SASAKI Takahiko

J-GLOBAL         Last updated: Mar 29, 2019 at 18:37
 
Avatar
Name
SASAKI Takahiko
E-mail
takahikoimr.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/bc21e6b1025e5e80e36ed40f74096a7c.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Science Physics Metal Physics (Institute for Materials Research) Superconductivity Physics
Job title
Professor
Degree
博士(工学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University
ORCID ID
0000-0002-0767-5428

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Oct 2010
准教授, 東北大学金属材料研究所低温物理学研究部門
 
Jan 1999
 - 
Mar 1999
マックスプランク固体物理化学研究所
 
Oct 1996
 - 
Jul 1997
バイエルン州科学アカデミーWalther-Meissner-Institute
 

Education

 
 
 - 
Mar 1992
応用物理学, Graduate School, Division of Engineering, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
 - 
Today
日本物理学会物理学史委員会  委員
 
Apr 2017
 - 
Mar 2019
公益財団法人高輝度光科学研究センター  SPring-8利用研究課題審査委員会分科会レフェリー
 
Mar 2017
 - 
Mar 2019
日本物理学会  代議員
 
Sep 2016
 - 
Aug 2018
東京大学物性研究所協議会  委員
 
Apr 2017
 - 
Mar 2018
日本物理学会受賞候補等推薦委員会  委員
 

Awards & Honors

 
Oct 1995
第35回原田研究奨励賞, 財団法人本多記念会
 
May 2005
第26回本多記念研究奨励賞, 本多記念会
 
Nov 2017
平成29年度科学研究費審査委員の表彰, 日本学術振興会
 
Nov 2014
平成26年度科学研究費審査委員の表彰, 日本学術振興会
 
Jun 2013
JPSJ注目論文, 日本物理学会
Winner: T. Adachi, Y. Mori, A. Takahashi, M. Kato, T. Nishizaki, T. Sasaki, N. Kobayashi, Y. Koike
 

