宮澤 正顯

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/05 14:22
 
アバター
研究者氏名
宮澤 正顯
 
ミヤザワ マサアキ
URL
http://www.med.kindai.ac.jp/immuno/
所属
近畿大学
部署
医学部 免疫学教室
職名
教授
学位
医学博士(東北大学)
その他の所属
大学院医学研究科

プロフィール

東北大学医学部1982年卒業、医師、医学博士(東北大学)
東北大学助手、米国NIH/NIAID Visiting Associate、三重大学医学部助教授を経て、1996年近畿大学医学部教授(免疫学教室担当)
現在、近畿大学大学院医学研究科長、近畿大学医学部共同研究施設長、近畿大学遺伝子組換え実験安全主任者・バイオセーフティ委員長

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1995年
東北大学医学部 助手
 
1986年
 - 
1990年
アメリカ合衆国国立感染症アレルギー研究所客員研究員
 
1995年
 - 
1996年
三重大学医学部 助教授
 
1996年
 - 
現在
近畿大学医学部 教授、近畿大学大学院医学研究科担当
 
2016年
 - 
現在
近畿大学大学院医学研究科長
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東北大学 医学研究科 病理学系専攻
 
 
 - 
1982年
東北大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
科学技術振興機構  専門委員
 
2005年
 - 
2012年
大学基準協会  相互評価委員
 
2006年4月
 - 
現在
日本学術振興会  専門委員
 
1990年
 - 
現在
日本病理学会  学術評議員
 

受賞

 
1989年
東北大学医学部奨学賞
 
1990年
難病医学研究財団研究奨励助成金
 
2002年
ノバルティス リウマチ医学賞
 
2007年
内藤記念科学奨励金
 

論文

 
Fujino M, Sato H, Okamura T, Uda A, Takeda S, Ahmed N, Shichino S, Shiino T, Saito Y, Watanabe S, Sugimoto C, Kuroda M, Ato M, Nagai Y, Izumo S, Matsushima K, Miyazawa M, Ansari AA, Villinger F, Mori K
Journal of virology      2017年4月   [査読有り]
Yoshikawa T, Wu J, Otsuka M, Kishikawa T, Suzuki N, Takata A, Ohno M, Ishibashi R, Yamagami M, Nakagawa R, Kato N, Miyazawa M, Han J, Koike K
Gastroenterology   152(3) 631-643   2017年2月   [査読有り]
Takamura S, Yagi H, Hakata Y, Motozono C, McMaster SR, Masumoto T, Fujisawa M, Chikaishi T, Komeda J, Itoh J, Umemura M, Kyusai A, Tomura M, Nakayama T, Woodland DL, Kohlmeier JE, Miyazawa M
The Journal of experimental medicine   213(13) 3057-3073   2016年12月   [査読有り]
宮澤 正顯,博多 義之,武田 英里,李 君,河原 佐智代
生化学   88(5) 582-592   2016年   [査読有り]
Hakata Y, Tsuchiya S, Michiue H, Ohtsuki T, Matsui H, Miyazawa M, Kitamatsu M
Chemical communications (Cambridge, England)   51(2) 413-416   2015年1月   [査読有り]
Kato M, Tsuji-Kawahara S, Kawasaki Y, Kinoshita S, Chikaishi T, Takamura S, Fujisawa M, Kawada A, Miyazawa M
Journal of virology   89(2) 1468-1473   2015年1月   [査読有り]
Hakata Y, Miyazawa M, Landau NR
Virology journal   11 108   2014年6月   [査読有り]
Tsuji-Kawahara S, Takamura S, Miyazawa M
Journal of virology   88(9) 5202-5203   2014年5月   [査読有り]
Takamura S, Kajiwara E, Tsuji-Kawahara S, Masumoto T, Fujisawa M, Kato M, Chikaishi T, Kawasaki Y, Kinoshita S, Itoi M, Sakaguchi N, Miyazawa M
PLoS pathogens   10(3) e1003937   2014年3月   [査読有り]
Tsuji-Kawahara S, Miyazawa M
Journal of virology   88(3) 1854-1855   2014年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Host genes that influence immune and non-immune resistance mechanisms against retrovrial infections
Recent Research Developements in Virology   2005年   
Tumor Imaging (共著)
Encyclopedia of Immunology, 2nd edition   1998年   
Pathogenicity of autoantibodies reactive with the endogenous retroviral envelope glycoprotein gp70 (In "From Animal Models to Human Genetics: Research on the Induction and Pathogenicity of Autoantibodies")
Pabst Science Publishers   2004年   
解明病理学 病気のメカニズムを解く
医歯薬出版   2009年   ISBN:978-4-263-73115-4
述2
明石書店   2008年   ISBN:978-4-7503-2749-5

