SAITO Tadao

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:03
 
Avatar
Name
SAITO Tadao
E-mail
tadao.saito.a3tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4e14cafc0a9cd95dcfdb02de73062c2f.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Bioscience and Biotechnology for Future Bioindustries Department of Science of Food Function and Health Laboratory of Animal Products Chemistry
Job title
Professor
Degree
農学博士(Tohoku University), 農学修士(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2001
   
 
Professor, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
Associate Professor, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
 
Nov 1989
 - 
Mar 1997
Associate Professor, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 
Apr 1989
 - 
Oct 1989
full-time lecturer, Tohoku Fukushi University
 
Apr 1982
 - 
Mar 1988
Assistant Professor, Tohoku Fukushi University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1982
農芸化学, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1975
畜産学科, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jan 2001
 - 
Dec 2002
Japan Dairy Science Association  Councilor
 
Mar 2001
 - 
Mar 2003
Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  代議員
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
Japan Society for Lactic Acid Bacteria (JSLAB)  Manager
 
Jan 2003
 - 
Dec 2004
Japan Dairy Science Association  Councilor
 
Apr 2003
 - 
Mar 2005
Japan Society for Lactic Acid Bacteria (JSLAB)  Director
 

Awards & Honors

 
Feb 2012
プロバイオティク乳酸菌の機能性に関する研究, 第3回光岡賞, 国際酪農連盟日本委員会(JIDF)
 
本研究成果により、ヒト腸内に付着結合する乳酸菌の選抜方法を、プラズモン共鳴法を原理とした2成分間バイオセンサーであるBiacoreを用いて評価する方法を新しく開発し、腸管付着性菌の選抜とその機構の一端を解明することが初めて可能となった。
Apr 2008
全国の科研費審査委員より優秀な審査を行った29名を第一回目の顕彰とした。, 第1回科学研究費優秀審査員賞, 日本学術振興会(JSPS)
 
Mar 2008
2004年にAnimal Sci. J.に掲載された論文(75, 377-382)の引用度が極めて高かったことによる顕彰。, 2008 Excellent Paper Award, 日本畜産学会
Winner: 下里剛士、北澤春樹、遠野雅徳、加藤真一郎、川井泰、齋藤忠夫
 
Mar 2002
プロバイオティック乳酸菌の有効利用に関する研究, 日本畜産学会学会賞, (社)日本畜産学会
 
Aug 1998
牛乳の糖質および糖タンパク質糖鎖に関する研究, 日本酪農科学会学会賞, 日本酪農科学会
 

Published Papers

 
Paulraj Kanmani, Leonardo Albarracin, Hisakazu Kobayashi, Hikaru Iida, Ryoya Komatsu, A.K.M. Humayun Kober, Wakako Ikeda-Ohtsubo, Yoshihito Suda, Hisashi Aso, Seiya Makino, Hiroshi Kano, Tadao Saito, Julio Villena, Haruki Kitazawa,
Molecular Immunology   93 253-265   Jan 2018   [Refereed]
Takashi Moriya, Naoki Nagahata, Rei Odaka, Hirohide Nakamura, Jun Yoshikawa, Katsumi Kurashima, Tadao Saito,
CARBOHYDRATE RESEARCH   439 44-49   Feb 2017   [Refereed]
H. Kobayashi, P. Kanmani, T. Ishizuka, A. Miyazaki, J. Soma, L. Albarracin, Y. Suda, T. Nochi, H. Aso, N. Iwabuchi, J.-Z. Xiao, T. Saito, J. Villena, H. Kitazawa,
Beneficial Microbes   8(2) 309-321   Jan 2017   [Refereed]
PubMed ID: 28042704
ISSN: 1876-2883
eISSN: 1876-2891
H. Kobayashi, L. Albarracin, N. Sato, P. Kanmani, A.K.M.H. Kober, W. Ikeda-Ohtsubo, Y. Suda, T. Nochi, H. Aso, S. Makino, H. Kano, S. Ohkawara, T. Saito, J. Villena, and H. Kitazawa,
Beneficial Microbes   7(5) 769-782   Nov 2016   [Refereed]
ISSN 1876-2883 print, ISSN 1876-2891 online,
Urashima, T., T, Yamamoto, K. Hirayama, K. Fukuda, T. Nakamura, T. Saito, K. Newgrain, J. Merchant, B. Green and M. Messer.
Glycoconjugate Journal   33(5) 797-807   Oct 2016   [Refereed]

