原体9種の抗原を作製し、それらの抗原の特異性や検出感度の評価を行った。その結果、MFI法は特異性や検出感度が優れ、同時に多数項目の検査においても特異性や感度の低下が見られなかった。MFI法は実験用マウス・ラットの感染症診断法として優れた方法である。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 有川 二郎
ハンタウイルスは持続感染齧歯類が感染源となる人獣共通感染症でヒトに腎症候性出血熱やハンタウイルス肺症候群という重篤な疾病を引き起こす。齧歯類は血中に高い中和抗体を保有しつつ不顕性にウイルスを排泄し続けるというきわめて特徴的な持続感染を成立させている。本研究では齧歯類におけるウイルス特異的CTL抑制を中心とする免疫抑制を介したハンタウイルス持続感染成立機構の詳細を明らかにすることを目的とする。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 高島 郁夫
近年、国内外で問題となっているウイルス性人獣共通感染症のうち、侵入または流行の危険性があり、重篤に経過し致死率が高いウエストナイル熱、ダニ媒介性脳炎およびハンタウイルス感染症について診断法を開発し、疫学調査を実施し、分離ウイルスの性状解析を行った。ウエストナイルウイルスと日本脳炎ウイルスの遺伝子鑑別診断法としてリアルタイムPCR法を開発した。さらに準ウイルス粒子とウイルス様粒子を用いた血清学的な鑑別診断法を開発した。極東ロシアの野鳥の中和抗体を測定したところ、91羽中15羽(16.5%)に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 苅和 宏明
本研究では、日本国内に侵入または流行の危険性の高いウエストナイル熱とハンタウイルス感染症について、診断法を開発するとともに、疫学調査を実施した。1)ウエストナイル熱の診断法開発:ウエストナイルウイルス感染の日本への侵入を監視するため、抗ウエストナイルウイルス抗体の検出法として微量中和法や阻害ELISA法を開発した。2)ロシア国内で捕獲された鳥類におけるウエストナイルウイルスの感染調査:ロシアウラジオストック近郊のハンカ湖とハバロフスク北部のアニュイ川河畔で捕獲された98例の鳥類の腎臓からR...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 有川 二郎
わが国の大学評価システムや諸外国の動物実験施設評価認定システムを調査し、評価項目、評価基準、評価方法等の具体案を検討するとともに、関連団体の意見を取り入れつつ、「大学等における動物実験の評価システム案」をまとめ、関係諸団体に提案することを目的とした。1.既存の評価システムとして、米国のAAALAC(Association for Assessment and Accreditation of Laboratory Animal Care)での施設の認証システムおよび、わが国の大学評価制度に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 鈴木 正嗣
1.ニホンジカ(976頭)とニホンイノシシ(87頭)から得た血清を用い,ELISA法とウエスタンブロット法によりE型肝炎に対する血清学的診断を行った.その結果,それぞれの種で2.6%および2.3%が抗体陽性と判断された.イノシシにおいては,RT-PCR法により3頭でHEV-RNAが確認されたが,捕獲状況からこれらは同腹子と考えられた2.野生のニホンイノシシ(88頭)から得た血清を用い,ELISA法と顕微鏡下凝集試験(MAT)により,レプトスピフに対する抗体の検出を行った.その結果,12検体...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 安居院 高志
本研究では実験動物のマウス・ラットに頻繁に発生する感染症、もしくは危険度の高い感染症として、マウス肝炎ウイルス、センダイウイルス、マイコプラズマ、及びハンタウイルスを対象として選択した。既に公表されている構成蛋白質のアミノ酸配列情報をもとにペプチドチップを作製し、ポリクローナル抗血清と反応させることで抗原ペプチドエピトープを同定した。更に同定されたペプチド抗原エピトープを利用して簡便な検査法の開発を試行した。マウス肝炎ウイルスとセンダイウイルスについてはこの試みが見事に成功し、既存のウイル...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 苅和 宏明
