江口 修

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/27 15:37
 
アバター
研究者氏名
江口 修
 
エグチ オサム
URL
http://www.res.otaru-uc.ac.jp/~eguchi
所属
小樽商科大学
職名
名誉教授
学位
文学修士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
小樽商科大学 言語センター 言語センター 個別言語部門 フランス語系 教授
 
1978年
   
 
小樽商科大学商学部講師(1978)
 
1981年
   
 
同       助教授(1981)
 
1993年
 - 
現在
同言語センター  教授(1993~現在にいたる)
 

学歴

 
 
 - 
1977年
東北大学 文学研究科 仏語仏文学
 
 
 - 
1972年
東北大学 文学部 仏語仏文学
 

委員歴

 
 
   
 
小樽商科大学言語センター長
 
 
   
 
日本フランス語フランス文学会北海道支部長
 
 
   
 
小樽商科大学国際交流センター長
 
2010年4月
 - 
現在
日本ロンサール学会  編集委員/一般会員
 

Misc

 
江口 修
Language Studies : 言語センター広報   22 3-7   2014年1月
江口 修
SEA PORT WALTZ : 小樽商工会議所会報   446 27-27   2012年7月
江口 修
小樽商科大学人文研究   122 69-84   2011年12月
江口 修
人文研究   122 69-84   2011年12月
江口 修
Language Studies : 言語センター広報   19 3-7   2011年1月
江口 修
Language Studies : 言語センター広報   17 3-7   2009年1月
江口 修
小樽商科大学「人文研究」   70 23-39   1985年8月
江口 修
小樽商科大学人文研究   99 9-16   2000年3月

書籍等出版物

 
フランス・ルネサンス文学集 1 学問と信仰と
江口 修 (担当:共訳, 範囲:ベルナール・パリシー)
白水社   2015年3月   
罪と恐れ  ジャン・ドリュモー
江口 修 (担当:共訳, 範囲:第4、9、12、16、17章)
新評論   2004年12月   
言語の夢想者―17世紀普遍言語から現代SFまで
工作舎   1990年   
ペルシャの鏡
工作舎   1993年   
重合
法政大学出版局   1996年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
フランスルネサンス詩におけるアレゴリーの機能の変遷
ロンサールの詩的テクストの機械可読化とテキストデータベースの構築