MIYAZAWA Teruo

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:03
 
Avatar
Name
MIYAZAWA Teruo
E-mail
miyazawabiochem.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/90b61bdbc86814cc98485d15b377c1ce.html
Affiliation
Tohoku University
Section
New Industry Creation Hatchery Center Industry Creation Section Food Biotechnology Innovation Project
Job title
Professor
Degree
農学博士(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1982
食糧化学, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jun 2012
 - 
Today
飯島記念食品科学振興財団  評議員
 
Sep 2011
 - 
Today
食料・農業分野における震災復興に向けた専門家会議  座長
 
Jun 2011
 - 
Today
宮城県米粉利用協議会  副会長
 
Apr 2011
 - 
Today
日本油化学会関東支部  副支部長・常任委理事・学術専門委員会委員
 
Apr 2011
 - 
Today
油脂・コレステロール研究会  会長
 

Awards & Honors

 
Apr 2015
平成27年度春紫綬褒章, 日本国
 
Mar 2008
Effect of Dietary Oils on Lymphocyte Immunological Activity in Psychologically Stressed Mice, Award for Excellence to Authors Publishing in Bioscience, Biotechonology, and Biochemistry in 2007, 日本農芸化学会
Winner: Motoko Oarada, Tohru Gonoi,Tsuyoshi Tsuzuki, Miki Igarashi, K.Hirasaka, T. Nigawa , Y.Onishi, T.Toyotome, K. Kmei, Teruo Miyazawa, Kiyotaka Nakagawa,M.Kashima,and N.kurata
 
日本農芸化学会B.B.B.論文賞
Biosci. Biotechnol. Biochem., 71, 174-182 (2007)
Jun 2003
食品ポリフェノールの消化管吸収と代謝, アサヒビール生活科学研究賞, アサヒビール学術振興財団
 
Mar 2003
脳脂質のグリケーションとその阻害物質, 上原記念生命科学研究助成, 上原記念生命科学財団
 
Mar 2000
食品および生体脂質の過酸化とその解析評価に関する研究, 日本油化学会賞, 日本油化学会
 

Published Papers

 
Ibusuki.D, Nakagawa.K, Asai.A, Oikawa.S, Masuda.Y, Suzuki.T, Miyazawa.T*
Journal of Lipid Research   49 2668-2677   Jul 2008   [Refereed]
(IF 4.41)
Nakagawa.K, Kiko.T, Hatade.K, Asai.A, Kimura.F, Sookwong.P, Tsuduki.T, Arai.H, Miyazawa.T*
Analytical Biochemistry   381 129-134   Aug 2008   [Refereed]
(IF 3.09)
Nakagawa.K, Ibusuki.D, Suzuki.Y, Yamashita.S, Higuchi.O, Oikawa.S, Miyazawa.T*
J Lipid Res.   48(12) 2779-2787   Sep 2007   [Refereed]
IF値 4.357
Anti-angiogenic and anti-cancer potential of unsaturated vitamin E, tocotrienol
Miyazawa.T*, Shibata.A, Sookwong.P, Kawakami.Y, Eitsuka.T, Asai.A, Oikawa.S, Nakagawa.K
J. Nutr. Biochem.   20(2) 79-86   Feb 2009   [Refereed]
(IF 4.35)
Nakagawa.K, Shibata.A, Yamashita.S, Tsuzuki.T, Kariya.J, Oikawa.S, Miyazawa.T*
J Nutr.   137(8) 1938-1943   Aug 2007   [Refereed]
IF値4.009

Misc

 
Anti-angiogenic effect of tocotrienol and its mechanism
柴田央、仲川清隆、宮澤陽夫
VITAMINS   83(1) 21-23   Jan 2009
宮澤陽夫
生体の科学   58(6) 524-528   Dec 2007
抗血管新生作用を有するトコトリエノールの高生産イネの作出
仲川清隆、柴田央、Phumon Sookwong、 宮澤陽夫*、村田和優
化学と生物   45(1) 11-13   Jan 2007
糖脂質の生理活性と利用
宮澤陽夫、菅原達也
FOOD Style 21   11(5月) 36-39   May 2007
Miki Miyoshi, Nobuo Nishi, Hisanori Kato, Yukari Takemi, Teruo Miyazawa, Makoto Shimizu
J. Nutr. Sci. Vitaminol.   60 220-222   2014

