YOSHIHARA Naoki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 24, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
YOSHIHARA Naoki
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/3994aad381ff27de0b7ea4d897a9e5da.html
Affiliation
Yokohama National University
Section
Faculty of Urban Innovation Department of Urban Innovation
Degree
Doctor of Sociology(Keio University), Doctor of Sociology(Keio University)
Research funding number
40240345

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Professor, Otsuma Women's University School of Social Information Studies, Department of Social Information Studies
 
Apr 2017
 - 
Today
Professor, Faculty of Urban Innovation, Yokohama National University
 
Apr 2011
 - 
Mar 2017
Professor, Faculty of Social Information Studies, Otsuma Women's University
 
Apr 2000
 - 
Mar 2011
Professor, Faculty of Arts and Letters, Tohoku University
 
Oct 2010
 - 
Jan 2011
Visiting Professor, Universitas Udayana (UNUD)
 

Education

 
 
 - 
Mar 1977
Graduate School, Division of Sociology, Keio University
 
 
 - 
Mar 1972
Faculty of Economics, Keio University
 

Awards & Honors

 
1995
日本都市学会賞
 
2005
日本都市学会長特別表彰
 

Published Papers

 
A Preliminary Assessment of Chonaikai and Banjar From the perspectives of the Comparative Sociology on the Community.
Budiana, I Made, Ayami Otsuka, & Naoki Yoshihara.
Udayana Journal of Social Sciences and Humanities   3(1) 40-45   May 2019
YOSHIHARA Naoki
TRENDS IN THE SCIENCES   23(4) 4_38-4_43   Apr 2018
Where Has the People’s Safety in the Borderless Society Gone?
Naoki Yoshihara
Procedia-Social and Behavioral Sciences   (2) 24-27   2010   [Refereed]
ボーダレスな社会の到来がボーダーを前提として成り立っていた「安全神話」を掘り崩すとともに、人びとの体感治安を著しく促迫していることを指摘した。そうした中で外に開かれた安全・安心コミュニティの形成が不可欠の課題となっているが、実際のところは、監視体制に組み込まれた「内に閉じた」安全・安心コミュニティが増えており、これが社会全体の監視化/スキャン化の動向と少なからず共振していることを強調した。
Neighborhood Associations in Wartime Japan and Hong Kong: A Preliminary Study
Naoki Yoshihara
The Annals of Japan Association for Urban Sociology: Special Issue   223-229   1992   [Refereed]
香港の地域住民組織である街坊(Kaifong)の祖型が日本占領期につくられたものであることを防衛庁戦史研究所、香港中文大学所蔵の資料を駆使しながら明らかにし、街坊の「いま」を論じる場合も日本の占領期に立ち返ってその近隣統合(動員)のありよう、戦争協力(コラボレーション)の内実を踏まえて検討する必要があることを指摘した。そしてポスト占領体制下の街坊が、草創期のそれとの「連続と非連続」の地層の上にあることを確認した。
都市社会学の都市社会学の基本問題―アメリカ都市論の系譜と特質―
吉原直樹
   Feb 1983
シカゴ学派を嚆矢とするアメリカ都市社会学の学説史的展開を貫く基本的性格を明らかにするとともに、その批判的潮流をなす新都市社会学の理論的動向を整序し、そこに潜む問題構制を浮き彫りにした。併せて、都市危機をとらえる社会学的枠組のありようについて論じた。

Misc

 
Social Configuration in Modern Japan and 'Gleichshaltung' of Community
吉原直樹
社会学年報      2004
アジア・メガシティにおける地方制度の改革と地域住民組織生活の動向
吉原直樹, Raphaella D. Dwianto
日本都市学会年報   37 119-126   2004
Community Currencies and the Time-Space
吉原直樹
Sendai Urban Studies   3 29-39   2004
Progress of Urbanizing Society
吉原直樹
Country Space and Community      2004
Globalization and Mechanism of Instantaneous Time : For Developing of Informational Cities
吉原直樹
Hogaku Kenkyu   77(1) 377-400   2004

Books etc

 
Time-Space and Narrative of Modernity
有斐閣   2004   
The World of the early Chicago School
恒星社厚生閣   2004   
Grass roots and the Neighborhood Associations
Grasindo   2003   
The City and Modernity
東京大学出版会   2002   
Neighbourhood Associations in Asia
御茶の水書房   2000   

Conference Activities & Talks

 
ジャカルタにおける地域コミュニティの布置構成と制度的再編の動向
アジア政経学会全国大会   2004   
「都市空間に働く権力作用と人間」
日本都市社会学会大会シンポジウム   2004   
"Possibility of Sustainable Cities and the Problematic of International Intellectual Exchange"
東北大学・ウダヤナ大学共催国際シンポジウム   2004   
「アジア・メガシティにおける地方制度の改革と地域住民生活の動向」
日本都市学会第50回大会   2003   
「近代日本の社会的編成とグライヒシャルトゥンク」
東北社会学会20周年記念シンポジウム   2003   

Works

 
地方中枢広域都市における防災コミュニティの形成過程に関する研究
1998 - 1998
20世紀半ば以降のアジア・メガシティの地域社会の歴史的変遷と生活世界の動態に関する研究
2001 - 2003
首座都市における人口問題、貧困問題の解決に向けてのグラス・ルーツの可能性に関する研究
1997 - 1998
自編著紹介・Naoki Yoshihara & Raphaella D. Dwianto (eds.), Grassroots and the Neighborhood Associations
2004 - 2004
自著を語る・ジョン・アーリ『場所を消費する』
2004 - 2004

Research Grants & Projects

 
Social Theory of Urban Space
Project Year: 1980   
Research on the neighborhood community in the Occupation
Project Year: 1987   
Structure and Change of the Grass-roots in Asian Societies
Project Year: 1997