Misc

 
アジア乳酸菌学会連合主催の第5回アジア乳酸菌シンポジウム(AFSLAB5)に出席して
日下練介、齋藤忠夫、
ミルクサイエンス   66(2) 145-148   Aug 2017
松崎郷子、齋藤忠夫
ミルクサイエンス   65(2) 109-113   Aug 2016
海外レポート
書評『現代乳酸菌科学』未病・予防医学への挑戦
書評
ミルクサイエンス   65(1) 51   Apr 2016
アジア乳酸菌学会連合主催の第8回アジア乳酸菌学会(ACLAB8)に出席して
安西沙織、齋藤浩唯、片山紗良、松崎郷子、齋藤忠夫
Milk Science   64(3) 279-283   2015

Books etc

 
「牛乳乳製品の知識 改訂版」
齋藤忠夫監修 (Part:Supervisor)
一般社団法人 Jミルク   Oct 2017   
「チーズの科学」
齋藤忠夫
講談社ブルーバックス   Nov 2016   ISBN:978-4-06-257993-3
「ヨーグルトの事典」
齋藤忠夫、伊藤裕之、岩附慧二、吉岡俊満 (Part:Editor, 400-404)
朝倉書店   Apr 2016   ISBN:978-4-254-43118-6
「あなたの便秘がこれで治る!オリゴ糖の新事実」
齋藤 忠夫(監修) (Part:Supervisor, 全体)
健康ジャーナル社   Sep 2012   ISBN:978-4-907838-61-4
Fuctional Amino Acid & Functional Peptides - Technology & Marketing
Tadao Saito (Part:Joint Work, 第7章(血圧降下ペプチド)73頁~89頁)
CMC Publishing Co., Ltd.   Jul 2012   ISBN:978-4-7813-0625-4

Conference Activities & Talks

 
"Immunosynbiotics" approach by using wakame and immunobiotics as livestock healthy growth strategy
〇Nakano,Yuhka., Yuki. Masumizu, Kober AKM Humayun, Garcia Valeria, Wakako.Ikeda-Ohtsubo, Yoshihito.Suda, Keiichi.Suda, Tadao.Saito, Villena Julio, Haruki.Kitazawa,
日本畜産学会第123回大会   6 Sep 2017   
要旨集P116
Development of advanced evaluation system of anti-disease immunobiotics
〇Komatsu,Ryoya., Hikaru.Iida, Kober AKM Humayun, Albarracin Leonardo, Yoshihito.Suda, Wakako.Ikeda-Ohtsubo, Hisashi.Aso, Noriyuki.Iwabuchi, Xiso Jin-zhong, Tadao.Saito, Villena Julio, Haruki.Kitazawa,
日本畜産学会第123回大会   6 Sep 2017   
要旨集P116
Effects of common microbial ligands for TLRs on adipogenesis and inflammation in porcine adipocytes
〇井形 愛美、Kober AKM Humayun, Asuka.Tada, Albarracin Leonardo, Wakako.Ikeda-Ohtsubo, Hisashi.Aso, Kazutoyo.Yoda, Kenji.Miyazaki, He Fang, Tadao.Saito, Villena Julio, Haruki.Kitazawa,
日本畜産学会第123回大会   6 Sep 2017   
要旨集P64
炎症性腸疾患を悪化させる硫酸基還元細菌に対するビフィズス菌の付着阻害作用の研究
日下練介、大坪和香子、北澤春樹、齋藤忠夫
平成29年度 酪農科学シンポジウム   18 Aug 2017   
発酵乳に利用されるビフィズス菌のハチミツオリゴ糖資化性の検討
澤田侑希、大坪和香子、北澤春樹、齋藤忠夫
平成29年度 酪農科学シンポジウム   18 Aug 2017   

