栃内 新

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/04 11:15
 
アバター
研究者氏名
栃内 新
 
トチナイ シン
ハンドル
stochinai
eメール
stochinaigmail.com
学位
理学博士(北海道大学)

研究分野

 

経歴

 
2009年
 - 
2011年
北海道大学 理学(系)研究科(研究院) 准教授
 
2011年
   
 
- 北海道大学大学院理学研究院自然史科学部門多様性生物学分野 教授
 

委員歴

 
 
   
 
日本動物学会  北海道支部役員
 
 
   
 
日本動物学会  ネットワーク委員
 
2004年
 - 
2006年
日本動物学会北海道支部  支部役員
 
2008年
 - 
2011年
日本動物学会北海道支部  支部役員
 
2002年
 - 
2004年
日本動物学会北海道支部  支部役員
 

受賞

 
2005年
World Ranking No.1 Hidden Jewel of NEUROSCIENCE
 
2011年
Special Award (Poster Awards)
 

論文

 
Sugio M, Yoshida-Noro C, Ozawa K, Tochinai S
Development, growth & differentiation   54 439-450   2012年5月   [査読有り]
How does the alteration of meiosis evolve to parthenogenesis? - Case study in a water flea, Daphnia pulex -
Meiosis   1-14   2011年
Hiruta C, Nishida C, Tochinai S
Chromosome research : an international journal on the molecular, supramolecular and evolutionary aspects of chromosome biology   18 833-840   2010年11月   [査読有り]
Yamada A, Martindale MQ, Fukui A, Tochinai S
Developmental biology   339(1) 212-222   2010年3月   [査読有り]
Chromosome Res   18(7) 833-840   2010年
YAMADA Atsuko, MARTINDALE Mark Q., FUKUI Akimasa, TOCHINAI Shin
Developmental Biology   339(1) 212-222   2010年
Development, Growth & Differentiation   52(1) 43-55   2010年
Takeo M, Yoshida-Noro C, Tochinai S
The International journal of developmental biology   54 151-160   2010年   [査読有り]
Imai M, Naraki Y, Tochinai S, Miura T
Journal of experimental zoology. Part A, Ecological genetics and physiology   311 788-795   2009年12月   [査読有り]
Mukaigasa K, Hanasaki A, Maéno M, Fujii H, Hayashida S, Itoh M, Kobayashi M, Tochinai S, Hatta M, Iwabuchi K, Taira M, Onoé K, Izutsu Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(43) 18309-18314   2009年10月   [査読有り]
MUKAIGASA Katsuki, HANASAKI Akira, MAENO Mitsugu, FUJII Hiroshi, HAYASHIDA Shin‐ichiro, ITOH Mari, KOBAYASHI Makoto, TOCHINAI Shin, HATTA Masayuki, IWABUCHI Kazuya, TAIRA Masanori, ONOE Kazunori, IZUTSU Yumi
PNAS   106(43) 18309-18314   2009年
Takeo M, Yoshida-Noro C, Tochinai S
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   237 1284-1294   2008年5月   [査読有り]
Sugio M, Takeuchi K, Kutsuna J, Tadokoro R, Takahashi Y, Yoshida-Noro C, Tochinai S
Gene expression patterns : GEP   8 227-236   2008年4月   [査読有り]
Evolution & Development   9 220-230   2007年
Development Growth and Differentiation   49 121-129   2007年
S. Kawamoto, C. Yoshida-Noro, S. Tochinai: Bipolar head regeneration induced by artificial amputation in Enchytraeus japonensis (Annelida, Oligochaeta). J. Exp. Zool. 303A, 615-627 2005.*
   2005年
J. Yoshino and S. Tochinai: Successful reconstitution of the non-regenerating adult telencephalon by cell transplantation in Xenopus laevis. Develop. Growth Differ.46, 523-534, 2004*
   2004年
R. Kusakabe, S. Tochinai and S. Kuratani: Expression of foreign genes in lamprey embryos: An approach to study evolutionary changes in gene regulation. J. Exp. Zool. (MOL DEV EVOL), 296B: 87-97, 2004.*
   2004年
M. Suzuki, Y. Takamura, M. Maéno, S. Tochinai, D. Iyaguchi, I. Tanaka, J. Nishihira, and T. Ishibashi: Xenopus laevis Macrophage Migration Inhibitory Factor Is Essential for Axis Formation and Neural Development. J. Biol. Chem. 279(20), 21406-2・・・
   2004年
M. Suzuki, Y. Takamura, M. Maéno, S. Tochinai, D. Iyaguchi, I. Tanaka, J. Nishihira, and T. Ishibashi: Xenopus laevis Macrophage Migration Inhibitory Factor Is Essential for Axis Formation and Neural Development. J. Biol. Chem. 279(20), 21...
