増本 博

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/06 11:25
 
アバター
研究者氏名
増本 博
 
マスモト ヒロシ
eメール
hiromasufris. (+tohoku.ac.jp)
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/ea2b1b5c746812d5f6a825a36e271266.html
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所 先端学際基幹研究部 物質材料・エネルギー研究領域
職名
教授
学位
博士(工学)(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
東北大学 学際科学フロンティア研究所 教授
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東北大学 国際高等研究教育機構 学際科学フロンティア研究所 教授
 
2012年4月
 - 
現在
武漢理工大学 客員教授 客員教授
 
2007年10月
 - 
2013年3月
東北大学学際科学国際高等研究センター 教授
 
2007年10月
   
 
東北大学金属材料研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
東北大学 工学研究科 材料物性
 
 
 - 
1986年3月
東北大学 工学部 材料物性学
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本セラミックス協会  本部代議員推薦委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本セラミックス協会  年会小委員会委員
 
2017年4月
 - 
現在
日本セラミックス協会  行事企画委員会委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本セラミックス協会  学術論文誌編集委員
 
2009年4月
 - 
現在
日本金属学会東北支部  理事
 

受賞

 
2013年9月
日本磁気学会 日本磁気学会 論文賞 Effect of Perpendicular Magnetic Anisotropy on the High Frequency Soft Magnetic Properties of Co-Al-N Films
受賞者: 木嶌 英恵、大沼 繁弘、増本 博
 
1994年10月
日本金属学会 第4回 日本金属学会 奨励賞
 
1995年11月
(財)青葉工学振興会 第35回原田研究奨励賞
 
2002年5月
東北大学金属材料研究所 本間記念賞
 
2013年4月
The 11th International Conference on Ferrites New Product & Novel technology Award Nano-granular Soft Magnetic Thin Films Having Both Ultra-high Resistivity and Magnetization more than Ferrite.
受賞者: 江 正幸、小林 伸聖、大沼 繁弘、岩佐 忠義、石田 今朝男、増本 博、荒井 賢一
 

論文

 
Y. Cao, N. Kobayashi, Y. Zhang, S. Ohnuma, H. Masumoto
JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   122(13) 133903   2017年11月   [査読有り]
Y. Cao, A. Umetsu, N. Kobayashi, S. Ohnuma, H. Masumoto
Applied Physics Letters   111(12) 122901   2017年9月   [査読有り]
Control of the static and high-frequency magnetic properties in perpendicular anisotropic Co–HfN granular films through insertion of HfN interlayers
Y. Cao, Y. Zhang, S. Ohnuma, N. Kobayashi, and H. Masumoto
Japanese Journal of Applied Physics   56(4) 040307   2017年3月   [査読有り]
Y. Cao,N. Kobayashi,Y. Zhang, S. Ohnuma, H. Masumoto
Applied Physics Letters   100(7) 072902   2017年2月   [査読有り]
Y. Cao, Y. Zhang, S. Ohnuma, N. Kobayashi, H. Masumoto
AIP ADVANCES   7(6) 065202   2017年1月   [査読有り]
Y. Tsujiuchi, H. Masumoto, and T. Goto
Journal of Physics   924 012016   2017年   [査読有り]
N. Kobayashi, H. Masumoto, S. Takahashi, and S. Maekawa
Scientific Reports   6 34227   2016年9月   [査読有り]
Y. Zhang, N. Kobayashi,S. Ohnuma, M. Nose and H. Masumoto
J. Magn. Magn. Mater.   401 925-928   2016年5月   [査読有り]
Rate Constant Change of Photo Reaction of Bacteriorhodopsin Observed in Trimeric Molecular System
Y. Tsujiuchi, H. Masumoto, and T. Goto
J. Nanosci. and Nanotech.   16(4) 3431-3435   2016年4月   [査読有り]
Rate Constant Change of Photo Reaction of Bacteriorhodopsin Observed in Trimeric Molecular System
Y. Cao, Y. W. Zhang, S. Ohnuma, N. Kobayashi and H. Masumoto
IEEE Trans. Magn.   51(11)    2015年11月   [査読有り]
M. Naoe, N. Kobayashi, S. Ohnuma, M. Watanabe, T. Iwasa, K. Arai and H. Masumoto
J. Magnetism and Magnetic Mater.   391 213-222   2015年10月   [査読有り]
H. Kijima, S. Ohnuma, H. Masumoto, Y. Shimada, Y. Endo, and M. Yamaguchi
J. Appl. Phys.   117 17E514   2015年4月   [査読有り]
K. Takahashi, N. Shiraishi, R. Ishiko-Uzuka, T. Anada, O. Suzuki, H. Masumoto and K. Sasaki
Int. J. Mol. Sci.   16 5779-5788   2015年3月   [査読有り]
N. Kobayashi, T. Iwasa, K. Ishida, and H. Masumoto
J. Appl. Phys.   117 014101   2015年1月   [査読有り]
M. Naoe, N. Kobayashi, S. Ohnuma, M. Watanabe, T. Iwasa, and H. Masumoto
IEEE Mag. Lett.   5 3700404   2014年11月   [査読有り]
N. Kobayashi, H. Masumoto, S. Takahashi, and S. Maekawa
Nature Communications      2014年7月   [査読有り]
タンデム法で作製したナノグラニュラー軟磁性薄膜の異方性の要因
直江 正幸,大沼 繁弘,小林 伸聖,岩佐 忠義,石田 今朝男,荒井 賢一,増本 博
電気学会マグネティックス研究会   MAG-13 133-1-133-6   2013年12月   [査読有り]
H. Kijima, Y. Zhang, N. Kobayashi, S. Ohnuma, P. Muralt, N. Setter and H. Masumoto
2013 Joint UFFC, EFTF and PFM Symposium   56-58   2013年11月   [査読有り]
高異方性磁界と高比抵抗を兼ね備えるCoPd-CaF2ナノグラニュラー軟磁性膜の基礎検討
直江正幸、大沼繁弘、小林伸聖、岩佐忠義、石田今朝男、荒井賢一、増本博
電気学会マグネティックス研究会   MAG-13 42-1-42-6   2013年6月   [査読有り]
FMR周波数がSHF帯に及ぶ高電気抵抗CoFePd‐CaF2 ナノグラニュラー軟磁性薄膜の作製
直江正幸、大沼繁弘、小林伸聖、岩佐忠義、石田今朝男、荒井賢一、増本博
電気学会マグネティックス研究会   MAG-13 048-1-048-6   2013年6月

