力石 國男

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/15 10:13
 
アバター
研究者氏名
力石 國男
 
リキイシ クニオ

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
ノースアジア大学 教授
 
2010年4月
 - 
現在
弘前大学 名誉教授
 

委員歴

 
2013年5月
 - 
2017年5月
日本雪氷学会監事
 
2005年5月
 - 
2009年5月
日本雪氷学会東北支部長
 
2009年5月
 - 
2011年5月
日本雪氷学会  評議員
 

受賞

 
2012年5月
東北雪氷賞(功績賞)
 
2009年10月
(社)日本雪氷学会 学会賞(学術賞)
 
1992年
東北雪氷賞(学術奨励賞)
 
2001年
東北雪氷賞(学術賞)
 

Misc

 
温暖化時代の青森の雪
力石國男
雪国環境研究(青森大学雪国環境研究所)   (15) (印刷中)   2009年
最近の表層雪崩の発生事例から学ぶ実践的雪崩対策
力石國男
弘前大学理工学部寒地気象実験室報告   (15) 5-23   2009年
気候と気象
力石國男
青森市史別編4自然   62-157   2009年
オホーツク海の海氷面積の変動に対する大気循環の影響
力石國男
月刊地球   30(4) 171-181   2008年
阿部修・力石國男・石田祐宣・小杉健二・上石勲・平島寛行
日本雪氷学会誌「雪氷」   69(4) 513-518   2007年

書籍等出版物

 
岩木山の気象
力石 國男 (担当:分担執筆)
岩木山を科学する (有)北方新社   2014年1月   
自然環境-多用な気象条件
青森県史(自然編生物)   2003年   
気象と気候の概要、海洋の概要
青森県史(自然編地学)   2001年   
気象、気候、気候の変動
青森県史(自然編地学)   2001年   
海流、潮汐と潮流
青森県史(自然編地学)   2001年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
科学技術総合研究委託費 地域先導研究「積雪寒冷地における自然エネルギー利用技術の開発研究」
平成12~14年度

競争的資金等の研究課題

 
気候変動における雪氷圏の役割
基礎科学研究
研究期間: 2001年 - 2010年
人間活動に起因する地球環境の変化
基礎科学研究
研究期間: 2001年 - 2010年
北極気団の南下による北日本の豪雪・冷夏の発生機構の研究
基礎科学研究
研究期間: 1993年 - 2010年