Shin Tochinai and Jun Yoshino: Phylogeny and Ontogeny of Regeneration in Vertebrates. in S.F. Mawatari and H. Okada (eds), “Neo-Science of Natural History: Integration of Geoscience and Biodiversity Studies, Proceedings of Ingernational Symposium on “D・・・
   2004年
Shin Tochinai and Jun Yoshino: Phylogeny and Ontogeny of Regeneration in Vertebrates. in S.F. Mawatari and H. Okada (eds), “Neo-Science of Natural History: Integration of Geoscience and Biodiversity Studies, Proceedings of Ingernational Symposium ...
R. Kusakabe, M. Takechi, S. Tochinai and S. Kuratani: Lamprey Contractile Protein Genes Mark Different Populations of Skeletal Muscles During Development. J. Exp. Zool. (Mol Dev Evol) 302B: 121-133, 2004.*
   2004年
Kusakabe, R., Tochinai, S. and Kuratani, S.: "Expression of foreign genes in lamprey embryos: An approach to study evolutionary changes in gene regulation." J. Exp. Zool. (MOL DEV EVOL), 296B:87-97 2003.*
   2003年
Izutsu, Y., Tochinai, S., Maeno, M., Iwabuchi, K., and Onoe, K.: "Larval Antigen Molecules Recognized by Adult Immune Cells of Inbred Xenopus laevis; Partial Characterization and Implication in Metamorphosis", Develop. Growth Differ., 44: 477-488 (2002)*
   2002年
Izutsu, Y., S. Tochinai, K. Iwabuchi and K. Onoe: Larval antigen molecules recognized by adult immune cells of inbred Xenopus laevis: Tow pathways for recognition by adult splenic T cells. Developmental Biology , 221: 365-374, (*2000)
   2000年
Izutsu, Y., S. Tochinai and K. Onoe: Loss of reactivity to pan-cadherin antibody in epidermal cells as a marker for metamorphic alteration of Xenopus skin. Develop. Growth Differ 42: 377-383, (*2000)
   2000年
Chikako Yoshida-Noro, Maroko Myohara, Fumiko Kobari and Shin Tochinai: Dynamics of Nervous System in Fragmentation and Regeneration of Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Enchytraeidae). Dev. Genes Evol., 210: 311--319, (*2000)
   2000年
K. Inomata, F. Kobari, C. Yoshida-Noro, M. Myohara and S. Tochinai: Possible neural control of asexually reproductive fragmentation in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Enchytraeidae). Invert. Reprod. Dev., 37(1) 35-42, (*2000)
   2000年
S. Tozaki, M. Ono and S. Tochinai: Tolerance induction in thymectomized, adult Xenopus by co-transplantation of thymus and tolerated skin graft. Zool. Sci., 17(9): 1267-1273 (*2000)
   2000年
Shin Tochinai: What do we learn from the regeneration in lower animals. In: Y. Shimizu (ed.) Tissue Engineering for Therapeutic Use 4. pp.141-151, (*2000)
   2000年
Enomoto, T. and Tochinai, S.: "Immune response to 'self' lens in Xenopus laevis enucleated during larval life" Developmental Immunology, 7(1): 23-32 (1999)*
   1999年
Koibuchi, N and Tochinai,S : "Behavior of cells in artificially made cell aggregates and tissue fragments after grafting to developing hind limb buds in Xenopus laevis" International Journal of Developmental Biology, 43: 141-148 (1999)*
   1999年
Myohara, M., Yoshida-Noro, F., Kobari, F. and Tochinai, S. : "The fragmenting oligochaete Enchytraeus japonensis: a new material for regeneration study" Development Growth and Differentiation, 41: 549-555 (1999)*
   1999年
Koibuchi, N. and Tochinai, S.: "Existence of gradients in cell adhesiveness along the developing Xenopus hind limb bud, shown by the cellular sorting-out experiment in vitro". Develop., Growth Differ, 40: 355-362 (1998)*
   1998年
Tozaki,S. and Tochinai, S: "Effect of cyclosporin A on skin graft rejection in Xenopus". Develop. Comp. Immunol., 22(1), 79-90 (1998)*
   1998年
Y. Izutsu, K. Yoshizato and S. Tochinai : "Possible involvement of adult-type splenocytes in removal of larval cells during metamorphosis of Xenopus", Differentiation, 60(5) : 269-275 (1996)*
   1996年