講演・口頭発表等

 
Mouse APOBEC3 affects the production of virus-neutralizing antibodies by restricting early retroviral replication, not by altering the B-cell repertoire.
Frontiers of Retrovirology.   2009年   
Mechanisms of immune evasion by Friend virus: T-cell exhaustion, B-cell hyperactivation, and their genetic control.
21st International Workshop on Retroviral Pathogenesis.   2009年   
Host genes controlling immune responses to retroviral infections and genetic correlates of HIV-1-reposed but uninfected status.
1st International Symposium on Genetic and Immune Correlates of HIV Infection and Vaccine-Induced Immunity.   2007年   
Host resistence genes in immunity against human and mouse retroviral infections.
Virology Africa 2005   2005年   
A cluster of retrovirus-restricting genes in mouse chromosome 15 and syntenic human chromosome 22 and their effects on Friend virus infection.
19th International Workshop on Retroviral Pathogenesis   2007年   

Works

 
エイズ感染防御を含む新しいワクチンへの現代的アプローチに関するコールドスプリングハーバー研究所シンポジウムシンポジスト
1989年
ワクチン開発のための新しい化学的・遺伝的アプローチに関するコールドスプリングハーバー研究所シンポジウムシンポジスト
1987年
乳酸菌製剤の抗ウイルス免疫賦活能
1999年 - 2000年
ヘルパーT細胞を活性化するエイズワクチンの開発
2000年 - 2005年
温熱によるC-型肝炎ウイルス免疫応答の増強
2001年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
マウスAPOBEC3のプロテアーゼ抑制機構解明による新規抗レトロウイルス薬開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月       代表者: 宮澤 正顯
細胞内複製制限因子APOBEC3の進化要因としての異種由来レトロウイルス
文部科学省: 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 宮澤 正顯
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 宮澤 正顯
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 宮澤 正顯
マウスAPOBEC3遺伝子には機能的多型があり、レトロウイルス感染に自然抵抗性の系統では造血系組織、特にBリンパ球で遺伝子発現が高く、その転写産物は第5エキソンを欠くものが主体を占める。APOBEC3遺伝子多型はそのタンパク質発現量にも影響するが、これは第5エキソンの有無が翻訳効率を決定するためである。第5エキソン取り込みの有無を決めるのは、第4イントロンのRNA分岐部位多型と第5エキソン内の単一塩基多型であることを解明した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 宮澤 正顕
ヒト第22染色体に存在する、HIV曝露非感染状態を決定する遺伝子について、研究期間内にその最終候補をほぼ絞り込むことに成功した。即ち、DNAマイクロアレイを用いた発現解析によって、末梢血単核球のHIV抗原刺激に伴い、HIV曝露非感染者では発現が上昇し、感染者では逆に発現が低下する遺伝子二つを見出したが、これら二遺伝子は染色体上で互いに隣接して、しかも逆向きに存在していた。一方、同じ染色体領域の単一塩基多型(SNPs)の遺伝子型を群間で比較したところ、上記二遺伝子にごく隣接した二つの短い染色...

特許

 
Method for diagnosis and induction of resistance to virus.
International Patent Application PCT/JP2007/068591
Resistance Genes
International Patent Application PCT/GB2005/005078
新規ヒト内在性レトロウイルスHC2のenv遺伝子
特願2004-231412
Marker Genes
PCT/GB2003/004493