OTA Hiroshi

J-GLOBAL         Last updated: Feb 12, 2019 at 22:55
 
Avatar
Name
OTA Hiroshi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/7e1ae07f65b28ad082e54d35f4e17a81.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute for Excellence in Higher Education Division of Developmental Research in Education Programs Section of Natural Science
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(理学)(Tohoku University), 理学修士(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Oct 1989
生物学, Graduate School, Division of Natural Science, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1986
生物, Faculty of Science, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jul 2012
 - 
Today
日本爬虫両棲類学会  標準和名選定委員会委員
 
Mar 2005
 - 
Nov 2005
日本爬虫両棲類学会  第44回大会委員長
 
Dec 2009
   
 
日本爬虫両棲類学会  標準和名選定委員会委員
 
May 2006
 - 
Nov 2006
日本爬虫両棲類学会  標準和名選定委員会委員
 
Jul 2001
 - 
Oct 2002
日本爬虫両棲類学会  標準和名選定委員会委員
 

Published Papers

 
Shigeharu Terui, Hiroshi Ota, Hironori Ishikawa and Tomoaki Gouda
JAPANESE JOURNAL OF CONSERVATION ECOLOGY   23(1) 67-73   Jul 2018   [Refereed]
Hideyuki Doi, Elena I. Zuykova, Shuichi Shikano, Eisuke Kikuchi, Hiroshi Ota, Natalia I. Yurlova, Elena Yadrenkina
PeerJ   1(e222)    Dec 2013   [Refereed]
Tomonori Yamamoto, Hiroshi Ota, Satoshi Chiba
Current Herpetology   30(1) 7-14   Jun 2011   [Refereed]
キタサンショウウオの基礎情報の調査
太田 宏
平成21年度自然再生事業キタサンショウウオ生息環境復元工法検討業務調査報告書      Mar 2010   [Invited]
美濃地区における行動圏調査及び生息環境調査
太田 宏、植田健仁、照井滋晴
平成19年度自然再生事業キタサンショウウオ生息環境復元工法検討業務報告書      Mar 2008   [Invited]

Books etc

 
北海道のサンショウウオたち
佐藤孝則, 松井正文, 植田健仁, 太田宏, 堤公宏, 照井滋晴, 中林成広 (Part:Joint Work, 第4章4-5 行動圏138-146、第5章5-4 個体数の推定181-184)
エコ・ネットワーク   Mar 2013   ISBN:978-4-907312-01-5
宮城県の絶滅のおそれのある野生動植物
菅原亀悦 他 (Part:Joint Work, 両生類・爬虫類 243-251頁)
宮城県環境生活部自然保護課   Mar 2016   

Conference Activities & Talks

 
ツチガエルの性決定様式が異なる集団間境界における個体群動態
尾形光昭、丸野内淳介、Ezaz Tariq、三浦郁夫
日本爬虫両棲類学会 第54回大会   5 Dec 2015   
トウホクサンショウウオは産まれた池に戻って繁殖するのか?II
日本爬虫両棲類学会 第54回大会   5 Dec 2015   
小型発信機を用いたキタサンショウウオ(Salamandrella keyserlingii)の行動追跡の試み
小林  功、山田 浩行、照井 滋晴、高山 博幸、小池 直幸
平成27年度土木学会全国大会 第70回年次学術講演会   16 Sep 2015   
テレメトリー法によるトウホクサンショウウオの陸上移動の追跡の試みV
日本爬虫両棲類学会 第52回大会   2 Nov 2013   
安定同位体分析によるトウホクサンショウウオとクロサンショウウオの食性比較
金谷 弦
日本爬虫両棲類学会 第51回大会   10 Nov 2012   

Research Grants & Projects

 
Life history of salamanders.
Project Year: Mar 1997 - Today
両生類の塩分耐性について
Cooperative Research
Project Year: Apr 2009 - Today
両生類の塩分耐性について
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Aug 2001 - Mar 2010

Social Contribution

 
登米市環境教育リーダー育成講座 講師
[Others]  19 Oct 2016
「今、水の中を探してもサンショウウオは居ませんよ!」という演題で講演した。
ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅 「命にぎわうセリの田んぼ 宮城県 名取市」
[Others]  NHK  20 Mar 2017
仙台市八木山動物公園 動物セミナー 講師
[Others]  20 Oct 2012
「サンショウウオは悲しまない」という演題で講演し、その後、園内ガイドツアーのガイド役を勤めた。
特集「動物調査手法の最前線」:発信器を用いたサンショウウオ類の調査
[TV or radio appearance, Contribution]  日本環境アセスメント協会会報 JEAS News  Apr 2016
インタビュー形式による研究紹介
宮城県野生動植物調査会 両生類・爬虫類分科会長
[Others]  Nov 2007 - Today
宮城県版レッドデーターブックの改訂作業に関わる調査・検討

Others

 
Jun 2015   ツチガエルの性決定様式が異なる地域集団について
ツチガエルは種内で地域ごとに異なる性決定様式を持っている。
東北地方には、異なるタイプの集団の境界が存在すると考えられるので、その境界付近でのそれぞれの集団の分布や個体群動態について把握する事を目的とする。
May 2015   発信器を用いたキタサンショウウオの生態研究
キタサンショウウオの季節的な移動について、電波発信器を用いて調査・件有する。
May 2014   発信器を用いたキタサンショウウオの生態研究
キタサンショウウオの季節的な移動について、電波発信器を用いて調査・件有する。
Aug 2001   西シベリア、チャニー湖沼群における両生爬虫類の分布について
チャニー湖沼群に生息するアカガエル類、Rana arvalisの分布調査と、分布の制限要因の解析
Oct 2013   発信器を用いたキタサンショウウオの生態研究
秋季にキタサンサンショウウオに小型発信機を取り付け、受信システムを用いて、日移動及び季節移動について把握する