本研究ではげっ歯類を病原巣動物とする人獣共通感染症のうち、ハンタウイルス感染症とダニ媒介性脳炎を対象に主にげっ歯類を中心に疫学調査を行い、両感染症の日本における感染状況を明らかにすることを試みた。まず、北海道、宮崎県、富山県、島根県、でげっ歯類の捕獲調査を行い、捕獲されたげっ歯類についてハンタウイルス抗体の検出を試みた。北海道では捕獲されたげっ歯類のうち、,エゾヤチネズミとドブネズミで抗体が検出された。特に千歳空港で捕獲されたエゾヤチネズミと小樽港のドブネズミに抗体が検出されたことから、空...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 苅和 宏明
本研究ではげっ歯類を病原巣動物とする人獣共通感染症のうち、ハンタウイルス感染症とダニ媒介性脳炎を対象に主にげっ歯類を中心に疫学調査を行い、両感染症の極東ロシアにおける感染状況を明らかにすることを試みた。これまでに本研究により極東ロシアのウラジオストック周辺で捕獲されたハントウアカネズミがヒトに重症型の腎症候性出血熱(HFRS)を引き起こす新型のハンタウイルス(Amurウイルス)を保有していることが判明した。ハントウアカネズミは中国や韓国、および北海道にも分布することから、東アジアでハントウ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年
1.CAG promotorを用いて発現させた組み換えハンタウイルスエンベロープ蛋白が細胞融合活性を持つことを明らかにした。ハンタウイルスの中和エピトープの中央に細胞融合関連エピトープが位置することから、この組み換え蛋白が中和エピトープを保持していることが示された。また、同時に核蛋白抗原もCAG promotorを用いて発現させることに成功し、エンベロープ蛋白との相互作用について検討した。その結果核蛋白はエンベロープ蛋白の発現と輸送を押さえる可能性があること。この二つの蛋白のみではウイルス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 有川 二郎
1.ハンタウイルス抗体測定用の抗原として、大腸菌とバキュロウイルスを発現ベクターとしてハンターン型、ソウル型およびドブラバ型のそれぞれの核蛋白抗原の発現に成功し、いずれも、ELISA法診断用抗原として利用が可能である活性と量が得られることが判明した。2.バキュロウイルス発現ベクターによって、核蛋白のN末端50アミノ酸を削除した抗原を発現させてELISAへ応用すると、血清型鑑別抗原として応用可能であることが、患者血清および感染げっ歯類血清を用いて確認された。3.マウス肝炎ウイルス(MHV)核...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 八神 健一
生命科学研究における遺伝子改変動物の激増、再興・新興感染症の出現等に関連し、動物実験における感染症対策の見直しが必要となっている。このため、動物実験施設や実験動物生産施設における微生物検査項目や感染動物実験における安全対策の標準化を進めるため、以下のことを行った。1)実験動物由来微生物の病原性評価を文献資料をもとに行い、国立大学動物実験施設協議会および日本実験動物協会がそれぞれに定める微生物検査項目、実験動物中央研究所の検査項目を比較検討し、検査項目の標準化をはかった。今後、各団体への働き...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 有川 二郎
1.中国側研究分担者の所属研究機関を訪問し中国では地域的に強毒と弱毒のハンタウイルスが流行している可能性が示唆された。また、中国におけるワクチン開発の現状と有効性について情報を得た。さらに各国流行株と中国株の遺伝子の相互関係の解析ならびに血清型鑑別診断法の技術交流を行った。2.スロバキア研究分担者の研究所を訪問し、欧州におけるハンタウイルス遺伝子解析に関する情報交換と技術習得を行った。3.日本側研究協力者を米国側研究分担者の研究所に派遣しレセプター解析と遺伝子再集合ウイルス作製のための情報...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 有川 二郎
1.ハンタウイルスの感染効率が、N-アセチルガラクトサミン結合性レクチン(DBAとSBA)を添加することにより約10倍増強され、細胞表面上のレセプター又はその近傍にあるN-アセチルガラクトサミンとウイルスをレクチンが架橋することにより吸着効率が増強するためと考えられた。2.ハンタウイルス感染後、細胞融合を惹起する細胞株と起こさない細胞株の確立に成功し、ハンタウイルスエンベロープ蛋白が引き起こす感染細胞融合には細胞側因子も関与していることを明らかにした。3.強毒株感染マウスでは脳へのウイルス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 佐藤 浩
