SATO Masaaki

J-GLOBAL         Last updated: Jul 30, 2018 at 09:30
 
Avatar
Name
SATO Masaaki
E-mail
sato-msktohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/91a7d9c723e052be4c816471fe90f875.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Frontier Research Institute for Interdisciplinary Sciences
Job title
Professor
Degree
Dr. of Engineering(Kyoto University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Mar 2018
Director, Frontier Research Institute for Interdisciplinary Sciences, Tohoku University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2013
教授, 東北大学大学院医工学研究科(配置換)
 
Apr 1997
 - 
Mar 2008
教授, 東北大学大学院工学研究科(配置換)
 
Jul 1992
 - 
Mar 1997
教授, 東北大学工学部
 
Dec 1990
 - 
Jun 1992
助教授, 筑波大学基礎医学系
 

Committee Memberships

 
Apr 2000
 - 
Today
日本機械学会  副会長、理事、評議員,フェロー
 
Aug 2002
 - 
Today
World Council for Biomechanics  理事
 
May 2000
 - 
May 2004
日本生体医工学会  理事
 
May 2006
 - 
Today
日本生体医工学会  理事
 
Apr 2006
 - 
Today
青葉工学振興会  常任理事
 

Awards & Honors

 
Apr 1998
「平滑筋収縮・弛緩によるラット胸大動脈の残留ひずみ変化(大動脈上の位置による応答の変化)の論文に対して受賞した., 日本機械学会賞(論文), 日本機械学会
Winner: 松本健郎,永野史郎
 
Jan 2000
これまでにバイオエンジニアリングの領域において行ってきた研究について総合的に評価され受賞した., 日本機械学会バイオエンジニアリング部門業績賞, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門
 
Aug 2002
Residual stress and strain in the lamellar unit of the aorta: Experiment and analysis, ASB (American Society of Biomechanics) -Microstrain Award, American Society of Biomechanics
Winner: T. Matsumoto, T. Goto, M. Sato
 
Dec 2000
MRI画像から胸部大動脈の3次元画像を構成し,有限要素モデルに適用して応力解析を行ったもの., Outstanding Paper Award 1, 10th International Conference on Biomedical Engineering
Winner: Y. Kato, T. Matsumoto, K. Kumagai, H. Akimoto, K. Tabayashi, M. Sato
 
Apr 2003
JSME International Journal, Vol. 43, No.4, Series C (2000-12)に掲載された"Smooth muscle cells freshly isolated from rat thoracic aortas are much stiffer than cultured bovine cells: possible effect of pheotype", JSME Medal for Outstanding Paper in 2002, 日本機械学会
Winner: 佐藤正明,松本健郎,佐藤潤平,山本光伸
 

Published Papers

 
Fluid shear stress suppresses ICAM-1-mediated transendothelial migration of leukocytes in coculture model
SAKAMOTO Naoya, UEKI Yosuke, OI Masaki, KIUCHI Takuya, SATO Masaaki
Biochemical and Biophysical Research Communications   502 403-408   May 2018   [Refereed]
D. Yoshino, N. Sakamoto, M. Sato
Integrative Biology   9(7) 584-594   Jul 2017   [Refereed]
S. Deguchi, A.C. Saito, T.S. Matsui, W-J. Huang, M. Sato
Journal of Biomechanical Science and Engineering   12 1-12   May 2017   [Refereed]
T. Ohashi , Y. Sugaya, N. Nakamoto, M. Sato
Biomedical Engineering Letters   6(1) 31-38   2016   [Refereed]
H. Abiko, S. Fujiwara, K. Ohashi, R. Hiatari, T. Mashiko, N. Sakamoto, M. Sato, K. Mizuno
Journal of Cell Science   128(9) 1683-1695   2015   [Refereed]

Misc

 
メカノ医工学の展望
佐藤正明
医学のあゆみ   257(10) 1087-1092   2016
M. Sato
Journal of Biorheology   28 5-6   2014
M. Long, M. Sato, C. T. Lim, J. Wu, T. Adachi and Y. Inoue
Cellular and Molecular Bioengineering   4(3) 327-339   2011
剪断応力勾配が内皮細胞の形態応答に果たす意義
佐藤正明
血管医学   11(4) 285-291   2010

