横尾 恒隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 02:41
 
アバター
研究者氏名
横尾 恒隆
 
ヨコオ ツネタカ
eメール
yokooynu.ac.jp
所属
横浜国立大学
部署
教育学部 学校教育課程 技術教育
学位
教育学修士, 博士(教育学)(東京学芸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年10月
 - 
2007年3月
岩手大学教育学部助教授
 
1989年4月
 - 
1992年10月
岩手大学教育学部講師
 

学歴

 
 
 - 
1984年
名古屋大学 教育学研究科 教育学
 
 
 - 
1978年
名古屋大学 教育学部 教育学科
 

論文

 
高学歴化の下での高校職業教育の意義と職業教育をめぐる検討課題
横尾恒隆、依田有弘
技術教育研究   (74) 1-8   2015年8月   [査読有り][招待有り]
アメリカ合衆国における公教育としての職業教育の成立
横尾恒隆
   2012年9月   [査読有り]
本論文は、職業教育の公共性という観点から、①1900~1910年代アメリカ合衆国における職業教育振興を意図した職業教育運動の展開や、②同国で最初の職業教育連邦補助法であり、この国の公教育としての職業教育制度構築に大きな役割を果たしたと指摘されるスミス・ヒューズ法制定(1917年)による、同国での公教育としての職業教育制度確立の教育史的意義を明らかにした。
高等学校専門教科「情報」に関する研究
盛内健志・横尾恒隆
日本産業技術教育学会東北支部論文集   1 23-30   2007年1月   [査読有り]

Misc

 
横尾恒隆
横浜国立大学教育学部紀要Ⅰ(教育科学)   1 207-223   2018年2月
アメリカの短期大学であるコミュニティ・カレッジとその前身であるジュニア・カレッジの職業教育プログラムの発展過程とそれをめぐる議論について検討した。
全体像が明らかになってきた次期高等学校学習指導要領の特徴と問題点
横尾恒隆
技術教育研究   (76) 25-32   2017年7月   [査読有り][依頼有り]
本稿では、中教審の「審議のまとめ」「答申」を中心に、これまでに全体像が明らかになっている次期高等学校学習指導要領の特徴と問題点を明らかにした。
ブロック線図に基づくロボット制御に関する教員講習会テキストの開発
横尾恒隆,須田孝之、鬼藤明仁
横浜国立大学教育人間科学部紀要Ⅰ(教育科学)   (15) 37-47   2013年2月
現代アメリカにおける普通教育としての技術教育教科書の研究(その2)――『設計・技術・工学の探求』のエネルギー変換技術に関する内容を中心に――
横尾恒隆、冨澤健太、上里正男
横浜国立大学教育人間科学部紀要. I, 教育科学   19 200-213   2017年2月
Historical Development and Perspectives of Technology and Vocational Education in Japan
Creating Contexts for Learn- ing in Technology Education   284-289   2016年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
アメリカにおける公教育としての職業教育の成立
横尾恒隆
株式会社 学文社   2013年12月   
本書では、1)職業教育運動の展開、2)スミス・ヒューズ法の制定(1917年)による、アメリカにおける公教育としての職業教育の成立の教育史的意義を、職業教育の公共性の観点から解明した。
日本と世界の職業教育
堀内達夫、佐々木英一、伊藤一雄、佐藤史人、横尾恒隆ほか18名 (担当:共著, 範囲:第5章「アメリカにおける職業教育」)
法律文化社   2013年5月   ISBN:9784589035110
本書では、国際類型的な見方・仮説を立て、職業教育を組み込む中等教育カリキュラムの類型とその変化について論じたものである。横尾は、総合制灰・スクールで職業教育を行うという特徴を持つアメリカの職業教育の動向について論じた。
新版 専門高校の国際比較
法律文化社   2006年4月   
工業高校の挑戦
斉藤武雄、田中喜美、依田有弘他43名。 (担当:共著)
学文社   2005年4月   
国際競争力を高めるアメリカの教育戦略
宮川秀俊、桜井 宏、都築千絵、編集委員:福田英昭、森山潤、浅田茂裕、角和博他 (担当:共著)
教育開発研究所   2004年7月   

講演・口頭発表等

 
アメリカ合衆国における職業教育連邦補助法の成立 [招待有り]
横尾恒隆
日本教育学会   2015年8月   日本教育学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
若者の「理工系離れ」対策としての高校工学予備教育の国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 横尾恒隆
中等教育・職業教育における新カリキュラム開発の動向に関する国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 堀内達夫
技術・工業教育の教員養成プログラムの評価システムと学生の能力実態に関する国際比較
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2010年4月    代表者: 田中喜美
職業教育におけるデュアルシステムの需要と変容に関する国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 横尾恒隆
国民教育でのテクノロジー・リテラシーの学力到達度アセスメントに関する国際比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2002年4月 - 2006年3月    代表者: 田中喜美