Published Papers

 
Goto T, Kitamoto Y, Matsui K, Kuroe H, Endo A, Hashimoto T, Hayashita T, Iguchi S, Sasaki T.
Ieee Transactions on Magnetics   55(2)    2019   [Refereed]
Kawamata Takayuki, Nagasawa Hideki, Naruse Koki, Ohno Masumi, Matsuoka Yoshiharu, Hagiya Yuta, Fujita Masaki, Sasaki Takahiko, Koike Yoji
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87(7)    Jul 2018   [Refereed]
Honma Yuta, Itoh Keisuke, Masunaga Hiroyasu, Fujiwara Akihiko, Nishizaki Terukazu, Iguchi Satoshi, Sasaki Takahiko
ADVANCED ELECTRONIC MATERIALS   4(2)    Feb 2018   [Refereed]
Shi Anlu, Arai Takeshi, Kitagawa Shunsaku, Yamanaka Takayoshi, Ishida Kenji, Boehmer Anna E., Meingast Christoph, Wolf Thomas, Hirata Michihiro, Sasaki Takahiko
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87(1)    Jan 2018   [Refereed]
Elena Gati, Ulrich Tutsch, Ammar Naji, Markus Garst, Sebastian Kohler, Harald Schubert, Takahiko Sasaki and Michael Lang
Crystals   8(1) 38-1-38-20   Jan 2018   [Refereed]
Yagi A, Matsui K, Goto T, Hase M, Sasaki T.
28th International Conference on Low Temperature Physics (Lt28)   969    2018   [Refereed]
Mitsuishi M, Kokubo N, Kitano K, Okayasu S, Nojima T, Sasaki T.
28th International Conference on Low Temperature Physics (Lt28)   969    2018   [Refereed]
Kawakami Y, Amano T, Yoneyama Y, Akamine Y, Itoh H, Kawaguchi G, Yamamoto H. M, Kishida H, Itoh K, Sasaki T, Ishihara S, Tanaka Y, Yonemitsu K, Iwai S.
Nature Photonics   12(8) 474-+   2018   [Refereed]
K. Matsui, A. Yagi, Y. Hoshino, S. Atarashi, M. Hase, T. Sasaki and T. Goto
Phys. Rev. B   96(22) 220402(R)-1-220402(R)-5   Dec 2017   [Refereed]
Ihara, Y. Sasaki, T. Noguchi, N. Ishii, Y. Oda, M. Yoshida, H.
PHYSICAL REVIEW B   96(18) 180409   Nov 2017   [Refereed]
M. Yoshida, K. Nawa, H. Ishikawa, M. Takigawa, M. Jeong, S. Kramer, M. Horvatic, C. Berthier, K. Matsui, T. Goto, S. Kimura, T. Sasaki, J. Yamaura, H. Yoshida, Y. Okamoto, and Z. Hiroi
Phys. Rev. B   96(18) 180413(R)-1-180413(R)-5   Nov 2017   [Refereed]
M. Shimozawa, K. Hashimoto, A. Ueda, Y. Suzuki, K. Sugii, S. Yamada, Y. Imai, R. Kobayashi, K. Itoh, S. Iguchi, M. Naka, S. Ishihara, H. Mori, T. Sasaki and M. Yamashita.
Nature Communications   8 1821-1-1821-6   Nov 2017   [Refereed]
Yamamoto, Takafumi D. Taniguchi, Hiroki Yasui, Yukio Iguchi, Satoshi Sasaki, Takahiko Terasaki, Ichiro
JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86(10) 104707   Oct 2017   [Refereed]
Fukazawa, Hideto Ishiyama, Seiya Goto, Masato Kanamaru, Shuhei Ohashi, Kohki Kawamata, Takayuki Adachi, Tadashi Hirata, Michihiro Sasaki, Takahiko Koike, Yoji Kohori, Yoh
PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   541 30-35   Oct 2017   [Refereed]
Sasaki, S. Hashimoto, K. Kobayashi, R. Itoh, K. Iguchi, S. Nishio, Y. Ikemoto, Y. Moriwaki, T. Yoneyama, N. Watanabe, M. Ueda, A. Mori, H. Kobayashi, K. Kumai, R. Murakami, Y. Mueller, J. Sasaki, T.
SCIENCE   357(6358) 1381-+   Sep 2017   [Refereed]
Kobayashi, R. Hashimoto, K. Yoneyama, N. Yoshimi, K. Motoyama, Y. Iguchi, S. Ikemoto, Y. Moriwaki, T. Taniguchi, H. Sasaki, T.
PHYSICAL REVIEW B   96(11) 115112   Sep 2017   [Refereed]
Kang, Lijing Akagi, Kazuto Hayashi, Kouichi Sasaki, Takahiko
PHYSICAL REVIEW B   95(21) 214106   Jun 2017   [Refereed]
Kawakami, Y. Yoneyama, Y. Amano, T. Itoh, H. Yamamoto, K. Nakamura, Y. Kishida, H. Sasaki, T. Ishihara, S. Tanaka, Y. Yonemitsu, K. Iwai, S.
PHYSICAL REVIEW B   95(20) 201105   May 2017   [Refereed]
J. Muller, B. Hartmann and T. Sasaki
Philosophical Magazine   97(36) 3477-3494   Mar 2017   [Refereed]
Hattori, Yuma Iguchi, Satoshi Sasaki, Takahiko Iwai, Shinichiro Taniguchi, Hiromi Kishida, Hideo
PHYSICAL REVIEW B   95(8) 085149   Feb 2017   [Refereed]

Misc

 
Mott-Anderson Transition in Strongly Correlated Electrons of Molecular Conductors
Takahiko Sasaki
BUTSURI   67(7) 504-508   Jul 2012
分子性ダイマーモット絶縁体の特異な誘電・光応答と電子誘電性
岩井伸一郎,石原純夫,佐々木孝彦
固体物理   50 59-74   Feb 2015
超伝導と超電導
Takahiko Sasaki
固体物理   52(4) 219-225   Apr 2017
T. Sasaki and N. Toyota
日本物理学会誌   52(4) 255-263   Apr 1997
Macroscopic scale of Metal-Insulator Phase Separation in Highly Correlated Organic Conductors
T. Sasaki, N. Yoneyama
Solid State Physics   39(10) 643-653   Oct 2004

