佐藤 宏

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/23 00:03
 
アバター
研究者氏名
佐藤 宏
 
サトウ ヒロシ
所属
山口大学
部署
共同獣医学部
職名
教授
学位
獣医学博士(北海道大学), 獣医学修士(鳥取大学)
その他の所属
山口大学アイルランガ大学

研究分野

 
 

経歴

 
2006年2月
 - 
2010年3月
山口大学 農学部 大学院担当准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
山口大学 農学部 大学院担当教授
 
2012年4月
 - 
現在
山口大学 共同獣医学部 大学院担当教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
鳥取大学 農学部 獣医学科
 
 
 - 
1986年
鳥取大学 農学研究科 獣医学
 
 
 - 
1989年
北海道大学 獣医学研究科 形態機能学
 

論文

 
Mafie E, Saito-Ito A, Kasai M, Hatta M, Rivera PT, Ma XH, Chen ER, Sato H, Takada N
Parasitology research      2018年10月   [査読有り]
Kamimura K, Yonemitsu K, Maeda K, Sakaguchi S, Setsuda A, Varcasia A, Sato H
Parasitology research   117(7) 2315-2322   2018年7月   [査読有り]
Setsuda A, Ribas A, Chaisiri K, Morand S, Chou M, Malbas F, Yunus M, Sato H
Systematic parasitology   95(2-3) 235-247   2018年3月   [査読有り]
Sakai H, Kato E, Sakaguchi S, Setsuda A, Sato H
Parasitology research   117(3) 893-904   2018年3月   [査読有り]
Mafie E, Rupa FH, Takano A, Suzuki K, Maeda K, Sato H
Parasitology research   117(3) 673-680   2018年3月   [査読有り]
Jinnai M, Kawai T, Harada T, Nishiyama Y, Yokoyama H, Shirakashi S, Sato H, Sakata J, Kumeda Y, Fukuda Y, Ogata K, Kawatsu K
International journal of food microbiology   259 59-67   2017年10月   [査読有り]
Hayashi K, Tang W, Ohari Y, Ohtori M, Mohanta UK, Matsuo K, Sato H, Itagaki T
Parasitology research   116(9) 2605-2609   2017年9月   [査読有り]
Kasai A, Tsuduki H, Jimenez LA, Li YC, Tanaka S, Sato H
Parasitology research   116(4) 1137-1150   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
Bhuminand Devkota, Toshihiko Nakao, Kosaku Kobayashi, Hiroshi Sato, Shyam Kishor Sah, Dinesh Kumar Singh, Ishwori Prasad Dhakal, Norio Yamagishi
Journal of Veterinary Medical Science   75 1623-1627   2013年12月
The effect of treatment for anestrus in buffaloes with a PGF2α or GnRH injection and vitamin-mineral (Vit-M) supplementation for 1 to 2 months and some factors influencing the treatment effect were studied. In anestrus buffaloes with CL, an inject...
P. Makouloutou, A. Setsuda, M. Yokoyama, M. Yokoyama, T. Tsuji, E. Saita, H. Torii, Y. Kaneshiro, M. Sasaki, K. Maeda, Y. Une, H. Hasegawa, H. Sato
Journal of Helminthology   87 326-335   2013年9月
The gullet worm (Gongylonema pulchrum) has been recorded from a variety of mammals worldwide, including monkeys and humans. Due to its wide host range, it has been suggested that the worm may be transmitted locally to any mammalian host by chance....

書籍等出版物

 
緑書房   2018年11月   ISBN:4895313514
Autoantibodies to intermediate filaments in organ-transplanted and helminthiasis patients.
New Directions for Cellular and Organ Transplantation   2000年   

講演・口頭発表等

 
日本国内の野生食肉目動物の膀胱から検出された4タイプの毛細線虫
坂口星帆、田丸正枝、鈴木和男、伊原禎雄、柳田哲矢、佐藤 宏
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
Genetic confirmation of Gongylonema nepalensis in domestic and wild ruminants in Sardinia Island, Italy
A. Varcasi, 説田 景、A. Scala, A. Zidda, P. A. Cabras, G. Gaglio, C. Tamponi, A.P. Pipia, 佐藤 宏
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
山口県のニホンイノシシから得た大鉤頭虫 (Macracanthorhynchus hirudinaceus)
米満研三、上村耕一郎、前田 健、佐藤 宏
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
高知県産イトヨリダイから検出した未知の多殻目Unicapsula種について
友知久幸、笠井亨浩、関谷麻里子、説田 景、柳田哲矢、佐藤 宏
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
山口県産ならびに鹿児島県産サワラから検出した未知の多殻目Kudoa種について
笠井亨浩、友知久幸、坂井晴哉、説田 景、柳田哲矢、佐藤 宏
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   

担当経験のある科目

 

Works

 
外来動物アライグマに関わる人獣共通寄生虫の調査
その他   2001年 - 2001年
Epidemiology of Baylisascaris procyonis infection in Japan
その他   2001年 - 2001年