Research Grants & Projects

 
潰瘍性大腸炎(UC)原因菌候補の検索とヒト腸管高付着性菌による置換、排除および競合阻害に関する研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013
ヒトABO式血液型抗原を認識結合する特殊機能性乳酸菌に関する研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2006 - Mar 2009
Adhesion mechanism on Human Intestine by Cell Surface Lectins from Lactic Acid Bacteria
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Nov 1989 - Today
ビフィズス菌のミルクオリゴ糖資化特性とヒト腸管増殖性機構解析
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2007   
Study on Bioactive Materials Produced by Probiotic Lactic Acid Bacteria
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Nov 1989 - Today

Patents

 
特開2007-61073 : リン酸化ラクトースを含むミネラル吸収強化剤とその製造方法及びそれを含むミネラル強化食品組成物
齋藤忠夫、北澤春樹、川井 泰、伊藤裕之

Social Contribution

 
健康の味方ヨーグルト(街角で「知」楽しもうー東北大学サイエンスカフェから)
[TV or radio appearance, Contribution]  河北新報  29 Jul 2006
平成19年7月21日に、仙台市内のせんだいメディアパークで開催された、
第12回東北大学サイエンスカフェの概要を説明し、ヨーグルトの素晴らしさを伝えた。
企画特集:ヘルシーレポート(老化をどう防ぐ?)
[TV or radio appearance, Contribution]  毎日新聞  28 Apr 2007
牛乳に含まれるN-アセチルグルコサミンが軟骨再生を促進すること、日常的に摂取して保護と改善が出来ることを説明した。
腸内バランス調整による健康効果:乳酸菌
[TV or radio appearance, Contribution]  神奈川新聞  18 Nov 2005
チーズフェスタ2016
[Others]  11 Nov 2016
チーズと健康
平成28年度宮城県生乳取扱者認定講習会
[Others]  24 Oct 2016 - 25 Oct 2016
生乳生乳の理化学的性状について

Others

 
Sep 2014   乳酸菌LG21の食道・胃粘膜の付着性評価とピロリ菌への付着阻害性試験
各種ピロリ菌のヒト食道・胃ムチンへの付着性をレクチンとウレアーゼの両面から検討する。また、乳酸菌LG21自体のヒト食道・胃ムチンへの付着性因子と付着性機構を検討し、乳酸菌LG21の競合阻害によるピロリ菌の排除機構検討を解明する。
Jul 2014   植物性および動物性食品起源の機能性乳酸菌のヒト腸ムチンへの付着性解析
二成分間の相互作用を測定するバイオセンサー:BIAKOREを用いてヒト大腸ムチンに対する高い付着性を示すLactobacillus brevis KB290について、付着因子の検証を行い、特に菌体外多糖(EPS)に関与する付着機構を解明し、併せてEPSの構造も明らかにする。
Jun 2014   ビフィズス菌SP株の生産する菌体外多糖(EPS)の化学構造と機能性
ビフィズス菌SP株が産生するEPSについて、各種分析手法によりその構成成分や構造を解明する。更にその産生条件を検討し、産生性の向上を図る。
May 2014   炎症性腸疾患を防ぐプロバイオティクスの探索とそれを利用した新機能性ヨーグルト等のデリバリーシステムに関する研究
ヒト大腸ムチンの可溶化・精製技術を確立し、硫酸基とシアル酸を区別して総合評価できる方法を構築する。アッセイ法により高硫酸基結合性菌のスクリーニング選抜を行う。選抜されたプロバイオティクスをヒト下部消化管に送り届けることを可能とするデリバリーシステムの検討を行う。
Oct 2013   ヒト由来ビフィズス菌の腸管定着性機構解明とその利用に関する研究
ヒト腸管ムチンに対する付着能をBIACORE解析で調べ、付着に関与するアドヘシンの解明を行い、さらに炎症性腸疾患予防などへの利用性を検討する。