Books etc

 
The fifth series of Experimental Chemistry
Takahiko Sasaki (Part:Joint Work, 第10章磁化率データの処理と解析10.5磁気異方性測定,第14章コンピュータの利用 14.5実例)
Maruzen Inc.   Mar 2004   
金属材料の最前線 ブルーバックス(B1643)
Akihisa Inoue, Shinichi Orimo, Takashi Goto, Toyohiko Konno, Takahiko Sasaki, Kouki Takanashi, Kazuo Nakajima, Tadashi Furuhara, Naoya Masahashi (Part:Joint Work, 第11章 新しい電気伝導材料-有機物質)
Koudansya   Jul 2009   ISBN:978-4-06-257643
進化する有機半導体
佐々木孝彦 (Part:Joint Work, 第2章1節 有機半導体の金属絶縁体転移)
NTS Inc.   Mar 2006   
PEDOTの材料物性とデバイス応用
高野巧,増永啓康,藤原明比古,奥崎秀典,佐々木孝彦 (Part:Joint Work, 第5章第2節)
サイエンス&テクノロジー(株)   Mar 2012   ISBN:978-4-86428-038-9
Molecular Electronic and Related Materials -Control and Probe with Light-
T. Naito, T. Sasaki, et al. (Part:Editor, Chapter 4, pp99-116)
Transworld Research Network   Mar 2010   ISBN:978-81-7895-460-8

Conference Activities & Talks

 
pi-electron physics in organic molecular materials
SASAKI Takahiko
Summit of Materials Science 2018   29 Oct 2018   
Quenched disorder effect on the charge-glass forming ability in the charge ordered organic compounds
SASAKI Takahiko
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals (ICSM) 2018   1 Jul 2018   
電荷-スピン-格子の多自由度性と乱れが生みだす物性
金研ワークショップ「多自由度・多階層が協奏する物質材料システムの科学」   4 Dec 2017   
プロトン-強相関パイ電子複合系における協働的電荷ダイナミクスのノイズ分光
新学術領域研究「分子アーキテクトニクス」   4 Dec 2017   
Introduction of IMR
KIST-Tohiku University Joint Symposium 2017   20 Nov 2017   
Export control for Intangible Technology Transfer in Tohoku University
Foundation for Strategic Research seminar "CHINESE ROLE IN HIGH TECHNOLOGY ACQUISITIONS:A COMMON CHALLENGE FOR FRANCE, EUROPE AND JAPAN "   3 Oct 2017   
強相関電子系分子性導体の赤外顕微イメージンによる電荷ダイナミクスの研究
SPring-8シンポジウム2017   4 Sep 2017   
プロトン-強相関パイ電子複合系における協働的電荷ダイナミクスのノイズ分光
新学術領域「分子アーキテクトにクス」領域会議   2 Jun 2017   
留学生/外国人研究者の出口管理
輸出管理DAY for ACADEMIA2017   28 Feb 2017   
新しいアプローチによる電荷制御と物性開拓―はじめに―
日本物理学会領域7シンポジウム   15 Sep 2016   
分子性導体における電子-分子振動結合の観測による電子状態研究
SPring-8シンポジウム放射光赤外研究会   30 Aug 2016   
強相関電子系分子性導体の赤外顕微イメージングによる電荷ダイナミクスの研究
SPring-8シンポジウム2016   29 Aug 2016   
分子性物質に発現する本質的不均一電子状態が生み出す物性
物性研短期研究会「パイ電子系物性科学の最前線」   8 Aug 2016   
プロトン-強相関パイ電子複合系における協働的電荷ダイナミクスのノイズ分光
「分子アーキテクトニクス」領域会議   13 May 2016   
赤外放射光を利用した強相関電子系分子性導体の研究
分子研研究会「高輝度・高強度赤外光源の現状と展望」   11 Feb 2016   
分子性ダイマーモット絶縁体の電荷揺らぎ
東京大学物性研究所短期研究会「低次元電子系におけるエキシトニック相の新展開」   26 Nov 2015   
Disorder effect on the correlated electrons in the molecular conductors irradiated by X-ray
11th International Symposium on Crtstallin Organic Metals, Superconductors and Magnets   6 Sep 2015   
東北大学における安全保障輸出管理
経済産業省平成27年度大学等向け安全保障貿易管理説明会(関東説明会)   3 Sep 2015   
分子性物質におけるダイマーモット絶縁体状態と電荷秩序状態の拮抗による電荷揺らぎと超伝導
日本物理学会2015年秋季大会   Sep 2015   
電荷・スピン・格子自由度が階層的に結合・拮抗したパイ電子系の低エネルギー分光による新奇な電荷応答の研究
分子パイオロジー研究会   25 Jul 2015   