わが国の医学系大学の動物実験施設に導入され飼育されているニホンザルが、カニクイザル(Cy)やアカゲザル(Rh)同様にサルヘルペスウイルスB(BV)抗体を保有することはわれわれの調査によってすでに明らかである。BVにはマカクの種に依存したウイルス株が存在することが強く示唆されていて、米国のRh、Cy、ブタオザル(Pt)から固有のBVが複数株分離され遺伝的な解析が行われてきている。一方、日本産のニホンザルにも固有のBVが存在すると予想されているが、諸事情より未解明のままとなっている.今回、われ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 苅和 宏明
我が国や極東口シアにおいてハンタウイルスの疫学調査を行い、以下のことが明らかになった。1.実験的に作出した感染ラットの尿中にウイルスが排泄され、この尿を感受性ラットに経鼻的に滴下することにより感染が成立すること、さらに尿接種によって感染したラットの尿からもウイルスが検出されたことから、尿を介した経鼻伝播で本ウイルスが自然界で維持されうることが明らかになった。2.パキュロウイルスで様々なハンタウイルスの核蛋白を発現させ、これらを抗原に用いたELISA法を開発した。本法により、抗体保有が判定で...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 前島 一淑
1.HFRSの原因ウイルスであるハンタウイルスの核蛋白をバキュロウイルスを発現ベクターとして組み換え蛋白として発現させた。この蛋白をELISA用抗原として応用し、ウイルス抗体検査キットの試作品を作成した。2.本キットについて、国立大学34施設(1,552検体)、公立大学7施設(454検体)ならびに私立大学22施設(816検体),合計63施設、2,822検体を対象に抗体測定が実施された。その結果、74例(2.6%)が目視による判定でプラスと判定された。しかし、それらのプラス判定血清は、腎症候...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 佐藤 浩
★実験動物由来動物実験用リソース(継代腫瘍細胞)の微生物汚染状況調査実験動物由来動物実験用リソースの微生物汚染状況を調査し、動物実験施設間の授受でこれらを介した微生物汚染の拡大の対応策を検討することを本研究の目的とした。◎検体の収集:国公私立大学の医学系動物実験施設よりマウスおよびラットで継代された腫瘍細胞(11大学より45検体。内訳:マウス腫瘍細胞34件、ラット腫瘍細胞7件、マウス継代ヒト腫瘍細胞4件)を収集出来た。◎調査:病原体によって、遺伝子診断法(PCR法,RT-PCR法)と、抗体...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 桑原 幹典
申請者らは、MRIを実験用小動物(マウス・ラット)に適用するため、最小画像構成単位からS/N比の良い信号を得る必要性上高磁場(7.05テスラ、プロトン共鳴周波数300MHz)および強グラジエントMRIを行った。そのため、強グラジエントコイルを内蔵するOxford社の超伝導マグネットに自作の鞍型Helmholtzコイルをセットし、東芝ワークステーションにてイメージングソフトSISCOを走らせ、スライス厚1mmのMR画像を撮像した。撮像はスビンエコー二次元フーリェ変換法により行った。次いで、こ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 佐藤 浩
1.わが国の国立大学動物実験施設協議会傘下の31施設からマカカ属(8種)とその他の属(6種)の計14種962検体のサル血清を収集し、Bウイルス抗体の検査を行ったところ、陽性サルが40%の割合で認められた。サル種別では、カニクイザルが59%、アカゲザルが53%、ニホンザル33%であり、わが国固有のニホンザルにおいても陽性個体が認められた。2.血清検査に使用するウイルス抗原につき、危険なBウイルスを使用しない代替法を試みるため、1)ヒトヘルペスウイルスであるHSV1抗原の使用、2)ヒヒヘルペス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 前島 一淑
わが国では発生が確認されていないが,またはすでに制圧に成功したが,海外では依然として遊行していて動物やヒトに重篤な疾患を引き起こし,あるいは実験動物に重大な影響を与える動物実験の海外感染病(輸入感染症)の万一の侵入に備え,迅速かつ的確な検査および防圧のための実際的なマニュアルを作成した.マニュアルの内容は以下の通りである.緒言(本書刊行の目的)第1部 各種感染病の診断,治療,予防の実際第1章 ウイルス病第2章 細菌病(マイコプラズマ病,リケッチア・クラジミア病を含む)第3章 真菌病第4章 ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 高島 郁夫