Books etc

 
Introduction of lipids and oxidized lipids alalyses
宮澤陽夫、藤野泰朗 (Part:Joint Editor)
学会出版センター   Jan 2000   
宮澤陽夫、藤野泰明 編
食品の機能化学
五十嵐脩、宮澤陽夫 (Part:Joint Editor)
弘学出版   Mar 2002   
アンチエイジング・ヘルスフード
宮澤陽夫、仲川清隆、庄子真樹 (Part:Joint Work, 第5章第2節生体膜脂質グリケーションの実態と阻害成分(p135~p143))
サイエンスフォーラム   Jan 2008   
New Food Industory
宮澤陽夫、木村俊之、仲川清隆 (Part:Joint Work, 糖尿病の急増と桑園の遊休化対策としての桑成分の機能性食材化(p61-p68))
食品資材研究会   Nov 2008   
アンチエイジングのための100の質問
木村ふみ子, 仲川清隆, 宮澤陽夫
メディカルレビュー社   2014   

Conference Activities & Talks

 
イネカルスを用いたトコトリエノール高生産への取り組み
阿部伎, 木村映一, 木村俊之, 村田和優, 吉田泰二, 仲川清隆, 宮澤陽夫
第26回ビタミンE研究会   9 Jan 2015   
ヒト肝癌細胞HepG2におけるホスファチジルコリンヒドロペルオキシド(PCOOH)の代謝と病態生理:PCOOHの作用におよぼすビタミンEの影響
仲川清隆, 鈴木優里, 加藤俊治, 宮澤陽夫
第26回ビタミンE研究会   9 Jan 2015   
食塩感受性ラットにおける醤油の抗高血圧作用に関する研究
加藤恵, 早坂咲, 木村ふみ子, 仲川清隆, 宮澤陽夫
日本食品科学工学会平成26年度東北支部大会   22 Nov 2014   
食塩感受性高血圧ラットでの醤油の抗高血圧作用に関する研究
加藤恵, 早坂咲, 木村ふみ子, 仲川清隆, 宮澤陽夫
第24日本メイラード学会年会   7 Nov 2014   
Nutrition and microRNAs as potential markers for Alzheimer’s disease.
Teruo Miyazawa
2014 International Conference of the Korean Nutrition Society   5 Nov 2014   

Research Grants & Projects

 
農水産物由来の機能分子の評価解析と食品への応用
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1998 - Today
過酸化脂質と細胞障害の解析
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1998 - Today

Patents

 
特開2015-80424(P2015-80424A) : トコトリエノールの製造方法及びそのための植物
2012-191899 : アザ糖を生産する微生物
特許第4807563号 : 容器詰め飲料及びその製造方法
海野知己紀、角田隆巳、宮澤陽夫、仲川清隆
10‐0973782 : 皮膚細胞増殖促進組成物およびその製造方法
T.Miyazawa, A.Narise, S.Shimura
管理番号:P20060177号
特開2005-281170 : ヒドロペルオキシドの精製方法、およびヒドロペルオキシドの検出方法
宮澤陽夫、仲川清隆、指宿大悟、増田祐一

Social Contribution

 
第32回東北大学農学カルチャー講座 お米の科学と私たちの暮らし
[Others]  4 Nov 2008
講演
「お米による健康増進」
東北大学・読売新聞社共同プロジェクト主催「市民のためのサイエンス講座」
[Others]  17 Oct 2007
「お米とホヤの健康成分」のテーマで講演を行った。
薬剤師のための栄養食生活講座
[Others]  2 Dec 2007
講演
「健康であるための食事の大切さ」
東京大学グレーター東大塾講義
[Others]  May 2012
東京大学グレーター東大塾セミナーにて講義
金沢大学フロンテイアサイエンス機構主催シンポジウム
[Others]  2 Dec 2011
シンポジウム“「食」による生活習慣病予防医学の展開”
Session2―新たな医農工連携研究に向けて―座長

Others

 
Aug 2013   DNJ生産納豆菌による糖尿病予防食品の製造技術開発
DNJ生産納豆菌による糖尿病予防食品の製造技術開発
Apr 2012   徐放性粉末魚油の製造技術開発・研究
粉末油脂は、多様な食品素材に混合でき、食品の物性や加工特性を向上させます。魚油はDHAやEPAなどの機能性高度不飽和脂肪酸に富むので、とくに中・高齢者の健康増進の視点から食品への一層の利用が望まれています。本研究では、被災地食品産業の復興を目指して、産学共創で地域企業と連携しつつ徐放性粉末魚油を開発・製造します。これにより、魚油の食品への応用展開を容易にし、魚油需要を一気に加速させ、被災沿岸部水産業の活性化に寄与します。
Apr 2012   高付加価値豆乳加工製品の研究開発
脂肪含量の異なる豆乳を安定的に製造するための技術研究を行う
Jan 2012   ピロロキノリンキノンの脂質過酸化抑制作用の検討
ピロロキノリンキノンの脂質過酸化抑制作用の検討
Apr 2011   安定同位体を用いた脂質の消化・吸収・体内取込の評価法の検討
安定同位体を用いた脂質の消化・吸収・体内取込の評価法の開発に関する研究