川添 良幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:02
 
アバター
研究者氏名
川添 良幸
 
カワゾエ ヨシユキ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/8ed5ef3e48dd4c2169bf90bdb72b9236.html
所属
東北大学
部署
未来科学技術共同研究センター 産業連携促進研究プロジェクト
職名
教授,中国上海復旦大学顧問教授

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1981年
東北大学教養部物理学科 助手
 
1981年
 - 
1990年
東北大学情報処理教育センター 助教授
 
2005年
   
 
東北大学情報シナジーセンター センター長
 

委員歴

 
2007年
   
 
- 日本半導体ベンチャー協会 東北支部長
 
2005年
   
 
- International of Nanoscience and Nanotechnology 編集委員
 
2005年
   
 
- JASVA 理事
 
1998年
   
 
- 中国重慶西南師範大学 顧問教授
 
1997年
   
 
- Phase Diagrams and Physical Properties of Nonequilibrium Alloys, Springer-Verlag Series-Editor-in-Chief
 

受賞

 
2004年
日本金属学会学術貢献賞
 
2004年
IBM Shared University Research (SUR) Award
 
2003年
日本金属学会学術功労賞
 
1990年
Eastern Study Prize
 
1994年
日本科学技術情報センター賞
 

Misc

 
Ryotaro Matsuda, Ryo Kitaura, Susumu Kitagawa, Yoshiki Kubota, Rodion V. Belosludov, Tatsuo C. Kobayashi, Hirotoshi Sakamoto, Takashi Chiba, Masaki Takata, Yoshiyuki Kawazoe and Yoshimi Mita
NATURE   436(7048) 238-241   2005年
第一原理シミュレーション計算による次世代デバイス設計
川添良幸、水関博志
応用物理   74(8) 1033-1038   2005年
II.局所密度近似(LDA)を超える新しい計算手法の開発とその応用 電子構造研究のための多体論基盤
安原 洋、本郷研太、川添良幸
固体物理   39(11) 46-57   2004年
J. S. Tse, D. D. Klug, C. A. Tulk, I. Swainson, E. C. Svensson, C.-K. Loong, V. Shpakov, V. R. Belosludov, R. V. Belosludov and Y. Kawazoe
Nature   400. 647-649   1999年
新規ケイ素オリゴマーとケイ素ベンゼン
高橋まさえ、川添良幸
ナノ学会会報   3(1) 11-16   2004年

書籍等出版物

 
Computational Materials Science-Form Ab Initio to Monte Carlo Methods-
Springer   1999年   
コンピュータシミュレーションによる物質科学―分子動力学とモンテカルロ法
共立出版   1996年   ISBN:978-4320071391
Phase Diagrams and Physical Properties of Nonequilibrium Alloys
Springer-Verlag   1997年   
Molecular Modeling for the Design of Novel Performance Chemicals and Materials
CRC Press   2012年   
Handbook on Fullerene: Synthesis, Properties and Applications
Nova Science Publishers   2012年   

講演・口頭発表等

 
Present Status of Computational Matrials Science
2013 ACCMS-WGM Asia Consortium on Computational Materials Science - Working Group Meeting on "Computational Design of Materials for Energy Conversion and Storage"   2013年   
Ab initio Calculation to Predict Nanostructured Materials
ACCMS - Theme Meeting on 2D Nanostructures : Graphene and Beyond   2012年   
Proved Truth After 80 Years from Professor Slater's Misunderstanding by His Perturbation Theory
The 16th International Annual Symposium on Computational Science and Engineering   2012年   
Origin of Magnetism –After 80 Years, Slater’s Perturbation Theory Proved to be Wrong–
International Symposium of Materials Integration In Conjunction with ASPT2011 & KINKEN-WAKATE 2011   2011年   
Computer Simulation to Design Efficient and Clean Hydrogen Storage Materials
Low Carbon Earth Summit 2011   2011年   

Works

 
数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索
2008年 - 2014年
透明電極向けインジウム使用量低減技術開発
2007年 - 2012年
計算科学的手法に基づく水素吸蔵材料の特性評価とメカニズム解明に関する研究
2007年 - 2012年
酸化還元活性用媒体としての遷移金属ドープBN材料に関する第一原理研究
2010年 - 2011年
Ab-initio modeling of magnetic materials
2009年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
ナノ構造体の電子状態および振動状態に関する研究
研究期間: 1990年   
第一原理シミュレーションによる分子エレクトロニクス
研究期間: 2000年   
材料データベースの構築と提供
研究期間: 1900年 - 1900年
結晶成長
クラスター科学技術

特許

 
X線造影剤及び造影方法
2006-225346
SP2混成軌道からなるシリコンオリゴマー
2006-27917
シリコンクラスター又はゲルマニウムクラスターを含む紫外線吸収剤及びそれを用いた皮膚外用剤
特開2005-314408
イオンを照射した炭酸材料によるリチウム二次電池およびその製造方法
特開2005-251610
平面ディスプレイ装置
2004-303521