儀我 美一

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/29 18:10
 
アバター
研究者氏名
儀我 美一
 
ギガ ヨシカズ
所属
東京大学
部署
大学院数理科学研究科 基礎解析学
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
東京大学大学院数理科学研究科 教授
 
1991年
 - 
1995年
北海道大学理学部 教授
 
1988年
 - 
1991年
北海道大学理学部 助教授
 
1986年
 - 
1988年
北海道大学理学部 講師
 
1981年
 - 
1986年
名古屋大学理学部 助手
 

委員歴

 
2006年
 - 
現在
日本学術会議連携会員
 
2007年
   
 
Program Comittee Member of International Conference on Industial and Applied Mathematics
 
2006年
   
 
Program Committee Member of International Conference of Mathematician
 
2001年
 - 
2003年
日本数学会  評議員,理事
 

受賞

 
2010年11月
内閣府 紫綬褒章
 
1997年
日産科学賞
 
1999年
日本数学会賞秋季賞
 
2004年
井上学術賞
 

論文

 
Y. Giga, N. Kajiwara and K. Kress
Nonlinear Anal. Real World Appl.   47 398-413   2019年   [査読有り]
H. Beirao da Veiga, Y. Giga and Z. Grujic
Handbook of Mathematical Analysis in Mechanics of Viscous Fluids      2018年   [査読有り]
M. Bolkart, Y. Giga, T. Suzuki and Y. Tsutsui
Potential Anal.   49 105-130   2018年   [査読有り]
Y. Giga, M. Muszkieta and P. Rybka
Jpn. J. Ind. Appl. Math.      2018年   [査読有り]
T. Ohtsuka, Y.-H. R. Tsai and Y. Giga
Cryst. Growth Des.   18 1917-1929   2018年   [査読有り]
Y. Giga and N. Hamamuki
Nonlinear Differ. Equ. Appl.   25-51   2018年   [査読有り]
Y. Giga and N. Kajiwara
J. Math. Anal. Appl.   459 528-555   2018年   [査読有り]
On large time behavior of growth by birth and spread
Yoshikazu Giga
Proc. Int. Cong. of Math. 2018 Rio de Janeiro      2018年   [査読有り][招待有り]
H. Koba, C. Liu and Y. Giga
Quart. Appl. Math.   76 147-152   2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
儀我美一, 石井克幸, 小池茂昭, 小澤徹, 山田直記, InternationalConferenceforthe25thAnniversaryofViscositySolutions
Gakkotosho   2008年   ISBN:9784762504396
京都大学数理解析研究所, 儀我美一, KyotoConferenceontheNavier-StokesEquationsandtheirApplications
Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University   2007年   
儀我美一
Birkhäuser   2006年   ISBN:3764324309
Mi-Ho Giga, Yoshikazu Giga, Jürgen Saal, Birkhauser
Birkhäuser   2004年4月   ISBN:0817641734
儀我美一
Hokkaido University, Dept. of Mathematics   2002年   
儀我 美一, 儀我 美保 (担当:共著)
共立出版   1999年6月   ISBN:4320015770
MSJInternationalResearchInstitute, 上見練太郎, 儀我美一, OzawaT.
Gakkōtosho   1997年   ISBN:476250419X
儀我 美一, 陳 蘊剛 (担当:共著)
日本評論社   1996年9月   ISBN:4535782342

講演・口頭発表等

 
On convergence of approximation for the Navier-Stokes equations with anisotropic viscosity by the primitive equations in Tex [招待有り]
GIGA Yoshikazu
Maximal regularity and nonlinear PDE   2019年3月28日   
On large time behavior of solutions to birth and spread type equations [招待有り]
GIGA Yoshikazu
Surface, Bulk, and Geometric Partial Differential Equations: Interfacial, stochastic, non-local and discrete structures   2019年1月21日   
Surface, Bulk, and Geometric Partial Differential Equations: Interfacial, stochastic, non-local and discrete structures [招待有り]
GIGA Yoshikazu
2019年1月18日   
儀我 美一
Arithmer Seminar #01   2018年12月20日   
全変動流方程式とその仲間達 [招待有り]
儀我 美一
第22回 早稲田大学 数学・応用数理談話会   2018年12月13日   

Works

 
衝撃波のある粘性解
2000年
曲面の発展方程式に対する等高面の方法
1989年 - 1993年
半線型熱方程式の爆発現象の数学解析
1982年 - 1988年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 山田澄生
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 石井仁司
本年度は次のような研究を行った.1.原点を漸近安定な特異点とするベクトル場を移流項に持つ準線形放物型方程式の解の準安定性の研究をP. E. Souganidis氏と共同で論文に纏め上げ完成させた.2.A. Biswas氏,S. Saha氏,L. Wang氏との共同研究により,角のある領域におけるハミルトン・ヤコビ・ベルマン方程式に対するに非線形ノイマン問題の粘性解に対する比較定理を証明し,粘性解の存在と一意性の理論を確立した.この研究で扱った非線形ノイマン条件は特別な場合であるが,これによ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2014年5月 - 2019年3月    代表者: 儀我美一
特異構造を許す解概念の定式化:異方性の強い特異2階曲率流方程式や平均曲率流方程式などについて、新しい解の概念を導入し、解析を行った。

(i) クリスタライン平均曲率流方程式に対する等高面法:特異2階曲率流方程式の典型例として、その平衡型のウルフ図形が多面体であるものを、クリスタライン平均曲率流方程式という。この問題について、カドやファセットのある結晶がぶつかりあったり、ちぎれたりするような特異構造を許す解概念として等高面法による弱解(広義解)が有力と考えられる。弱解の一意存在問題は、平面...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 儀我美一
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 儀我美一
ネットワークやフラクタルのような関数の勾配という概念が自然に定義できない空間上で、アイコナール方程式を考える。そのため一般距離空間でのアイコナール方程式についての粘性解理論を確立した。また、結晶表面や金属の粒界の形状変化を記述する曲率流方程式、特に異方性の強いクリスタライン曲率流方程式について、その粘性解理論を、表面が曲線とみなせる場合に確立した。異方性の強い曲率流方程式はユークリッド計量以外の計量で面積(長さ)を測った場合の適当な距離空間での勾配流と形式的にみなせる研究対象であるが、一般...