KOMAI Michio

J-GLOBAL         Last updated: Mar 2, 2019 at 18:36
 
Avatar
Name
KOMAI Michio
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/643911b121f52d0a11fb2615997c70af.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Bioscience and Biotechnology for Future Bioindustries
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(Tohoku University), Master of Agriculture(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1981
 - 
Jun 1996
Assistant Professor
 
Apr 1990
 - 
Mar 1992
Visiting Scientist, Monell Chemical Senses Center
 
Jul 1996
 - 
Mar 2002
Associate Professor
 
Jul 2002
 - 
Today
Professor Chairman of Department of Applied Bioglogical Chemistry, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku Uninversity
 

Education

 
 
 - 
Mar 1981
食糧化学, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1976
食糧化学, Faculty of Agriculture, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1978
食糧化学専攻, Graduate School, Division of Agriculture, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 1977
 - 
Today
Japanese Society of Nutrition and Food Science  Executive Committee Members
 
Apr 1980
 - 
Today
The vitamin Society of Japan  Standing Committee Members
 
Jan 1978
 - 
Today
Japanese Association of Germfree Life and Gnotobiology  Executive Committee Member, Standing Committee Member
 
Jul 2005
 - 
Today
Japan Society for Biomedical Research on Trace Elements  Councillor
 
Apr 2000
 - 
Today
脂溶性ビタミン総合研究委員会  委員(2000-)
 

Awards & Honors

 
Oct 1998
三叉神経刺激性成分と味覚に関する生理学的研究, 日本味と匂学会第14回高砂研究奨励賞, 日本味と匂学会
 
Jun 2013
味覚機能の維持における亜鉛の重要性に関する研究, Japan Society for Biomedical Research on Trace Elements Award, 日本微量元素学会
 
第24回日本微量元素学会学術集会において、「日本微量元素学会 学会賞」を受賞した。本学会は、微量元素に関する生命科学研究を振興することにより、ヒトの健康増進と疾病の予防・治療の向上への寄与を通じて人類、社会に貢献することを目的としている。今回の表彰は、味覚機能の維持における亜鉛の重要性に関する研究などを中心とした多数の研究成果によって日本微量元素学会の学術的向上へに大きく貢献したことを称えたもの。
May 2014
微量栄養素の新規機能の解明に関する研究, Japan Society of Nutrition and Food Science Award, 日本栄養・食糧学会
 
今回の表彰は、「微量栄養素の新規機能の解明に関する研究」に対して行われた。すなわち、亜鉛の味覚機能維持メカニズムの解明と、ビタミンKの生体内変換及び新規機能の解明の成果に対して行われ、この研究領域の学術的向上とともに、国民の健康の増進に貢献するものとして称えられた

Published Papers

 
「Ohsaki Y.」「Shirakawa H.」「Miura A.」「Giriwono PE.」「Sato S.」「Ohashi A.」「Iribe M.」「Goto T.」「Komai M.」
J Nutr Biochem.   21(11) 1120-1126   Nov 2010   [Refereed]
Nishiuchi M, Sakai K, Tajima H, Katayama K, Kimura F, Hoshi S, Goto T, Shirakawa H, Komai M
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   82(12) 2168-2175   Dec 2018   [Refereed]
Kousaku Ohinata, Masami Takemoto, Makoto Kawanago, Shuya Fushimi, Hitoshi Shirakawa, Tomoko Goto, Akihiro Asakawa, Michio Komai 139, 611-616, 2009.
J. of Nutrition   139(3) 611-616   Feb 2009   [Refereed]
Ardiansyah, Inagawa Y, Koseki T, Agista AZ, Ikeda I, Goto T, Komai M, Shirakawa H
BMC complementary and alternative medicine   18(1) 304   Nov 2018   [Refereed]
「Aldiansyah」「Hitoshi Sirakawa」「Yumi Sugita」「Takuya Koseki」「Mchio Komai」
Br. J. Nutr.   104(1) 48-55   Jun 2010   [Refereed]

Misc

 
「駒井三千夫」「後藤知子」「大日向耕作」「白川仁」
Biomedical Research on Trace Elements   21(1) 38-42   2010
ビタミンの生理作用について~最近のトピックス~
駒井三千夫
ソフトドリンク技術資料   1 15-36   2008
身体の代謝状態と味嗜好の生理
駒井三千夫
Foods and Food Ingredients Journal of Japan   213 516-525   2008
ビタミンKの代謝:骨に重要なメナキノン-4の変換生成
「駒井三千夫」「白川 仁」
Clinical Calcium   17 1663-1672   2007
駒井三千夫、井上貴詞、長田和実
におい・かおり環境学会誌   37 408-416   2006

