大内 憲明

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 13:57
 
アバター
研究者氏名
大内 憲明
 
オオウチ ノリアキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0f93ca687c275cbb2d00a3a45500ceed.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科 医科学専攻 外科病態学講座
職名
客員教授

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1986年
米国国立衛生研究所 国立がん研究所 客員研究員
 
1999年
 - 
2017年
東北大学 医学系研究科・医学部 教授
 
2011年
 - 
2012年
東北大学病院 がんセンター がんセンター長
 
2012年
 - 
2015年
東北大学 医学系研究科・医学部 研究科長・医学部長
 
2017年
 - 
現在
東北大学 医学系研究科 客員教授
 

学歴

 
 
 - 
1984年
東北大学 医学研究科 外科学
 
 
 - 
1978年
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
1990年
 - 
2015年
International Association for Breast Cancer Research  理事
 
1993年
 - 
現在
日本乳癌検診学会  評議員
 
1994年
 - 
2017年
日本乳癌学会  評議員
 
1995年
 - 
現在
International Cancer Screening Network  理事
 
1998年
 - 
2009年
日本癌学会  評議員
 

受賞

 
1992年
宮城県対がん協会 黒川利雄がん研究基金賞
 
1993年
三越財団 三越医学賞 マンモグラフィによる乳がん検診の開発
 
1997年
宮城県対がん協会 黒川利雄がん研究基金賞
 
2001年
日本手術手技研究会 奨励研究賞 乳がんに対する乳房温存手術LTF法の開発
 
2001年
朝日がん大賞
 

論文

 
Omata F, McNamara KM, Suzuki K, Abe E, Hirakawa H, Ishida T, Ohuchi N, Sasano H
Breast cancer (Tokyo, Japan)   25(4) 489-496   2018年7月   [査読有り]
Watanabe G, Chiba N, Nomizu T, Furuta A, Sato K, Miyashita M, Tada H, Suzuki A, Ohuchi N, Ishida T
Cancer science   109(6) 2027-2035   2018年6月   [査読有り]
Yanai A, Itoh M, Hirakawa H, Yanai K, Tashiro M, Harada R, Yoshikawa A, Yamamoto S, Ohuchi N, Ishida T
The Tohoku journal of experimental medicine   245(1) 13-19   2018年5月   [査読有り]
Uematsu T, Nakamura S, Ohuchi N
Breast cancer (Tokyo, Japan)      2018年5月   [査読有り]
Uematsu SS, Inagaki A, Nakamura Y, Imura T, Igarashi Y, Fathi I, Miyagi S, Ohuchi N, Satomi S, Goto M
Transplantation   102(3) 387-395   2018年3月   [査読有り]
Yamaguchi S, Takahashi S, Mogushi K, Izumi Y, Nozaki Y, Nomizu T, Kakugawa Y, Ishida T, Ohuchi N, Ishioka C, Kato S
Oncotarget   9(18) 14193-14206   2018年3月   [査読有り]
Takizawa Y, Kawai M, Kakugawa Y, Nishino Y, Ohuchi N, Minami Y
The Tohoku journal of experimental medicine   244(1) 63-73   2018年1月   [査読有り]
Kikuchi K, McNamara KM, Miki Y, Moon JY, Choi MH, Omata F, Sakurai M, Onodera Y, Rai Y, Ohi Y, Sagara Y, Miyashita M, Ishida T, Ohuchi N, Sasano H
Breast cancer research and treatment   166(3) 709-723   2017年12月   [査読有り]
Gonda K, Watanabe M, Tada H, Miyashita M, Takahashi-Aoyama Y, Kamei T, Ishida T, Usami S, Hirakawa H, Kakugawa Y, Hamanaka Y, Yoshida R, Furuta A, Okada H, Goda H, Negishi H, Takanashi K, Takahashi M, Ozaki Y, Yoshihara Y, Nakano Y, Ohuchi N
Scientific reports   7(1) 7509   2017年8月   [査読有り]
Fukuoka K, Inagaki A, Nakamura Y, Matsumura M, Yoshida S, Imura T, Igarashi Y, Miyagi S, Ohashi K, Enosawa S, Kamei T, Unno M, Ohuchi N, Satomi S, Goto M
Transplantation direct   3(7) e176   2017年7月   [査読有り]
[Role of radiotechnologists in mammography screening for breast cancer].
Ohuchi N
Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi   60(9) 1269-1272   2004年9月   [査読有り]