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
低次元有機導体の強相関電子状態
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2004 - Today
High field properties of organic superconductors
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1990 - Today
Low temperature properties of transition metal oxide conductors
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2000 - Today

Social Contribution

 
仙台市青葉少年少女発明クラブ
[Others]  Apr 2006 - Today
仙台市青葉少年少女発明クラブの運営委員,副会長
出前授業 宮城学院高等学校「電気が流れるやわらかい有機材料」
[Others]  17 Feb 2018
有機材料に電気が流れる機構の解説
電子のガラス化解明-東北大など 自然界統一理解に道
[TV or radio appearance, Contribution]  日刊工業新聞  29 Sep 2017
みやぎ県民大学 超伝導の科学と技術
[Others]  23 Aug 2017
超伝導の科学と技術に関する解説
楽しい理科の話 総括イベント 低温の不思議 東京エレクトロンホール宮城
[Others]  22 Aug 2017
楽しい理科の話の総括イベントで低温の不思議な性質の実験
江戸川区子ども未来館夏休み応援プロジェクト
[Others]  6 Aug 2017
極低温の世界と超伝導(小学校5-6年生)
低温のふしぎを体験しよう(小学校1-4年生)
江戸川コミュニティカレッジ夏の合宿
[Others]  21 Jul 2017
超電導のはなし
楽しい理科の話 低温の不思議 宮床小学校
[Others]  11 Jul 2017
低温の不思議な性質の講義と実験
超電導現象に児童わくわく 東北大研究者が解説
[TV or radio appearance, Contribution]  河北新報  20 Jun 2017
楽しい理科の話 低温の不思議 東六番丁小学校
[Others]  16 Jun 2017
低温の不思議な性質の講義と実験
出前授業 極低温と磁石の不思議 岡崎市立矢作南小学校
[Others]  19 Dec 2016
矢作南小学校での出前授業
岡崎HOPEプロジェクト 極低温と磁石の不思議
[Others]  18 Dec 2016
愛知県岡崎市での小学生を対象とした公開講座
みやぎ県民大学 低温の不思議
[Others]  24 Aug 2016
みやぎ県民大学での公開講座
楽しい理科の話 総括イベント 低温の不思議 東京エレクトロンホール宮城
[Others]  23 Aug 2016
楽しい理科の話の総括イベント
楽しい理科の話 低温の不思議 大和町立吉田小学校
[Others]  28 Jun 2016
吉田小学校への出前授業
楽しい理科の話 低温の不思議 仙台市立蒲町小
[Others]  17 Jun 2016
仙台市立蒲町小学校への出前授業
宮城県聖和学園高等学校での出前授業
[Others]  11 Mar 2016
宮城県聖和学園高等学校での「電気が流れるやわらかい有機材料の物質科学」についての出前授業(日本物理学会東北支部)を行う
宮城県第三高等学校での出前授業
[Others]  4 Sep 2015
宮城県第三高等学校での「電気が流れるやわらかい有機材料の物質科学」についての出前授業(日本物理学会東北支部)を行う
サイエンスイベント 楽しい理科の話2015
[Others]  21 Aug 2015
河北新報,東京エレクトロン,東北大学で行う上記サイエンスイベントへの出展
みやぎ県民大学「低温の不思議ー超伝導の発見から100年そして未来」
[Others]  18 Aug 2015
宮城県が主催し金研が行ったみやぎ県民大学のうちの1コマ