Books etc

 
細胞のマルチスケールメカノバイオロジー
佐藤正明 (Part:Editor, 序文、第1章 細胞の力学応答概説 1頁〜11頁)
May 2017   
メカノバイオロジー
出口真次、松井翼、佐藤正明 (Part:Joint Work, 第2章 細胞における力の発生と維持機構:細胞力学入門 17頁〜33頁)
化学同人   Aug 2015   
バイオメカニクス最前線
佐藤正明,出口真次,安達泰治,村上輝夫,廣川俊二 (Part:Joint Work)
共立出版   Feb 2013   
生物学辞典(第5版)
佐藤正明 (Part:Joint Work)
岩波書店   Feb 2013   
Mechanical Engineering
D. Yoshino and M. Sato (Part:Joint Work, Chapter 8 Design and evaluation of self-expanding stents suitable for diverse clinical manifestation based on mechanical engineering)
InTech   2012   

Conference Activities & Talks

 
腰椎牽引時に作用する荷重分布および腰椎挙動に関する数値解析
大橋 俊朗,黄 文敬,坂元 尚哉
第19回日本運動器リハビリテーション学会   7 Jul 2007   
平滑筋細胞の牽引力計測と骨格構造の力学的役割
大橋 俊朗,亀田 憲史
第49回日本平滑筋学会総会   4 Jul 2007   
生体分子モーターを利用した微小輸送システム構築のための微小管挙動の基礎的検討
杉田 修啓,坂元 尚哉,大橋 俊朗
第4回日東北大学バイオサイエンスシンポジウム   4 Jun 2007   
マイクロピラーを用いた細胞骨格の力学的役割の検討
市原洋和、中村昌司、坂元尚哉、大橋俊朗
第46回生体医工学会   25 Apr 2007   
輸送システムの開発を目指したキネシンと微小管の滑り運動解析
杉田 修啓,村瀬 達也,坂元 尚哉,大橋 俊朗
第46回日本生体医工学会大会   25 Apr 2007   

Research Grants & Projects

 
Biomechanical Study on Atherogenesis
The Other Research Programs
Project Year: Nov 1976 - Today
Studies on Response Mechanisms of Vascular Endothelial Cells and Smooth Muscle Cells to Mechanical Stimuli
The Other Research Programs
Project Year: Jun 1983 - Today
Biomechanical Study on Blood Vessel Walls and Aneurysms
The Other Research Programs
Project Year: Apr 1999 - Today

Patents

 
特開2009-256630 : 倒立顕微鏡用細胞観察装置
伊藤一志、山崎喜雅、佐藤正明
特開2004-49710 : 解離性大動脈瘤用治療プラグ
江刺正喜,芳賀洋一,前田真法,佐藤正明

Social Contribution

 
日本生体医工学会
[Others]  May 2006 - Today
理事
青葉工学振興会
[Others]  Apr 2006 - Today
常任理事(総務担当)
Molecular and Cellular Biomechanics
[Others]  Jun 2005 - Today
Members of "Board of Editors"
日本バイオマテリアル学会
[Others]  Apr 2004 - Today
理事
日本理学診療医学会(現:日本運動器リハビリテーション学会)
[Others]  Jul 2003 - Today
理事

Others

 
Sep 2008   局所力学環境制御イメージングによる焦点接着斑再配置メカニズムの解明
磁気ピンセットを使用した細胞に局所的に力学刺激を加える方法を新たに開発し、細胞表面に固定したビーズを通して力学刺激を加え、細胞内部に発達するストレスファイバーの形成状態を経時的に観察する。あわせて、細胞表面に形成された焦点接着斑の動的挙動を観察する事によって、力と焦点接着斑の再配置の関係を明らかにする。
Apr 2007   細胞の力学応答機構
細胞が有する力のセンシング機構を解明するため、我が国の第一線の研究者を一堂に集めて総合的に討論するための企画である。
Apr 2005   血管内留置ステントの設計指針のための数値計算解析
血管内留置のステントをどのような設計指針に従って作製すれば、最適のものができるのか不明な点が多い。そこで、有限要素法によって種々の状態での解析を行い、特にバイオメカニクス的視点から最適な形状等について提案を行うための研究。
Apr 2005   血流力学を考慮した内皮細胞による血管細胞の機能制御メカニズムの解明
平滑筋細胞と内皮細胞を共存培養する新しいシステムを開発し、模擬血管として利用し、血流動態をも考慮した内皮細胞機能の解析を行う研究。
Apr 2003   有限要素法によるステントの構造解析
血管内ステントは種々の種類があるが、どのような基準で製作したらいいのか不明な点が多い。そこで、これまでの製品の特徴を有限要素法により解析し、その特徴を抽出しようとする試み。