Misc

 
圧電体/イオン伝導体複合機能膜の作製と特性
増本 博、當間 哲朗、後藤 孝
まてりあ   41(3) 174-177   2002年3月
LSCO酸化物電極の合成とその物性
増本 博,Paul Muralt,Nava Setter,増田 陽一郎,後藤 孝,平井 敏雄
マテリアルインテグレーション   12(7) 58-62   1999年7月
ECRスパッタ法による強誘電体薄膜(BIT, BNN)の合成とその物性
増本 博,渡津 章,増田 陽一郎,平井 敏雄
マテリアルインテグレーション   12(7) 51-55   1999年7月
LB法によるチタン酸鉛薄膜の合成とその物性
菅井 弘,飯島 高志,増本 博
マテリアルインテグレーション   12(7) 45-50   1999年7月
波長選択膜の開発と応用
増本 博
金属   81(1) 12-17   2011年4月

書籍等出版物

 
『未来型アクチュエータ材料・デバイス』 監修:古屋泰文、樋口俊郎、今泉伸夫
増本 博 (担当:共著, 範囲:第2章 2.6 薄膜化プロセス(pp.80-86))
シーエムシー出版   2006年   
1. 色々な光学薄膜(その種類と膜構成)、光学薄膜製品
増本 博
情報機構   2003年9月   

講演・口頭発表等

 
Large Enhanced Tunneling Magneto-Dielectric response in Co-MgF2 Films by Addition of Si
Yang Cao, Nobukiyo Kobayashi, Shigehiro Ohnuma, and Hiroshi Masumoto
日本金属学会2018年春期大会   2018年3月19日   
Enhancement effect of minor addition of Si on magneto-dielectric properties in Co2Fe–MgF2 nano-granular films
Cao Yang・Kobayashi Nobukiyo・Ohnuma Shigehiro・Masumoto Hiroshi
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
Tunneling Magneto-Dielectric Response Enhancement of Co-Sr-F Nano-Composite Thin Films by Gd Doping
Cheng Wang, Yang Cao, Yiwen Zhang, Shigehiro Ohnuma, Nobukiyo Kobayashi and Hiroshi Masumoto
日本セラミックス協会2018年年会   2018年3月15日   
Dielectric and magneto-dielectric responses in (Co-Fe-Si)-(Mg-F) nanocomposite films
Yang Cao・Nobukiyo Kobayashi・Shigehiro Ohnuma・Hiroshi Masumoto
平成29度 日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会   2017年11月1日   
Tunneling magneto-dielectric property of Co-Sr-F nano-composite thin films deposited by co-sputtering
Cheng WANG・Yang CAO・Yiwen ZHANG・Shigehiro OHNUMA・Nobukiyo KOBAYASHI・Hiroshi MASUMOTO
平成29度 日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会   2017年11月1日   