Others

 
Aug 2012   有機分子ダイマー内電荷自由度による新しい電子型強誘電体の開拓
本研究の目的は,分子ダイマー構造を有する電荷移動型有機錯体において,本申請者らが見出し,提唱している新しいタイプの誘電体「電子型有機強誘電体」に対し,その特異な誘電性の基礎原理を構築し,これを基に物質開拓を行うことである.工学応用上も大きな可能性を秘めている電子型誘電体に対して,本研究では,特異な誘電特性と電子物性の微視的な機構を明らかにするとともに新たな電子誘電性を示す有機物質群を探索する.
Jun 2011   テラヘルツ波を用いたアモルファス薄膜のキャリア輸送特性非破壊評価技術の開発
THz時間領域分光による非破壊評価手法の開発のために,有機半導体薄膜及び高導電性PEDOT:PSS薄膜の作製,構造評価,バルク輸送特性評価を行う。電気伝導度,ホール効果測定によりキャリア輸送特性を評価した試料を作製しTHz分光によって得られるキャリア特性との相関を比較,検討する.また、共同研究グループが開発する光励起エリプソメトリ法の性能評価のために有機半導体薄膜材料(P3HTなど)の作製,提供を行う。
Apr 2010   強相関電子系有機物質における分子格子構造の階層性と電子誘電性
本研究では、実験研究の側面から誘電特性と電子物性の微視的な機構を明らかにするとともに新たな電子誘電性を示す有機物質群を探索する。これまでの申請者の研究に基づいて、具体的に次の三つの立場から研究の遂行を目指す。(1)申請者らが見出した電子型誘電体kappa-(BEDT-TTF)2Cu2(CN)3における電荷フラストレーション、電荷揺らぎの誘電特性発現に対する役割を明らかにする。特に電子の遍歴-局在境界近傍における誘電揺らぎの特性解明を目指す。(2)電子誘電性における電子スピンの役割を明らかにする。とくにスピン秩序、スピン液体と強誘電性出現の可能性の解明、モット転移と強誘電相転移の競争と協力関係の解明。(3)光照射による新規な物性現象と新機能の探索。特に光による高速分極反転を目指した光照射による強誘電-常誘電相転移の検出。
Oct 2008   先端超短パルス光源による光誘起相転移現象の素過程の解明
パルス幅10フェムト秒以下の極短パルス光や、広帯域、あるいは高強度テラヘルツパルス光など先端的な短パルス光源を用いて、強相関電子系物質における光と物質の相互作用の素過程を解明し、新奇な制御法を探索する。本研究の特徴は、i) 光電場の振動を数周期分しか含まない数サイクルの極短パルス(可視<10 fs、テラヘルツ 1 ps パルス)を用いて、ii) 光と物質の相互作用の中でも、最も劇的な現象のひとつである光誘起相転移と呼ばれる現象に注目し、光が直接あるいは、相互作用を介してドライブする電荷、スピン、格子の素過程を解明することである。光励起による電子分極の生成と、その電子分極が分子・格子振動と相互作用し、物質相が巨視的に変化していく様子を、時間軸上で追跡する。素過程の解明だけでなく、高強度のテラヘルツパルスを用いて、相転移に関係する低波数格子振動をコヒーレントに共鳴励起するなど、新しい光誘起相転移の探索も行う。具体的には、有機伝導体や遷移金属化合物における絶縁体-金属転移(モット転移、電荷秩序の融解)や磁気転移を対象とする。光誘起相転移という極めて複雑な現象を理解することによって、凝縮系物質の電子的性質を、光で自由自在に変化させる方法への道を拓き、極短パルス光源開発と物性研究をつなぐ成果を目指す。
Apr 2001   Symmetry of the organic superconductors
強相関有機伝導体の赤外反射測定による電子状態の解明