Books etc

 
わかりやすい食品機能栄養学
「駒井三千夫」(「佐藤隆一郎、長澤孝志」編著) (Part:Joint Work, 第4章(ビタミン)79~97頁)
三共出版   Apr 2010   ISBN:978-4-7827-0575-9
大豆のすべて
駒井三千夫(喜多村啓介ほか編集) (Part:Joint Work, 第5章大豆の機能性(1.7 味覚)176~182頁)
サイエンスフォーラム   Feb 2010   ISBN:978-4-916164-98-8
味のしくみ(分子生物学)、栄養・食糧学データハンドブック
駒井三千夫 (Part:Joint Work, 180頁~183頁)
同文書院   Jan 2006   
Umami: A Basic Taste, Y. Kawamura and M.R. Kare (Eds.),
Kimura, S., Yokomukai, Y., and Komai, M.
Marcel Dekker Inc., New York   1987   
Intestinal microflora and longevity. in Functions of Fermented Milk, Ed. by Nakazawa, Y. and Hosono, A.
Komai, M., and Nanno, M. (Part:Joint Work, Intestinal microflora and longevity)
Elsevier Applied Science, London and New York   1992   

Conference Activities & Talks

 
Rice bran stabilization and its functional properties on fortified analogue rice.
East Asia Conference on Standardization of Rice Function.   10 Dec 2014   
Adenosine is an active compound from Diselase-treated fraction of rice can improve metabolic-diseases parameters in SHRSP.
East Asia Conference on Standardization of Rice Function.   10 Dec 2014   
短期間の亜鉛欠乏食給餌がラット視床下部外側野におけるオレキシン分泌に及ぼす影響
 第25回マイクロダイアリシス研究会   Dec 2014   
核内受容体PXRを介したビタミンK2による遺伝子発現調節機構の解析
 第48回日本栄養・食糧学会東北支部大会   Nov 2014   
苦味感受性の個人差と苦味レセプターTAS2Rの遺伝子多型に関する研究
 第48回日本栄養・食糧学会東北支部大会   Nov 2014   

Research Grants & Projects

 
Newly revealed bioactive role of vitamin K analogues
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1984 - Today
Nutritional and physiological study on taste perception and appetite control
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1985 - Today
Clarification of bioactive mechanisms observed in the foods component
Grants and Funding
Project Year: Apr 1978 - Today
Anti-metabolic syndrome function by biotin ingestion
Cooperative Research
Project Year: Apr 1988 - Today

Patents

 
特開2009-29778 : ルぺオール含有医薬組成物、食品及び飼料
畠 恵司、佐々木裕樹、河原崎 哲、菅原美貴子、駒井三千夫、白川 仁、アルディアンシャー
特開2009-13076 : 血漿アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ及びアラニンアミノ基転移酵素生成抑制剤
駒井三千夫、白川 仁、ギリウノ・プスポエディ、大崎雄介、栗山宏樹、畠 修一
特開2006-166834 : フェルラ酸の抽出方法および疾患の予防食品及び疾患の予防薬品
駒井 三千夫、白川 仁、アルディアンシャ、橋爪 克己、小関 卓也
特開2006-89392 : 生活習慣病改善食品および生活習慣病治療薬
駒井 三千夫、白川 仁
特開2005-65547 : 対象物に含まれるダイオキシン類の評価方法及びマイクロアレイ
白川 仁、駒井三千夫、ほか2名

Social Contribution

 
ソルト・サイエンスシンポジウム「塩の味と健康」
[Others]  27 Sep 2007
「味覚の相互作用」について講演し、健康との関連性を詳述した。
高校大学連携公開講座
[Others]  Aug 2004
宮城県内の高校生を対象とした「高校大学連携の公開講座」の講師として、栄養学の講義を行った。
新潟県第9回栄養と食生活講演会
[Others]  4 Aug 2006
過酸化物の健康障害性と栄養に関する講演を行った。
新潟県立大学人間生活学部 第5回学術講演会 特別講演
[Others]  27 Sep 2014
亜鉛の機能と健康-亜鉛による味覚・食欲調節-
NPO法人 良い食材を伝える会
[Others]  23 May 2014
ミネラルってすごい!

Others

 
Oct 2008   味覚受容体をターゲットとした調味ペプチドの評価システムの開発と商品化
味覚受容体をターゲットとした調味ペプチドの評価システムの開発は、ショウジョウバエの実験系で、評価システムはヒト官能評価試験で行っており、ヒト苦味受容体TAS2Rの一塩基多型との関連性に焦点を当てて研究を進めている。
Apr 2007
『脚気・白米・ビタミンB』ー恐るべき病気の犯人を捜してー
Apr 2006   食塩の味覚応答に及ぼす「にがり」及び各種マグネシウム塩の影響
にがり成分中のとくに各種マグネシウム塩の健康機能性が注目されてきている。この研究の一環としてプロジェクトチームが作られたが、駒井がとくに味修飾作用(味神経応答と中枢での認知)について検討することとなった。
Apr 2006   ゲラニルゲラニオールの抗炎症作用とその分子機構
植物に含まれているゲラニルゲラニオールは、メナキノン-4様の抗炎症効果を発揮する。このメカニズムを解明する研究。
Apr 2006   発酵大麦(大麦焼酎粕)由来成分のアルコール性肝障害抑制作用評価
大麦焼酎粕には、健康維持にとって必須の成分が含まれており、その抽出物中には生活習慣病や肝障害を軽減する物質も含まれている。その成分とメカニズムを解明する研究である。