競争的資金等の研究課題

 
表面・界面ナノ制御によるインテグレート新機能材料の創成
共同研究
研究期間: 2008年4月 - 現在
セラミックス/骨形成因子複合体による骨誘導生体材料の作製
共同研究
研究期間: 2006年4月 - 現在
積層誘電体薄膜の作製と光学特性に関する研究
共同研究
研究期間: 2007年4月 - 現在
ECRプラズマMOCVD法による酸化物薄膜の作製
科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 現在

特許

 
特開2004−117665(P2004−117665A) : 機能性多層膜(公開番号:2004−117665)
特開2003−174150(P2003−174150A) : 半導体装置及びその製造方法(公開番号:2003−174150)
特許第3290629号(P3290629) : 光学多層膜フィルタ(特許番号:3290629号)
平7-74341 : ビスマス層状構造化合物薄膜とその製造方法(特許番号:平7-74341)

社会貢献活動

 
AITオープンセミナー(平成14年度第5回)
【その他】  2003年3月7日
屈折率傾斜積層薄膜の作製とその光学特性
日経2000 夢の技術展
【その他】  2000年7月20日 - 2000年8月6日
研究内容の出展および現地での説明
透明な強磁性体ー電子機器への応用期待ー
【情報提供】  日経産業新聞  2016年9月30日
電磁材料研究所の小林伸聖主任研究員らの研究グループは、常温でも磁化が大きく透明な強磁性体を開発した。この磁性体に磁場を加えると透明度が変わる特性も見いだした。自動車のフロントガラスなどに情報を直接表示するデバイスなどの電子機器への応用が期待される。東北大学の増本博教授や高橋三郎助教、日本原子力研究開発機購の前川禎通センター長らが研究に参加した。研究成果は、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。開発したのはナノグラニュラー膜と呼ぶ金属と絶縁体が合わさった薄膜材料だ。研究グループ...
透明な強磁性体の開発に成功 電磁材料研や東北大など
【情報提供】  日本経済新聞  2016年9月30日
電磁材料研究所と東北大学、日本原子力研究開発機構(JAEA)の研究グループは2016年9月28日、透明強磁性体を開発したと発表した。ナノグラニュラー材料と呼ばれる薄膜材料で、室温で大きな光透過率と強磁性を示し、かつ透明度が磁場で制御できる新しい磁気-光学効果を示すことを見いだした。
透明な強磁性体の開発に成功
【情報提供】  日経テクノロジー  2016年9月30日
電磁材料研究所と東北大学、日本原子力研究開発機構(JAEA)の研究グループは2016年9月28日、透明強磁性体を開発したと発表した。ナノグラニュラー材料と呼ばれる薄膜材料で、室温で大きな光透過率と強磁性を示し、かつ透明度が磁場で制御できる新しい磁気−光学効果を示すことを見出した。今後の開発の進展によって、例えば速度・燃料計や地図を自動車や航空機のフロントガラス上に直接表示するデバイスなど、次世代透明磁気デバイスや電子機器が実現できるという。

その他

 
2018年1月   研究助成金
学際科学フロンティア研究所増本博教授の研究助成のため
2017年4月   磁性ナノ粒子-セラミックスからなるナノ複相薄膜の作製とその応用に関する共同研究
磁性金属ナノ粒子を絶縁性セラミックス中に分散させたナノ複相薄膜をスパッタ法により作製し、その電気的・磁気的特性評価と応用に関する共同研究をおこなう。
2017年4月   多層水素化アモルファスシリコン薄膜に接するゲルの電圧電流特性の外部青緑色光による制御法の探索
a-Si:Hの量子収率の高い青~緑色光に焦点を絞りa-Si:H膜の積層パターンと緑色光照射のON・OFFが、接するゲルの電圧電流特性に及ぼす効果について物理的に究明することを目的とする。
2017年4月   ナノ複相薄膜共同研究
磁性ナノ粒子-セラミックスからなるナノ複相薄膜の作製とその応用に関する共同研究
2016年4月   ナノ複相薄膜共同研究
磁性ナノ粒子-セラミックスからなるナノ複相薄膜の作製とその応用に関する共同研究