Profile Information

Affiliation
Project Professor (Director), Graduate School of Horticulture, Research Center for Space Agriculture and Horticulture, Chiba University
Degree
農学博士(東北大学)

J-GLOBAL ID
200901097313047719
researchmap Member ID
1000004350

External link

Papers

  152

Misc.

  81

Books and Other Publications

  19

Presentations

  6

Research Projects

  17

Social Activities

  2

Media Coverage

  4

Other

  4
  • May, 2005 - May, 2005
    本研究では、微小重力下で根の水分屈性と重力屈性を分離し、水分屈性に対する重力屈性の干渉作用を検証し、それぞれの場合のオーキシン制御遺伝子の発現変化をオーキシン動態として捉え、両屈性におけるオーキシンの役割からそれぞれのメカニズムを明らかにするとともに、微小重力下における根の伸長方向を水分屈性により制御することを可能にするための宇宙実験を実施することを目的としている。
  • Oct, 2004 - Oct, 2004
    本研究では、キュウリの重力形態形成を実験系として重力応答制御分子を同定するとともに、根の重力屈性が水分屈性と相互作用する仕組みや、重力依存的成長現象の分子機構を解明するためのモデルを構築することを目的とした。
  • Apr, 2004 - Apr, 2004
    植物は重力をシグナルとして利用し、とくに陸地環境における生存に必要な形態、姿勢、伸長方向の制御を可能にした。この植物の重力応答(受容)の仕組みを理解することは、生物学的課題であるだけでなく、人類の生命維持システムの保持および宇宙への生命圏の拡大のために、エネルギー源と環境を確保するという観点から極めて重要である。本研究班ワーキンググループ(WG)では、このような生物進化、地球環境、生命維持システム、有人宇宙活動、いずれの観点からもフロンティアの先端に立つ植物の生活を支える「重力受容システム」の解明に向けて、研究の現状と課題を整理し、地上研究に基づいて得られる仮説を検証すべく宇宙実験系を確立することを目的としている。