ITOI Keiichi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 16, 2018 at 19:43
 
Avatar
Name
ITOI Keiichi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f62d2e51b737c2d68241c5abedb1bc30.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Information Sciences Department of System Information Sciences Biosystem Information Sciences Information Biology
Job title
Professor
Degree
医学博士(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1980
医学, Faculty of Medicine, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1982
Graduate School, Division of Medical Sciences, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Apr 2008
 - 
Today
日本神経内分泌学会  理事
 
Apr 1995
 - 
Today
日本内分泌学会  代議員
 
Apr 2000
 - 
Today
日本生理学会  評議員
 
Sep 2011
 - 
Today
間脳・下垂体・副腎系研究会  世話人
 
Apr 1995
 - 
Today
日本神経内分泌学会  評議員
 

Awards & Honors

 
Oct 1995
日本神経内分泌学会 川上正澄賞, 日本神経内分泌学会
 
Dec 1999
木村記念循環器賎団「自律神経と高血圧」研究会優秀賞, 木村記念循環器賎団
 
Oct 2002
AstraZeneca Research Grant 2002, AstraZeneca
 
Aug 1986
International Society of Hypertention Young Investigator's Grant Award, International Society of Hypertension
 
Jun 1997
The Endocrine Society Traveling Grant Award, The Endocrine Society
 

Published Papers

 
Itoi K, Suda T, Tozawa F, Dobashi I, Ohmori N, Sakai Y, Abe K, Demura H
ENDOCRINOLOGY   135(5) 2177-2182   Apr 1994   [Refereed]
Keiichi Itoi, Dana L Helmreich, Manuel O Lopez-Figueroa, Stanley J Watson
JOURNAL OF NEUROSCIENCE   19(13) 5464-5472   Jul 1999   [Refereed]
Itoi K, Talukder AF, Fuse T, Kaneko T, Ozawa R, Sato T, Sugaya T, Uchida K, Yamazaki M, Abe M, Natsume R, Sakimura K
Endocrinology   155 4054-4060   2014   [Refereed]
Kono J, Konno K, Talukder AH, Fuse T, Abe M, Uchida K, Horio S, Sakimura K, Watanabe M, Itoi K
Brain Structure and Function   1-28   Sep 2016   [Refereed]

Misc

 
ストレス防御に関与する神経内分泌系と自律神経系の構造と機能
井樋慶一
内分泌・糖尿病・代謝内科   40(5) 412-420   May 2015
気になる脳部位 視床下部室傍核
井樋慶一
分子精神医学      2012
バソプレシンおよびオキシトシンの中枢作用と創薬ターゲットとしてのバソプレシン受容体、オキシトシン受容体の意義
井樋慶一、布施俊光、内田克哉
Fluid Management Renaissance      Oct 2011
睡眠障害と視床下部-下垂体-副腎系
井樋慶一、杉本直哉、布施俊光
内分泌・糖尿病・代謝内科   32(3) 249-254   Mar 2011
ストレス応答と視床下部CRHニューロン調節における脳幹部の機能的意義
井樋慶一
ACTH Related Peptides   18 3-6   Dec 2007

Books etc

 
ヒト扁桃体研究ハンドブック
泉井亮,井樋慶一,中澤潤,岡田元宏 (Part:Joint Editor, 監訳)
西村初手kん   Sep 2015   ISBN:978-4-89013-455-7
ストレスの科学
尾仲達史, 井樋慶一, 神庭重信, 二木鋭雄 共編 (Part:Joint Editor)
ライフサイエンス出版   Mar 2007   
脳とホルモンの行動学
井樋慶一 (Part:Joint Work, ストレス応答と行動 206頁~217頁)
西村書店   Jul 2010   
循環器ストレス学
井樋慶一 (Part:Joint Work, ストレスによる内分泌系応答と循環器疾患 152頁~163頁)
南山堂   Jan 2010   
ストレス科学事典
井樋慶一
実務教育出版   Mar 2011   

Conference Activities & Talks

 
オープニングセッション「包括脳ネットワークがめざすもの」大震災から学ぶ:サイエンスに対する影響と包括脳ネットワークの役割
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   21 Aug 2011   
ストレス伝達系解明へのアプローチ
第84回日本内分泌学会学術総会   21 Apr 2011   
The brainstem noradrenergic system in the regulation of neuroendocrine and emotional responses
The 8th World Congress on Neurohypophysial Hormones   4 Sep 2009   
青斑核ノルアドレナリンニューロンの選択的破壊が神経内分泌系及び行動に及ぼす影響―ドパミン水酸化酵素‐ヒトIL2受容体トランスジェニックマウスを用いた検討.
鈴木恵綾、大滝郁恵、小林和人、井樋慶一
第84回日本生理学会大会   20 Mar 2007   
ストレス応答と視床下部CRHニューロン調節における脳幹部の機能的意義.
第18回CRH・ACTH研究会   17 Mar 2007   

Research Grants & Projects

 
Structure and function of the central stress circuitry
Basic Science Research on Life Science
Project Year: Apr 1982 - Today
A novel method for neuronal targeting and its application for the analysis of brain functions
Project Year: Apr 2004 - Today
A method for collection of a specific species of neurons and its application for analyses of transcriptomes
Project Year: Apr 2003 - Today

Social Contribution

 
内分泌専門医としての地域医療支援
[Others]  Apr 2003 - Today
内分泌専門外来および入院患者の診療に従事した。
「内分泌と高血圧」研究会特別講演
[Others]  6 Mar 2007
高知大学医学部において医師、研究者、学生を対象にホルモンと自律神経系の脳内調節機構に関する講演をおこなった(南国)
宮城内分泌懇話会特別講演
[Others]  19 Apr 2006
神経内分泌調節機構および関連疾患に関する講演をおこなった(仙台)
東北大学サイエンスカフェ
[Others]  17 Feb 2006
「ストレスって何だろう?」と題し仙台市民を対象にした講演をおこなった(仙台)
交感神経アンギオテンシンII研究会特別講演
[Others]  27 Aug 2005
中枢性の交感神経調節メカニズムについて講演した(仙台)

Others

 
Sep 2011   Mechanism of glucocorticoid negative feedback in the hypothalamic corticotropin-releasing factor neurons
視床下部CRFニューロンにおける糖質コルチコイド負帰還メカニズムを解明するためにラットを用い、糖質コルチコイド欠乏および過剰状態によって発現が変動する遺伝子を網羅的に検討した
Jul 2011   パーキンソン病における青斑核ノルアドレナリン神経の病態的意義
青斑核選択的ノルアドレナリン作動性ニューロン破壊マウスを用い、パーキンソン病における青斑核の病態的意義を検討中である。
Aug 2010   脳内CRFニューロン機能解析のためのトランスジェニックラット作成
CRFニューロンの機能を明らかにするためにCRF-hIL2Ralpha-2A-YFPトランスジェニックラットを作成した
Aug 2010   視床下部CRFニューロン機能解析のための遺伝子改変マウス作成
視床下部CRFニューロンの機能を解明するために、CRF-CreノックインマウスおよびCRF-YFPノックインマウスを作成した
Apr 2006   糖質コルチコイド受容体およびミネラロコルチコイド受容体の細胞内トラフィキングのメカニズムに関する研究
ステロイドホルモンが細胞質から核内へ移動するメカニズムを探求する