1. ダニ媒介脳炎の成績:ウマ、イヌおよび野ネズミの血清を用いた疫学調査を実施したところ、ウイルスの汚染地は道南の4支庁を中心に広範に分布していることを明らかにした。ダニ媒介脳炎の患者発生地区で採集したヤマトマダニ600匹から2株のウイルス分離に成功した。さらに、エゾアカネズミ11匹中1匹とエゾヤチネズミ79匹中1匹からダニ媒介性脳炎ウイルスを分離した。先に犬から分離したダニ媒介脳炎ウイルスのOshima株の病原性をマウスモデルで検討したところ、本ウイルス株はダニ媒介脳炎ウイルスに共通する...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 佐藤 浩
○遺伝子改変動物の抗体調査結果:平成9年10月23日発信で国立大学動物実験施設協議会加盟施設(国動協)に対しマウス血清の収集協力を依頼し、25校の施設から計203検体のマウス血清を収集できた。実験動物中央研究所において基本8項目(血清反応A)のメニュー+カ-バチルスの9項目に対する抗体検査を行ったのち、さらにMVM/MPV・PVM・TMEV・LCM・EDIM検査を追加検査した。その総合結果は、意外にも収集されたマウス血清は清浄な抗体プロフィールを示した。例えばマウス肝炎ウイルス(MHV)の...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 有川 二郎
1. 研究分担者、杉山和良らは中国、北京市と西安市近郊で野生げっ歯類の捕獲調査を実施し、2地区より100例のげっ歯類が得られ抗体および抗原の分布を明らかにした。2. 中国側研究分担者、李徳新を3カ月間、日本側研究機関に招聘し、得られた材料の解析を行い、中国由来2株のウイルスの遺伝子配列が一部決定され、日本側流行株よりもむしろ韓国由来株に近縁であることが明らかになった。3. 研究代表者、有川二郎と研究分担者、森松組子は米国側研究分担者、Petersを訪問し、世界各地での本ウイルス流行状況と遺...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 佐藤 浩
今回わが国の国立大学動物実験施設協議会傘下の31施設について、マカク属(8種)とその他の属(6種)の計14種962検体を収集し、社団法人「予防衛生協会」でEIA法によるBウイルス抗体の検査を行った。その結果、総合成績では陽性サルが40%の割合で認められた。サル種別でみると、今まで報告されているカニクイザルが59%、アカゲザルが53%であり、予防衛生協会の過去の検査結果と特に問題になる差異があるとは思えなかったが、今回ニホンザルでも211/629(33%)の陽性個体を認められたことは新知見で...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 有川 二郎
免疫機能の未成熟な幼若個体への免疫アジュバントの投与によって、免疫力の賦活化を試み、そのウイルス感染症からの回復に及ぼす効果の解析を目的とし以下の成績を得た。1.呼吸器急性感染症、消化器急性感染症および全身感染症モデルとしてそれぞれセンダイウイルス、ロタウイルス、ハンタンウイルスおよびヘルペスウイルスと主に幼若マウスの組み合わせで実験感染系を確立した。2.免疫アジュバントとしてMDP-Lys(L18)を選択し、経口、経鼻、経直腸、皮下ルートでの投与法を確立した。3.センダイウイルスと成熟B...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 有川 二郎
1.バキュロウイルス発現ハンタウイルス組み換え核蛋白(Bac.HTN-NP)を用いたELISAとWestern blotting法による感度と特性を感染細胞を抗原とする従来のIFA法と比較・検討した。ラット、ヒト血清いずれにおいても感度はIFA法と同等であった。しかし、陰性血清におけるバックグランドの発色のレベルが比較的高く、発色の程度から肉眼判定するには問題点が残った。2.上記1.で明らかとなったバックグランド発色は、抗原の精製の不十分さが原因と考えられた。しかし、Bac.HTN-NPは...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(B))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 浦野 徹