Misc

 
Post-transplant lymphoproliferative disorderに伴う急性腹症の1例
柿崎 裕太, 原 康之, 宮城 重人, 川岸 直樹, 大内 憲明
日本腹部救急医学会雑誌   37(7) 1015-1018   2017年11月
症例は46歳、女性。37歳時にIgA腎症による腎不全に対して生体腎移植施行。2015年11月から腰背部痛が出現、CTで8.4×4.7cm大の傍大動脈リンパ節腫脹あり、生検でPost-transplant lymphoproliferative disorder(PTLD)の診断。2016年1月に激しい腹痛、嘔吐が出現、腹部CTで腸管浮腫を伴う限局性の腸閉塞像と腹水貯留を認めた。症状は激烈だったが、造影CTで腸管壊死の所見はなく、腫瘍の急速な増大に伴う腸間膜圧排により浮腫をきたし麻痺性腸閉塞...
S100Pとezrinはトリプルネガティブ乳癌の経内皮浸潤を促進する
菊地 杏子, McNamara Keely M., 三木 康宏, 岩渕 英里奈, 宮下 穣, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   76回 J-2052   2017年9月
トリプルネガティブ乳がん(TNBC)におけるグルココルチコイドの動態とその臨床的重要性
熊田 理名, マクナマラ・キーリー, 金井 綾子, 小野寺 好明, 菊池 杏子, 宮下 穣, 相良 吉昭, 雷 哲明, 大井 恭代, 山口 凛, 石田 孝宣, 大内 憲明, 笹野 公伸
日本癌学会総会記事   76回 P-2186   2017年9月
多彩な組織像を呈した生体肝移植後のPost-transplant lymphoproliferative disorderの一例
熊田 博之, 中西 史, 村上 圭吾, 宮城 重人, 原 康之, 一迫 玲, 川岸 直樹, 笹野 公伸, 大内 憲明, 里見 進
移植   52(2-3) 236-236   2017年9月
乳癌における乳酸代謝の新規標的としての可能性
原田 成美, 鈴木 貴, 石田 孝宣, 鈴木 昭彦, 多田 寛, 渡部 剛, 宮下 穣, 濱中 洋平, 佐藤 章子, 大内 憲明, Kenny Laura
乳癌基礎研究   25 45-49   2017年4月
2014年1月〜2015年7月迄にFDG-PETを行った原発性乳癌手術症例81例を対象に、乳酸代謝の新規標的としての可能性について検討した。8浸潤癌81例中69例(83%)でFDG-PETによる存在診断が可能で、集積を認めた群は有意に浸潤径が大きかった。FDGの集積を認めなかった13例は1例を除き、腫瘍径が1cm以下であった。乳酸トランスポーターの検討で、MCT1/4発現は各42例(52%)、30例(37%)にみられ、それぞれの発現に相関がみられた。MCT1の発現はHCC38にみられ、MC...

書籍等出版物

 
大内 憲明
日本医事新報社   2018年7月   ISBN:4784942157
大内憲明
日本医事新報社   2016年3月   ISBN:4784942149
日本医事新報社   2011年6月   ISBN:4784942114
日本醫事新報社   2008年8月   ISBN:4784942106
日本医事新報社   2007年5月   ISBN:4784942092

講演・口頭発表等

 
Nanomedicine in breast cancer diagnosis and therapy: Visualization of molecular pathways and quantification of HER2 protein by fluorescent-labeled antibody
3rd Global Breast Cancer Conference   2011年   
The combination of p53, p21 and MDM2 immunohistochemistry is a prognostic marker in breast cancer, even in ER+ and HER2-subtype
3rd Global Breast Cancer Conference   2011年   
乳房温存療法におけるLTFを用いた一期的乳房形成
第19回日本乳癌学会学術総会   2011年   
閉経後転移・再発乳癌に対するAI(Steroidal, Non-steroidal)逐次投与の検討
第19回日本乳癌学会学術総会   2011年   
40歳台マンモグラフィ検診の利益と不利益
第19回日本乳癌学会学術総会   2011年   

Works

 
1粒子蛍光ナノイメージングによる超高精度がん組織診断システムの研究開発
2010年 - 2016年
超音波検査による乳がん検診の有効性を検証する比較試験
2011年 - 2013年
乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
2006年 - 2011年
生体超微細1分子可視化技術によるナノDDSとがん標的治療
2006年 - 2009年
医療工学技術者創成のための再教育プログラム
2004年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
超音波検査による乳がん検診の有効性を検証する比較試験
日本医療研究開発機構: 革新的がん医療実用化研究事業
研究期間: 2014年 - 2020年    代表者: 大内 憲明
1粒子蛍光ナノイメージングによる超高精度がん組織診断システムの研究開発
経済産業省: がん超早期診断治療機器の総合研究開発
研究期間: 2010年 - 2015年    代表者: 大内 憲明
一分子DDSイメージングによる腫瘍滞溜性ナノ粒子の新規開発
文部科学省: 科学研究費B
研究期間: 2008年 - 2013年    代表者: 大内 憲明
乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
厚生労働省: 第3次対がん総合戦略研究事業
研究期間: 2006年 - 2013年    代表者: 大内 憲明
ナノサイズ・センシングカプセルの新規開発と医療応用
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2002年