Misc

 
平理沙, 栃内新
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   66th 119   2012年4月
山田温子, 寺内謙太, 生澤昌之, 浅島誠, 福井彰雅, 福井彰雅, 栃内新
日本動物学会大会予稿集   82nd 166   2011年8月
蛭田千鶴江, 栃内新
日本動物学会大会予稿集   82nd 116   2011年8月
加藤裕美子, 日下部りえ, 井上邦夫, 栃内新
日本動物学会大会予稿集   82nd 165   2011年8月
野口翔太, 佐藤岳, 三上剛和, 武尾真, 武尾真, 栃内新, 野呂知加子, 野呂知加子, 野呂知加子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th WEB ONLY 1P-0321   2011年
小澤要, 佐藤歩美, 栃内新, 野呂知加子, 野呂知加子, 野呂知加子
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th WEB ONLY 1P-0322   2011年
蛭田千鶴江, 西田千鶴子, 栃内新
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   82nd 88   2010年9月
栃内 新
本   34(2) 27-29   2009年2月
川崎美由希, 楢木佑佳, 栃内新
日本動物学会大会予稿集   79th 126   2008年8月
小針 布実子, 栃内 新, 若原 正巳
生物の科学「遺伝」別冊   0(18) 119-121   2005年4月
野呂 知加子, 茗原 眞路子, 羽生 義郎, 藤沢 敏孝, 栃内 新, 松本 元
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21(0)    1998年12月
『両生類の発生生物学』<片桐千明編著>
北海道大学図書刊行会      1998年
『激震! 国立大学』<岩崎稔、小沢弘明 編>
未来社      1999年
『研究室の小さないきものたち』ひつじ科学ブックス<「実験医学」編集部編>
羊土社      1999年
『現代生物科学』第10章<山田晃弘、中澤透編著>
日本放送出版協会放送大学      2000年
『動物界における免疫系の進化』<名取俊二>
医歯薬出版株式会社      2002年
『ヒトの遺伝の100不思議』
東京書籍      2003年
『形の科学百科事典』
朝倉書店      2004年
『新しい高校生物の教科書』
講談社ブルーバックス      2006年
大学院生の共通教育としての科学コミュニケーションの授業開発 ~「バイオ燃料と地球環境問題」をテーマに~
Japanese Journal of Science Communication   4 78-89   2008年
理系大学院生が身につけるべき科学技術コミュニケーション能力
科学技術コミュニケーション   7 187-195   2010年
栃内 新
遺伝   49(12) p50-55,図巻頭1p   1995年12月
栃内 新
遺伝   45(2) p15-19   1991年2月
栃内 新
科学   54(4) p214-220   1984年4月
関沢 文, 藤井 保, 栃内 新
動物学雑誌   92(4)    1983年12月
小原 伸子, 栃内 新, 片桐 千明
動物学雑誌   90(4)    1981年12月
小原 伸子, 栃内 新
動物学雑誌   89(4)    1980年12月
栃内 新
動物学雑誌   87(4)    1978年12月
永田 三郎, 栃内 新
動物学雑誌   87(4)    1978年12月
栃内 新
動物学雑誌   85(4)    1976年12月
片桐 千明, 栃内 新
動物学雑誌   85(4) 556-557   1976年12月
栃内 新
動物学雑誌   84(4)    1975年12月