近年の近代的実験動物科学の向上に伴い、実験動物に関与する技術者等に対して質的向上を常々図る必要から、適切なカリキュラム作成とテキスト編纂、及び教育・研修システムの確立と開催が重要となる。そこで、我々はこれらに関する最新の国内外の情報収集と打ち合わせ等により、(1)実験動物教育・研修に関するカリキュラムとテキストの検討、(2)それに従っての研修会開催、(3)映像通信システムの検討、を計画・実施した。1.カリキュラムの作成:カリキュラムは、(1)中・上級技術者を意識、(2)複数回受講により全課...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間: 1993年 - 1995年    代表者: 西宗 義武
ハンタウイルスを実験的に感染(I.P.接種)させモデル感染ラットを作成し、それらのヌードラットに対する感染性を同一ケージ内飼育により調べた。先ず接種ウイルス量を調整することにより、様々なタイタ-の抗ウイルス抗体を保持するラットを作成することに成功した。接種ウイルス量が10^2pfu以上の群では全て4W以内にX16000倍以上の安定した高抗体価を示し、同一ケージ内飼育したヌードラットに速やかな感染性を示した。10pfu以下の接種群では抗体価は安定せず様々な値を示したが、これらも可成り遅れるも...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1993年 - 1995年    代表者: 有川 二郎
1.スウェーデン側研究分担者(Dr.BoNiklasson)の所属研究機関(Swedish Institute for Infectious Disease Control)およびフィンランド、ヘルシンキ大学ウイルス研究所(教授、Dc・Antti Vaheri)を、有川(研究代表者)と橋本が平成5年度に、有川および森松、苅和(研究分担者)が平成7年度に訪問し、スウェーデンとフィンランドにおける腎症候性出血熱流行の現状ならびに調査・研究に関する情報を収集し、わが国の研究成績とともに情報交換し...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間: 1992年 - 1994年    代表者: 東 市郎
近年、ウイルスワクチンの開発はリコンビナントワクチン、コンポーネントワクチンや合成ペプチドワクチンを中心に行なわれており、飛躍的な展開を見せている。しかしこれら合成ワクチンやリコンビナントワクチンは抗原性が弱く、有効な免疫アジュバントの開発が待たれる。本研究班ではムラミルジペプチド誘導体であるMDP-Lys(L18)とB30-MDPがワクチンの免疫アジュバントとして有効であることが見出された。特にB30-MDPはインフルエンザのコンポーネントワクチンにリポゾーム型で、B型肝炎のリコンビナン...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B))
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 有川 二郎
1.腎症候性出血熱ウイルス(Hantaan virus)を接種された重症複合型免疫不全(CB-17 scid)マウスでは、成熟例(4〜6週齢)においても感染後35日目に発症・死亡することが明らかになった。2.それら発症scidマウスはいずれも、腎臓をふくむ全身諸臓器中にウイルス抗原が分布していることが酵素抗体法による免疫組織学的検索によって確認された。また、腎臓の機能障害を示す血液尿素窒素(BUN)値のわずかな上昇も観察されたことから、人と同様の腎症状を伴う疾患モデルとなり得る可能性が示唆...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1990年 - 1992年    代表者: 有川 二郎
1.エンベロープ蛋白上の中和抗体の誘導に関与する抗原は同時に感染増強抗体をも誘導することが単クローン性抗体を用いた研究によって明らかになった。さらに、感染の中和と増強は、作用する抗体の濃度に依存し、高濃度では感染を中和し、低濃度では感染を増強した。すなわち、ある特定のエピトープのみを含む抗原をワクチンとして用いても、感染中和抗体のみを誘導することは困難であると判断される。2.高い病原性をもつウイルスの構成蛋白をより安全かつ効率的に精製することを目的に、バキュロウイルスを発現ベクターとして組...
ウイルス感染症における病原性を規定するメカニズムの解明

社会貢献活動

 
微生物と人獣共通感染症
【講師】  北海道大学アドミッションセンター  北大セミナーin北見2013  2013年10月12日