書籍等出版物

 
沢田 健, 西 弘嗣, 栃内 新, 馬渡 峻輔, 綿貫 豊 (担当:共著)
北海道大学出版会   2008年4月   ISBN:4832981846
沢田 健, 西 弘嗣, 栃内 新, 馬渡 峻輔, 綿貫 豊, 秋元 信一, 阿波根 直一, 大原 昌宏, 柁原 宏, 片倉 春雄, 倉本 圭, 小林 快次, 鈴木 徳行, 高橋 英樹, 堀口 健雄, 前川 光司, 増田 道夫, 増田 隆一 (担当:共著)
北海道大学図書刊行会   2008年3月   ISBN:4832981838
栃内 新, 左巻 健男 (担当:共著)
講談社   2006年1月   ISBN:4062575078
『再生医療のための発生生物学』再生医療の基礎シリーズ―生医学と工学の接点―
コロナ社   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 栃内 新
単為生殖は理論的にも、また実際の観察においても、個体数を増やすという意味における増殖には有利であるとされている。しかし、自然界には無性生殖ではなく有性生殖を利用する種が多い。本研究では、環境変化に応答して有性生殖と単為生殖を使い分けるミジンコ(Daphnia pulex)を材料に、それぞれの生殖様式の細胞学的機構を明らかにし、両者がどのように進化してきたかについての知見を得ることを目指している。本研究から、ミジンコの単為生殖では、「減数しない減数分裂」により2倍体となった卵が発生を開始する...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 逸見 勝亮
本研究は、機関リポジトリや電子ジャーナルで公開された研究論文の被利用度・被引用度を調査分析し、機関リポジトリによるオープンアクセスの効果について検証したものである。『Zoological Science』誌を対象として調査した結果、研究論文の機関リポジトリ収録は電子ジャーナルサイト利用数の減少をもたらしはしないこと、新たな読者を獲得すること、被引用数は増えないことを明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 杉山 滋郎
(1)「ミニ・サイエンスカフェ」を活用したファシリテーションの演習プログラムや、インターネットを利用してサイエンス・ライティングを指導するカリキュラムなど、大学院生向けのカリキュラムを4種、開発、(2)カードソート法やペルソナ法を取り入れた科学技術コミュニケーション教育用教材を開発、(3)コンテンツ表現を4つの評価軸に沿って評価する手法、科学技術に関連する文章について評価する手法などを開発した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 新田 孝彦
1.研究の目的現在の日本の高等教育機関には技術者倫理教育が急速に導入されつつあるが、ここには二つの課題がある。一つは、周本の現状に適合した技術者倫理教育のコンテンツを開発することであり、もう一つは、技術者倫理教育を企業へ、あるいは技術者団体へと拡大することである。本研究の目的は、この二つの課題に即して、技術者倫理教育のコンテンツを開発することと、大学と企業あるいは地域との連携システムに関する調査研究を行うことである。2.研究の成果:(1)第一の課題に関しては、研究代表者と研究分担者が研究会...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 小笠原 正明
日本の研究大学の学土課程における基礎的な自然科学分野の教育について、米国や英国の大学と直接比較を行い、その教育水準について研究した。同時に、入学者の学習歴や学力の多様化に対応した基礎教育の実現を目指して、モデル授業を行った。研究の成果は以下の4点に要約される。第1に、カリキュラムの開発と教育の組織化について総括的な研究を行った。カリフオルニア大学バークレー校の入門化学の授業に刺激を受けて、カリキュラムの再構築と授業開発の意義を明らかにした。また、アメリカおよびイギリスにおける関連の授業に参...